みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

過酷事故から5年「汚染水たれ流し」の実態!福島第一原発「ノーコントロール」殆どの日本人は日々被曝して

2016-02-17 13:52:25 | 脱原発
過酷事故から5年「汚染水たれ流し」の実態!

福島第一原発「ノーコントロール」

殆どの日本人は、日々

被曝している事すら知らない、

被曝を軽視している!

殆どの日本人は、自分が日々被曝している事すら知らない、被曝を軽視している!日々、世界を放射能汚染している…そう考えていないのは日本だけである!/兵頭に訊こう/日本国・日本国民は人類史上最悪最低だ!と親日家の叱責!安倍政府は、金になるのなら国民の命も捨てます!原発・放射能汚染・戦争/しかし驚く事に、その国民の大多数は全ての事に無関心なのです!この暗愚な政治家、安倍晋三には、戦争は相手がある、という想像力がないのだ。相手の報復で日本の原発がやられたら、もはや儲けるどころか、国家自体が消滅してしまうだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

過酷事故から5年、福島第一原発「ノーコントロール」「汚染水たれ流し」の実態 - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

過酷事故から5年、福島第一原発「ノーコントロール」「汚染水たれ流し」の実態

2016年02月17日 06時00分

提供:週プレNEWS



過酷事故から5年、福島第一原発「ノーコントロール」「汚染水たれ流し」の実態

福島第一原発がレベル7の過酷事故を起こしてから、もうすぐ丸5年ーー。

ダダ漏れの汚染水や溶け落ちた核燃料の処理に向けた取り組みなど課題山積の収束作業は今どうなっているのか? 

実態を確認するために週プレは2月3日、東京電力が報道陣向けに開いた合同取材会に参加。

その現場で目にした廃炉作業の現実をレポートする。

* * *

東日本大震災による津波ですべての電源が喪失し、制御不能に陥った福島第一原発は、1号機、3号機、4号機が水素爆発した。

その上、1~3号機で核燃料が溶け落ちた。今も原子炉内にある溶融核燃料(デブリ)の冷却は続けられ、人間はそばには近づけない。

週刊プレイボーイ本誌では、事故後、イチエフで作業員として働いたジャーナリストの桐島瞬氏の生々しいレポートを2012年に連載し、

イチエフで何が起きているのかをつぶさに報告した。それから4年、果たして現場はどうなっているのか?

報道陣を乗せたバスを降りた途端、持参した線量計のアラームと振動が鳴りやまなくなった。

この場所は原子炉1~4号機を見下ろす通称“35mの丘”の入り口付近。海に面した建屋群より100mほど内陸側の高台にある。

足元を見ると、直径1mはある真新しい配管の束が丘を駆け下り、下に見える原子炉建屋と並行して延びていた。

汚染水対策として設置した、陸側遮水壁を凍らせるための凍結液を送るブライン配管だ。

汚染された丘の地表は真新しいモルタルで固められて線量が低くなっているはずだが、

それでも原子炉から飛んでくる放射線の影響で線量計の数字はグングン上がる。

そこから数m歩いて高台の先端に立つと、眼前に原子炉が迫ってきた。取材陣と1~4号機との間に、遮(さえぎ)るものは何もない。

「大体、この位置で毎時150から200μSv(マイクロシーベルト)です」

大型の計測器を持った東電社員が知らせる。記者の線量計に目を移すと、デジタルカウントはそれより高い毎時235μSvを記録していた。

一般公衆の年間限度被曝量は1m(ミリ)Sv。そこから換算すると、2千倍の放射線量に相当する。

斜め前に見える3号機の側面が目に入った。オペレーティングフロアと呼ばれる最上階部分には、

爆風で粉々になった構造物の残骸が見える。辛うじて鉄筋に支えられたコンクリート壁の一部。

その下の配管類は折れ曲がり、鋭利に切断されていた。原子炉の壁の厚さはちょうど1m。それが一瞬で吹き飛んだのだ。

3号機は昨年8月、使用済み燃料プールに落下した35tの大型ガレキをようやく撤去した。

今後もガレキ撤去を進め、燃料取り出し用のカバーを設置する。

それが終了する2017年後半くらいから、566体の使用済み核燃料取り出し作業が始まる。

廃炉に向けた作業は大まかにデブリの冷却、汚染水対策、ガレキ撤去、使用済み核燃料の取り出し、デブリの取り出しに分かれる。

つまり使用済み核燃料の取り出しは、廃炉に向けた作業がさらに一歩前進することを意味する。

横にいた付き添いの東電社員に3号機内部の状況を尋ねた。

「全体的にはガレキの撤去と除染が進んだことから線量は下がっています。

ただ、高い所ではまだ毎時200mSvあります(3号機から放射線が飛んでくるため)。

この丘に滞在できるようになったのも、ごく最近なのです」

これだけの放射線量があるのに、東電の指定した取材陣向けの装備は意外なほど軽装だった。

洋服の上からポリエチレン製の使い捨て汚染防止服を1枚着て、手には綿とゴム製の手袋。素足に軍足を2枚重ねにし、短い長靴を履いたのみだ。

頭は綿の帽子と汚染防止服のフードに覆われているとはいえ、口元には防塵(ぼうじん)マスクをつけるだけ。

放射性物質の吸い込み防止機能がついた全面マスクは着用しない。

東電によると、現在1~4号機周辺は顔半分だけを覆う半面マスクエリアになっており、全面マスクの装着エリアは、今は原子炉建屋内だけだという。

依然として放射線量は高いが、体内に放射性物質を吸い込む危険はもうないということなのだろうか。

人体で最も被曝しやすい目も、なんら守られていない。

再びバスで構内通路を移動すると、汚染水をためる巨大なタンク群が視界に飛び込んできた。構内はどこを見てもタンク、タンク…。

なぜこんなにも多いのか。

タンク新設エリア(Jエリア)と呼ばれる汚染水タンクの集まる場所でバスを降りると、報道陣の質問はタンクのことに集中した。

―汚染水タンクはいくつぐらいあるのか。

東電「900個を超え、76万リットルの汚染水が貯蔵されています」

―今後どれだけ増えて、それを増設する場所はあるのか。

東電「どれだけのタンクが必要になるのか検討しているところです。増設場所は北側のエリアにまだ残っています」

―汚染水を減らすため、トリチウム水に浄化した上で海に流す計画のその後は。

東電「漁業関係者の方々との調整ができていません。国のトリチウム水タスクフォースの動きを注視しているところです」

●この続き、明日配信予定の後編では「フクイチ取材で見えた、今も変わらぬ“東電の隠ぺい体質”」について詳報する。


●週刊プレイボーイ9号(2月15日発売)「構内取材でわかった『ノーコントロール』『汚染水たれ流し』の実態!!」より 【関連記事】

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

フクイチ収束作業がいよいよ手詰まり、汚染地下水の本格的な海洋放出!4号機「燃料棒移送」虚構…核燃料は原子炉の底に落ちた!それでも安倍政権は、原発再稼働まっしぐら!フクイチ事故と原発再稼働の虚構…!

殆どの日本人は、自分が日々被曝している事すら知らない、被曝を軽視している!日々、世界を放射能汚染している…そう考えていないのは日本だけである!/兵頭に訊こう/日本国・日本国民は人類史上最悪最低だ!と親日家の叱責!安倍政府は、金になるのなら国民の命も捨てます!原発・放射能汚染・戦争/しかし驚く事に、その国民の大多数は全ての事に無関心なのです!この暗愚な政治家、安倍晋三には、戦争は相手がある、という想像力がないのだ。相手の報復で日本の原発がやられたら、もはや儲けるどころか、国家自体が消滅してしまうだろう。

猛毒トリチウム水を大気に、海洋に、地層に放出!経産省が福島原発の汚染水…空に海に放射能!死の国へ日本/トリチウムは、すでに、福島第一原発から水蒸気となって、雲となり雨となり、日本中に降りそそいでいる!そして海には、垂れ流し…!


猛毒ストロンチウム90の恐怖!原発再稼働は太平洋戦争と同じなのだ「後は知らない」民族の滅亡!放射能汚染に住む日本人!人体実験!/ひたすら金儲けに走るシロアリが活躍する/ストロンチウム90の毒性はセシウム137に比べて300倍ある。セシウムが排泄されるのに対し、ストロンチウムは一度体内に定着すれば死ぬまで被曝が続く。主に、骨折、骨腫瘍、糖尿病、白血病を300年にわたって引き起こす。

2016年の警告!4号機・核燃料プールが燃え出したら北半球は終わる!
4号炉の底に落ちた核燃料の危機!移動した?核燃料ではない。この国の隠された主役…原発が前面に出てくるだろう!兵頭正俊氏…/反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー!槌田敦氏…


4号機のダクトにたまった汚染水、放射性セシウム濃度、約4000倍になっている!2014年12月の調査と比べて!移動した?核燃料でなく、原子炉の底に落ちた核燃料である!反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー!いったい福島第1原発で何が起きているのか。ハッキリしているのは、現在も事故は進行中ということだけだ。安倍の犯罪蔓延国家!

日本政府は、被曝した被災者たちを、助けないで放置している状態である 。ドイツ博士。兵頭に訊こう

日本国は人類史上、最低・最悪・最凶の国民皆殺しの国家である!ドイツのTV局は日本国民は放射能を食べされている!


放射能被爆/ガン等の症状が本格的に増えるのは2015年以降!原発は危険だから東京でなく川内原発など地方につくる!武田邦彦/なにしろ福島原発から漏れた放射性物質の量は100京ベクレルと言われ、広島に投下された原子爆弾で汚染された量の約200倍ですから、なにが起こるかかなり長期、慎重に観察していかなければなりません。

福島原発事件「内部被曝」恐ろしい事態はこれから始まる!現在も放射性物質は日本中に降り積もっている!食べ物からも空気からも、わたしたちは、日々内部被曝に遭っている。これはだましの効かない現実だ。

福島原発、恐ろべきトリチウムは全く報道されない!いまも放射能漏洩はトテツモナイ量!東京が壊滅する日/広瀬隆…「 東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」「原子力緊急事態宣言」が発令中!現在も大量放射能放出が続いている!

福島、癌の発症率は61倍に上昇!国立癌研究センター長!安倍政府は全て隠蔽・洗脳ー彼らは殺人者だ!ホロコースト…メディアはそれを報道しない!


福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍!津田敏秀氏ら論文で指摘!今後さらに多発する事は避けられない!2015年10月08日/不要な被曝を避ける手段が、まったくとられていない…


日本の原発はミサイル攻撃されても安全?という安倍答弁!山本太郎の質問に…安全基準に適合しているので安全?という詭弁…!日本の原発の屋根はペラペラで、航空機でも破壊できます!…小出裕章氏/山本議員…原発にミサイルが弾着した場合の被害のシミュレーションされてますか?安倍総理…原発は安全基準に適合しているので安全です/山本太郎さん、まるで「コロンボ警部」みたいです。:内田樹氏 -

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

あらゆる放射線被曝を生き抜く秘訣は「海塩、重曹」質の良い自然塩、重曹をひとつまみ水に入れ毎日数杯を飲みます!/ひとつの説…飲みすぎのは注意!バランスが大事です!

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…


凄いぞ!味噌汁の長寿ホルモン…癌、糖尿病、認知症、動脈硬化、メタボ、内蔵脂肪、脂肪肝など!1日3杯以上…塩分も問題なし!アディポネクチン…生活習慣病、ダイエットの味方…


NHK受信料『解約ラッシュ』電話で「TV壊れたからNHK解約します」と言えば解約完了!裁判所が認める…NHKの確認はなくても解約は成立する!




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツコ・デラックス、若者が返済... | トップ | 保育園落ちた、日本死ね!まじい... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む