行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2016 Japan Championships (59)

2017-05-28 23:26:14 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

そして最後は、「サイドトライセップス」と「アブドミナル&サイ」の2ポーズです。
この後は、左右半分づつ入れ替えて2回目の規定ポーズそして比較審査が行われたのですが、時間の都合により割愛させていただきます。
また男子は、決勝でのポーズダウン(合同フリーポーズ)は行わず、エントリー番号順に1人づつフリーポーズを行います。
女子がフィジークになって30秒に削られたのに対して、従来通り1分間行われます。

次回は、その決勝フリーポーズの模様とポーズダウン・表彰式の模様をご紹介したいと思います。
そして、その後「おまけ写真」をお送りして締めくくりたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Championships (58)

2017-05-28 23:15:39 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

続いてこちらでは、「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」「バックラットスプレッド」の3ポーズをご紹介しています。
女子の規定ポーズは、ボディビルの頃は5つあったのですがフィジークになって4つに減りました。
しかし、男子の方は7つと多く審査も当然時間がかかります。
そして男子の審査が長引く分、どうしても女子の審査が急ぎ足になる傾向を強く感じています(苦笑)。
モンゴルアジア選手権でも、会場からしてあからさまな「男女差別」を感じましたが、日本でもまだ「男女平等」にはほど遠い感じはありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Championships (57)

2017-05-28 23:05:42 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

続いては、規定ポーズの模様をご覧ください。
こちらでは、「フロントリラックス」及び「ダブルバイセップス」「ラットスプレッド」の3ポーズを、ご紹介しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Championships (56)

2017-05-28 22:56:23 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

ここからは、予選の模様をご紹介いたします。
まずは、各選手のステージ登場時のポーズをお送りします。
エントリー番号順に、8番須江正尋選手(東京)・9番加藤直之選手(神奈川)・10番佐藤貴規選手(東京)・15番田代誠選手(東京)・16番山口裕選手(埼玉)・19番高梨圭祐選手(東京)・20番鈴木雅選手(東京)・29番佐藤茂男選手(東京)・32番木澤大祐選手(愛知)・36番須山翔太郎選手(東京)・38番林英二選手(長野)・46番辻田勲選手(大阪)の、以上12人です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Championships (55)

2017-05-28 22:47:38 | 観戦記2016


Prejudging (pic up 2) of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

続いては、二次ピックアップの模様をご覧いただきましょう。
ここで、2015年の日本選手権入賞選手も登場して、一次ピックアップを通過した12人と合流します。
赤澤選手も、見事一次ピックアップを通過していますね。
赤澤選手同様モンゴルアジア選手権で活躍していた、加藤直之選手や山口裕選手は2015年も入賞しているので、ここからの登場となりました。
こちらでも、全選手を「ダブルバイセップス」のポーズでご紹介しています。
ただ、20番の鈴木雅選手が下を向いていた状態だったので、鈴木選手のみ単独ショットを入れておきました(笑)。
結局、シード組11人は二次ピックアップを通過して、残りの1枠を射止めたのはエントリー番号46番の辻田勲選手(大阪)でした。
なお、選手名簿や成績表につきましては、(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟のホームページをご参照願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Championships (54)

2017-05-28 21:56:00 | 観戦記2016


Prejudging (pic up 1) of 2016 Japan Men's Bodybuilding Championships.

こんばんは。
それでは、今日からは気持ちを切り替えて(爆)2016年に戻りましょう。
今日からは、2016日本男子ボディビル選手権のご報告を、簡単にさせていただこうと思います。
何しろこの後もご報告すべき大会が山積みなので、本当に簡単にいきますよ(笑)。
ではさっそく、一次ピックアップの模様からお送りいたします。
男子は2人の欠場こそあったものの45人もの選手が参加したため、ピックアップを2回行って12人に絞りました。
方式としては、前年(2015年)の日本選手権で入賞した12人の選手は「シード」とされ一次ピックアップは免除されて、二次ピックアップからの登場となります。
それ以外の34人が、まず一次ピックアップで12人の通過枠を争う形になります。
そして二次ピックアップでは、その12人が前年入賞のシード選手と合流して、12人の入賞枠を争うことになります。
ただし今回は、前年入賞者から1人欠場が出ましたので、二次ピックアップは23人で行われました。
そういうわけで、こちらでは一次ピックアップに臨んだ34人の選手を「ダブルバイセップス」のポーズでご紹介しています。
先日のモンゴルアジア選手権に出場していた、赤澤範昭選手の姿も見えますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Appendix-

2017-05-28 00:39:02 | 観戦記2016


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Appendix pictures)

最後にご紹介するのは、「おまけ写真」のダイジェストです(爆)。
最初の写真は、19日に会場に入って最初にお会いした溝口選手・田口選手・井上選手の「クラシック三人衆」でした。
この直後、すでにフィットネスビキニが終わってしまったという、ショッキングなことを聞いたのでした。
次の写真は、フィットネスビキニ選手3人に囲まれた新井敬子選手ですが、今回ジャッジテストを受けるために日本選手団に帯同していたのでした。
その次は、男子フィジークの両選手にはさまれた福島麻里選手です。
そして、それを撮影している秋本明子選手でした(原爆)。
ここまでが19日の写真でした。
20日最初の写真は、競技開始前にステージに上がってポーズをとる福島選手の姿から始まります(笑)。
その次は、笑顔の新井敬子選手と木下美弥子コーチですが、このときはフィジークの田村選手に「もっとひねって!」と声をかけていたのです。
次に緑色のワンピースの女性2人がいきなり出てきましたが、表彰式の介添えをしている女性です。
やはりモンゴル人は、日本人によく似ていますね。
また表彰式では、ご覧のとおり優勝国の国歌が流れるときには場内起立していますが、そんな中で写真を撮っているのが「月刊ボディビルディング」の鎌田編集長でした(爆)。
表彰式や開会式の司会は男女2人で行っていましたが、男性がモンゴル語で女性が英語を担当していましたね。
開会式は20日の男子フィジークの表彰式終了後に行われましたが、日本からは多田哲選手と倉地美晴選手、そして新井敬子選手が参加しました。
最後の3枚は本当の「おまけ写真」です(笑)。
長い競技時間の中、秋本選手は笑顔で観戦していますが、山下由美選手はもう居眠りしていましたね(笑)。
福島選手も居眠りしていますが、その後ろで齋藤マドカコーチや阿部美早選手がVサインしています(原爆)。
そして最後の写真は、2日間審査員を務めてお疲れの藤原団長の肩をもんであげている、丸山典子選手でした。

以上をもちまして、第51回アジアボディビル・フィットネス選手権のダイジェストを締めくくらせていただきます。
詳細はまた2016年の大会のご報告終了後に、させていただくことになるかと思います(苦笑)。
次回は、2016日本選手権のご紹介に戻ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Bodybuilding-

2017-05-28 00:17:01 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Bodybuilding)

Results of Bodybuilding (Japanese Only)
-55kg
2 AKAZAWA Noriaki
-60kg
4 SHIGEOKA Hisanori
-65kg
2 ASANO Kikuo
-70kg
3 KATO Naoyuki
-75kg
8 YAMAGUCHI Yutaka

そして最後に、ボディビルのダイジェストです。
今や「女子ボディビル」はないので、わざわざ「男子」を付ける必要もなくなりました(苦笑)。
こちら日本は男子最大勢力の5人を投入していて、55kg以下級赤澤範昭選手・60kg以下級重岡寿典選手・65kg以下級浅野喜久男選手・70kg以下級加藤直之選手・75kg以下級山口裕選手と、粒ぞろいのメンバーが参戦しました。
その結果、山口選手を除く4人が決勝に進出して、さらに3人がベスト3に入って見事メダルを獲得しています。
ただ、残念ながらいずれの選手も優勝には届きませんでした。
結局、赤澤選手2位・重岡選手4位・浅野選手2位・加藤選手3位・山口選手8位という結果でした。
山口選手のみは予選での写真を2枚ご紹介し、ほかの4人の選手は予選1枚・決勝1枚・表彰式1枚という形でご紹介させていただきました。
最後の写真は、全競技終了後に役員が記念撮影を行ったものですが、左から7番目に日本選手団長を務めた、(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)の藤原達也副会長の姿が見えますね。
藤原団長は、2日間にわたって大会の審査員も務めていて、ある意味選手以上に大変だったことと思います。
以上が、ボディビルのダイジェストでした。

これで競技関係のダイジェストはすべて終わったのですが、最後にもう一丁(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Classic Bodybuilding-

2017-05-27 23:50:23 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Classic Bodybuilding)

Results of Classic Bodybuilding (Japanese Only)
-162cm
5 MIZOGUCHI Takahiro
-172cm
4 INOUE Hiroaki
-180cm
6 TAGUCHI Shunsuke

続いては、男子のクラシックボディビルのダイジェストをお送りいたしましょう。
日本選手の参戦は、162cm以下級溝口隆広選手・172cm以下級井上裕章選手・180cm以下級田口俊介選手と、いずれも昨年の北京アジア選手権に続いての参戦でした。
ただ、溝口選手は昨年はボディビルの55kg以下級への参戦でした。
そして結果は、溝口選手5位・井上選手4位・田口選手6位というものでした。
奇しくも、井上選手と田口選手は昨年と同じ順位でした(爆)。
さらには、両選手とも一昨年の小倉アジア選手権では優勝していたのですが・・・
いやはや、厳しい結果でしたね(苦笑)。
そんな中、4枚目の写真にご注目ください。
井上選手が隣の選手に腕をぶつけていますね。
結果的にはその選手が優勝だったのですが、井上選手も「ただでは勝たせないぞ」とばかりにぶつかっていったのだそうです。
2015年の日本選手権で、決勝進出を賭けた同点審査で山口裕選手に「サイドチェスト」で体当たりした場面を、思い起こさせるものがありましたね。
その山口選手も、この後ご紹介するボディビルに出場していました。
以上が、クラシックボディビルのダイジェストでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Men's Physique-

2017-05-27 23:33:08 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Men's Physique)

Results of Men's Physique (Japanese Only)
-166cm
3 TADA Satoshi
-170cm
1 TAMURA Yoshitake
Overall Final
2 TAMURA Yoshitake

こんばんは。
それでは今日は、第51回アジアボディビル・フィットネス選手権の、男子競技のダイジェストをお送りさせていただきます。
現地速報でお知らせしたとおり、19日に女子競技全部と男子フィットネス、そして20日にフィットネス以外の男子競技すべてが行われました。
そして会場も、同じ「コーポレート・コンベンションセンター」ではありますが、19日は2階の平坦なホールだったのに対して、20日は最初の3枚の写真のような立派なホール(4階)が使われました(爆)。
昨年、椎名千香子選手がフィットネスビキニ163cm超級で優勝した、第1回中央・東アジア選手権もこのホールが使われたそうです。
今回の女子競技も、このホールでやってほしかった・・・
さて、男子でまずご紹介するのはフィジークです。
166cm以下級・170cm以下級・174cm以下級・178cm以下級・178cm超級の5クラスが行われましたが、日本からは166cm以下級に多田哲(さとし)選手、そして170cm以下級に田村宜丈(よしたけ)選手が参戦しました。
その結果多田選手は3位、田村選手は見事優勝してアジアチャンピオンに輝きました。
田村選手は、各クラスの優勝選手同士によるオーバーオール決勝に臨みましたが、惜しくも2位でした。
こちらでは、両選手の決勝及び表彰式の写真、そして最後は田村選手が参戦したオーバーオール決勝の写真を盛り込みました。
ちなみにオーバーオール優勝は、178cm超級優勝の中国の選手(左から2番目)でした。
以上が、男子フィジークのダイジェストでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Women's Physique-

2017-05-26 23:55:00 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

Results of Women's Physique (Japanese Only)

2 SAWADA Megumi

続いては、女子フィジークのダイジェストです。
今回女子フィジークに関しては、身長別によるクラス分けがありませんでした。
そして日本から参戦したのは、澤田めぐみ選手ただ1人だけでしたが、惜しくも2位でした。
実は今回、澤田選手のフリーポーズの際に音楽が流れないトラブルがありました。
あまりにも長く流れなかったので、澤田選手がポーズを解いた瞬間に、いきなり音楽が流れ出しました。
戸惑いつつフリーポーズを行った澤田選手でしたが、これが響いたのがわずかに1ポイント差で優勝を逃してしまったのです。
ご本人も悔しさを隠しませんでしたが、それでも表彰式ではご覧のとおり優勝選手と笑顔で握手を交わしました。
澤田選手自身アジア選手権は一昨年に経験していますが、そのときは日本国内(小倉)で行われましたから、海外での試合は始めてだったわけです。
海外での大会では、日本のようにスムーズに行くとは考えず、どんな事態にも臨機応変に対応していく能力も必要だということでしょう。
これは、今回フィットネスビキニを撮り損ねた私も、改めて感じたことです。
なお、最後から3枚目は19日の会場内の写真です。
20日の男子競技が行われたホールとは段違いの環境で、この差別には私も憤慨しております(苦笑)。
その次が、19日競技終了後の集合写真ですが、前にご紹介したものとは別ショットをお送りしました。
最後は入場券の写真ですが、右端に入場料が記載してあります。
モンゴルの通貨「トゥグルク」で20000ということですが、18日に両替したところ1円=21.52トゥグルクということなので、日本円では約930円ということになります。
一昨年の小倉のときは、2日間の通し券でS席6000円・A席5000円だったかと思います。
昨年の北京では、やはり2日間通し券で約7000円だったことを考えると、格安といえるでしょう。
以上が、女子フィジークのダイジェストでした。

次回は、男子競技のダイジェストをお送りしようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Bodyfitness-

2017-05-26 23:43:47 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Bodyfitness)

Results of Bodyfitness (Japanese Only)

Masters
1 YAMASHITA Yumi

-163cm
2 YAMASHITA Yumi
4 SAITO Yukiko
9 NAGASHIMA Masako

163cm-
2 YAMAMOTO Kayoko
3 ABE Misaki

こんばんは。
それでは今日は、昨日に引き続いて第51回アジアボディビル・フィットネス選手権のダイジェストをお送りさせていただきます。
まずは、ボディフィットネスのダイジェストからまいりましょう。
なんといっても、山下由美選手のマスターズ優勝が光りますが、このマスターズは当初予定にはなく当日になって急遽行われることになったものでした。
ちなみに、女子フィジークでもマスターズが行われていました。
というわけで、写真の方は順番に山下由美選手(マスターズ優勝&163cm以下級2位)・齋藤有紀子選手(163cm以下級4位)・長島雅子選手(163cm以下級9位)・阿部美早選手(163cm超級3位)・山本加容子選手(163cm超級4位)で、各選手2枚ご紹介させていただきました。
原則として決勝での「Lウォーキング」とクォーターターンから1枚づつ採用しましたが、決勝に進めなかった長島選手については準決勝でのクォーターターンのときの写真から2枚ご紹介しています。
最後の5枚が表彰式での記念撮影のもので、最初の2枚がマスターズ、次の2枚が163cm以下級、そして最後の2枚が163cm超級のものです。
記念撮影は、一昨年の小倉や昨年の北京のときと同様に、決勝進出選手全員→ベスト3→優勝選手のみの順で行われています。
以上が、ボディフィットネスのダイジェストでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -Bikini Fitness-

2017-05-25 23:53:58 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships. (Bikini Fitness)

Results of Bikini Fitness (Japanese Only)
-163cm
1 KURACHI Miharu
6 AKIMOTO Akiko
8 MIFUNE Mariko

163cm-
2 FUKUSHIMA Mari
4 MARUYAMA Noriko

Overall Champion
KURACHI Miharu

続いては、フィットネスビキニのダイジェストをお送りします。
といいますか、現地からお伝えしたとおり私はものの見事にフィットネスビキニの競技を見損ねてしまったので、競技後の写真のみとなりますが・・・(苦笑)
なにしろ、午後1時競技開始の予定が午前10時に繰り上がったのを選手の皆さんが知ったのが、当日の午前8時頃だったそうです(原爆)。
まして部外者の私がそれを知るはずもなく、正午過ぎに会場の「コーポレート・コンベンションセンター」に入った私は、フィットネスビキニの競技が終わってしまったことを知って、愕然とするばかりでした。
その直後に、オーバーオール決勝の優勝選手発表があったわけですが、カメラの設定をしている余裕もなくあわてて撮影したので、ご覧のとおりのブレブレ写真ばかりでした(苦笑)。
しかもこのときは、本当はショートクラス(163cm以下級)優勝の倉地美晴選手が優勝だったのに、なぜかトールクラス(163cm超級)優勝の中国の選手が優勝のコールをされてしまったのでした(水爆)。
結局は、両方優勝という形で幕引きが図られたようで、「証拠写真」のとおり倉地選手にもオーバーオール優勝の表彰状等が渡されましたが・・・
日本選手のオーバーオール優勝は、昨年の北京や一昨年の小倉でもなし得なかったことだけにケチが付いたのは残念でしたが、ともあれ倉地選手の快挙を讃えたいと思います。
というわけで、選手の写真は競技終了後に撮影させていただいたものになりますが、場内の照明の関係で色合いがおかしかったので、多少調整しました。

次回は、ボディフィットネスと女子フィジークのダイジェストをお送りしようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Digest of 51st AFBF Asian Championships -preview-

2017-05-25 23:28:42 | 観戦記2017


Digest of 51st AFBF Asian Championships.

こんばんは。
まだ写真の整理はついていませんが、できるところから第51回アジアボディビル・フィットネス選手権(2017年5月19・20日、モンゴル・ウランバートル)のダイジェストをお送りしたいと思います。
モンゴルという国は、ご存知かとは思いますが中国とロシアにはさまれておりまして、日本の約5倍の広さの国土に対して人口はわずか約300万人の国です。
首都のウランバートルまでは、成田空港からモンゴル航空の直行便なら5時間前後ですが、直行便は毎日あるわけではないので、今回はソウル乗り継ぎながら毎日便がある大韓航空を利用しました。
行きは5月18日午前に、まず羽田空港からソウルの金浦空港まで飛び、韓国国内を移動して仁川国際空港からウランバートル行きの便に乗り換えました。
帰りは21日深夜発で仁川乗り継ぎで成田に22日に帰着でしたが、偶然にも日本選手団の皆さんとご一緒でした(爆)。
ホテルは市内中心部の「ホテルナイン」に泊まりましたが、1泊5000円以上するだけあって近代的で清潔なのがよかったと思います。
ちなみにモンゴルの物価の一例を挙げると、日本円換算で市内バスが25円弱の均一料金でした。
ウランバートルの中心部は、近代的なビルが立ち並び都会らしさを感じさせましたが、少し郊外に出ると普通の住宅とゲル(テント式住居)が混在していましたね。
さらに郊外ですとご覧のような草原になり、モンゴルらしい風景になってまいりました(爆)。
また競技が早く終わった19日は、夜にモンゴル民俗文化を観賞してまいりました。
この時期のモンゴルは昼が長く、夜8時近くになってやっと日が落ちるという感じでしたね。
日本との時差は1時間です。
こんなところで、今回のアジア選手権は行われたわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばらくお待ちください Give me a moment

2017-05-24 22:41:45 | 情報
こんばんは。
昨日・今日と、何もできなくて申し訳ありません。
実のところ今回のモンゴルアジア選手権でも、フィットネスビキニを撮り損ねるという痛恨の失敗を差し引いても、なお8000枚を超える写真を撮影しておりまして、整理に時間がかかっております。
また、先日2016日本選手権のご報告に戻ると申し上げましたが、やはりこのアジア選手権をもう少し掘り下げておいた方がいいかなと考え直しました。
そんなわけで、明日からは何とかしたいと思います。
どうも失礼しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加