行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

Result and digest of 2016 ALL Japan Ms. Bodyfitness Championships -(1)-

2016-09-26 22:41:48 | 観戦記2016


Result of 2016 ALL Japan Bodyfitness Championships (50Years-)
1 NAGASHIMA Masako
2 SHIMIZU Eriko
3 UTSUMI Junko
4 YAMAMURA Yukari
5 OIWA Noriko
6 SHIBATA Masami

2016オールジャパンミスボディフィットネス選手権の結果(50歳以上・敬称略)
1 長島 雅子
2 清水恵理子
3 打海 淳子
4 山村由加里
5 大岩 典子
6 柴田 昌美

こんばんは。
24・25日と仙台市若林区の若林区文化センターで行われた、オールジャパンフィットネス選手権を観戦してまいりました。
帰宅したのが25日ギリギリで、今日一日かけてようやく写真の整理ができましたので、とりあえず結果とダイジェストをお送りしようと思います。
なお、全競技の結果はすでに(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟のホームページに掲載されていますので、お急ぎの方はそちらをご参照ください。
今回は、24日にボディフィットネスと男子のクラシックボディビル及び宮城県選手権、25日に男女フィットネスとフィットネスビキニ及び男子フィジークが、それぞれ独立して行われました。
ですので、今日はまず24日に行われたボディフィットネスと宮城県選手権の女子フィジーク及びボディフィットネスの結果及びダイジェストをお送りします。
まずは、ボディフィットネスの50歳以上級からご紹介いたします。
実は50歳以上級は、15人もの選手がエントリーしていて、ボディフィットネス最大の激戦区でした(爆)。
それだけに、決勝に残った6人の選手はいずれも年齢を感じさせない、魅力的な女性ぞろいだとは思いませんか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (12)-

2016-09-23 23:49:17 | 観戦記2016


Omori Jhulie & MATSUOKA Akira, 1st place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

優勝した大森選手と松岡選手の、フリーポーズの後半です。
2人での協力プレイは特にありませんでしたが、それぞれ単独でも通用するだけの見事な体をポーズを合わせて見せるだけでも、インパクトがあったということでしょうか。
個人的には、ミックスドペアならではの大技が最近あまり見られないのが残念ですが・・・
以上が、ミックスドペアの決勝フリーポーズの模様でした。

次回からは、ボディフィットネスの決勝の模様をお伝えするところですが、ご存知のとおり明日・明後日と仙台でオールジャパンフィットネス選手権が行われます。
当然私も観戦に行きますので、こちらはその間お休みすることになると思います。
また、その後は結果やダイジェストを優先しますので、月末までお待ちください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (11)-

2016-09-23 23:02:34 | 観戦記2016


Omori Jhulie & MATSUOKA Akira, 1st place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

今年のミックスドペアの優勝は、エントリー番号4番の大森樹理選手(大阪)と松岡啓(あきら)選手(大阪)のペアでした。
両選手とも、それぞれ女子フィジーク及び男子ボディビルで実績を挙げていますが、その2人が力を合わせれば・・・ということでしょうか。
ちなみに、両選手ともジャパンオープンの女子フィジーク及び男子ボディビルにダブルエントリーしていました。
特に大森選手は決勝に進出していますので、そちらでまたご紹介できることと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (10)-

2016-09-23 22:58:05 | 観戦記2016


ADACHI Akiko & YOSHIDA Satoru, 2nd place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

こちらが、足立選手と吉田選手のフリーポーズの後半です。
白いポージングスーツも目に映える両選手ですが、後半でも吉田選手が足立選手を抱きかかえて1回転するシーンがありました。
最後の決めポーズも、足立選手が吉田選手に体を預ける形で決まりました。
このように、2人で協力するプレイが多かったのが好印象でした。
しかし、そのさらに上を行くペアが存在しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (9)-

2016-09-23 22:48:24 | 観戦記2016


ADACHI Akiko & YOSHIDA Satoru, 2nd place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

そして2位は、エントリー番号1番の足立晃子選手(東京)と吉田悟選手(埼玉)のペアでした。
2014年のミックスドペアにも参戦していて、そのときもやはり2位でした。
ご存知のとおり、足立選手は2010年にジャパンオープンの女子ボディビルで優勝し、2012年には日本選手権で3位に入賞しているほどの名選手です。
今回は、いきなり吉田選手に抱きかかえられながらステージに登場するという、インパクトのあるオープニングでした。
さすがポージングもそつがなくスムーズな感じで進みましたが、後半にもやはり見どころがありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (8)-

2016-09-23 22:30:48 | 観戦記2016


OGIYAMA Haruka & MIYATA Tomoya, 3rd place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

3位の荻山選手と宮田選手のフリーポーズの後半ですが、ここで思わず驚いてしまいました。
荻山選手がなんと、立った状態から体をしならせてブリッジになったのです。
さらに、宮田選手の助けを借りつつもバク転を決めるという、なかなかの大技を見せてくれました。
また両選手とも笑顔がよく出て、お似合いのカップルという感じはしましたね(笑)。
こうなったら、来年は宮田みゆき選手がご主人の勝美選手とペアを組んで、このペアと「親子対決」をやったいただきたいところですね(水爆)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (7)-

2016-09-23 22:19:58 | 観戦記2016


OGIYAMA Haruka & MIYATA Tomoya, 3rd place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

続いて3位は、エントリー番号2番の荻山はるか選手(愛知)と宮田智矢選手(東京)のペアでした。
愛知の荻山選手と東京の宮田選手がどう知り合ったのかはよくわかりませんが、「うーむ、許せねえなあ(爆)」という関係であることは確かのようです(原爆)。
また、本来フィットネスビキニの選手であった荻山選手が、このような形でフィジークに参戦してきたのにも驚きましたね。
ちなみに宮田選手は、今年の東京選手権女子フィジーク2位、そして日本クラス別163cm以下級優勝の、宮田みゆき選手の息子さんです。
個人的には、みゆき選手と智矢選手による史上初の母と息子のペアを期待していたのですが・・・(苦笑)
それはともかく、前半の見所はいつも笑顔の荻山選手が最初に見せた、引き締まった表情ではないかと思います(爆)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (6)-

2016-09-23 22:14:37 | 観戦記2016


TAKASE Eri & TAKASE Keizo, 4th place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

4位の高瀬恵理選手と高瀬恵造選手のペアの、フリーポーズの後半です。
立ったところを見ますと、身長が同じくらいなんですね。
また、恵理選手は男性顔負けのショートヘアで、一部を染めているのでモヒカンっぽく見えますね。
ポーズはきれいに合っていたと思いますが、2人で協力するような技を見せてくれると、もっとよかったかなという気もします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Mixed Pair (5)-

2016-09-23 21:43:38 | 観戦記2016


TAKASE Eri & TAKASE Keizo, 4th place of 2016 Japan Open. (Mixed Pair)

こんばんは。
さあそれでは今日は、年に一度のお楽しみ(爆)ミックスドペアの決勝フリーポーズの模様を、たっぷりとご紹介させていただきます。
今回は4組の参加を得ましたが、もちろん4組とも決勝に進出していますので、各組について前半後半に分けて「こってり」とご紹介いたします(笑)。
さっそくカウントダウン式に、4位からご紹介しましょう。
4位は、エントリー番号3番の高瀬恵理選手と高瀬恵造選手(愛知)のペアでした。
おなじ「高瀬」で恵理選手25歳・恵造選手61歳とくればお気づきかもしれませんが、なんと親子ペアだったのです(原爆)。
親子ペアとくれば、昨年のこの大会では服部淳子選手と阿野田英生選手(三重)が出場していましたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (27)-

2016-09-22 23:55:57 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

比較審査が終わり、最後にもう一度全員でラインナップをとりました。
そしていま一度、クォーターターンが行われて予選終了で選手退場となりました。
以上が、女子フィジーク予選の模様でした。

さて、次回はいよいよ年に一度のお楽しみ、ミックスドペアのフリーポーズの模様をたっぷりお送りいたしますので、どうぞお楽しみに(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (26)-

2016-09-22 23:51:36 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

4回目すなわち最後の比較審査では、21番阿部選手・20番大森恵美子選手・14番安田選手・15番加藤選手の4人が比較されました。
そう、ここでは「大森選手」は2人いるので、フルネームで書かなくてはいけなかったのでした(笑)。
以上で、比較審査は終わりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (25)-

2016-09-22 23:43:15 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

さらに3回目の比較審査では、2回目から15番加藤選手が残って、そこに10番高松眞里子選手・18番佐々木真紀子選手・13番渡部みゆき選手が新たに加わって、4人で行われました。
これで、12人全員が一通り比較審査を受けたことになります。
しかし、比較審査はもう1回行われました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (24)-

2016-09-22 23:35:20 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

続いて、2回目の比較審査はメンバー総入れ替えとなり、21番阿部優花選手・4番大森樹理選手・14番安田敦子選手・11番湯澤寿枝選手・15番加藤文子選手の、5人が比較されました。
こちらも、規定各ポーズごとに全員での写真1枚とアップでの写真2枚をセットにして、ご紹介しております。
昼食をどうしようかと思ったのですが、結局会場の近くにあったコンビニで買って済ませました。
ちなみに帰りは、知り合いの方に車で上田駅まで送っていただきました。
どうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (23)-

2016-09-22 23:27:37 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

こんばんは。
昨日に引き続き、2016ジャパンオープン・女子フィジークの予選の模様をお送りしますが、今日は比較審査の模様をご紹介いたします。
さっそく1回目、いわゆる「ファースト・コール」ですが、12番久野礼子選手・23番中村静香選手・20番大森恵美子選手・1番山田純子選手の、4人がその対象になりました。
規定各ポーズについて、4人全員で1枚の写真と左右2人づつアップで撮影した写真2枚をご覧いただいております。
実際に、この4人が最終的にベスト4を占めています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Japan Open -Women Physique (22)-

2016-09-21 23:51:02 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 Japan Open. (Women Physique)

そしてこちらが、2回目の規定ポーズの後半で「バックダブルバイセップス」と「サイドトライセップス」をご覧いただきました。
2回の規定ポーズを終えると、各選手は番号順に並びなおした上でステージ後方に整列して、比較審査に呼ばれるのを待ちます。
以上が、女子フィジーク予選の選手全員でのプログラムでした。

次回は、比較審査の模様をご紹介しようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加