行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (17)

2016-07-29 23:57:03 | 観戦記2016


KATSUMATA Kyoko, 1st place of 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open. (Open)

そしてオープン(県外)の優勝は、エントリー番号1番の勝亦響子選手(静岡)でした。
昨年は、同じ芸術創造センターで行われたミス健康美東海オープンでショートクラス(158cm以下級)2位、またミス21健康美においても158cm以下級で4位に入賞しています。
今大会最も若い31歳ですが、鍛えられた若々しい体を元気よく自由演技で見せてくれたと思います。
写真がちょっと暗くて、申し訳ありませんが・・・

次回は、愛知県内選手の自由演技をカウントダウン式でご紹介させていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (16)

2016-07-29 23:50:48 | 観戦記2016


OKADA Yoshiko from Tottori, 2nd place of 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open. (Open)

こんばんは。
今日から2016ミス健康美愛知オープンの決勝自由演技をご紹介するところですが、今日は帰りが遅くなってしまいましたので、オープン参加の2人の選手のみご紹介させていただきます。
といいますのは、前にも書きましたが愛知県外から参加した2人の選手は、愛知県内の選手とは別枠で順位が付けられ表彰されたからです。
つまり、審査そのものは一緒に行われましたが、実際には「愛知県内」と「オープン(県外)」の2つのクラスに分かれていたという感じですね。
ではさっそく2位からご紹介いたしますが、エントリー番号6番の岡田美子(よしこ)選手(鳥取)でした。
鳥取からとは以外な参戦ですが、西日本選手権も行われることを考えればあり得ない話ではありませんね。
初めて見る選手ですが、引き締まった色白の体を力強くかつしなやかに見せてくれたのではないかと思います。
プログラムの選手名簿によれば、トレーニング歴はわずか6ヶ月とのことですが、それを考えればなかなかのものではないでしょうか。
なにより、こうして大会に出ることが大切だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (15)

2016-07-28 23:35:11 | 観戦記2016


Opening ceremony of 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open.

もうひとつご紹介すべきものとは、開会式の模様でした(原爆)。
愛知県で行われる大会ではおなじみの司会者の方により進行され、愛知県ボディビル・フィットネス連盟(ABBF)事務局長でもある廣田ゆみ選手の開会宣言で、幕が開きました。
ステージの幕が上がると、ミス健康美愛知オープンの選手をはじめとしたこの日行われるすべての競技の選手全員が、ポージングスーツ姿で並んでいました。
最近、こういうスタイルの開会式が少なくなりましたが、さすが愛知はやってくれました(笑)。
もちろん開会式は手短かで、井村博一ABBF理事長のあいさつと選手宣誓のみであっさり終わりました。
なお、選手宣誓は女子は和田美保選手が務めました。
再び幕が下りてから審査員が紹介されましたが、7人のうち3人が女性の方でした。
うち1人はかつてミス健康美愛知オープンに優勝した水野文江選手ですが、別の女子審査員でなんとミニスカートの人もいましたね(水爆)。
こういうおおらかさも、愛知のいいところかもしれません(笑)。

それでは、次回は決勝の模様をご紹介させていただこうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (14)

2016-07-28 23:29:36 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open.

比較審査が終わり、選手はもう一度ステージ中央でラインナップをとりました。
予選終了が告げられて、選手が退場していくところまでをご紹介しています。
決勝には7人全員が進出しましたので、後ほど決勝自由演技もご紹介できることと思います。
以上が、予選の模様でした。
と、ここまで来てもうひとつご紹介するべきものがありました(爆)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (13)

2016-07-28 23:20:55 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open.

そして3回目、最後の比較審査では2番本名友紀子選手と7番平恭子選手の2人が審査を受け、これで7人全員が比較審査を受けたことになります。
この日会場のロビーでは、8月11日に同じ名古屋の芸術創造センターで行われる、西日本選手権&愛知県選手権の入場券が販売されていました。
今回、入場券入手危機一髪だった私は、1800円(前売券・当日券は2000円)支払って8月11日の入場券を確保したのでした(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (12)

2016-07-28 23:00:07 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open.

続いては愛知県勢ですが、5人を3人・2人の2組に分けて比較されました。
まず、3番小池英生選手・4番和田美保選手・5番大岩典子選手の3人が、比較審査の俎上に上がりました。
「ダブルバイセップス」「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」の3ポーズについて、3人全員でのショットと個別ショットをあわせてご紹介しています。
さて、今大会はご紹介しているミス健康美愛知オープンのほかに、愛知県のクラシックボディビル選手権・マスターズボディビル選手権・チャレンジクラスボディビル選手権が行われていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (11)

2016-07-28 22:23:03 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open.

こんばんは。
それでは今日は、2016ミス健康美愛知オープンの予選から、比較審査の模様をお送りいたします。
比較審査は、3回に分けて行われました。
まず最初に、エントリー番号1番勝亦響子選手と6番岡田美子選手が比較されました。
勝亦選手は静岡、岡田選手は鳥取からの「オープン参加」で、表彰は愛知の選手とは別枠で行われ順位もこの2人の間で付けられました。
2013年のときにも愛知県外からのオープン参加がありましたが、そのときはオープン参加選手には順位が付けられず「特別表彰」とされています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (10)

2016-07-27 23:38:38 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open. (JUL 17, 2016, NAGOYA)

そこでこちらでは、アップで撮影して各ポーズ2枚づつでご紹介しています。
「回転演技」の4ポーズと、「健康美基本ポーズ」ともいえる「ダブルバイセップス」「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」をご紹介しています。
この大会は、前日のNPCJ名古屋オープンと同じ会場で行われたわけですが、私には思わぬ誤算がありました(爆)。
入場料が前売りでわずか1800円、当日券でも2000円(全席自由)ということもあって人気が非常に高く、開場の午前10時近くに開場に到着した私は、当日券さえもすでに売り切れているという恐るべき状況に遭遇したのでした(原爆)。
7月3日の関東オープンのときにも同じ状況に遭遇しましたが、そのときは立見席を売ってもらえたことで無事観戦できたのですが、愛知県では消防が厳しいということで立ち見はダメ。
会場を目前に観戦できないという事態になりかけて頭を抱えた私でしたが、そこに救世主が現れました(水爆)。
会場整理にあたっていた松尾幸作選手が私に声をかけてくださり、事情を説明したところ余った入場券を持っている人を探してくださったのです(感涙)。
おかげさまで無事入場し、観戦・撮影することができました。
この場をお借りして、改めて松尾選手に感謝の意を表したいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
8月7日のジャパンオープンでは、松尾選手もしっかり撮影させていただきます。

といったところで、次回は比較審査の模様をお送りしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (9)

2016-07-27 23:22:16 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open. (JUL 17, 2016, NAGOYA)

続いては、選手全員による「回転演技」の模様をご覧ください。
7人全員を1枚に収めるような形で、途中の流れも追う形でご紹介していますが、ちょっと各選手が小さいかもしれませんね(苦笑)。
ではここで、7人の選手を簡単にご紹介しておきましょう。
エントリー番号1番は勝亦響子選手で、静岡からのオープン参加です。
2番は地元愛知の本名(ほんな)友紀子選手ですが、私は初めて見る選手です。
3番は同じく愛知の小池英生(えいせい)選手で、昨年は5位でした。
4番はこれまた愛知の和田美保選手で、昨年は2位と好成績でした。
5番も愛知の大岩典子選手で、昨年は3位に入賞しています。
6番は鳥取の岡田美子(よしこ)選手で、オープン参加です。
7番は愛知の平恭子選手で、昨年は惜しくも決勝に進出できませんでした。
なお、今大会においては7人全員が決勝に進出して自由演技を披露していますので、詳細のご紹介は決勝のときに改めてさせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open (8)

2016-07-27 23:03:18 | 観戦記2016


Prejudging of 2016 2016 Ms. Kenkoubi Aichi Open. (JUL 17, 2016, NAGOYA)

こんばんは。
それでは改めまして、今日から7月17日に名古屋市東区の芸術創造センターで行われた、ミス健康美愛知オープンのご報告を始めたいと思います。
先日、安井友梨選手のゲストポーズはご紹介しましたので、それ以外の模様についてということになります。
というわけで、さっそく予選からお送りしてまいりましょう。
まずは、各選手が入場時にとったポーズの写真と、全員そろったところでの「フロントスタンス」の様子をご覧ください。
今回は7人の選手が参加していますが、そのうち2人は愛知県外からのオープン参加です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 NPCJ Nagoya Open (30)

2016-07-26 23:07:44 | 観戦記2016


Guest posing and closing ceremony of 2016 NPCJ Nagoya Open.
That's all of 2016 NPCJ Nagoya Open.

男性ゲストポーザーが「客席乱入」したところ、空になったステージには今大会の出場選手が三々五々登場しました。
そして、司会者がここで意外な言葉を発しました。
「どうぞ観客の皆さんもステージに上がって、選手の方々と記念撮影してください」
これにはびっくりしましたね。
最近はJBBF系の大会でも表彰式のときの「プレゼントタイム」がなくなって、選手と観客との交流の機会が失われつつあるところですが、こういう形で観客と選手が交流できることには、驚きと同時に喜びも感じました。
というわけで、私もどさくさながら何枚か選手の方々の写真を撮らせていただきました。
これがしばらく続いて、閉会となったわけです。
だから「閉会式」といった形式ばったものではなく、緩やかにそれでいて華やかなフィナーレだったということです。

以上を持ちまして、7月16日に行われたNPCJ名古屋オープンのご報告を、締めくくらせていただきます。
ご高覧、ありがとうございました。
次回からは、7月17日に行われたミス健康美愛知オープンのご報告を、始めたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 NPCJ Nagoya Open (29)

2016-07-26 22:57:55 | 観戦記2016


Guest posing of 2016 NPCJ Nagoya Open.

そして3人目のゲストポーザーが、この選手でした。
NPCJの大会は、選手にも外国人が多数出場していましたが、ゲストポーザーも先ほどの女子選手を含めて外国人が多かったですね。
ここのところも、JBBF系の大会とは一味違うところです。
この選手は、ときどき耳に手を当てて観客の拍手を求めていましたね。
そしてここから、意外な展開となったのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 NPCJ Nagoya Open (28)

2016-07-26 22:53:00 | 観戦記2016


Guest posing of 2016 NPCJ Nagoya Open.

さらに女性選手によるゲストポーズをご紹介します。
JBBF系のゲストポーズではあまり見られないアクティブな動きで、体をしならせたかと思うと180度開脚で柔軟性もしっかりアピールしています。
そして最後にはジャンプまで披露するという、見応え十分なゲストポーズでした。
そしてゲストポーザーは、もう1人いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 NPCJ Nagoya Open (27)

2016-07-26 22:33:31 | 観戦記2016


Guest posing of 2016 NPCJ Nagoya Open.

次のゲストポーザーは、なんと女性でした。
過去の大会の優勝選手だそうですが、フリーポーズのようなパフォーマンスが女子競技にないNPCJでどのようなものを見せてくれるのか、期待と同時に不安もありました。
しかし、どうしてどうして。
最初は布をまとって蝶のように舞い、布をとってからも軽やかな動きで鍛え抜かれた体の魅力をアピールしています。
このゲストポーズは、後半に続きます。
ところで、ここへ来てこのブログのアクセスもかなり増えてきて、23日にはなんと1621件というブログ開設以来の新記録を達成できました。
ご愛顧、まことにありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 NPCJ Nagoya Open (26)

2016-07-26 22:16:32 | 観戦記2016


Guest posing of 2016 NPCJ Nagoya Open.

こんばんは。
NPCJ名古屋オープンのご報告も、今日が千秋楽となりました。
今日は、大会の最後に行われたゲストポーズ及びフィナーレ(閉会式)の模様を、お送りして締めくくりたいと思います。
まずはゲストポーズからですが、ゲストポーザーは3人いました。
最初の写真は司会者の方ですが、その次からはなんといいますかボディビルの基本的なポーズのとり方を紹介するような感じでしたね。
なお、司会者やゲストポーザーにつきましては、お名前がわからなかったことをご容赦ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加