行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2017 Miyagi Championships (5)

2017-12-13 22:35:36 | 観戦記2017


Prejudging of 2017 Miyagi Championships. (Women's Physique, AUG 6, 2017, Sendai)

というわけで、こちらが女子フィジークの予選の模様です。
出場した選手はご覧のとおり、エントリー番号1番の伊藤ひろみ選手ただ1人でした(爆)。
ボディフィットネスの選手の番号が2番から始まっていたのは、女子フィジークからの連番になっていたからでした。
予選で行われたのは、クォーターターンと規定ポーズでした。
なにしろ1人なので、左右入れ替えや比較審査もなくすぐに終わりました(苦笑)。
決勝では、フリーポーズの模様をご紹介できるかと思います。
以上が、女子フィジーク予選の模様でした。

次回は、宮城県選手権の決勝の模様をご紹介しようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Miyagi Championships (4)

2017-12-13 22:32:36 | 観戦記2017


Prejudging of 2017 Miyagi Championships. (Bodyfitness, AUG 6, 2017, Sendai)

というわけで、予選終了・選手退場となりました。
もちろん予選落ちはなく、全員が決勝に進みました。
以上が、ボディフィットネスの予選の模様でした。
引き続き、女子フィジークの予選の模様をお送りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Miyagi Championships (3)

2017-12-13 22:10:39 | 観戦記2017


Prejudging of 2017 Miyagi Championships. (Bodyfitness, AUG 6, 2017, Sendai)

続いては、2回目のクォーターターンの模様です。
2回目は、逆並びで行われました。
すなわち、ステージ向かって左から2番加藤選手・4番三本木選手・5番松本選手・6番中平選手という形です。
1回目とは趣向を変えて、4人全員1枚の写真で途中の流れも含めてご紹介させていただきました。
なお、比較審査はありませんでした(爆)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Miyagi Championships (2)

2017-12-13 22:03:36 | 観戦記2017


Prejudging of 2017 Miyagi Championships. (Bodyfitness, AUG 6, 2017, Sendai)

全員揃ったところで、さっそく1回目のクォーターターンが行われました。
各ポーズについて、4人全員を1枚に収めた写真と2人づつアップで分割した写真2枚をご紹介しています。
ここで各選手を簡単にご紹介しますと、エントリー番号順に2番加藤淳子選手・3番欠場・4番三本木しのぶ選手・5番松本美和選手・6番中平栄理子選手、以上の4人です。
さて、1回目のクォーターターンが終わると、司会の角田さんが5番松本選手に何か言っていますね。
どうやら、ゼッケンの付ける位置が反対だったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Miyagi Championships (1)

2017-12-13 21:41:07 | 観戦記2017


Prejudging of 2017 Miyagi Championships. (Bodyfitness, AUG 6, 2017, Sendai)

こんばんは。
茨城県つくば市への2泊3日の出張も終わり、帰ってまいりました。
さて、今日からは2017年8月6日に仙台市太白区の太白区文化センターで行われた、日本クラス別選手権及び宮城県選手権のご報告を始めたいと思います。
今回は、日本クラス別と宮城県選手権が並行して行われましたが、先に宮城県選手権の方をまとめてお送りしてから、日本クラス別のご報告に入らせていただきます。
というわけで、今日は宮城県選手権の予選の模様をご紹介いたしましょう。
宮城県選手権では、男子のボディビルと女子のボディフィットネス及びフィジークが行われました。
最初に、ボディフィットネスの予選からお送りいたします。
こちらでは、各選手がステージに登場して「Lウォーキング」を行ったところを、各選手3枚づつご紹介しています。
ボディフィットネスには、5人の選手がエントリーしていましたが、1人欠場して4人が出場しました。
そして4人全員がラインナップしたところと、司会の角田和弘さんと白岩由理香さんそして競技進行のお手伝いをしていた齋藤マドカさんをご紹介させていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (88)

2017-12-10 22:48:45 | 観戦記2017


Appendix pictures of 2017 Kanto Open.
That's all of 2017 Kanto Open. (JUL 30, 2017, Mito, Ibaraki)

では、最後の最後に本当の「おまけ写真」をご紹介いたしましょう(笑)。
まず1枚目は、7月29日に水戸の会場に着いたときに佐藤とく子選手に、入口の看板と一緒に写っていただきました。
2枚目は、会場内での自撮りです(爆)。
3枚目から4枚目は、観戦に来ていた皆さんのショットです。
そして5枚目から7枚目までの3枚は、29日の関東選手権終了後に佐藤選手・矢野かずみ選手・竹下明子選手のお三方と一緒に、水戸駅前の水戸黄門一行の銅像前で記念撮影したものです。
私も、偉そうなかっこうで写っていて失礼しております(笑)。
8枚目からは30日の写真になりますが、その8枚目の写真はなぜか会場にいた、水戸納豆のキャンペーンガール?でした(原爆)。
さらに9枚目は、観戦していた選手の皆さんですが、右で立っている人は中林かおる選手ではありませんか。
そして最後の2枚は、関東オープン終了後に会場ロビーで撮影した、角田香織選手と鈴木亜砂の選手のツーショットです。
以上が、「おまけ写真」でした。

それでは、これをもちまして2017年7月30日に茨城県水戸市で行われた、2017関東オープンのご報告を締めくくらせていただきます。
ご高覧、ありがとうございました。
次回からは、2017年8月6日に仙台市太白区で行われた、日本クラス別選手権のご報告を始めたいと思います。
ただし、私事で恐縮ですが明日11日から2泊3日の日程で、茨城県つくば市に仕事で出張してまいりますので、この間はこちらの更新ができません。
おそらく、13日から始める形になるかと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (87)

2017-12-10 21:56:07 | 観戦記2017


Digest of 2017 Kanto Open. (Men's Physique)
Results of overall final
1 OSHIMA Kenichiro (-176cm)
2 HATA Kodai (176cm-)
3 HAYASHI Kenichiro (-172cm)
4 TAKAHASHI Katsumi (-168cm)
5 FUNAMOTO Yasuharu (Masters)

2017関東オープンの結果(敬称略)
男子フィジーク・オーバーオール決勝
1 大島健一郎(176cm以下級)
2 波多 広大(はた・こうだい・176cm超級)
3 林 健一郎(172cm以下級)
4 高橋 勝巳(168cm以下級)
5 船本 康晴(マスターズ)

こんばんは。
それでは、2017関東オープンのご報告の締めくくりに「おまけ写真」をお送りしたいと思います。
まずは、フィットネスビキニと同時に行われた、男子フィジークについて簡単に触れておきましょう。
男子フィジークは、身長別4クラスに加えて50歳以上の「マスターズ」というクラスもあり、5クラス合わせてなんと127人ものエントリーがありました(爆)。
ここでご紹介するのは、その各クラスの優勝選手同士によって争われた、オーバーオール決勝の模様です。
優勝したのは、昨日ご紹介したとおり176cm以下級優勝の大島選手でしたが、もうひとり注目していただきたいのが176cm超級優勝の波多選手です。
そう、先日ダイジェストをご紹介した日本・グアム親善大会にも参戦し、トールクラス(170cm超級)で2位に入賞していた若手選手です。
この関東オープンで優勝するほどの実力者だと知ったのは、グアムでの打ち上げパーティーで波多選手とお話ししたときのことでした(苦笑)。
今年26歳だけに、これからの活躍が本当に楽しみですね。
以上が、男子フィジークのダイジェストでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (86)

2017-12-10 12:50:55 | 観戦記2017


Overall final of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness)
NAGASE Yoko won.

オーバーオール決勝の審査が終わると、3人の選手は一旦退場します。
そして、優勝選手が発表されて再び登場するわけですが、果たして登場したのは163cm超級の長瀬選手でした。
当日発表・表彰されたのは優勝選手だけですが、審査結果一覧によれば2位が163cm以下級の鈴木選手、そして3位が158cm以下級の杉山選手となっております。
優勝した長瀬選手には、表彰状のほかにティアラが授与されました。
ここで司会の小田口誠さんと安藤琴代さんをご紹介してから、長瀬選手と男子フィジークのオーバーオール優勝の大島健一郎選手(176cm以下級)による、記念撮影となりました。
これをもって、7月30日の関東オープンは幕を閉じたのでした。
というわけで、以上がオーバーオール決勝及び表彰式の模様でした。

これで関東オープンの競技についてのご紹介はすべて終わりましたが、まだ「おまけ写真」が残っていましたね(笑)。
今夜それをお送りして、関東オープンのご報告を締めくくりたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (85)

2017-12-10 12:39:28 | 観戦記2017


Overall final of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness)

各クラスの表彰式の後には、各クラス優勝選手同士によるオーバーオール決勝が行われました。
158cm以下級優勝の杉山亜希選手・163cm以下級優勝の鈴木亜砂の選手・163cm超級の長瀬陽子選手の3人の選手によって競われますが、審査はクォーターターン2回によって行われました。
ご覧いただいているのは1回目の模様ですが、2回目はステージ向かって左から杉山選手・長瀬選手・鈴木選手という並びでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (84)

2017-12-10 12:29:44 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, 163cm-)

3位には森弘子選手がコールされて、残るは長瀬陽子選手と羽鳥茉利絵選手の2人となりました。
そして2位をコールされたのは羽鳥選手で、長瀬選手の優勝となりました。
優勝した瞬間の、長瀬選手の表情がなかなかいいですね。
そして表彰式の後は記念撮影ですが、こちらは選手同士がやや離れていたので3分割のショットも加えてみました。
以上が、163cm超級の順位発表及び表彰式の模様でした。
これで各クラスの表彰式のご紹介は終わりましたが、まだもうひとつ大事なものが残っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (83)

2017-12-10 12:23:49 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, 163cm-)

そして、163cm超級の順位発表及び表彰式の模様です。
こちらも、決勝進出選手は7人でした。
前の2クラスと同じように、クォーターターンを行ってから順位発表を行いました。
7位佐藤とく子選手・6位岩井知子選手・5位杉山知寿子選手・4位坂本晃子選手とコールされて、早くもベスト3を残すのみとなりました。
その3人の選手は、ステージ中央に集まります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (82)

2017-12-10 12:20:53 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, -163cm)

3位に田上舞子選手がコールされ、残るは潤美和子選手と鈴木亜砂の選手の2人のみとなりました。
そして2位に潤選手がコールされて、鈴木選手の優勝となりました。
こちらは7人が近くに集まっての記念撮影でしたので、1枚でちょうどいい具合に収まりました。
以上が、163cm以下級の順位発表及び表彰式の模様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (81)

2017-12-10 11:58:47 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, -163cm)

続いては、163cm以下級の順位発表及び表彰式の模様です。
こちらは、決勝進出選手は7人でした。
158cm以下級同様に、最初にクォーターターンを行ってから順位発表となりました。
7位川又珠美選手・6位齋藤優子選手・5位角田香織選手・4位丸尾美世選手とコールが進み、早くもベスト3に絞られてまいりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (80)

2017-12-10 11:47:18 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

ベスト3のうち、3位のコールを受けたのは山口あずさ選手でした。
残ったのは、石川瑠夏選手と杉山亜希選手の2人だけです。
そして2位に石川選手がコールされた瞬間、優勝した杉山選手は感極まって右手で顔を覆いました。
しかし、すぐに笑顔でガッツポーズを見せたのです。
そして表彰を受けて、笑顔で表彰状をアピールする杉山選手でした(笑)。
そして最後は記念撮影ですが、なにぶん11人もいますので1枚に収めたら各選手はどうしても小さくなってしまいます(苦笑)。
ですので、アップで3分割で撮影した写真もあわせてお送りしております。
3分割が2組ありますが、前半3枚がEOS Kiss X50にEF-S 15-85mmで撮影したもので、後半の3枚はEOS 7DにEF 70-200mm F4Lで撮影したものです。
オーラスは、退場するときの選手の皆さんの笑顔をご覧ください(笑)。
以上が、158cm以下級の順位発表及び表彰式の模様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 Kanto Open (79)

2017-12-10 11:25:28 | 観戦記2017


Victory ceremony of 2017 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

こんにちは。
昨日は帰りが遅くなってしまったので、失礼いたしました。
実は、11日からまた2泊3日でつくば市に出張しなければならないので、今日中に2017関東オープンのご報告を終わらせなければならないので、とりあえずこの時間帯にフィットネスビキニの順位発表及び表彰式の模様を、ご紹介させていただきます。
さっそく、158cm以下級からまいりましょう。
まずは決勝進出選手11人がズラッとラインナップして、フィジークにおけるポーズダウンに替わるクォーターターンを行いました。
そして直ちに順位発表が始まりました。
11位二階堂淳子選手・10位遠藤未央選手・9位山本明子選手・8位関口珠美選手・7位北見知里選手と、次々とコールが進みベスト6が残ったところで、残った選手がステージ中央に集まってさらなるコールを待ちます。
6位須藤理予選手・5位澁谷美和子選手・4位森佳美選手とコールされて、いよいよ残るがベスト3のみとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加