池袋の地域通貨「アイポイント」は、社会貢献活動を頑張った方々の活動の証!

地域通貨を活用した「安全、安心の街池袋」を実現するための社会貢献活動!アイポイント活動日誌のブログです!

これからの予定とお知らせ

●29年3月5日(日) ジャガイモ種芋植え予定 
●29年農園作付予定を更新しました。                         
                                                                                                                      

●2/14 環境の緑化と美化報告 菜の花が咲きました。

2017年02月17日 10時39分23秒 | 環境の緑化と美化

大久保農園地図と経路 ← が見られます。

ルミネ前花壇の菜の花がやっと咲きました。
まだ小さいし、車道側なのでほとんど目に留まらないと思いますけど。

咲いたのは一株だけ。花芽を付けているものもありました。

種を蒔いたり、大久保農園から移植したり結構手を掛けているので、それなりにうれしいものです。
摘まんで食べればほろ苦くて春の季節を感じる美味しさがあります・・・でもここのは食べないでくださいね。

芝生もルミネチームが少し刈り込みました。

脇の方がかなり伸びています。

駅前は看板を修理したり

コニファーの刈込をしたり、えんちゃんを磨いたり・・・
ハートの足を触っていく人が結構いまので、きれいにしておかねばなりません。

ハートを触ると縁がつながるイイことがあります。

清掃はもちろん、えんちゃんも職人3人組がせっせとお世話。

タマリュウを6ケース分植えて、かなり見てくれも良くなりました。
暖かくなってワイヤープランツが芽吹いてくれれば、形が整います。
ワイヤープランツは枯れてはいないものの、芽が出てくるか、みんなで心配しています。

今日は池袋小学校近くまで出向いて落書きを消しました。

掲示板の落書きです。

落書き自体はきれいになりました。

三角花壇の花がやや元気ありません。水枯れ?

えんちゃん周りの満開セネッティもさすが花が枯れ始めました。
来週は花がら摘みをしていきます。
花が少なくなったら、思い切り剪定するともう一度きれいに咲くようです。

参加者: 警察2名、区1名、ルミネ3名、TANAK、YAO、OND、ARIY、TUSIM、UME、I の13名

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●2/12 大久保農園報告 ジャガイモ植え準備着々 

2017年02月16日 18時37分38秒 | 大久保農園

大久保農園地図と経路

今年は雪が降らないから作業中断がない。
毎週着々とジャガイモ植え準備が進んでいます。

今日は文殊第二畑にとんぷん堆肥を撒きました。

55メートル×30畝ですから1650メートルになります。
参加者全員で作業したので、おお方午前中で終了。
40袋用意したのですが、少し足りず午後にも撒きました。
(計算上はちょっと撒き過ぎかもしれません)

以前も養豚場が生産するとんぷん堆肥を使用したことがあるのですが、あまりにも臭いということでスタッフから総スカン。
昨年から使い始めたこのとんぶん堆肥は匂いがほとんど気になりません。
とんぷん堆肥は堆肥と言うより肥料に近い成分が入っています。
鶏糞も安いし三要素が豊富ですが、ジャガイモには表面をザラつかせると言われるので、ちょっと敬遠。

因みに三要素は下記のように言われます。

チッソ
「葉肥(はごえ)」とも呼ばれるように、茎葉の生育を促し、柔らかい多汁質の葉ができます。

リン酸
「根肥(ねごえ)」「実肥(みごえ)」といわれ、根の発育を促し、果菜類では花つき、実つきをよくします。

カリ
日照不足気味のときに、カリを多く施すと、光合成をする機能を回復させる働きがあります。サツマイモやジャガイモの太りをよくしたり、マメ類の実つきをよくするので「実肥」とも呼ばれます。

とんぷん堆肥ではカリ分が少ないようです。
ジャガイモ植え付けの時、肥料を種芋の間に置きますが、ベストは3:10:10の化成肥料だと思われます。
ですが、この3:10:10は高いしあまり売っていません。

大久保農園では4名でタマネギに追肥。
マルチを貼ってあるので結構手間がかかります。

肥料を穴に入れ、かき混ぜて土を足す。
今日は4畝のうち3畝でおしまい。
写真では情けない様なタマネギですが、例年より根がしっかりしており、今年は期待できそうです。

先週に引き続き、境界線の杭打ちもしました。

大久保農園も高齢者ばかりになったから、休むペースも必要です。

チジミホウレンソウ、小松菜、長ネギ等も収穫。
まだダイコンも収穫できます。

菜の花も美味しそう。

ジャガイモを植える文殊第二畑の畝間隔と本数が合わず、来週は畝作りが厄介かもしれません。
でもこれができれば、ジャガイモ植えは準備万端?

3月5日から順次植えていきます。

参加者: OKUY、MOROZU、URY夫妻、OZAW、UME、CHII、I の8名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●2/7 環境の緑化と美化報告 風が強い!

2017年02月09日 22時35分13秒 | 環境の緑化と美化

えんちゃんが設置されている場所は風の通り道。
北風も南風も吹く。
今日は北風のはずなのが、南側からも強風が吹く。
まともに作業が出来ないほどの風でした。

花壇の一部に新たに花が植わっていました。

百日草とも違うようです。なんという花なんでしょうか。

ルミネ前芝生が結構伸びてしまい、ルミネチームが少し刈りました。

日当たりの良い場所と悪い場所ではかなり生長が違います。
当たり前なのですが、植物に日当たりは大切です。

雨が降らず、プランターと木の広場には水やり。

ゴミも結構ありました。

今日は町会のガム取り日でしたが、別の場所でやっており、機械は駅前になってしまいました。

ガム取りは第1、3火曜日に作業しています。

毎回同じ場所を撮っていますが、美しさに感激しています。
花どころか、踏み固められた花壇にツツジが一本しか生えていなかった駅前を知っているからなんです。

アイポイントが誇る職人2たりは、後片付けがすごい。
汚れた道具を洗うのはもちろん、最後にホースを伸ばしてきれいに丸めます。

写真にはありませんが、タマリュウプラグ苗が3ケース届き、土入れとタマリュウを挿しました。

強風と寒い中お疲れ様でした。
来週は落書き消し作業もします。

参加者: ルミネ3名、警察1名、区1名、中国1名、TANAK、OND、ARIY、TUSIM、UME、I の12名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●2/5 大久保農園報告 菜の花がやっと咲き始めました。

2017年02月07日 00時04分08秒 | 大久保農園

大久保農園看板がきれいになりました。
MOROZさん作です。
かなり手が込んでおり、素敵な看板になりました。

ポストも設置され、そのうちGooglemapにも名前が載ると思います。
載せてもらうには申し込んで郵便が届かないといけないようです。
FURUTさんが手続きをしてくれました。
目印になるものがなく、大久保農園の場所を教えるのに苦労していました。
ナビで検索できるようになると大変ありがたい。

今年は菜の花開花が遅く、今日はじめて確認できました。

落ちた種から生えてくるので、雑草とともに何度も耕耘します。
最後の耕耘が遅かったので、芽の出る時期も遅くなり、結果として開花も遅くなったということです。

2月終わりには一面に咲き、美味しい菜の花を食べられるでしょう。
食べて美味しく、鑑賞に素晴らしく、ミツバチも大量に飛来する。

先週から篠竹、雑草を刈りきれいになりました。

隣地までは刈れないので、一面きれいにとはいかなのですが、この場所は珍しく雑草なしになりました。

刈ったあとは燃やすしかありません。
今日は雨予報もあり(結局降らず)、畑作業している方々はあちこちで燃やしていました。

URY夫妻がかなりの運動量だったと思われます。
働き者UMEさんは昼飯も食べず8時~17時過ぎまで動きっぱなし。
おかげで大久保農園は今までになく手入れが行き届いています。

MOROZさんの剪定作業は続きますが、この写真を見てあらためて木の生長を感じます。
脚立が小さすぎますね。
10数年前に植えた記念樹の桜です。

豊島区は木を植える場所が極めて少ない。
誕生記念樹を地方に植える構想をずっと抱いていますが、いつか実現したいと思っています。
桜、梅はもちろん、果樹を植えると楽しみになるから地方にあっても実をとりに来ると思います。
柿、柑橘類、ブルーベリー、ジューンベリー、キウイ等々

花もきれい、実も美味しいのがベストですよね。杏もいいです。
栗もいいのですが、花はあまりきれいとは言えません。

大久保農園もいろいろ植わっていますが、まだ小さい木が多いので、生きているうちに見届けるにはややきつい。
つまり、若い時から植えないと実はとれないということです。
このブログ左上の29年度作付予計画をご覧下さい。
植わっている樹木が書いてあります。

今日のメイン作業は文殊第二畑の耕耘。
FURUTさんが作業しました。
ジャガイモを植えます。3月5日から毎週植えていきます。

雑草は全く生えていませんが、春には相当生えてきます。
あまり耕耘していなかったので雑草種がばらまかれています。

篠竹で印を付けていますが、1.2メートル間隔にしました。
雑草刈りと中耕作業を機械でできるように、耕耘機が入る幅です。
この間隔にまっすぐジャガイモを植えることが、後の作業に相当ひびいて来ます。
今回は紐を張って畝を真っ直ぐにする予定です。

植える予定畝は55メートル×30畝になります。
計算上は6千個のジャガイモが植えられます。
予定収穫量は5千キロです。

来週は堆肥撒きと耕耘をします。

お疲れ様でした。

参加者: URY夫妻、MOROZ、FURUT、UME、I の6名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●1/31 環境の緑化と美化報告 菜の花を植えました。

2017年02月03日 22時17分13秒 | 環境の緑化と美化

   (何度も書きますが、セネッティが本当にきれい!)

菜花が大久保農園に雑草のように咲き、抜いています。
もったいないので3ケース移植用に持ってきました。
ウサギの餌に無農薬野菜が欲しいという方がおり、差し上げたりもしています。

ルミネ前花壇と西口公園前プランターに植えました。

車道側には種から育てた菜花がありますが、生長が少し悪いようです。

例年だと今頃花を付けますが、今年はまだまだのようです。

雨が降らないので、水やりもしかりやりました。

プランターにも水やり。

2月終わりことには咲くでしょう。

大勢で作業するとはかどります。

えんちゃんの土入れも今日でほぼ完成。
相変わらず土が冷たく、指がかじかんでしまうと言っていました。

ここは南風でも北風でも通り道になります。寒いのですが、駅前としては日当たりが最も良いところです。
タマリュウの追加が明日3ケース届きます。
来週またタマリュウを挿していきます。

今日は交番勤務の若い警察官も参加してくれました。

作業していると早く暖かくなって、花一杯にならないかと思ってしまいます。

参加者: ルミネ3名、警察2名、中国1名、区1名、SUGIY、SIGAK、YA0、TUSIM、UME、I の13名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●1/28 大久保農園報告 今日は土曜日作業

2017年01月30日 17時06分49秒 | 大久保農園

暖かい日でした。
メイン作業は文殊第二畑の耕耘ですが、これは一人作業。
剪定、草刈、竹林手入れ、マルチ直し、里芋整理等々役割分担して作業。

この辺り一帯は篠竹が一面に生えてしまいます。
大久保農園周辺にも沢山生えており、TUSIMさんとURYUさんで刈込。

一輪車に目一杯載せて運んでいますが、相当重いはずです。
「オレは、職人だ!」と叫びながら笑顔(必死顔)で運んでいました。

篠竹切り作業中、草払い機が折れてしまったそうです。
怪我がなくて幸いでしたが、芯棒が折れたのは初めてです。
アルミで出来ており、負荷のかかる持ち手が折れたことは数回ありますが、芯棒が折れるのは相当負荷がかかったのでしょう。
原因はあるようで、整備をしっかりしておかないといけません。

また、トラクター運転中ラジエター温度が急上昇。
あまり気にしていないメーターだったので、気付いて良かった。
エンジンを止めたらシューッとお湯があふれる音が…

ボンネットを開けたらラジエターフィルターにビッシリ雑草片。
フィルターを外してもラジエターにもびっしりゴミのように雑草片が張り付いていました。
取り除いてオーバーヒート寸前にセーフ。

機械整備をOKUYさんにまかせっきりですが、みんなで注意を払わないといけないですね。

MOROZさんの剪定作業。

畑に来ると作業がいくらでもあるので、キリがない。お疲れ様です。

あと4回の作業してジャガイモ植えになります。
来週、再来週は堆肥撒きもしないといけません。

(モズのようです)

トラクターで耕耘中、実は暇です。
でも集中していないと曲がってしまいます。
動かしながら写真を撮ると見事にジグザグです。

耕耘すると土の中の虫が出てくるので、鳥がよってきます。
今日はモズ、ムクドリ、セキレイ、カラスが食べに来ました。

すぐ近くまで寄ってくるセキレイ。

色はかなり個性があります。

ムクドリはあまり可愛くないですね。↓

大群で糞害、騒音で問題になります。
モズは近寄りません。虫を取ったらすぐ遠くに離れます。

大久保農園にジョウビタキが遊びきていましたが、今日はかまっていられませんでした。

ほぼ全面耕耘できました。あと数回作業します。

空は縦横無尽に飛行機雲。

太い飛行機雲は間隔を置いて3機がつながっています。
ちゃんとルートがあるのでしょうけど、旅客機にしては近すぎない?

空はカンバスって感じです。
トラクターを動かしていると、いろんなものが気になります。

参加者: MOROU、URY夫妻、SIGAK、TUSIM、I の6名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●1/24 環境の緑化と美化報告 寒い!

2017年01月26日 21時30分09秒 | 環境の緑化と美化

霜柱が一面に。

大久保農園から、えんちゃん用土を運んできました。
プラグ苗用の穴から土を入れていましたが、今回は切開手術。

網を切って上から土を差込み、結束バンドで縫合。

3職人で2時間近くの作業。

今日は氷柱はなかったのですが、土が凍っており、指が冷たくてたまらない…と言いながらの作業。
他の人ではできないでしょう。

タマリュウが不足し、もう3ケース区に頼みました。

畑から持ってきた菜の花をえんちゃん周りに植えました。

菜の花の植える時期が遅かったので、今年は花の咲くのがかなり遅くなっています。
暖かくなれば真っ先に花芽を付けるでしょう。

エレベーター後ろの鉢にも菜の花を植えました。

ここはあまり手入れがされてなく、ちょっと寂しくなっています。

マック前ホソバヒイラギナンテンの強剪定。
先週に引き続きONDさんが切りました。

うどんこ病で葉が全部真っ白。
もう再生不可能ということで、春になったら植え替える予定ですが、それまでも見てくれが悪く、切ることになりました。

所々に菜の花を植えました。

今回もゴミは少なく、作業量としては少なかったようです。

ルミネさんもしっかり作業してくれました。

西口公園前もゴミが少なったようです。
いつもこんなにきれいだといいのですが。

参加者: ARIY、TUSIM、UME、TANAK、YAO、OND、ルミネ3名、警察1名、区1名、I の12名

寒いのにありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●1/22 大久保農園報告 雑草刈りと耕耘

2017年01月24日 22時11分27秒 | 大久保農園

今年のジャガイモは文殊第二畑に植えます。
先週に引き続き雑草刈りと燃やして処分。

セカンドステージ大学の方々3名とURYさんで草刈。
大きな穴を掘り、そこで燃やして処分。すぐに消せるように土を山にして安全確保。

先週もすごい効率でしたが、今日も動ける大人が6名で作業すると、お見事です。

この場所はクズのツルが一杯に生えて始末が悪い場所。
冬の間に刈っておくと、かなり効果があると思います。

ここはお二人の地主が居て、1800坪くらいあるのでしょうか、かなり広い畑です。

いくら耕しても春になると一斉に雑草が生えてきます。
そこでジャガイモを植えた後、畝間だけでも機械をを入れて耕せるように畝間を広くする予定です。
冬は草が枯れているので刈ればきれいになるのですが、刈ったあと耕耘すると雑草の種まきをしているようなものなんです。

今日私は5人の地主に地代を収めに回りました。
みなさま良い方で、ありがたく思っています。

10数年前はよそ者だから誰も貸してくれなかったのですが、今では草刈してくれれば地代はいらないよとも言われます。でも、もうこれ以上増やしても扱いきれません。ありがたいことです。

ホウレンソウ手入れと収穫、クワ枝切り、果樹の剪定等それぞれが作業。
私はほとんど作業に加われず、体が鈍ったままでストレス解消にはなりませんでした。

前回報告の通り、ジョウビタキが遊びに来てくれたことがせめてもの慰め。

夕方になって人の前に現れる。
わざわざ人の近くの餌を拾って逃げる。かわいいと思ってしまいますよね。

参加者: HASHIZU、IWAKU、NAMIK、MOROZ、URY夫妻、OKUY、FURUT、UME、CHII、I の11名

※文殊第二畑はこれからも何回も耕耘します。堆肥撒き、肥料撒き、畝立てと作業し、3月5日にジャガイモ植えをする予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョウビタキとまた会えました。 1/22

2017年01月23日 14時48分52秒 | 大久保農園

畑仕事をみなさんにお任せして、朝から地代の支払いに5ヶ所を回りました。
今日はジョウビタキと会えないと諦めていましたが、夕方ダイコンを抜いていたら近寄ってきました。

3回目になる今日はちょっと本気もモードでミラーレスデジカメを持参。

でも、前回より近寄ってくれません。

中国からの渡り鳥ということだが、こんな小さな鳥が海を渡るって、すごいですよね。

大きな羽を持っているなら風に乗れるだろうけど、体に比べて羽が小さいから疲れるだろう。

縄張りを作って1羽で生息するそうだ。
3月くらいまで会えそうである。また来週会いましょう。

畑報告は後ほどに。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●1/18 ほほえみクラブ剪定作業

2017年01月20日 10時29分28秒 | 環境の緑化と美化

今日はONDさんと二人でほほえみクラブ敷地の剪定・清掃作業をしました。

前回は4名でかなり刈り込んでいたため、剪定作業はほとんど必要なし。

裏の高い木も道路に出ている部分をかなり刈り込んだので、スッキリした状態です。
でも、あらためて見ると、上部だけ枝葉が残って素人仕事って感じでしょうか。
植木職人が使うハシゴがないと出来ないかもしれませんが、アイポイントが誇る職人も勉強が必要かもしれません。

捨てられるのか、風で落ちてくるのか、ゴミが多い。

雑草は冬だからか、ほどんどありません。
除草剤を撒いたので効果が出ているのかもしれません。
この場所は鍵がかかり、人の出入りがないところで、厄介なドクダミが蔓延っています。

ゴミはきれいに清掃しました。

この場所もスッキリですね。

高く伸びているビワの親分のような木(名前はわかりません)の芯を切りました。
隣家から日陰になると言われるらしいので、この場所は切り詰めます。

年5回作業する約束ですが、今回3回目。あまり作業量はなく1時間弱で終了。

ゴミはたった1袋。
きれいにしておくと、作業量も少なくなるということでしょうか。

梅が咲いていました。
お疲れ様。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加