へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

紅茶か珈琲か    追記しておきます

2016年11月11日 20時53分00秒 | ブログのお題に関連すること
お題「紅茶派? or 珈琲派?」に参加中!
選択の余地は全くありません。


紅茶は年に一回飲むか飲まないか。

珈琲は・・・・。

毎日のように飲んでいる。

平均すると・・・・。

1日に3杯は飲んでいるだろう。

2杯しか飲まない日もあるが、5杯以上飲む日もある。


それではいつ飲むのか。

「食事をしながら」である。


正直、私にとってのコーヒーは・・・・。

「みそ汁」や「スープ」と同じ存在なのです。

なので、1杯の量は、通常の1.5倍くらいの量があります。

「アメリカンタイプ」ではないので、実際は5杯くらい飲んでいることになるかも。


「みそ汁の代わりにコーヒー?」と思う人も多いだろうが、これは舌癌の手術をした以降の話です。

舌癌の手術の後遺症で味覚に変化が起き、みそ汁を美味しいとは思えなくなってしまい、それまでは食後に飲んでいた珈琲を、舌癌の手術後はみそ汁代わりに飲むようになったのです。

香辛料に関しても過敏になり、好きだったキムチも食べられません。


紅茶を飲まない理由。

昔は結構飲んではいたが、珈琲とは違い、飲んだ後の気持ちに満足感を感じられないのです。

なので、紅茶だけ飲むことはほとんどなく、「何かを食べたついでに」と言った感じにしかならない。


珈琲はその反対です。

珈琲はその香りをかいだだけでも十分に満足感が感じられ、コーヒーだけでも十分に満足感が得られる。

気持ちが高ぶっているときはその気持ちを静め、落ち込んでいるときは気持ちを高めてくれる。



と言うことで、私にとってのコーヒーは「無くては困る存在」なのです。


紅茶は強いて必要ありません。



そう言えば・・・・。

何年か前に気まぐれで買った紅茶が、まだ手つかずで残っている。


賞味期限など気にしない私だが、コーヒーなら飲むが、紅茶では賞味期限が切れていなくても飲む気にならない。

なのに、なんで買ったのだろう。

正直「たまには紅茶でも飲むか」と言った気分になったのだろう。


結局は手も付けずにそのまま放置。

珈琲では考えられないことです。

2016.11.02.




追記です。


紅茶と珈琲。

これは私の個人的な意見かもしれないが、紅茶は女性が好む飲み物ではないだろうか。

そして、珈琲は男が好む飲み物のように感じる。

少し前に昔の事を思い出したが、昔よく行ったコーヒー専門の喫茶店だが、お客のほとんどは男で、女の姿はあまり見かけなかったような・・・・。


それと、「コーヒーとケーキ」よりも、「紅茶とケーキ」の方がバランスが良いようにも思う。


コーヒーは単独でも飲めるが、紅茶だけだと物足りない。

最近は「スイーツ男子」も増えているが、ケーキは女性との相性もよい。

私もスイーツ男子の一員ではあるが、やはり、紅茶よりコーヒーを選ぶ。


コマーシャルにも「違いがわかる男の」と言うセリフはあっても、「違いがわかる女の」と言うセリフはない。



別に、「女性蔑視」のつもりで書いてはいません。

念のため。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予想外の結果? | トップ | キャンドゥを利用したことが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。