へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

今年も残すところあとわずか

2016年12月31日 22時19分48秒 | とりとめのない話
年を取ると一年が早いなどとよく言うが、本当に時間が過ぎるのが早いこと。

毎日が日曜日と同じなので、曜日の感覚も薄れ、ただ毎日惰性で過ごしているようなもの。

なので、今年も一年があっと言う間に終わってしまう。

さて来年はどんな年になるか。

若ければ夢も希望も持てるだろうが、年を取ると夢も希望も無くなってしまう。

と言うことで、来年も何とか一年を過ごせれば良しとするか。


それではまた来年もよろしく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も残すところあと1日チョット

2016年12月30日 19時19分05秒 | ブログのお題に関連すること
お題「2016年を振り返って一言」に参加中!
来年はいよいよ「後期高齢者デビュー」の日がやってくる。

なので、新年はめでたくも何ともない。

そう、去年の今頃も似たようなことを考えていた。

そして年が明けたが・・・・。

気が付くといつの間にか年末になっている。


2016年を振り返って一言?。

何となく過ぎ去ってしまったので、その一言も思い浮かばない。


来年もまた同じことの繰り返し?。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こたつでの過ごし方?

2016年12月28日 17時51分33秒 | ブログのお題に関連すること
お題「こたつでの過ごし方といえば?」に参加中!
最後にこたつに入ったのは何時の日だったが・・・・。

記憶にないほど昔のことで、我が家には当然のことだが、こたつと言う物がない。

そして、はるか昔にまでさかのぼってみても、余りこたつに入った記憶がない。

こたつの欠点。

一度入ってしまうと出るのが億劫になる。

私は貧乏性なので、ゆっくりとこたつに入っている暇などない。

そう「貧乏暇なし」なのだから。

こたつでミカン。

特別ミカンが嫌いなわけではないが、それほど好きでもない。

こたつでうたた寝。

それが出来るほど暇人になってみたいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年を取ると1年が早いこと

2016年12月26日 23時17分12秒 | とりとめのない話
今年も残すところあとわずか。

今はまだ26日だが、あと少しで片手で数えられる日数になる。

毎日が日曜日なので、曜日の感覚も薄れがち。

なので、この年になると、年が明けたからといって、特別目出度いことなど何もない。


いくら年を取っても、お巡りさんは逮捕しに来ない。

物を取るのも良くないことだが、年を取るのもよくない。

来年は「後期高齢者デビュー」の年でもある。

今はまだ車に「高齢者マーク」を付けなくても何とかなるが、来年はそうもゆかない?。


取り敢えず100均で買ってきてはあるが、さてどこに置いたか・・・・。

年を取ると物忘れが激しくなると言うが、私は子供の時から。


そう、これは今に始まったことではないのです。

整理・整頓・清掃。


この3つは私が大嫌いなことです。

正直、余りにも整理整頓が出来ていると、何とも居心地が良くないのです。


年末の大掃除をしている会社も多いだろうが、私はいつも逃げ出したい気分になるのです。

今はリタイアして一人暮らし。


今年も大掃除はしません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネタ切れで参加はしたが・・・・

2016年12月26日 16時56分03秒 | ブログのお題に関連すること
お題「今年のベスト映画を教えて!」に参加中!
基本的には映画に興味がないわけでもないが・・・・。

やることが多過ぎて、ゆっくりと見る時間がない。

若いころには何度か映画館に行って見に行ったこともあるが、今とは違い、映画館の中は煙草の煙で充満している。

「間接喫煙」などと言うレベルではなく、自分でタバコを吸っているのに近い状態。

が、私は煙草が嫌いである。

なので、映画を見始めるとじきに頭が痛くなり始める。

見終わるころには頭がガンガンする。

そう、そのトラウマが今でも残っていて、時間が有っても映画を見る気にはならない。


よって、今年のベスト映画など皆目見当もつかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は変わった?来客が

2016年12月25日 23時01分53秒 | とりとめのない話
我が家に来客などめったにない。

なので、玄関のチャイムもめったに鳴らない。

たまに鳴っても、郵便局か訪問セールス。

それもしばらく途絶えていた。

それが今日のお昼過ぎ、久しぶりにチャイムが鳴ったのである。

「日曜日にだれ?」と思いつつ玄関に行く。

「どなた?」と聞くと・・・・。

「警察です」と言う返事。


????と思いつつ玄関を開ける。

すると、そこには躯体の良いお巡りさんが。


「定期巡回」に来たのだと言う。

一応家族構成など、お決まりの質問が。



そして・・・・。

今はやりの「オレオレ詐欺」などに関するご注意をひとくさり。

「それは大丈夫です」と言いたかったが、それはぐっと我慢。

お巡りさんとすれば、一応マニュアル通りに話をしなくてはいけない。

と言うことで、ひとくさりおまわりさんの話を聞いた。


役場などからの還付金を装う詐欺。

還付金がある場合でも、電話は絶対にしてこない。

必ず封書で郵送してくる。


が・・・・。

そもそも、我が家は常時「留守電」にしてあるので、おかしな電話はすぐに切れてしまう。


ブログネタに困っているので、お巡りさんの来訪をネタにしてみた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリボッチ

2016年12月24日 22時38分03秒 | とりとめのない話
クリボッチ。

始めは何のことか全く意味が分からなかったが、ようやく意味が分かった。

「クリスマスに独りぼっち」

これは若い世代に使う言葉で、年寄りに使う言葉ではない。

が、若い世代であっても、どちらかと言うと、その対象は「男」らしい。

が、今宵私も独りぼっちだが、年寄りなので「クリボッチ」ではない。

そのそも、私にはクリスマスなど何の関係もないのだから、若かったとしても「クリボッチ」ではないだろう。


が・・・・。

最近は結婚にも恋愛にも余り関心を持たない男が増えているという。

いわゆる「草食系男子」である。


かつて「男は狼」と言われていた。

「男は度胸で、女は愛嬌」とも。

それが最近では「女は度胸で、男は愛嬌」などと言う人もいる。

「肉食系女子」と言う言葉もある。


で・・・・。

今日もお昼過ぎにボウリングに行ってきたが、そこでそれを表すような光景を目にした。

男女2人ずつの4人グループが投げていた。

投げているときは特に変わった様子はない。

そのグループが先に終了し、その少し後に私も終了。

精算をしてボウリング場を出ると、駐車場にその4人がいた。

車に乗り込む直前である。

車に乗り込むところを見てびっくり。


昔であれば、運転席と助手席は男と相場が決まっていた。

が、今回は全く逆で、運転席には女の子が座り、助手席にも女の子が。

なので、男2人は後部座席に。

車は軽で、その色とでサインは女の子好み。

たぶん、車の持ち主は運転する女の子だろう。

昔であれば、とんだ恥さらしもの。


時代も変われば変わるものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はクリスマスイブ

2016年12月23日 17時35分19秒 | ブログのお題に関連すること
お題「クリスマスはどう過ごす?」に参加中!
土曜日と重なったので喜ぶ人も多いだろうが、私には関係ない。

そもそも、クリスチャンでもない人がなんでクリスマスを楽しむのか。

私は神も仏も信じないバチアタリ。

が、ケーキは好きなので、ケーキは食べたいとおmぅ。

それがクリスマスケーキであるかはどうでもよい。


と言うことで、何時もと同じ、なんの変わり映えもない一日になるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠距離恋愛

2016年12月22日 03時32分24秒 | ブログのお題に関連すること
お題「遠距離恋愛をしたことある?」に参加中!
半世紀以上前だが、遠距離恋愛の一歩手前まで行ったことはある。

私は東京で、相手は大阪。

出会ったには・・・・。

今は大きなスキー場になっているが、当時はリフトが1基あるだけのひなびたスキー場。

その名は「岩岳」と言い、長野オリンピックのアルペンの会場となったところ。

私は当時20のプータロー。

相手は薬科大学の学生である。

初対面で意気投合。

が・・・・。

相手は大学生で団体である。

宿舎(民宿)は別。

数日間一緒に滑ったが、2日目から邪魔が入る。

邪魔に入ったのは同じ大学の仲間なので、排除することはできない。

写真を何枚も写したので、その写真を口実に住所を聞き出そうとするも、見事に失敗。

別に嫌われたからではない。

私が住所を書いてもらおうと紙とペンを用意すると、なんと、その邪魔物が出しゃばって住所を書くのである。

結局、写真は邪魔に入った女のところに送るしかない。

翌年もまた行ってみたが、同じ大学の学生はいたが、相手の姿はない。

私を知っている学生がいたのでそれとなく話を聞くと、色々ともめごとがあったらしく、「参加したいが参加できない」と言うことになったらしい。

と言うことで、話はそれで終わりである。


が、それでよかったのかも。

相手はいいところのお嬢さん。

わたしはプータローである。


当時の東京と大阪では距離があり過ぎる。

今だと、東京と沖縄くらいの距離になるかも。


はるか昔の甘酸っぱい思い出である。

そして、おぼろげではあるが、今でも顔は覚えている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は12月21日水曜日

2016年12月21日 22時47分13秒 | とりとめのない話
今日は二十四節季の「冬至」である。

一年で一番昼間の時間が短い日。

が・・・・。

私にとっての昼間の時間が一番短い日は・・・・。

それはおよそ半月前です。

そう、12月7日の「大雪」のころです。

このころは、午後の4時半と言うとかなり暗くなっていたが、今はだいぶ明るくなっている。

時間にすると、日没が「4分」くらい遅くなったらしいが、それ以上に明るく感じる。

「冬至冬中冬始め」と言う言葉もあるように、暦の上では今日が冬の真ん中。


そう、後1ヶ月半もすると「立春」である。

「冬来たりなば春遠からじ」


寒さはこれからが本番だが・・・・。

ちなみに、日の出が最も遅いのは、年が明けた1月5日の「小寒」のころになる。


その時間は爆睡中なので、私には関係がない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加