へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

体重計が壊れてしまい、新しい体重計を買いましたが・・・・    追記です

2016年07月30日 03時29分46秒 | 嬉しい話し
今までの体重計は、体重・体脂肪・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・筋肉レベル・推定骨量が計れたのだが、体内年齢は計れなかった。
新しく買った体重計では「体内年齢」まで計れるものにしたのだが、体内年齢にこだわるのにはある理由があるのだ。
その理由とは、半年ほど前のことなのだが、私の知り合いで三つ年下の男(当時62歳)が「医者から、体内年齢が70近いから気を付けてください、と言われた」と言って落ち込んでいたからである。
私も気になっていたので、早速計ってみた。
初めは服を着たまま計ってみたところ、何と「51歳」と出た。
次に、風呂に入る前に裸で計って見たところ「46歳」とさらに若くなり、さらに、風呂から出て直ぐに計ったところ、今度は「42歳」と表示されたのである。
その後も何度か計ってみたところ「41歳から50歳」と言う数値が多く、平均すると「46歳」くらいのようであるが、実年齢より20も若いと言うことがわかって一安心であるが、「体内年齢」は「基礎代謝量や筋肉の量」などを基にして計測されるので、筋肉の量が多いと基礎代謝の量も増えるため若く出るらしい。
62なのに体内年齢が70近いと言われた彼の場合は、長く事務系の仕事をしており、スポーツもあまりしていないようなのだが、私の場合は結構体を動かす仕事が多かったのと、2年前まで少年野球のコーチをしていた影響もあるのではないだろうか・・・・。
現在体脂肪率は22%くらいで標準値の中に入っているのだが、内臓脂肪レベルが13か14(10以下が標準で、15以上が過剰レベル)と言うところで「やや過剰」なレベルなのが悩みの種である。
頑張って内臓脂肪のレベルを下げようとは思うのだが、一人暮らしなので夜間つい食欲に負けて食べてしまうのがいけないのであるが、内臓脂肪のレベルが標準値になり、体重をさらに減らせば「体内年齢が30代」なんてこともあるかもしれない。
少し前の花便りの「ブログ通信簿」で、「17歳、女性」などという評価をもらったこともあるので何とか頑張ってみたいものである。
さらに最近は「脳内年齢」と言うものも話題になっているのだが、これはまだ調べたことがない。
「脳無い?年齢」なんてことにならなければ良いのだが・・・・。

2008.12.18.



追記です。

この記事は7年半くらい前に書いたもの。

この3年後には「舌癌」の手術をしています。

手術後は体重が10キロ近く減り、体脂肪率も「19%」と、およそ3%減少しています。

そのこともあってか、最近の体内年齢は、何時計っても「48歳」と出るようになりました。

今74歳です。

実年齢より「26歳」も若く出る。

体重計が壊れたのかも。


ちなみに、90回分記録できる血圧計では、90回の平均は、上が117で、下は74です。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1日中雨降りの、憂鬱な一日    画像を追加します(2枚目は入れ替えました)

2016年07月19日 04時29分05秒 | 嬉しい話し
カテゴリーを「嬉しい話し」としておきながら、タイトルでは「憂鬱な一日」と書いている。


全く相反する表現だが、これには理由が。




今日は一日中雨降りの憂鬱な一日ではあったが、ある意味、雨降りだったおかげで出来たこともあるのです。


正直なところ、掃除など、やらなくてはいけないことは山ほどある。



が、私にとってそんな事はどうでもよい?ことである。




それでは一体何なのか。


昨日久しぶりに園芸センター巡りをしてきたのですが・・・・。

そこで思いがけない掘り出し物に巡り合えたのです。


それは・・・・。

流木に着生させた「風蘭」です。



流木に着生させた風蘭。

風蘭自体は最近安くなっているが、それでも信じられないくらい安かったのです。



流木に着生させた風蘭は数も少なく、たまに見かけても高くて手を出せない。

今回見つけたのはかなりの大物で、初めはその前を通り過ぎただけ。




が、私はいつも、同じコースを逆戻りする。


行きと帰りでは見えるものが違う。




そう、行きでは見えなかった値札が、逆戻りすると見えたのです。


そして「どうせ高いだろう」と思って見たが・・・・。




????・・・・・。


5桁の値段が付いていてもおかしくないのに、数字は4桁なのです。

流木の大きさは、65センチ近くもあります。


風蘭の芽数も、50近くはありそう。


歳をとって少し目が悪くなってきたので「見間違い?」と思って見直すが、やはり4桁です。


「0を一つ書き忘れた?」と言いたくなるほどの値段なので、すぐにゲットです。



まだ見て回るところは沢山あったが、それだけを持ってすぐに清算です。

他にも2,3買うものを確保してあったが、それらと一緒に置くと盗まれる危険があるのです。



そう、他人が買うつもりでカゴに入れてあるものでも、時折その中から失敬してゆく人がいるのです。



未だお金を払っていないので「盗まれた」とは言えないだろうが、過去に2回そんな目に合っていて、腹の立つ話です。




前置きが長くなったが、その堀だしものを自分好みに手を加える。


これもまた楽しみの一つなのです。




まともな値段なら絶対に手を出せないものが目の前にある。


こんな喜びはそうそうないと思うのだが・・・・。




余談ながら、かつては「一芽千円」と言われていたこともある風蘭。


最近はかなり安くなって、運が良いと「一芽百円」と言うこともあるが、これはそれより安いのです。




それがさらに「流木に着生させてある」と言うのです。


流木自体もかなり大きい。




流木の値段だけでも、これの値段と同じ位することさえある。





しばらくは幸せな気分が味わえる?。


「好事魔多し」とも言う。



浮かれていて足を滑らさないように気を付けないと・・・・・。

2016.07.15.






追加の画像です。





横から見たところ。

ミズゴケが減っていたので補充してあります。









(横向きの画像だったので、縦向きに替えました)


参考のために裏側から写してみました。


このレベルの流木だと、これを買った値段より高いこともあります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1日に同じことを3回も言われる    追記します

2016年05月13日 22時18分45秒 | 嬉しい話し
今日は1日に3回も同じことを言われたが、それは嬉しい話である。


1回目は。

今日は3時に歯医者の予約を取ってあるので、何時もより早めに起きてボーリングに行った。


レーンコンディションは珍しく良い。

なので、久しぶりに良いアベレージになった。


6ゲーム投げて、トータルが1109(アベ184)。

が、さすがに6ゲーム目は疲れが出てしまい、ボールがど真ん中に行くようになり、スプリットが5回も出てしまった。


お陰で、6ゲーム目は130にしかならなかった。



6ゲーム目を除けば、アベは195。


が、これは余談に過ぎません。


ゲームを終えて清算すると、フロントの人から「お若いですね!」と言われた。


「あと1ヶ月で74になるよ」と言うと、「どう見ても60くらいにしか見えない」と言う。




この後歯の治療に行ったのだが、そこでも同じようなことを言われたのです。

このときは一人ではなく、この春大学を卒業したばかりのインターン3人からである。


直接話などはしていないが、カルテを見て私の実年齢がわかり、ビックリしていたと治療をしてくれた医師が言うのです。


これが2回目で、3回目は。



治療が終って会計を待っていたところ、顔見知りの若い女医さんが近くにいたので「よ!久しぶり」と手を振って挨拶をする。


その直後に名前を呼ばれて会計を済ませる。



会計を終えたので帰ろうとすると・・・・。


その若い(20代後半)女医さんが近くで待っていてくれた。



1年ほど他所に行っていたので、久しぶりに顔を見たのだが、「相変わらずお若くてお元気ですね」と言う。」


そして、「以前より言葉がハッキリと聞こえます」とも。




このように、今日は複数の若い世代の人から「若く見えます」と言われたのです。




体力的な面でも、同世代よりはかなり良いのかも。





6ゲームを殆んど休み無しで投げることも出来る。


一人で投げるので、6ゲームで1時間半弱。




1ゲームの所要時間は、13分から14分と言ったところか。






その気になれば・・・・。


10分で投げ切ることも出来るのです。



ボールの重さは15ポンド。





70過ぎても15ポンドを投げる人は、極めて少ないらしいが・・・・。




追記です。


今は若く見られる私だが、45歳くらいまではその逆で、常にふけて見られていました。

なので、小学生の時のあだ名は「とっちゃん坊や」。

高校に入った時は、いつも通る交番のおまわりさんから「何処の大学に入った?」と聞かれる。


18のときは、行き付けの歯医者の先生から「今度の選挙は○○の投票してくれ」と頼まれる。

直ぐに「まだ18だけど」と言うと「エッ!まだ18だっけ?」とビックリされる。




その後も、4歳上の姉を妹だと思われるし。常に5歳から10歳はふけて見られていたのです。


それが45歳になったころ、突然若く見られ始めたのです。




始めはからかわれていると思っていたが、少年野球の子供たちまで同じことを言うのです。


理由は直ぐに判明。



私は丁度そのころ職を変えていて、新しい職場は20前後の若い子だらけ。


ラインチーフになっていたので、ラインのメンバー(18~23くらいの男の子5人)と、昼休みにバトミントンを始めた。




親子ほどの歳の差が有るが、こちらも本気になって勝負。


20歳以上も歳が違う相手と真剣勝負。

これが気持ちを若返らせて、それが顔の表情にも表れたのです。



それともう一つ。

そのころは少年野球のコーチも始めていたので、練習では小学生を相手にする。



この二つの相乗効果で、それ以後は常に若く見られているのです。


2011年の10月に舌癌の手術で入院したが、その時以来若い医師たちとも気さくに話しが出来る。

今もそれが続いているので、経過観察で病院に行くのが苦になりません。



苦にならないと言うより・・・・。


若さを保つ薬にもなっているのです。



この薬・・・・。


市販はされていないし、処方箋があっても買えません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も穏やかな小春日和の一日である

2015年12月26日 23時19分04秒 | 嬉しい話し
そして・・・・。


今日は1時半頃に玄関のチャイムがなる。


出て見ると・・・・。


3歳5が月になるおにいちゃんが、ママと一緒に私を待っていた。


昨日も遊んだのだが、今日もまた遊びたいのだと。


と言うことで、ボーリングに行く時間にはまだ間があるので、少し遊ぶ。


そして・・・・。


これは何時ものことであるが、下の子(後1週間で満1歳になる)を私が抱っこをして近くを散歩する。


しばらくするとママとおにいちゃんの姿が見えなくなるが、下の子はぐずりもせずに私に抱かっている。


そう、生後1ヶ月から私が抱っこをしているので、完全に私になついているのです。


と言うより、何時もままがオンブをしているので、私を見ると喜ぶのです。




それにしても、私と40も年の違う若いママだが、なぜか私と気が合うのです。


時には道路(車は殆んど通らないので、路面は綺麗です)に座らせたりハイハイをさせたりもするが、それを気にする様子もなく、むしろ喜んでいるのです。


子供の方にしても、私が居ると新しい体験ができるので、大喜びなのです。



昔なら極当たり前のことであったろうが、最近では非常見珍しいことだと思います。




後1ヶ月くらいで引っ越して行くが、同じ町の中で、引っ越した後は私が遊びに行くことになっています。



子供たちもすっかりなついているので、「遠慮なく」と言われているのです。



何とも嬉しい話しなのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

忘れていたことがある

2015年12月26日 03時31分50秒 | 嬉しい話し
時間的には昨日になるが、25日のクリスマスに、予期せぬプレゼントを頂きました。


午後3時ころだったと思うが、2階で鉢植えの手入れをしていたところ・・・・。


外から何やら声が聞こえる。


良く聞くと「おじちゃーーーん!」と私を呼んでいるのだ。


窓を開けると、窓の下には下の子をおんぶしたアパートに住むママと、3歳になるおにいちゃんが。


早速2階から下りて外に出ると・・・・。


3歳になるおにいちゃんが私に「プレゼントだよ」と言って、何やら赤い袋に入ったものを私にくれた。


中に入っていたのは・・・・・。


既製品ではあるが、毛糸の「ネックウォーマー」。



先日、私が持っていた100均で買ったふわふわのマフラーを生後11ヶ月の下の子にあげたのでそのお返しではあるが、それでもうれしいものである。



この前クリスマスのプレゼントをもらったのは・・・・・。



何時だったか思い出せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加