ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:映画「パシフィックリム」でガメラ 2013/09/21

2013-09-21 16:00:00 | ガメラ
 前回ご紹介の「 /09/17 」に続いて、
先月9日から公開中の、ギレルモ・デル・トロ監督のVFX 映画
パシフィック・リム』、
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/index.html
18日までの鑑賞記や関連情報などから、主にガメラ関連の事象をご紹介しております。


 名古屋市中川区の中川コロナワールドにて10月12日より開催予定の
http://www.korona.co.jp/WorldTop/nak/index.asp
『パシフィック・リム』 4DX リバイバル上映、
本日9月21日(土)より座席予約が開始となりました。( 10/12~10/18 分 )
http://www.4dx.korona.co.jp/movie.asp
予約は上記のサイトから(会員登録が必要です)。


 2D字幕版でご鑑賞:
俺趣味最前線(仮)
http://xiao.at.webry.info/
さん、9月17日の更新。
「パシフィック・リム」鑑賞してきたよ。 【写真あり】
http://xiao.at.webry.info/201309/article_1.html
 レイトショーの時間帯、周りに人が少ない静かな状態で鑑賞したかったので、夏休み明けになるまで待機。「MOVIXさいたま」では2D字幕版と3D吹き替え版しかやってなかったんで、負担の少ない2D版にてご鑑賞。吹き替えはDVDでのお楽しみ、という事で。
 劇場パンフのお写真を多用した、かなり詳細なご感想文です。
「 総じてとにかく面白く、熱く、そしてワクワクする映画だったことは間違いない!
かつてゴジラやガメラをはじめとした怪獣映画やウルトラマンといった特撮映像、そして数々のロボットアニメに魅了された人ならば間違いなくオススメ出来る作品であろう。
俺としてはまず日本語字幕版を、その後に日本語吹き替え版を見ることをお勧めしたい。 」
それもできれば是非劇場の大スクリーン・大音量で!


 長文のパシフィックリム批評(辛口):
イジハピ!
http://blog.query1000.com/
さん、9月17日の更新。
【第432回】メディア時評(2) 『パシフィック・リム』は俺にはイマイチだった 【写真あり】
http://blog.query1000.com/archives/32187655.html
 写真は本文中で引用される各種作品のカバーで、各々Amazonへのリンク付き。
「見た後は「まあそこそこ、評判どおりだなー」と思っていたが、そのうち「でも俺が思ってたのと違ったなー」と思い始め、結局「ダメだな、俺には・・・」と暗い気持ちになってしまった。
ネットは大絶賛の嵐であるが、その中で「これでノれなきゃオタクじゃない」的な、東京オリンピックが喜べなきゃ日本人じゃないに似た論調もあって、こうなると「現役ウルトラ世代」の俺も不愉快である。
一応どこがどう俺に取ってダメだったか書き残す必要があると思ったので書く。 」
 以下、「quwri1000さまにとって、何処がダメだったのか」を4項目に大別の上で詳細に分析・解説。通読して、「怪獣映画へ求めるものがここまで真逆だと、これはもうどうしようもないなあ」と思いました。納得の一文。


 辛口の長文批評、もう一件:
POO-MONOLOGUE
http://poo-mono.jugem.jp/
さん、9月18日の更新。
『パシフィック・リム』劇場鑑賞レビュー。 【写真・動画あり】
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=1264
 台風一過の平日昼間、スクリーン入れ替え前の時期で終了間近の本作をチョイス。
「 まずは結論からズバッと書くのが当ブログ映画レビュー、鉄の掟。
その筋のマニアを製作時から騒がせまくったハリウッド版特撮映画『パシフィック・リム』は、
ウルトラマンで産湯を使い、ゴジラを父と仰ぎ、ガンダムを母とした、その筋の中でも、
さら~に筋金入りマニアを自認する四十路である、POOはどう観たか?
ズバッと行くぜ!
やっぱ毛唐に怪獣映画は 早すぎたっス(´・ω・`)ショボーン 」
 YouTubeから動画を2本、「【映画】パシフィック・リム 予告編 (日本語字幕) (02:20) 」と「Pacific Rim (Fan-Made Trailer) in TOHO Godzilla style 「パシフィック・リム(01:32) 」の2本を転載。
この終始スピード感に溢れた超近未来型の優れたCG技術ゆえに、毛唐はダメだっちゅうの。
本家ジャパン怪獣映画の根幹を成す『溜め』が無いのは致命的、とのご意見。これもまた至言の一文かと思われます。


 拙Blogでのご紹介は、「金子版視聴記 08/06/24 」の「GⅠを見た」以来で5年ぶり、
今夏公開、話題の3作を短評:
日々読み書き(時々・・) part Ⅱ
http://gx3.blog95.fc2.com/
さん、9月20日の更新。
少年H  パシフィックリム 風立ちぬ
http://gx3.blog95.fc2.com/blog-entry-1479.html
 3作の鑑賞記を列記。
パシフィックリムは、戦闘シーンだけを魅せる映画だと割り切って見ればいいのだ。
「 日本の伝統的な特撮映画のシーンが流れていたのも印象的だった。
 例えば、巨大ロボットと怪獣が戦うのは「ゴジラ対メカゴジラ」の系統だし、最初に登場する怪獣は「ガメラ」に登場した「ギロン」に酷似していた。最終決戦でロボットを決戦場所まで運ぶシーンでは「キングコング対ゴジラ」でゴジラに対抗するため、眠らせたキングコングを富士の裾野までヘリコプターで運ぶシーンを思い出させる。
 怪獣にたかっている寄生虫は「空の大怪獣ラドン」に出てくるヤゴの怪獣をどこか連想させる。また、ロボットのデザインは、昔の「13号発進せよ」の13号に似ているように見えるのは思い過ごしか。ロボットを操作するやり方はTVの戦隊ものに似ている。いたるところに「日本特撮映画」を引用(援用)しているように見えた。 」
 見終わった時はもういいかなと思ったのに、今はなぜかもう一度是非見たいと思っている…。


 吹き替え版でご鑑賞:
ゲロとクソにまみれた掃き溜め
http://1999pegion.blog.fc2.com/
さん、9月20日の更新。
パシフィック・リム
http://1999pegion.blog.fc2.com/blog-entry-94.html
 Youtubeで見たゴジラ風の宣伝映像がきっかけで見に行ってきた。
ロボット好きだけど特撮にあまり詳しくない、そんなGhetto鳩さまの胸アツレポ。
「 怪獣が海から来る、という状況が非常にツボを押さえている。特撮(ウルトラマンとかゴジラ、モスラ、ガメラとか)で敵はほぼ確実に海から来る。
 日本が島国だから、という理由もあるが、海上での戦いは水しぶきが飛ぶので非常に派手に見えるのだ。そのセオリーにこの映画も則っている。っていうかそもそも、全体的に特撮的なアプローチがすごく多い。
海中から怪獣が不意打ちで襲ってきたり、前述のイェーガーの動きでいちいち水しぶきが飛び散り、めっちゃくちゃ画面が派手。
海上もそうだし、街中でウルトラマンばりに街を気にしないで壊しまくるバトルや、空中戦、深海など、スケールが違いすぎる。これを実写でやるんだもんなぁ。いや大体CGなんだろうけど。この映画、あんまりCGとか関係ない。なぜなら特撮だから! 」
 吹き替え版のキャスト人選も分かってるし、マニア愛とエンターテイメント性が高いレベルで融合した面白い映画でした。 ^^)


 印象主体の短評:
アロマでひとやすみ
http://kikihopi.exblog.jp/19683387/
さん、9月20日の更新。
映画 【動画あり】
http://kikihopi.exblog.jp/
  動画はYouTube経由で「 Pacific Rim (Fan-Made Trailer) in TOHO Godzilla style 「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」(01:32) 」一本を転載。
今まで、ちゃんと怪獣映画を見たことはなかったのですが、
「 ゴジラが歩くシーンや 
ガメラがぐるぐる旋回しながら空を飛ぶシーンは
頭の中にあって
当時いとこが 怪獣カードを見せてくれて
この怪獣が最強っておしえてもらって
包丁みたいなお顔で 「たしかにつよそうっ!」 って感じたことあったなぁって
ひさしぶりに思い出したら
映画のスクリーンに
ナイフヘッドというカイジュウ登場 」
 スピード感が、すごかった!


 長文かつ胸アツなレビュー:
Abstract My Life
http://ameblo.jp/hasegawape/
さん、9月20日の更新。
☆pacific rim☆
http://ameblo.jp/hasegawape/entry-11617931878.html
 久々にハマッタ。3回も観ちゃったよ。
特撮マニアの母親とアニメヲタ(おもにエヴァ)の父親のもとで育ったと自称されるpeさまが、本作の魅力(KAIJUの迫力、イェーガーの格好よさ、香港のロケーション、ラストシーンの良さなど)を語るかたる。
「 今は早くBD発売にならないかと心待ちにしておりますです。。。
ただこの映画、、特撮など知らない友達に「面白いよ!!ぜひ見て!」と一概におすすめできないのがなんというか…さびしいというか… 」
 確かに、かなり見る人を選ぶ作品には違いないですよね。^^;)


映画「パシフィックリム」 公式サイトはこちら
公式Facebookにはこちらから。
公式ゆるキャラ「ないふへっど君」のTwitterは、こちらより。
Xbox 360版ゲーム「パシフィック・リム」公式サイトにはこちらからどうぞ。


 本日は、あと4本更新の予定です。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガメラ:「DORO☆OFF 模型作品... | トップ | ガメラ:日本全国ガメラな風... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふかざわ)
2013-09-24 19:02:36
gameraishiさん、トラックバックありがとうございます!
公開の方法が分からなくて(トラックバックの何たるかが分からなかったので)公開が遅れてスミマセン;
批判的な内容にも関わらず、丁寧に紹介してくださり、ありがとうございますm(_ _)m
ちなみに私が一番好きな怪獣映画は平成ガメラ1ですw
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。