Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

ブーダン ノワール、林檎ソース、セロリの葉のフラン

2006-08-25 17:35:49 | 肉料理 Viandes
庭に沢山なっている酸っぱい林檎を見つめながら 昼食は ブーダンにしようと思いました。ドイツの義兄の大好物。ドイツにはないそうです。日本では知られているのでしょうか? 此方では 本当の気軽な 皆に愛されている庶民的 お惣菜料理です。
即村まで買出しに。村で珍しく 中にラルドンの入らない ヘルシーなブーダンを作っている お肉やさんがあるのです。 付け合せはマッシュポテト、林檎のソース(街の図書館で林檎のレシピのみの本2冊借りてきました。まあそれは美味しそうなレシピが沢山。最近は本は買わず沢山素敵な本も貸し出してくれる図書館通いが多いです) にセロリのムース。

林檎のソースはとても美味しかったので下にレシピを。ポークソテーに添えたら とてもお洒落に変化すると思います。




林檎ソース 6人分(保存利きます)

 材料
林檎 5-6(酸味のあるもの)皮を剥いて8切りさらに16に
カソナード(精製されていない茶色い砂糖)40g
チキンのブイヨン 12,5cl
カルバドス10cl(林檎のスピリット酒)なければ省略して宜しいです。私もなかったのでコニャックをほんの少し入れて見ました。
塩胡椒

 作り方

1 皮を剥き大きく切った
2 林檎と砂糖ブイヨンを鍋に入れる。
3 蓋をし中火でことこと 10-15分。柔らかくなるまで。
4 煮えたところで1/3の林檎を取り出す。
5 林檎が冷えたところで2/3はミキサーでピューレーに。
6  ピューレーとコンポートを混ぜる。
7 カルバドスを火にかけ半量に煮詰め熱いうちに6と混ぜる。(というのがレシピなのですが私はコニャクを大1ほどそのまま混ぜました。)塩胡椒。胡椒はきつめに。
鶏のブイヨンの味が活き活き とても美味しいソースで 本当にお勧めです。






もう一つセロリの葉のムースのレシピ
フランスでよく使われるセロリの蕪。葉も付いているのですよ。使用しない人もいるけれど。
今日始めはセロリの蕪のピューレー にしようと思ったのだけれどあまりにも見事な葉で 蕪は他の日に他の料理にしようと思いました。
一度湯がき 玉葱 又は エシャロット にんにく とバターで炒め 鶏のブイヨンを加え 柔らかくなるまで煮てから ピューレーに。冷えてから卵 と生クリームを
混ぜて 湯煎のオーブンで焼き上げました。前に御紹介したグリーンピースのムースの配合 焼き具合も同じですのでご参照ください。
飾り付けに味にアクセントをつけるためパプリカを。




下 参加しています。幸せのクリックベルお願いできたら。

ブログランキング・にほんブログ村へ




『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シピロンという名の烏賊を使... | トップ | 今年初めての海老の収穫 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yon4)
2006-08-26 03:52:28
恵美ちゃん、

お久しぶり。なっちゃん、そちらに里帰り中のようですね。いいな、ママの味。私は今、急遽、インディアナに来ています。そろそろママの味が恋しくなってきたところです。自分では作れない味がいっぱいあるから。

ブーダン、懐かしいな~。日本も、アメリカでも、なかなか出会えない味かな。

りんごのレシピ、今度参考にさせてもらいます。どうやら、インディアナやミシガンはりんごが沢山獲れそうな予感です。

こちらは、持ち寄りパーティーが“非常に”盛んなので、恵美ちゃんレシピを活用させてもらいますね~♪いつも素敵なお料理をありがとう。
林檎ソース(^^) (ミリアム)
2006-08-26 08:07:09
ブーダン、割合に好きです(^^)でも、イギリスのブラックプディング同様、とってもコクがあるので、あまり食べられないのが、玉に瑕です。



イギリス人も林檎ソースが大好きですが、こちらのソースはただ林檎を煮ただけです。



恵美さんのこのソース、とても美味しそうですね。今度林檎ソースを作る時には、このレシピを使わせていただきます。
ブー・・・ (Masako)
2006-08-26 10:48:58
ブーダンを初めて食べたとき、ショックでびっくりだけで、あまり味が思い出せません。ただ、「真っ黒の血」と思ったのがいけなかったのかな。今度、チャレンジしたら、味わえるかも。 

フランス料理は衝撃的です! 

牛肉のミンチをスパイスを合わせて、生で食べるメニューにはかなりびっくり。ブーダンとこれはびっくり料理の2つです。(これはなんというお料理でしたか…)
賄い (レアールシェフ~fleur de selさんへ)
2006-08-26 13:14:53
ボンジュール マダム



これまた懐かしい賄いで良く食べました



濃厚な味がリンゴの甘酸っぱさと一緒になって



いけるんですよね



でも 初めて口にした時には衝撃的でした



マダムの盛り付けに







リンリン



りんごりんご (cavacavien)
2006-08-26 22:18:32
りんごソースはワタシ、お肉抜きでも、ガシガシ食べちゃいそうです(笑)



セロリのフランに興味が今コリアンダーたくさん買ってあるのですが、セロリの代わりにコリアンダーでもいいかな~どうでせう

あ!一番上の写真が好きです~

C'est manifique!

黒ブータンは苦手だけど・・・ (kiko)
2006-08-27 04:13:15
パリに出向く際は、ポンヌフ橋の左岸よりにある

肉屋さんで白ブータンを買います。

赤はなかなかたくさんは食べきることができません。

ここは真空パックしてくださるので帰国当日の朝一番に買いにいきます。

うう、食べたいですね
作ってみましたー (cavacavien)
2006-08-27 21:18:42
恵美さん、こんばんは。

さっそく今日、コリアンダーでこのフランを作りましたよ玉ねぎたっぷり、にんにく、鶏のストックはなしですが、やさしい甘さがとても美味しかったです。今度ハハに作ってあげようと思います!ありがとう御座いました。ぺこりんクリック×2
佳子ちゃん (fleur de sel)
2006-08-28 23:12:00
プログ見ました。大変だったのですね。パパからアメリカに急きょ立ったとメイルが。でも詳細はで。御主人は大丈夫ですか?頑張ってね。
ミリアムさんへ (fleur de sel)
2006-08-28 23:15:10
私もあまり沢山は食べられません。でも主人は私の約二倍の体格で心配ありません。いつも手伝ってくれます。笑

ところでブイヨンを加えたことで林檎ソースがとてもお洒落になりました。
Masako ちゃんへ (fleur de sel)
2006-08-28 23:21:47
頭で考えると駄目、次回試食してもらう時には何も言わずに食べさせてあげるね。

牛肉のミンチはタルタル。これは私は好みではなく私も食べず嫌いで口にしたことがないの知っていますか?好奇心の強い私にしては珍しいこと。馬肉も駄目。スイス人は馬肉のタルタルが好きなのですよ。主人も駄目。ベジタリアンではないけれど。野菜は私の料理の約80パーセント。

コメントを投稿

肉料理 Viandes」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。