Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

メルコットさんのお知恵を借りて

2006-07-08 18:52:34 | 肉料理 Viandes
今日のお料理はフランスのグルメプログ仲間でゴッドマザーのように慕われているメルコットさんのお料理から知恵をお借りしました。今年日本のプログを開く前フランスでのプログに参加。色々お友達が出来ました。今では日本語版だけです。時間が掛かりすぎます。

今日のお料理は

 蒸し鶏(プラム包みベーコン巻き)  ブルーチーズソース  グリーンピースのフラン  インゲンのにんにくバター和え。



メルコットさん はお菓子作りの神様。彼女のようなマカロンが作れた時には驚喜の思い 天に昇る思い 即 公表致します。(長い長ーいこと作っていません。最後に作った時うまくいかなかったから くじけてタブーのような存在)。そして彼女のお料理はとてもダイエット。でも美しいのです。

さて

緑色のものは?

   グリンピースのフランです。
御安心。冷凍のグリンピースでも美味しくできますよ。

 材料 4個分
湯がいたグリンピース 100g
卵 1
生クリーム 12cl
カレー粉 小 1/2
塩 胡椒

 作り方
全てをミキサーで。バターを塗ったラムカンに。170度の水を張ったオーブンで25分。

オーブン少量ではもったいないではないですか。私は倍量。
後に電子レンジで温め直しても美味しくいただけるのですから。

   鶏のブラム巻き

 材料
極薄切りのべ-コン
鶏白身肉
干しプラム(ジャスミンティーでふやかして見ました。料理によりミントティーでもふやかしたりします。 )

 作り方

寿司用のすだれにクレラップを ひきまずベーコンをそして鶏肉を中にプラムを。塩胡椒。好みでタイムを。
くるくる海苔巻きのように。
湯気のたった蒸し器で何分間。(ボリュームによります)

 ソース

 ブルーチーズソース

 材料

エシャロット ニンニク 各 1 微塵切り
バター
白ワイン 1カップ
ブイヨン 1カップ
生クリーム 20cl
ブルーチーズ 30g

 作り方

エシャロットにんにくをバターでいため白ワインとブイヨンを ブーケガルニを加え1/3になるまで煮詰める。最後に塩胡椒生クリームブルーチーズでクリーミーに。
ロックフォールチーズならさらに素敵ですよ。

インゲンのにんにくバター炒めを添えました。

緑の清々しい一品と思いません?

P.S
一言追加したいのです。 この鶏肉 冷やしたもの薄切り マヨネーズやら他の好みのおソースと とても美味しいのですよ。

下 参加しています。幸せのクリックベルお願いできたら。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃがいもストーリー | トップ | 赤 黄 緑の献立 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たえ)
2006-07-09 03:09:32
私も鶏肉にプラムを包んでベーコンで巻くお料理をよく作っていました。

最近していません。私の場合一口サイズにして作っていたので、恵美さんのように大きめに作るとメインディッシュなって良いですね。

グリーンピースのフランは色がとても鮮やかで綺麗!



マカロン、なかなか上手くいきません。

アメリカのマカロンと呼ばれるものと、フランスのマカロンは全く別物。

フランスのマカロンはとても繊細で華麗です。

アメリカのは簡単だけど、フランスのものはどれだけ頑張っても納得いかず。

修行が足りません。

恵美さんにマカロンの成功法、こっそり教えていただきたいですv(笑)
Unknown (たえ)
2006-07-09 03:10:46
私も鶏肉にプラムを包んでベーコンで巻くお料理をよく作っていました。

最近していません。私の場合一口サイズにして作っていたので、恵美さんのように大きめに作るとメインディッシュなって良いですね。

グリーンピースのフランは色がとても鮮やかで綺麗!



マカロン、なかなか上手くいきません。

アメリカのマカロンと呼ばれるものと、フランスのマカロンは全く別物。

フランスのマカロンはとても繊細で華麗です。

アメリカのは簡単だけど、フランスのものはどれだけ頑張っても納得いかず。

修行が足りません。

恵美さんにマカロンの成功法、こっそり教えていただきたいですv(笑)
フラン (レアールシェフ~fleur de selさんへ)
2006-07-09 07:56:28
ボンジュール マダム



良く考えられているお料理ですねー



フランもやさしい味が想像できます



風味付けにカレー粉を使っているとは



ん~~



さすが



フレンチ



冷たいとり (cavacavien)
2006-07-09 13:11:47
こんにちは!



>この鶏肉 冷やしたもの薄切り

これはとてもおいしそう



シェフの仰るとおり、カレー粉の使い方が

すてきですー。



いつもせっかちに読んでるのが、こないだのデロンギ姫でばれてしまった今日は熟読。。。ブルーチーズのソース、とグリンピースのフランと。この取り合わせがフランス的なんですね。日本っぽく作るなら、卵豆腐ふうに、さらっとさせてもいいのかなと思いました。いつかきっと
ご無沙汰です (らっこ)
2006-07-09 13:50:54
fleur de selさん、こんにちは~

最近和食が多くなってきているので、フランス料理がとても新鮮に見えます

どちらもお菓子のような綺麗な彩りですね



鶏肉の~は、いろいろアレンジできそうなので、機会があったら是非トライしてみようと思います
Unknown (Madame K)
2006-07-10 09:20:27
こんにちは。

グリンピースのフラン、カレー粉が隠し味なんですね。

とってもおいしそう。

フランやムースのオードブルは、我が家のお客様はみんな大好き。

是非試して見たいです。
美しい! (kiko)
2006-07-10 13:04:52
拝見させていただき、いつも感心ばかりの私です。

是非参考にさせてください。
夏らしくて爽やかですね! (くみこ)
2006-07-10 21:01:11
いつもながら、素敵な1皿ですね~。

冷凍グリンピース余っているので作ってみようかしら。

私にとってはシュークリームがタブーの存在です。大量のクリームと、小さなクッキーができあがりました。。
たえさんへ (fleur de sel)
2006-07-11 03:46:29
近いうちにマカロン挑戦してみます。
レアールシェフさんへ (fleur de sel)
2006-07-11 03:50:44
メルコットさんのお料理は優しくダイエット。私の料理は少し嵐の通り抜けるような感じ。
cavacavien さんへ (fleur de sel)
2006-07-11 03:53:19
このお料理とても日本人好みだと思いました。フランスでは日本の料理法を研究。逆輸入?
らっこさんへ (fleur de sel)
2006-07-11 03:55:38
私はらっこさんのお宅のお食事に呼ばれたらそれは まー天国です。
Madame K さんへ (fleur de sel)
2006-07-11 03:57:55
私も野菜のムースは好き。御友達を呼ぶ時には即素敵な雰囲気添えますよね。
kiko さんへ (fleur de sel)
2006-07-11 04:00:58
御訪問有難うございました。私も拝見。数々の美しいお料理に目を見張りました、私食べたい。
kumiko さんへ (fleur de sek)
2006-07-11 04:05:57
くみこさん。子羊のお料理凄く魅力的でノート。近じか作るつもりなのです。他のお料理も。載せますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
グリーンピースのフラン カレー風味 (kumiko's blog)
グリーンピースのフラン。前も人参ケーキで真似させていただいたfleur de sel様のブログの7月8日版からレシピ拝借(型から抜いておしゃれな盛り付けなさってます)。これは、とっても簡単、見た目も珍しいし、味もおいしい!の3拍子揃い。ちょびっと入れるカレ ...