Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

洋風鯛めしの献立

2016-05-29 01:14:55 | 私のプログの料理一覧表

フランスのガソリンストいつまで続くか見通したたずの現状 車での買い物は控え家にある素材での料理 チェックできる良い機会とポジティブに思っています。冷凍庫に黒鯛を見つけました。

この黒鯛 買い付けのお魚屋さんでひときわ輝いていて食べたいと思い購入したのになんだか忙しかった日。お料理はする暇はないと即冷凍しておいたもの。 冷蔵庫の中でゆっくり解凍後もやはり美味しそうなウインクをしてくれました。

日本風の鯛めしとも思ったのですがスパイスを効かせた洋風に。パエリアのようですが鯛だけです。鯛は腐っても鯛というほど存在は大きいですね。それだけでも美味しいお出しの出るご飯を炊いてくれます。今日は鉄鍋で炊きました。

洋風鯛めし

  材料

   * 黒鯛 6-700g位?

   * 米 2カップ 360g

      *オリーブオイル 大2 位(本当はもっとたくさん入れるのでしょうが 私の料理は非常に少なめです)
  
   *バター 大1

 a 玉ねぎ 大1 微塵切り

 a 大蒜 2片 微塵切り

   a 生姜 微塵切り 大1 
 
 b カレー粉 大1+ターメリック 小 1
 
     (サフランを使用すると良いですよね。でもフランスでサフランの値段はかなり高いので庶民的料理の私としては 普段のお料理にはあまり使用しません。)
 そしてターメリックは本当に健康に良いスパイスとして知られフランスで人気のスパイスです。
 
  c トマト 大1 皮をむいて微塵切り
 
   c 水 2カップ半+白ワイン半カップ  ( チキンコンソメキューブ 1/2個 はその中に温めて溶かしておく)
 
    c  タイム、ローリエ
   
  

      作り方

1 米は研いで1時間ほどざるにあけておく。

2 鯛は両面斜めに切れ目を入れ塩 胡椒 タイムをまぶしておく。

3 鉄鍋にオリーブオイルとバターを熱し a の材料を焦がさないように炒め 米を入れてパラパラになってから b の香料を加えさっと炒めてから

 cを加えスパチュルでさっとかき混ぜてから鯛を乗せ蓋をして焼く18分ほど皆さんご存知のようにお米を炊き上げます。

 お醤油を少しかけ蒸らします。

 コーリアンダーなどのハーブなどと美味しいです。

 

ハプニングで作ったお料理なのですがとても美味しいと思いました。

ところで水加減なのですが 私はフランスの南仏ビオのお米使用なのですが 日本のお米とは水加減は異なると思います。日本のお米より水加減は多いです。ご調整ください。

ズッキーニとセージのオーヴン焼き

野菜がないと不安になる私でズッキーニのオーブン焼きを。いつもの焼き方なのです。セージの葉のオーブン焼き

これは非常にといってよいくらい美味しいです。(好みによりますが) 後日ご紹介いたします。。

サラダ

あとは締めくくりのサラダ。シンプルなものです。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

簡単なふわふわ苺ケーキ

2016-05-27 22:33:53 | デサート desserts

現在フランスは苺真っ盛り。お買い物に行き苺の傍 籠に入れずに通りすぎることはできないほどの甘い香りが漂っています。今年は豊作な感じ これは恩恵に浴さねば。

ヨーグルトと蜂蜜に苺や他の果物 キーウイやバナナなどを入れたスムージーは近頃の私達の朝食です。

イチゴは足が早いので今日は簡単なケーキを作ってみました。ふわふわでおいしいです。それに混ぜるだけとても簡単です。

     材料 (20cmx20cm の型 私は持っていないのでそれ位の表面積のグラタン皿使用)

  * 苺 250g 

  * バター 100g

  * 砂糖 100g

  * 卵 大2

  * 薄力粉 100g

  * アーモンドパウダー 50g

  * ベーキングパウダー 1袋 11g

  * バニラエッセンス

  * 塩 少々

   作り方

1 バターをとける寸前にまで温めておく

2 卵(全卵)に砂糖とバニラエッセンスを加えたものを根気よく白くねっとりなるまで(電動)泡だて器でかき混ぜる。(これは大事です)

3 薄力粉とべ−キングパウダーは振るい混ぜておく。

4 2に 1のバターを加えよく混ぜてから 3の粉 にアーモンドパウダー、塩を加えさらに滑らかになるようによく混ぜる。

5 クッキングシートを敷いた型に4を流し 洗ったイチゴ縦に2つ切りにしたものを平均になるように植え込む(植物の苗のように)。

6 180度に熱しておいたオーブンで焼く30分ほど焼く。

最近は簡単なお菓子しか作りません。でも手作りのお菓子は 素朴 家庭的な味がして美味しいです。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

オイルサーディンのディップ、ニソワーズサラダ風にちょっと暖かい野菜を添えて

2016-05-26 17:00:20 | 野菜 ベジタリアン料理 Légumes

昨日は気温が上がり初夏を思わせるような一日でした。

フランスは労働法改正に反対のストライキ8日目に入り道路閉鎖等により石油が入らなくなりました。石油関係の施設停止のところも。ガソリンを求めるのが難しい状態。スト側、政府、国民の感情温度も上がってきています。初夏のように爽やかでは無いのですけれど。

加えて原子力関係 鉄道も介入の気配。となると電気も交通機関もストに入ることになります。このスト即は解決しなそう。かなり長く続くような気配 なるべく車は使わない方が賢明と思っています。

というわけでは無いのですが戸棚にあった缶詰めのオイルサーディンを使ってディップのオードブルを作りました。先日義妹に昼食に招待されたときアペリティフに出てきて美味しいなと思ったので。

オイルサーディンのディップ

クリーム系のものを入れてリエットにするレシピが一般ですがこのようなさっぱり系はそれまた美味しいです。そのうちにリエットもご紹介いたします。

    材料

 *オイルサーディン(ビオのヴァージンオイル使用のもの) 1缶 正味105g 全体135g 位(缶捨ててしまったので)

 *エシャロット 1 微塵切り

 *大蒜 1片 微塵切り

 *シブレットやミントやエストラゴン、フェンネル、日本なら大葉など好みのもの 微塵切り 沢山 乾燥ものではなく新鮮なもののほうが良いです。

 *ケーパー 大1

 *レモン汁 好みの量 私はレモンの味が好きなのですが酸味が勝ちすぎるのはバランスを壊すと思うので

 *粗びき胡椒

 *タバスコ (好みで)

  作り方

1 サーディンは中骨を取りフォークでつぶしておく。 缶のオリーブオイルもビオのものなのでそのまま使います。

2 材料を全部混ぜて冷蔵庫で1時間ほど寝かす。

バゲットやトーストパンと一緒にどうぞ。

簡単にできて美味しいオードブルが出来上がります。

次のお料理からは昨日作ったものではなく家族がいた時の4人分の写真ですが同じようなお料理を作ったので写真は撮りませんでした。

ニソワーズ風サラダ 

何故ニソワーズ風かというと。この日 本当はニソワーズサラダを作ろうと思ったのです。ニソワーズサラダには

  サラダ菜、隠元、その他の野菜にツナ缶、アンチョビー、オリーヴ、ゆで卵、お米やじゃが芋が入ることも。そして肝心なのはトマト

トマトを切らしていました。ということでオレンジがあったので入れて南仏の香りと雰囲気を追加しようと思いました。オレンジの汁はビネグレットソースの中に。爽やかで美味しいと思いました。

ジャガイモとバターナッツのオーブン焼き

これはジャガイモとバターナッツをサイコロ切り。塩、胡椒、ニンニク片の擦りおろし、ローズマリー、オリーヴオイル少量を混ぜて180度のオーヴンで焼く35分ほどかけて焼き上げるもの。

私のよく作るじゃが芋のお料理です。油の使用量は少なくフリットのような出来上がりで気に入っています。上のサラダと一緒に頂くとバランスの取れた立派なお食事となります。

じゃが芋の切り方を変えるとまた他のお味になりますよ。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鯔の横着オーブン焼きと頭利用のスープ ド ポワッソン

2016-05-25 00:03:40 | 魚貝料理 poissons

先日の鯔のお料理に話が戻ります。 捌いたとき骨のないフィレを生食用に除いてから残りの半身はこの様にオーブンで焼きました。

いつもの私の料理のごとくオーブンに入れるだけで野菜もタップリ同時にソースも出来上がる横着 でも美味しい魚料理です。鯔にはこだわらず他のお魚でも応用が効きますので是非。中骨付きの魚はオーブンで焼くととても美味しいだしの出るソースが出来上がります。 

 

  材料 2−3人前

*鯔 中骨付き 半身

*ズッキーニ 中2本

*パプリカ 半個 そのままでもよいのですが前日にサラダに入れるためにオーブンで焼いて皮を除いたものがあったのでそれを使用

*玉葱 小 1 微塵切り

*大蒜 3片 叩いてつぶしてから微塵切り

*トマト 大1 皮を除き微塵切り

*マッシュルーム

*ローズマリー、セージ、ローリエ、タイム等

*塩、胡椒

*白ワイン 10cl+薄めのチキンブイヨン 10cl

*オリーブオイル 大1−2 好みの分量で

 

  作り方

魚の片身に切り目を入れ塩、胡椒。 レモンとパプリカを切れ目に挟み野菜 香味量を散らしたオーブン皿に散らし白ワインとブイヨンを注ぎオリーブオイルをかけ180度のオーブンで35分ほど焼く。

途中で時々汁を魚の上にかけ野菜も少しかき混ぜる。

焼き上がりレモン汁と好みでお醤油をかけると美味しいです。

雑穀米を含むご飯はもちろんジャガイモやパンと美味しいです。

庭のハーブは花で満開

 

 

セージの花

 ちょっと盛りを過ぎているのですが。

スープ ド ポワッソン

ところで スープ ド ポワッソンなのですが 我が家では頭付きの魚を買うことが多いので よくフュメ(ブイヨン)を作ります。

  ブイヨンの作り方

日本的なお料理なら昆布で 今日のようにフランス風の時には頭にさっと熱湯をかけてから冷蔵庫に半端に残っている香味野菜、葱、セロリ、人参など大蒜や生姜 皮のままつぶしたものと一緒に上の写真のハーブ(全部入れなくても好みのものでよろしいです。)と白ワインを入れて(チキンキューブを入れるとこくが出ます)塩 胡椒 あくを取りながら40分ほど静かに濁らないように煮てからシノワで濾します。

今日はカタプラーナを作った時のメルルーサの頭を冷凍しておいたものも入れたのでとても美味しい味が出ました。

これからが本番

  材料 分量はお好みの量とお任せいたします。

*ポワロー 長葱の白い部分

*セロリ 微塵切り

*トマト 皮を剥いて微塵切り

*じゃが芋 皮を剥いて 小さめに

*大蒜 (私は此処でもまた追加してしまいます。苦笑)

 作り方

上の材料をオリーブオイル(バターを半分入れても)を熱した中で焦がさないように炒めてからブイヨンを注ぎ野菜が柔らかくなるまで煮てからミキサーにかける。

生クリームを入れる人もいますが私はスープ ド ポワッソンには入れません。トマトの酸味が味を引き立ててくれます。

添えるものはクルトン

  これも残り物 利用なのです。

硬くなってしまったバゲットパンをサイコロに切り 大蒜の摩り下ろしたものとオリーブオイルで混ぜオーブンできれいな色がつくまで時折転がしながら焼き上げます。これはサラダに入れても美味しいものです。

そしてグルイエールチーズ

フランスではルイユ(アイオリソースにサフランを入れたもの)を添える人もありますがリッチになってしまうので無しに。

 今日も魚一匹全部使い切り満足しています。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ラディッシュを全部使いオードヴルに ムール貝パスタにも

2016-05-23 23:41:19 | 魚貝料理 poissons

本当は前回の鯔のお料理続きを書くつもりでした。グリルの魚の料理はよいのですが スープ ド ポワッソン ちょっとレシピを書くのは長くなるので(明日にでも?)今日のお料理ご紹介とします。

今日の朝はラロシェルのヨットハーバーのある海辺の自然公園を主人と散策してきました。ラロシェルに着いて今の家を購入するまで4回程引っ越ししたのですが一番目のアパートはその公園の中に懐かしい場所です。

帰宅後なんだか疲れてしまって簡単な料理。本当はレストランで昼食と思っていたのですが私たちの好みの家族的なレストラン閉まっていました。ヨットハーバーはラロシェルの街より南。我が家はそこから車で10分程もう少し南。帰宅途中にあるレストランなので ラロシェルの街には戻りたくないと家で食事としました。

オードブルはラディッシュ フロマージュブランとツナ缶を利用したソースで

このソースはさっぱり味、簡単にできるし他のクルディテ、温野菜とも合います。

   材料

* フロマージュブラン 100g

* ツナ缶 大2

* ディジョンマスタード 小1

* 大蒜 擦りおろし 少々(好みで)

* シブレット、アサツキ、ディルなど好みのもの

* 塩、胡椒、

* 砂糖 お好みで隠し味程度

* オリーヴオイル 大1

* レモン汁 少量

  作り方は全部を混ぜるだけです。

前日ビオの農場を訪れ葉の付いている野菜を購入。葉の部分は新鮮なうちに皆硬めに湯がいておきました。

帰宅がてら 12時半ぎりぎりに開いていた村の私の買い付けの牡蠣業者でムール貝を見つけ。

美味しい?と 聞いたら、

まあまあ との返事。 

彼女私には正直なのです。でも買ってみました。

ムールマリ二エール風(このお料理は前に何度もご紹介してあるので省きますがいろいろなハーブに大蒜が効いています。レシピは此処に)に開いてから今日は湯がいてあったラディッシュの葉、蕪の葉を少量のベーコンとさっとオリーブオイルで炒めたものを加え湯がいた熱々のスパゲティと混ぜて食べました。庭のフェンネルも加えて。(ビーツの葉は日本風の煮つけに昨日使いました) もちろんパルメザンチーズと。

ベーコンとムール貝の相性はとても良いものです。当地のムール貝のサラダには欠かせなく入っています。

とっても美味しかったです。野菜沢山みな無駄にせず使い切りました。

 

公園の風景写真を撮るのは難しかしくでも沢山植物の写真を撮ってきました。名前の解らない植物がかなりありこれはとても気になるので現在調べています。整理ができたらまたご紹介の機会も。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加