Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

アぺリティフタイムの簡単なおつまみ4種類

2017-03-27 05:55:00 | オードブル Hors-d'oeuvre

家族、お友達などの集まる時 お食事前のリラックスのアペリティフは欠かせません。簡単にできるおつまみいくつかご紹介致します。

メインの料理 忙しかったりで遅れ気味という時には皆お喋りくつろいで楽しんでくれているので料理人の私にとっては貴重な時間稼ぎの助っ人です。本当は一緒に楽しまなくてはいけないのですけれどね(苦笑) 

ハムとチーズのミニクロワッサン

これは当日 購入して忘れていたパットフイイテを見つけ思い付き 即興で作ったものです。賞味期限に近く皮がちょっと乾燥してしまってかけやすく 具を多く入れたのではちきれて綺麗に巻けず。(涙) 何しろ時間がなくすごいスピードで作りました。

円形16等分したのですが(小さなものを作りかったので・・・・・)12等分にすると少し大きくても綺麗なクロワッサン型になるのではないかと思いました。皆様のご判断でどうぞ・

   材料

 *市販のパットフイイテ (ビオの半穀粉のもの使用)1枚

 *ハム 1-2枚(大きさによって)

 *グリュイエールチーズ 大3 位

 *ブルーチーズ 大2 位

 *生クリーム 大1位

 *胡椒 (チーズに塩気があるので塩は使用しません)

 *パプリカ

 *マスタード 大1 位

 *卵黄 皮の上に塗るため

 

   作り方

1 皮を16等分(12等分)する。フォークでつつき マスタードを塗る。

2 2種類のチーズと生クリーム,胡椒、パプリカを混ぜる。

3 ハムと2を乗せくるくる巻き形を整える。

4 表面に刷毛で卵黄を塗り180度に温めたオーブンで15-18分ほど焼く。

セロリ蕪のフリッター

これはお気に入りです。はじめはピカタ フライパンで焼こうと思ったのですが前日使用した揚げ油があったのでからりと揚げてげてみたらとっても美味しかったです。

  作り方

1 セロリ蕪は棒状に切り硬めに蒸かしておく。

2 天婦羅液(ほんの少しベーキングパウダーを混ぜてもよいです)の中を通し天婦羅の要領でカラッと揚げる。

3 塩(セロリは自然に塩気があるので軽く)胡椒

自家製マヨネーズにピクルスと堅ゆで卵のみじん切りを入れたタルタルソースを添えました。

アツアツを召し上がれ

セロリ嫌いの人にも好評だったしセロリ蕪は大きくて使いきれないと思ってもこのレシピだとかなりたくさん消費できます。

ワカモーレとオリーブ

 ワカモーレのレシピは前に何度も書いてあるので省略致します。でも最近作るものはオリーブオイルは入れません。油なしでもアボカドがすでに油分が多いのでとても美味しいと思います。

パプリカ(赤ピーマン)、茄子、アンチョヴィー、グリーンオリーヴのディップ

オーブン料理をするときその隙間に よくパプリカや茄子などを入れて焼いておきます。(エネルギー節減?)

パプリカや茄子はオーヴンで焼くと甘みが出て美味しいですよね。即使わなくても皮をむいて冷蔵庫に保管しておきます。この日もちょうどあったので種なしのオリーヴとアンチョヴィーをはじめに香辛料を加えてペースト状にしました。これも皆に好評でした。

初めての試み この組み合わせは美味しいだろうと味を見ながら色々分量を変え調節したのでレシピは作り直した際にご紹介致します。

 

夏時間に入り今日は1時間短い一日でした。用事があって午後ラロシェルまで出かけたのですが港に面するカフェのテラスは人々で溢れていました。年末から非常に寒さ厳しく何度も通り過ぎた大嵐の冬から解放されて 待ち焦がれた美しい季節の到来への喜びででしょう。とても華やかな雰囲気に満ちていました。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

海の幸の盛り合わせサラダ

2017-03-26 07:11:42 | オードブル Hors-d'oeuvre

今日土曜日のお昼に海の幸を使って盛り合わせサラダを作りました。オードブルよりボリュームのある一品。白ワインを片手に全穀パンと。締めくくりにチーズで週末のくつろいだ昼食時間を過ごしました。

左上から時計回りに 鯛、キーウイ、グラニースミス林檎のタルタルサラダ紫大根のサラダ生アンチョヴィーの酢漬けアボカドと海老のふんわりマヨネーズ和え。

まずはアボカドと海老のふんわりマヨネーズ和えから

私の自家製マヨネーズは全卵で作ります。白身が入るとふんわり軽く出来上がりマヨネーズ嫌いな人にも喜んでもらえます。

 自家製マヨネーズの作り方

  材料

  *卵 大 1 ごく新鮮なもの
  *マスタード 大1-2 (多いほうがまとまりやすいです)
  *にんにく 大1片 摩り下ろす
  *塩(マスタードに塩が入っているので後で調整してください 私は入れません) 胡椒
  *向日葵油 1カップ
  *オリーブオイル 大1-2(入れすぎるとアイオリソースの味に近寄ります。)

  作り方は全部をハンドミキサーでガット攪拌するだけ。とても固いマヨネーズが出来上がります。

 アボカドはくりぬいてサイコロに切り色の変わらないようにレモン汁を振って置く。茹で海老の皮をむいてアボカドと同じくらいの形に切りエシャロットの微塵切りパセリ、シブレット、コーリアンダー、ディルなどのお好みのハーブと混ぜ 好みでヴぃネグレットソース少量と混ぜてから(これは私の好みなので省いて宜しいです)好みの量のマヨネーズと和えアボカドの器に盛りつける。

 中の紫色の大根

この大根はみずみずしく美味しいです。

紫大根のサラダ

 作り方

千切りにして粗塩をかけしんなりするまで置く。ざるに入れて塩気を落としぎゅっと水気をしっかり落としレモン汁、オリーヴオイルまたはごま油と混ぜる。和風にお醤油を少し垂らしてもよいです。

レモン汁をかけると写真のようにきれいなローズ色になります。

  生アンチョヴィーの酢漬け

新鮮な生アンチョヴィーは手で簡単に頭も中骨も取り除けます。粗塩をかけてざるに乗せて2時間ほど〆てから酢の中でさっと洗い新しい酢に千切り生姜を入れ漬け込みます。長くおいてもよいのですがまだ酢の浸みこまないうちに頂くのもお刺身を食べる感覚で美味しいです。

お酢は自家製の林檎酢を使用しました。

洋風には大蒜入りのオリーヴオイルを少しかけます。 日本風に山葵を添えてお醤油をかけてもよろしいでしょう。

此の酢漬けはよく母が作っていたものご飯と食べても美味しいです。

 

鯛、キーウイ、グラニースミス林檎のタルタルサラダ 

 作り方

鯛は昆布で〆てあります。

キーウイ、グラニースミス林檎(色が変わらないようにレモン汁を振りかけておく),鯛(軽く塩、胡椒)と皆同じ大きさくらいに切り エシャロット,大蒜の微塵切りと 上のアボカドのように好みのハーブと合わせ レモン汁、オリーブオイルと混ぜる。塩,胡椒で味を調える。

 

風は冷たい日和だけれど太陽の日差しでベランダはセーターを脱ぎたくなるほどのぽかぽかさ。オードブル的な盛り合わせとっても美味しく思いました。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

素朴なカロリーを控えた林檎ケーキ

2017-03-25 03:36:48 | デサート desserts

我が家ではお菓子は(というかお料理 保存食も含め)いつのまにか全部手作りと決まってしまいました。時折菓子評判のものを購入美味しく頂いてもやはり家庭的な素朴のデサートが良いとのせられ。デサート作っています。

主人の健康を考えて先ごろはごく軽いお菓子。今日の林檎ケーキバターもお砂糖もあまり入らず驚く位沢山のリンゴの入った そして作り方はごく簡単 素朴なケーキです。前に作ったこのケーキと似ていますが今日のレシピは林檎の切り方もっとざっくばらんです。

 材料 ケーキ型 (底 9cmx23cm 上 10cmx25cm)

 *林檎 中 5個 酸味のあるものがよいと思います

 *レモン汁 1/2個  レモンゼストも (オーガニックのレモン使用)

 *卵 2

  * 砂糖 40g

 *ベーキングパウダー 1/2 袋

 *バター(溶かしておく)40g

 *薄力粉 70g

 *塩 半つまみ(こころもちほど)

 *ラム酒 大1

 *バニラエッセンス

 *シナモン 好みの量 

  作り方

1 林檎は皮を剥き8等分銀杏切り レモン汁をかけて混ぜておく。(レモンのゼストも)

 卵と砂糖を白くなるまで混ぜる。

2 溶かしバター と小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ振るいを通したもの ラム酒 塩 バニラ を 1に 加え混ぜる。

3 2 に1の 林檎を加えさっくり混ぜ 170度に温めたオーヴンで50分程焼く。私はケーキ型ににクッツキングンペーパーを敷きその中に流すので軽く仕上がります。

リッチな味を好む方にはソースアングレーズやチョコレートソースまたは熱々のものアイスクリームとお勧めいたします。

 

更新始めたのにまたお休み。御免なさいね。

先日レモンの樹を購入したいとお店で鉢を持ち上げたとたん ぎっくと。2年ぶりでぎっくり腰。私はかなり我慢強いほうなのですがかなり辛かったです。

レモン蕾が沢山。うずうずしていたのだけれど明日は大きな鉢に植え替えることできそうです

 

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

カリフラワーのドライカレーを包んだパラタ Gobi Paratha

2017-03-08 23:52:25 | インド東南アジア料理 Asie

昨日のメニューの中に入っています。Gobi Paratha  カリフラワーのドライカレーを中に入れて焼いた インドのパンです。

パラタ日本語のサイトで調べてみましたがちょっと異なるかも。フランスのサイトと私のインド料理の本を読んで私風に作りました。簡単にできてとても美味しいと思うのでご紹介いたします。

 下準備の材料と作り方

A パラタ

  材料

  *全粒粉 100g (フランスではfarine complet  と呼ばれるものT130-150 )+薄力粉50g

   私は半分の軽さのT110の粉のみ 150g使用しました。軽い味のお好みの方はT65 でもよいと思いました。

  *塩 少々

  *水 15cl程用意しておきます。 全部要らないかもしれません。10cl程でも足りるかも これは捏ねながら粉の性格もあるし調和を考えてご調節ください・

  作り方 

1 粉と塩を混ぜ水を少しずつ加えながらべたべたにならない水加減すくめの感じで10分ほどかけてパンを作る要領でこねる。

2 ラップにくるみ室温で最低1時間は寝かせる。

 

 B カリフラワーとグリンピースのカレーの具

  材料

 *カリフラワー 200g 生のまま粗目にラぺして色が変わらないように少量のレモン汁を振りかけ混ぜておく・

 *グリーンピース 50g 

  ビオの冷凍の小さなものを使用しました。使用したもの先ごろ発見したのですがなかなかお味が良いです。

  溶かさずにさっと湯をかけて使用。

 *エシャロット 1微塵切り

 *生姜 卸したもの 小1-2

 *大蒜 1片 微塵切り 今日は葉付きの新大蒜を代わりに沢山入れました。

 *カレー粉 大1

 *ガランマサラ 少々 (小1位)

 *ギー 代わりにオリーブオイルとバター半々で大2ほど

 *塩 少々

 *コーリアンダーの微塵切り 大3 (お好みで)

   作り方

1 鍋に油を熱して まずエシャロット、大蒜、生姜を焦がさないように香りつけるように炒めてからカリフラワー,グリンピースを加えさっと炒めコーリアンダーを除く香料を加え焦げ付くようだったら水を少しさして野菜はアルダンテ気味(好みでは柔らかく)に炒め水分を飛ばしてから最後にコーリアンダーを加え火を止め冷ましておく。

 

  C 仕立て方

1 パラタの皮は6等分 小麦粉をはたいたまな板の上で10cmほどの円形に整える。(のちにもっと大きく延ばすのですが初めに薄くするとフィーリングを入れたあとで破れてしまいます。

2 同じく6等分にしたカリフラワーの具を1の中心に乗せ包みます。

 3 中身が出ないように中心をぎゅっと。

 4 3をひっくり返し綿棒で15cmほどの円形に整えます。

5  テフロンのフライパンで油は使用しないで両面乾かすように焼きます。

  油(オリーブオイルと溶かしバター半々のもの)を用意しておき両面一度ずつ焼いたパラタをもう一度油を刷毛で塗り両面きれいな色がつくように焼き上げます。

ソースに胡瓜のライタとかサラダなどインド料理と堅苦しく考えずにいただくのも美味しいです。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

国籍不明ベジタリアン料理の食卓

2017-03-07 03:15:04 | 野菜 ベジタリアン料理 Légumes

雛祭りの前日義妹と義妹の家に滞在中の私も仲良しの日本人のお友達を昼食にご招待。義妹はビーガンではないけれどベジタリアン 野菜のみのお料理を考えました。本当はインド料理仕立てにしたかったのですが手元にある材料を使い切りたくこのように何となく国籍不明の料理になってしまいました。

オードブル盛り合わせ (胡瓜のライタ,人参のキムチ,人参の葉のナムル)

私としてはこれはほかの料理との一環 ソースとか他の料理をひきたてるように 一緒に食べるように作ったのですが、出した時点で義妹が一人ずつきれいにサーブしてくれ フランス式にこれはオードブルという感じになって始まってしまいました。他のお料理と一緒にでは?と声を低めに言ってはみたのですが。義妹にそれは後でねと言われて(あーあ 心の中で溜息をつきながら)何も言えなくなってしまいました。

それというのも人参は普通のキャロットラぺではなく 人参キムチ パンチの効いたやはりキムチなので味は濃いめ 大根も浅塩漬け 人参の葉のナムル(これはとっても細くて柔らかい人参の葉を見て作ったもので地味なのですがこの日とても好評でした)も皆々今日の献立の脇役のつもり。

一つのお皿に持った私のせいでもあるし。(このお皿は次女がクリスマスにプレゼントしてくれました。もう一枚色違いも)

  A 中の赤い大根、緑の白大根の昆布締め

  B 胡瓜のヨーグルト和え

  C 人参のキムチ

  D 人参の葉のナムル

 

 A B は皆様ご存知 C の人参のナムルに触れてみます

  人参のキムチ

図書館で欧州滞在の親子家族で書いているキムチという題の本を借りてきました。白菜のキムチを作りたいなーと思っていたのですが横着をしていてふとこの人参キムチは簡単そうなので仕込んでみました。

この日は仕込んでから10日目のもの。1週間から食べごろ1か月ほど経っても美味しいと書いてあったのが作った切っ掛けでした。 本 もう返還してしまいメモしなかったのでうろ覚えですが(苦笑)

  材料

 人参 1kg 皮を剝く前

    粗塩 大1

 * ポロネギ 白い部分 10cm 微塵切り

 * 生姜 微塵切り 大2

 * 大蒜 4-5片 微塵切り

 * gochugaru(韓国産の唐辛子) なかったので自家製のアンティル産の唐辛子ペースト 大1

 * ナンプラ 大1-2

 * レモン汁 1個分

   作り方

1 人参は粗目にラぺしてからひたひたの水に荒塩大1を溶かし10時間つける。

2 1を水洗いし水けを十分に取り除いてから残り全部の材料と混ぜ消毒した密封できる瓶やタッパーに入れ2日常温においてあと冷蔵庫で保存する。

 漬けてみたときの粗塩大1と書いてありましたがもう少し多いほうが良いのではと思いました。ニンジンが塩辛ければ何度か洗ってくださいというもの塩加減の濃い味の嫌いな私があまり辛くないと思いさっと水を流しただけでした。

合えた時点で塩気が少ないと思うときには塩でご調節ください。

次回は 塩水漬けの代わりに塩でもんで重石をして10時間とで試して味付けも工夫して見ようと思っています。

 Parathas パラータ

 

インド料理で前日試しに作り主人と試食しました。これは義妹とっても気に入ったよう。

半全粒粉で記事の中にはカリフラワーとグリンピースのカレーが入っています。

長くなるので明日にでもレシピを入れることにします。

オクラの山葵醤油会え

オクラをさっと湯がいてから細かく切りそばつゆと山葵、長葱の微塵切りであえたもの。ねばねば製品の少ない外地では本当に美味しいと思います。私だけではなく皆もお好みのよう。

カリフラワーとグリンピースのココナッツカレー仕立て

 

 これもまたレシピは後日ご紹介いたします。レシピがたくさんになるとプログを書くのが億劫になってしまうので。(苦笑)

菊芋と人参のきんぴら

日本人のお友達がいたのでどうかしら?と思って。私のきんぴらは生姜が効いています。

南瓜のガレット

一品カリッとしたものが欲しかったのです。南瓜お肉の入らないハーブ仕立てのコロッケを作ろうと思いました。

次女の孫がいたとき離乳食の用意、南瓜とじゃが芋蒸かすと何も味付けをしなくても 美味しいなーとつくずく思っていました。この日も蒸かした後 カレー粉、ガラムマサラ、葉付き新大蒜の微塵切りを混ぜて冷やしておいたのですが柔らかすぎてまとまりません。時間もないしコロッケは無理と小麦粉 に卵 グリュイエールチーズを加えオーブンで焼いてしまいました。

本当はべジタル べジタルで卵もチーズも使いたくなかったのですが。

野菜ピラフ

 長女の孫娘はご飯が大好きで滞在中美味しい炊き立てのご飯と毎日毎日炊いていました。残ってしまうと皆冷凍でかなりストックができました。冷凍ご飯はピラフにはぴったりです。

ポロネギの白い部分、パプリカ,大蒜,生姜がたっぷり入ったピラフを作りました。味付けに少しカレー粉と醤油が入っています。

 

食事の2時間前に電話。主人は急用で出かけることに。彼お昼抜きになりそう。 いい匂いがするねと言いながら発っていきました。(もちろん彼には夕ご飯に全部綺麗に盛り付けて用意。繊細でごく軽いお料理と喜んでいました。)

女性だけのお食事も楽しいものです 会話も盛り上がった楽しい午後を過ごしました。

この後デサートもあったのですけれどね・・・・・・

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加