ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『プレステージ』

2007-04-10 23:12:30 | 新作映画
(原題:THE PRESTIGE)

----あれっ?この映画って
『イリュージョンVS』(イリュージョン・ヴァーサス)とかいう
タイトルになったんじゃなかった?
「うん。そのタイトル決定の案内をもらったときに
頭の中に“?”が飛び交ったんだけど、
みんなもやはりそう思ったってことかな。
結局、原題どおりになっちゃったね」

----でも、内容は分かりやすかったよね。
この“VS”に、主人公2人の絵柄だと、
対決モノであることは間違いないものね。
「うん。舞台は19世紀のロンドン。
アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)は
共に奇術師ミルトンのところでしのぎを削りあって修業をしていた。
ところがアンジャーの愛妻であり助手のジュリア(パイパー・ペラーポ)が
水中脱出に失敗して溺死してしまう。
彼女の両手を縛ったのはボーデン。
この悲劇はアンジャーを復讐鬼に変え、
以後、ふたりはいがみ合い血なまぐさい争いを繰り返すことになる」

----ほほう。これはオモシロそうだニャ。
ところでスカーレット・ヨハンソンの役は?
「彼女はアンジャーの元にやってきた助手志願の娘オリヴィア。
折しもボーデンは新しいマジック《瞬間移動》に成功。
そのトリックを見破れなくて焦るアンジャーは
オリヴィアにボーデンの助手として中に入り込み、
そのトリックを盗むように命じるわけだ。
しかしオリヴィアも奇術師の端くれ。
アンジャーとボーデン、
彼女がどちらに付いているのか?
彼らふたりはおろか観客にも分からない。
このことも映画のオモシロさを増幅させていたね」

----ニャルほど。マイケル・ケインは?
「アンジャーの協力者で
マジックの考案者カッター。
でも、今回はもっと驚くべきキャスティングがあったね」

----えっ?誰?
「デヴィッド・ボウイ。
彼はエジソンとの確執でも知られる
実在の発明家ニコラ・テスラを演じている。
そしてその部下のアレーにアンディ・サーキス」

----あっ、ゴラムをやったあの人……。
それはまた豪華なキャスティングだ。
監督は誰だっけ?
『バットマン ビギンズ』でもクリスチャン・ベールや
マイケル・ケインと組んでいるクリストファー・ノーラン。
ここでは『メメント』とまではいかないにしても
エンタメの枠組みの中で
ほどよく観る者を翻弄してくれる」

----どういうこと?
「映画のテーマとなっているトリックが
映画そのものにも使われているわけ。
つまり、観客もある大きな《罠》にかけられ、
ラストでは、そのどんでん返しに
だれもが呆然となってしまう。
まあ、これはよくある手ではあるけどもね」

----そんな大きなこと言っていいの?
ぼくはビックリしないかもよ。
第一、どんでん返しなんて言葉を聞いたら、
それだけで身構えてしまうから
「安易に使うのは反対!」------と
常々言っていたのは、えい自身じゃない?
「いやあ。この映画に限ってはいいんじゃないかな。
というのが、このどんでん返しというのが
一つや二つどころじゃない。
なかなか真のラストにはたどりつかないんだ。
正直言うと、その結末はないんじゃないのと言いたくなるけど、
まあ、そこは原作ものだからね。
130分、グッと引きつけられ、
最後まで息を飲んだと言う意味でも
久しぶりに見応えたっぷりの作品だったよ」

----ところでタイトルの意味は?
「一流のマジックは、
3つのパートからなる。
1.プレッジ=タネも仕掛けもないことの観客への確認。
2.ターン=その仕掛けのない道具で、期待に背かないパフォーマンスを見せる。
3.しかし、それだけでは観客は満足しない。
最後にもう一段、予想を超えた驚きを提供。
これを『プレステージ=偉業』と言うんだって」

----よく分からないニャあ。
「たとえば、よくある<人が消える>マジック。
でも消えただけだと、観客はざわざわ。
でも、そこに<帰還>があると拍手喝采」

----ニャるほど。
と言うことは、この映画ももしかしたら……。

    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「えっ、黒猫さんが実験台!?身震いするニャあ」もう寝る


※想像を超えた度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャルの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ハリウッドランド』 | トップ | 『ストレンジャー・コール』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい力技 (april_foop)
2007-05-12 10:56:02
最後の方のストーリーはすごい大技になってましたが、とにかく奇術に賭ける2人の生き方にけっこう魅せられました。序盤で出てくる足の不自由な(フリ?)の奇術師といい。何かに打ち込む人生ってのはよくある話ですが、奇術師になるとそれもかなり新鮮に映りますね。
■april_foopさん (えい)
2007-05-13 09:30:40
こんにちは。

この映画、オモシロいことにはオモシロいんだけど、
もうひとつ、何かが足りなかった気がしています。
観ているときには引き込まれるんだけど、
思ったより、後に残らなかったです。
贅沢な望みかも知れませんが……。
マジック (kazupon)
2007-05-23 10:19:35
えいさん、おはようございます。

>映画のテーマとなっているトリックが
映画そのものにも使われている

ほんとそう思いました。自分も映画の広告で
「どんでん返し!」って書かれてたら絶対詮索しちゃうので止めて欲しいと思ってるほうなんですけど、
これはまぁいいかな?って気になるのも同感です。
でも観た後結構話たい映画です!あの装置のこととか・・・。
■kazuponさん (えい)
2007-05-23 21:18:02
こんばんは。

いやあ、ラストは大技でしたね。
しかし、あの装置、
もし実際に存在していたら
これはとんでもないことですね。

それこそアインシュタインもエジソンもぶっ飛んじゃう(汗)。
えいさん★ (mig)
2007-05-26 07:43:12
おはよございます♪

観てきました。

楽しみにしてましたけど期待裏切られませんでした★
後に残らないというえいさんの感想もわかります、
わたしももうひとつ、8になるまでに
ちょっと何か足りないかな?という気も、、、
でもキャストもいいし見応えありサイゴにはすっかり騙されちゃいました!
■migさん (えい)
2007-05-27 00:42:15
こんばんは。

この映画、なかなかオモシロかったですよね。
でも、なにか一つものたりない。
う~ん。どこなんでしょうね?
おそらく、その一歩と言うのは、
監督がどうしてもその映画を作りたいと言う、
執念の有無のような気もします。
もちろんそれだけだと
『ファウンテン』になっちゃっても困りますが…。
こんにちは♪ (AnneMarie)
2007-06-01 12:32:58
TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただいたんですが…残念です。すみません。

最後の最後まで気づけなかったので驚きでした。
いつもなら上映時間130分ってツライなぁって感じるんだけれど、この映画は時間を忘れてました。

『イリュージョンVS』という邦題になりそだったんですね。邦題を決める方も大変です。それで損しちゃった映画もありますもんね。
またおじゃまさせていただきます。
■AnneMarieさん (えい)
2007-06-02 17:28:39
こんにちは。

TB、相性が悪いのでしょうか?
でもコメントいただけて嬉しいです。

ぼくもこの映画はオチが読めませんでした。
長さも、そんなに感じられなかったです。
ということは、けっこう楽しんでいたと言うことですね。

また、ご覧になった映画があったら
よろしくお願いいたします。
ちょっと斜に構えて観てしまったので (bakabros)
2007-06-11 13:31:30
純粋に映画を堪能出来なかったのですが、それでもワクワクドキドキさせられました。
小さなマジックでも、タネを見せられてしまうと、マジックへの妄想や期待が少ししぼんでしまう。
この映画は奇術師の生活やバックステージを描いているので、そこはそこで楽しいのだけども、全部見せられると不思議な世界への憧れが薄れて行くような感じがしました。
“人生を懸けてマジシャンを演じる”という姿勢、覚悟にはしびれました。
■bakabrosさん (えい)
2007-06-11 23:04:38
こんばんは。

bakabrosさんは、オチを知ってしまわれてから
ご覧になったんですよね。
それってたまらないですよね。

その昔、『卒業』を見ていた女子高生が
隣の同級生に「次はどうなる、その次はこう……」と、話しているのを見て、
なんてヒドいことを……と、思ったことを思い出しました。
分からなかったー (メビウス)
2007-06-12 15:48:08
えいさんこんにちは♪

双方の瞬間移動トリックのタネで、バットマン(ボーデン)の方は妻の『ウソの日ね。ホントの日ね』というセリフ等から大分チラつかせていたので、後半辺りから分かりかけてきたのですが、ウルヴァリン(アンジャー)の方は全く分かりませんでしたねー(^^;)
でもまさかあれほどまで非現実的なものとは思いませんでした(汗)ニコラ・テスラは常人には理解不能な発明を数多くしていたと言いますが、アレもその一部なんでしょうね・・
こんばんは (ノラネコ)
2007-06-12 22:24:08
なかなか面白かったです。
途中でSFになっちゃうのはびっくりしましたけど、クリストファー・ノーランらしい、作劇の楽しさを味わえる作品だったと思います。
■メビウスさん (えい)
2007-06-12 22:49:19
こんばんは。

『ウソの日ね。ホントの日ね』は、
ぼくも「もしかして……」と思いました。
でも、もう一つのはとても……。

普通なら「そりゃないでしょ」になるところ。
でも、あまりツッコミもせず、
呆然としてしまったのは
監督の演出の巧さゆえんでしょうか?
■ノラネコさん (えい)
2007-06-12 23:53:16
こんばんは。

SF、しかも思いっきりの飛躍でしたね。
そこがかえって潔く感じたのかも知れません。

観ている間は、けっこう酔わされました。
映画自体が3つのパートで出来ている。 (TATSUYA)
2007-06-13 22:49:28
えいさん、達也です。

『プレステージ』中々良かったです。
ラストのアンジャーの取った手段は、
喪った妻への愛の証に思えます。
自分も、同じ苦しみを分かち合うと言う・・・。
テスラのボウイといい、
部下のアレーにアンディ・サーキスといい、
キャスティングも楽しめました。
映画自体が3つのパートで出来ている、
イリュージョンそのものでした。
■TATSUYAさん (えい)
2007-06-15 21:03:32
こんばんは。

ラストの手法。
確かにそうですね。
アンジャーの妻の新死因を考えれば、
この結末はあらかじめ予測が付いたと言えるかも知れません。
そう考えると、
これは、大きな愛の物語に転化しますね。
プレステージ・・・人間のエゴが描かれてるから"オレ"ステージ (zebra)
2012-11-18 13:24:15
見ました。時代背景は ヴィクトリア女王の晩年で 新らしき時代の変化が 訪れ始めた イギリス・・・切り裂きジャックや コナンドイルの推理小説「シャーロックホームズ」などがはやった時代と ちょうど同時期みたいですね。

さて、お互いの いざこざが エゴに凝り固まった対決でした。 まさにプレステージならぬ "オレ"ステージ 
"自分だけの舞台"

天才マジシャンふたりのライバル対決も "電気"が関わってるだけに"熱い火花"を散らしています。デビッド・ボウイのテスラ役も驚きました
 
 ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイル それぞれが演じた ライバル同士の天才マジシャン二人が
"あいつには負けたくねえオレが勝つ"の 対決姿勢は

  実際にあった"エジソンVSテスラ"の電流対決とまったく同じである。

最後に 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが 映画「プレステージ」でも 上映時に荒木氏の書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布されたそうです  荒木氏の「プレステージ」イラストのリンク先です

http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/c/a/ca2214c0.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/3/3/3388963f.jpg
■zebraさん (えい)
2012-11-21 00:10:58
こんばんは。
ステキなリンク先、ビックリしました。
今話題の作家のイラストだけに、
欲しがる人多いでしょうね。
ツイッターでご紹介させてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プレステージ - 自分というライバル (Lost in Australia)
The Prestige 観ました。 メメントの監督、クリストファー・ノーランが バットマンで組んだクリスチャン・ベイルと再度組んで撮った 魔術師映画。 とか書くと、なんだそりゃ、ってなりますが 実際はなかなか
The Prestige  「プレステージ」 (表参道 high&low)
’Memento’の衝撃が強かったChristopher Nolan(クリストファー・ノーラン)の新作が’The Prestige’(プレステージ)。 ある事件がきっかけで2人のマジシャンのライバル心がエスカレートし、最後は全てを犠牲にしてどちらが一番かを競い合うというストーリー。お互い...
感想/プレステージ(試写) (APRIL FOOLS)
ド派手なイリュージョンかと思いきや地味な化かし合いは、けっこう見応えあり。『プレステージ』6月9日公開。19世紀末ロンドン、アンジャーとボーデンはそれぞれマジックに人生を賭けていた。しかしアンジャーの妻がトリック中に事故死。アンジャーはその原因がボーデンに...
プレステージ (It's a Wonderful Life)
もちろん結末を書く訳じゃないですが、 こういう映画はあまりネタバレしちゃうと全然面白くないと 思うんで、観に行かれる方はどうか鑑賞後にでもどうぞ~。 19世紀ロンドンの「天才奇術師」二人の対決! 想像していたようなイリュージョンマジックのど派手な...
プレステージ / THE PRESTIGE (我想一個人映画美的女人blog)
本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー? 世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★ 『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』 どちらも好きだったの...
『プレステージ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
『メメント』『インソムニア』『バットマン・ビギンズ』と心理描写の巧みな監督クリストファー・ノーランのイリュージョンもの。
映画「プレステージ」・・逆転逆転また逆転 (システムエンジニアの晴耕雨読)
 USENさんから試写会のお知らせがあったので、  新宿で、映画「プレステージ」見ました。 「19世紀末のロンドン。若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に...
『プレステージ』見てきました♪ (have a heart to heart talk)
『プレステージ 』をGAGAの株主優待で見てきました~ 若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが...
プレステージ (メルブロ)
プレステージ上映時間 2時間10分 監督 クリストファー・ノーラン 出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベイル スカーレット・ヨハンソン マイケル・ケイン デヴィッド・ボウイ 評価 6点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会)  ヒュー・ジ...
【試写会】 プレステージ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 19世紀末のロンドン。若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に失敗し死亡。事故の原因はボーデンの結んだロープが外れなかったことだった。これを...
プレステージ(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  偉業か?異常か?死闘激闘マジック合戦!!  
プレステージ/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、クリストファー・プリースト原作の「奇術師」を映像化したイリュージョン映画「プレステージ」(原題:THE PRESTIGE)の試写状。 主演はヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール。 ヒロインを演じるのはスカーレット・ヨハンソン。 19世紀末のロ...
「プレステージ」を観る (紫@試写会マニア)
つい最近、二つのTV局に対してマジシャン達が映像でネタばらしをされたことに抗議した、というニュースは記憶に新しいところ。単純に、「ネタバラされたら‘おまんま’食い上げだよねぇ」と思っていたのですが、この作品をタイムリーに鑑賞、その気持ちは「‘おまんま’ど...
プレステージ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE PRESTIGE) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 二人の若き天才マジシャンたち。 ある女性が舞台上で死亡したことにより、二人は憎悪を込めてぶつかり合うことになる。 やがて舞台上で起こるもうひとつの死。 騙しのプロフェッショナルが命をか...
「プレステージ」 (akiのときどきつけるblog)
「プレステージ」試写会に行ってきました。 ストーリーは。。。 ? 19世紀末のロンドン、若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に失敗し死亡。事故の原因はボー...
『プレステージ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
『メメント』『インソムニア』『バットマン・ビギンズ』と心理描写の巧みな監督クリストファー・ノーランのイリュージョンもの。
映画* プレステージ (有閑マダムは何を観ているのか?)
二本目のイリュージョンものは、プレステージ。 こちらでは、ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルが演じる二人の奇術師が主役。 もともとは同じ師のもとで一緒にステージに立っていた若い二人のマジシャンが、ある悲劇的な事件をきっかけにバラバラになり、ラ...
映画「プレステージ」 (いもロックフェスティバル)
映画『プレステージ』の試写会に行った。
映画「プレステージ」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「プレステージ」に関するトラックバックを募集しています。
プレステージ(2006年) (勝手に映画評)
舞台は19世紀のロンドン。ガス灯から電気灯へ移り変わりつつある時代。二人の手品師「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と「プロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)が、互いをライバルとして研鑽しあっ...
プレステージ (そーれりぽーと)
ウルヴァリン対バットマン?ではなくて、二人のマジシャン(ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベール)がマジシャンとしてのアイデンティティーをかけてかけて騙しあう『プレステージ』を観てきました。 ★★★★ 肝心の“誰にも言ってはいけないクライマックス”に...
【映画】『プレステージ』一流のトンデモ エンタテインメント(ネタバレなし) (Badlands 映画・演劇・音楽レビュー)
「プレステージ(THE PRESTIGE)」映画感想 (Wilderlandwandar)
ずっと楽しみにしていた、本日より公開のマジシャン対決映画「プレステージ」(原題:
「プレステージ」再び&原作本 (It's a Wonderful Life)
この作品、試写で観たあとじわじわまた観たくなって そそくさと初日に2回目観てしまいました。 ミシェル・ゴンドリーの「恋愛睡眠のすすめ」についで今年2本目です。 そういえば「バットマン・ビギンズ」も気に入って二回観たんですよね。 クリストファー・ノー...
★プレステージ(2006)★ (CinemaCollection)
THEPRESTIGE運命さえトリック上映時間130分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2007/06/09ジャンルミステリー/ファンタジー/サスペンス【解説】世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「...
プレステージ (Diarydiary!)
《プレステージ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE PRESTI
プレステージ (Kinetic Vision)
舞台で喝采を浴びるのは一人だけ。映画の前半に鳥を消すマジックのタネが明かされる。1羽の鳥が照明を浴びて喝采を浴び、もう1羽の鳥は人目に触れることなく死んでいる。この鳥かごマジックの原理に、二人のマジシャンの人生
プレステージ (TRIVIAL JUNK Blog)
ミュータント vs ガン=カタ <公式サイト> 「メメント」の監督クリストファー・ノーラン 「X-MEN」でウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマン 「リベリオン」で映画界の至宝「ガン=カタ」を体現したクリスチャン・ベイル 本作はこのクセの強そうな面々が放つ、意外...
『プレステージ』 (試写会帰りに)
「この作品はトリックそのもの。騙されるな。」という挑戦的な監督の言葉や、世界幻想文学大賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作小説『奇術師』の映画という事で興味津々で鑑賞した『プレステージ』(『THE PRESTIGE』)。 プレステージ【Prestige】とは、一流...
プレステージ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル!! 130分すべてを疑え!二人のマジシャンが命を懸けたトリックバトル!! 「メメント」のC・ノーラン監督による奇想天外なミステリー。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、難解な...
映画~プレステージ (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ。かつて友人同士だった男たちが、奇術によって運命を狂わせていく様をスリリングにみせる。若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャ...
#84.プレステージ (レザボアCATs)
随分前に知ってから、ずっと楽しみにしていた、この作品。他にもたくさん、注目作品はあれど、この作品ほど楽しみだったものは、自分にとってはなかなかないくらい!あんまり考えてしまうと、楽しみで居ても立ってもいられなくなってしまうから、出来るだけ普段から忘れる...
プレステージ(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 【公開日】2007/6.9 【製作】アメリカ 【ストーリー】
「プレステージ」:門前仲町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここだ、ここだ、門前仲町の有名なまんじゅう屋。 {/hiyo_en2/}毎日毎日、同じおまんじゅうがここで生まれてるのね。 {/kaeru_en4/}ああ、まるで映画の「プレステージ」のようにな。 {/hiyo_en2/}そう、あの映画の主人公たちはマジシャンだから、毎日毎日同...
プレステージ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ウルヴァリンVSバットマン。 若き異才、クリストファー・ノーランが二大アメコミヒーロー俳優を主役に迎え、二人の天才マジシャンの交錯する運命の皮肉を描いた「プレステージ」は、良くも悪くもノーランらしいひねりの効い
プレステージ (O塚政晴と愉快な仲間達)
Mr.マリックもビックリな作品(確かにもう1回観たくなる)。 プレステージ ★★★☆☆ 舞台での事故(?)により、妻が亡くなったことが原因で、敵対するようになった2人のマジシャンの争いを描いたヒューマンドラマ。 んー正直ビミョーなんだ...
替 ~「プレステージ」~ (サナダ虫 ~解体中~)
クリストファー・ノーラン監督作品、ヒュー・ジャックマン主演の、 映画 「プレステージ」を観た。 アンジャー(ヒュー・ジャックマン)VSボーデン(クリスチャン・ベイル)! 壮絶なマジック対決! 感想。 ?やられたらやり返す!(何) ?シルクハットは、あん...
『プレステージ』は、映画自体がトリック。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
映画自体が 自らを犠牲にした一つのマジックなのだ。  ※ネタバレに要ご注意!!  97年も早半年が過ぎましたが、今年も益々映画が好調です。  昨年は21年振りに邦画が洋画を興行収益において上回った年でし
プレステージ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
二人のマジシャンの華麗なる対決・・・出演者がヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルあ~~~X-MENのウルヴァリンvsバットマンの対決ね~~うっふっふ~~~っと思った皆さん 猫も同じです(爆)ネタがあって当たり前のマジックの世界でも、いかに驚愕させるか・...
真・映画日記『プレステージ』 (          )
6月9日(土)◆466日目◆ 午後1時半、この日から公開の『プレステージ』を見る。 やられたね。 気持よ~く。 「130分間、すべてを疑え!」という宣伝文句は伊達ではない! アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)とロバート・アンジャー(ヒュー・...
全てはラストシーンの為にある。『プレステージ』 (水曜日のシネマ日記)
二人のマジシャンの物語です。
プレステージ (The Prestige) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らない...
「プレステージ」 なぜプリンセス天功のコメがない? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『プレッジ』ショーン・ペン、 『ターン』平山秀幸、 『プレステージ』 エドゥアール・モリナロ 。 ハトのマジックのネタには心底驚きました。 まぁ、ああいうネタでやってたのは『エレファント・マン』と同じ19世紀末のロンドンだけと思いたいですけど、私が子供の頃...
プレステージ (C'est Joli)
プレステージ’06:米 ◆監督:クリストファー・ノーラン「バットマン ビギンズ」「メメント」◆出演:ヒュー・ジャックマン、 クリスチャン・ベール、 マイケル・ケイン、 スカーレット・ヨハンソン、 パイパー・ペラーボ◆STORY◆19世紀末のロンド...
映画 「プレステージ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
亭主に『週末、プレステージを観に行きたい!』と言ったら、 『ダメ、そんな金はないし転勤族だから…』と却下された。 (゜Д゜)ハァ? 映画を観るお金もないくらい貧乏なの? しかも何故に転勤族…??(;゜д゜)
プレステージ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:クリストファー・ノーラン 原作:クリストファー・プリースト 『奇術師』(早川書房刊) 脚本:クリストファー・ノーラン ジョナサン・ノーラン 19世紀末のロンドン。奇術師アンジャーがトリックの失敗によ...
プレステージ ★★★ (地図)
マジックは観客が席に着く前から既に始まっている。
「プレステージ」 人生すべてをかけた奇術 (はらやんの映画徒然草)
原作の「奇術師」は二、三年前に読んでいたのですが、内容はすっかり忘れてしまってし
★「プレステージ」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A106/S55)←今年55本目の劇場鑑賞。 「X-MEN」のヒュー・ジャックマンと「バットマン」のクリスチャン・ベールの共演。 この作品って最初、「イリュージョンVS」って邦題じゃなかったっけ??? いつの間にやら、原題と同じタイトルにしてた・・・って...
「プレステージ」観ました。 (Cinema Chips)
「プレステージ」を観ました。原作はクリストファー・プリーストの小説で、「メメント」のクリストファー・ノーラン監督が映画化。「X-メン」シリーズのヒュー・ジャックマンと、「バットマン ビギンズ」のクリスチャ
『プレステージ』のトリック (Days of Books, Films)
クリストファー・ノーラン監督がいくつもの映画でこだわってきたのは、自分が自分で
『プレステージ』 (映画館で観ましょ♪)
感想…難しい。 ドコをどう書いてもネタバレしそう。 ワタシ、基本的に、ネタバレはしない主義なので... この2人が ↓ マジックで競うのではなく復讐しあうお話です。 予想外に何だかドロドロとしたお
アブラカダブラ~~と呟くのは?!プレステージ (銅版画制作の日々)
ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベイル 二人のマジシャンの確執が悲劇をもたらす「X-MEN」でお馴染みのヒュー・ジャックマンがマジシャンで登場。おイメージ一新って感じで新鮮そして迎え撃つライバルマジシャンはクリスチャン・ベイル、よく見ると、結構強面な感じ...
プレステージ (ゆるり鑑賞)
ナビオTOHOプレックスにて鑑賞。(2006年/アメリカ) 【物語】 若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)と アルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、ライバル同士だが、 ある事件をきっかけに、激しく敵対する
13日の金曜日!映画「プレステージ」を観た (apple of the nariyuk's eye)
日課であった1日1回パソコンに電源入れるも、日々労働の疲れで自身でもブログにアク
プレステージ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ち...
『プレステージ』06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、美...
プレステージ (Blossom Blog)
プレステージ THE PRESTIGE 監督 クリストファー・ノーラン 出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベイル     マイケル・ケイン...
『プレステージ』 (Sweet*Days**)
プレステージ(2008/01/01)マイケル・ケイン、クリスチャン・ベイル 他商品詳細を見る 監督:クリストファー・ノーラン CAST:ヒュー・ジャ...
映画評「プレステージ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ=イギリス映画 監督クリストファー・ノーラン 重要なネタバレ多し、未見の方はご注意あれ。
『プレステージ』 (『映画な日々』 cinema-days)
プレステージ 19世紀末、二人の天才マジシャンの 2年間に亘る死闘を描く。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞) マジックの3つのパート 確認(...
プレステージ  混沌と複雑は違う (映画 大好きだった)
BSフジでの放映を観賞。僕の大好きなヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベールが主役、さらにスカーレット・ヨハンソンが出演ということで、前から観たいなと思っていた。しかも監督は僕の大好きな映画「バットマン・ビギンズ」「ダーク・ナイト」のクリストファー・...
プレステージ (銀幕大帝α)
運命さえトリック -感想- ははぁん、そうかぁ。 こうしてブルース・ウェインとアルフレッドによる最強タッグが生まれて、バットマンへと繋がっていったんだな!←って違ーうww これ脚本が秀逸だよね。 てか先読み不可能だから、どう話が転んでいくのか見当もつかな...