ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『大いなる陰謀』

2008-03-05 23:23:09 | 新作映画
(原題:Lions For Lambs)

----この映画、よく聞くけど
どういうお話ニャの?
どうも、いま一つ分からないんだけど…。
「うん。映画自体は1時間32分くらいしかないのに、
けっこう構成が凝っているからね。
物語は、主に3つの場所で同時刻に起こる。
(1)ワシントンD.C.:大統領候補の呼び声が高いアーヴィング評員議員(トム・クルーズ)は
大物女性ジャーナリスト、ジャニーン(メリル・ストリープ)をオフィスに呼び、
独占インタビューをさせる。
ジャニーンは、かつてアーヴィングを共和党のホープと持ち上げたことがある。
しかもケネディを引き合いに出してね。
そこで、アーヴィングは彼女をプロパガンダに利用しようと考えたんだ。
(2)アフガニスタン:その頃、アフガニスタンでは
アーヴィングが発案による作戦の遂行中のヘリが対空砲に襲われ
アーネスト(マイケル・ベーニャ)とアーリアン(デレク)、
二人の志願兵が雪の山中に落下。
生き残りを賭けた壮絶な戦いを強いられていた。
(3)カリフォルニア:アーネストとアーリアンの恩師である
大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)は、
豊かな才能を持ちながら欠席続きの学生トッド(アンドリュー・ガーフィールド)に、
無関心でいることの愚かさ、
将来性や可能性は瞬く間に失われていくことを語り、
人生に対する目を見開かせようとしていた」

----ニャんだか、堅苦しそうなお話だニャあ。
監督はレッドフォードだっけ?
「そう。
この映画、よくハリウッドで作れたなと思うくらい、
その旗印を鮮明にしている。
構成としては、(1)は政治家とジャーナリストの丁々発止の駆け引き、
(3)も教授と学生の間での議論の形を取ってはいるけど、
(2)という、それら机上の話とは次元が違う
前線での苛酷な現実が挟まれることで、
作者たちが言いたいことが何なのかは明らかだ。
そこでは9.11以降のマスコミに対する鋭い告発も含まれている」

----ニャるほど。アメリカはいま大統領予備選の真っ最中か。
それを考えても、
この映画が作られたのはスゴいことだね。
「そうだね。
ただ、
映画としては少々ダイナミズムに欠ける。
3つの場所を並行して語っているものの、
それらが、あまり有機的な結合には至らないんだ。
大感動ヒューマン映画を想像すると肩すかしを食らうし、
一方、ハラハラするような政治サスペンスというわけでもない。
いまのアメリカ社会を多角的に見つめた社会派作品と思って
臨んだ方がいいだろうね」



               (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「しっかり真実を観なくてはだニャ」ぱっちり


※レッドフォード、まだまだやる度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

きた~っgif
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『明日への遺言』 | トップ | 『バタフライ・メビウス篇』... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
淡々としていましたね。 (たいむ)
2008-04-18 21:53:54
こちらにも。
内容は興味深いのだけど、意外性は無い作品だったように思います。
ブチブチと現実をツツクような作品?
トム君が出ているだけでなんか違って見えちゃうのは、偏見でしょうか(^^;
■たいむさん (えい)
2008-04-19 09:51:04
こんにちは。

生真面目な作品だと思いました。
ある意味、とてもやるせなかったです。
何を言っても現実は続いているというか…。
Unknown (mig)
2008-04-21 09:54:43
えいさん☆

こんにちは、
んー、どうもわたしには入っていくことが出来ずに
いまいちの評価(ちょっと辛口)になってしまいましたxxx
■migさん (えい)
2008-04-21 22:02:08
こんばんは。
この映画、評価がまっぷたつに分かれているみたいですね。
ぼくも、レッドフォードの高い志とは別に、
映画としてはあまりノレなかったというのが、
いまだから言える正直な気持ちです。
こんばんは (ノラネコ)
2008-04-22 22:14:01
言いたい事は良くわかるのですが、余りにもロジックに懲りすぎていて、心に響いてこない作品でした。
何というか、本当にレッドフォード先生のポリティカルサイエンスのクラスを受講してる様な気分になって、「映画を観た」という味わいが無いのです。
テーマを上手く表現するロジックは出来たけど、それを詩的な映画原語に変換する事に失敗したという感じでしょうか・・・
■ノラネコさん (えい)
2008-04-22 23:06:46
こんばんは。

ぼくもレッドフォードの生真面目さばかりが
出ている感じがしました。
彼は、もう少しカッコよくあってほしい…。
こういうカタチでのマジメな老け方は少し悲しいです。

でも、ある意味
これも時代のせいかも…。

こんばんわ~ (ノルウェーまだ~む)
2008-05-11 23:58:17
ロバートレッドフォードの真面目さが伝わってくる映画でしたね。
彼がやっている学校は、きっと素晴らしいのだろう~と思ってしまいます。
3人のすばらしい演技が勿体無いと感じるほど、なんとなく胸に響いてこない物足りなさがありました。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2008-05-12 15:22:25
こんにちは。

レッドフォードはマジメな映画人でだと思います。
ただ、そのマジメさが窮屈に感じることも。
ぼくは、サンダンス系の映画は
インディーズ臭が強すぎて
最初のうちダメでした。
でも最近は、そうでもないかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「大いなる陰謀」みた。 (たいむのひとりごと)
原題「Lions for Lambs」は、激しく噛み砕いて言えば「愚かな指揮官(将軍)の盾となった勇敢で無垢な兵士」といったニュアンスだろうか?まったく噛み合わない邦題なのだけど、内容は確かに「大いな
大いなる陰謀 (映画鑑賞★日記・・・)
【LIONS FOR LAMBS】2008/04/18公開(04/08鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・レッドフォード監督:ロバート・レッドフォードほか出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、アンドリュー・ガー...
[映画『大いなる陰謀』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆とりあえず、この作品の公式HPで、作品の画像を一枚貰おうと思って、飛んだ。 すると、『ライラの冒険』の「あなたのダイモンは?」に似た、「(この作品中の登場人物での)あなたのタイプは?」みたいな企画がありまして、私が挑戦したところ、トム・クルーズ演じる...
劇場鑑賞「大いなる陰謀」 (日々“是”精進!)
「大いなる陰謀」を鑑賞してきましたロバート・レッドフォード監督が、トム・クルーズ、メリル・ストリープという2大スターを迎えた社会派ドラマ。政治、マスメディア、軍隊、教育とことなる視点から、アメリカが掲げる”対テロ戦争”の実態と、米国の構造的な問題点を浮...
大いなる陰謀 Lions for Lambs (いい加減社長の映画日記)
昨日は、会社を早退して、「大いなる陰謀」。 「UCとしまえん」のポイントが溜まっていたので、無料で。 「王妃の紋章」も、今日の夜に観る予定だけど。 なぜか金曜に公開した「大いなる陰謀」を折角だし公開日に、それに時間的にもちょうど良かったので。 「UCとし...
大いなる陰謀 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード...
『大いなる陰謀』 (めでぃあみっくす)
この邦題は映画の内容を考えるとちょっと筋違いだと思います。全米ではUA社の初作品にもかかわらず大コケしたこともあって20世紀FOX JAPANも大衆受けしそうな邦題を選んだと思うのですが、それでも陰謀と呼べるほどの陰謀のない映画にこのタイトルはないと思います。 ...
大いなる陰謀(2007年) (勝手に映画評)
9.11以降、アメリカの映画と言えば”テロとの戦い”がテーマになっていますが、これもその一つ。しかも、最近のアメリカの風潮を反映して、「テロ戦争とは何か?」と言うテロとの戦いへの疑問を明示する内容となっています。 「事件は会議室で起きているんじゃない! 現...
大いなる陰謀 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
大いなる陰謀(Lions for Lambs) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
ロバート・レッドフォード監督・出演、トム・クルーズ、メリル・ストリープ。およそこれほど看板に偽りありの邦題の大いなる陰謀はないだろう。それだけならまだ耐えられるが、内容も、3大スター競演なのにぬるい。
「大いなる陰謀」 (かいコ。の気ままに生活)
アメリカの対テロ政策の裏を描く レッドフォード監督作品。「大いなる陰謀」公式サイトレッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズの豪華キャストにもかかわらず、公開前から酷評。どんな映画なんダロー て思って観てきました。観客 おじいさんばっかりでした...
【映画】 大いなる陰謀 (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「大いなる陰謀」 ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院...
アメリカの現実?『大いなる陰謀』 (水曜日のシネマ日記)
対テロ戦争を巡る物語です。
大いなる陰謀 (利用価値のない日々の雑学)
とにかくメッセージの多い作品だった。その場の台詞やカット毎には良く理解でき、受け止められたのだが、実際作品を観終わった段階で、ではトータル的に何が残っているかというと、鑑賞中に受けたメッセージを集約されたものが何一つ自分の中に残らなかったという珍し...
大いなる陰謀 (Kinetic Vision)
共和党議員(トム・クルーズ)とジャーナリスト(メリル・ストリープ)、大学教授(ロバート・レッドフォード)と学生(アンドリュー・ガー...
「大いなる陰謀」アメリカの苦悩 (ももたろうサブライ)
監督 ロバート・レッドフォード少しあらすじ 野心あふれる上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に対テロ戦争の最新戦略についての情報をリークする。大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)は欠席続きの...
大いなる陰謀 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。 政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展...
大いなる陰謀 (Memoirs_of_dai)
トム・クルーズは正義か悪か? 【Story】 未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストの...
映画「大いなる陰謀」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆  Robert Redford 監督、主演の社会派ドラマ。 原題は「Lions for Lambs 」。  カルフォルニア大教授Stephen Malley (Robert Redford)の 優秀な学生2人は、Malleyの反対を押し切って、 志願して軍隊に入る。 2人は、アフガニスタンでテロ組織を壊...
大いなる陰謀/Lions for Lambs (我想一個人映画美的女人blog)
トムちんが、「イエスか、ノーか{/eq_1/}」と迫るシーンが予告篇で一番印象的。 『モンタナの風に抱かれて』(←つまらなかった)以来約7年振りとなる ロバート・レッドフォード監督作品。 アフガニスタンにおけるアメリカの対テロ戦争の裏側を描くといった社会派映画...
大いなる陰謀 (アートの片隅で)
「大いなる陰謀」を観て来ました。 今回は久々に試写会では、ありません。(特別鑑賞券が当たったからなんだけどね) この映画は一般試写会が無かったので、特別鑑賞券に応募したら当たったのです♪♪ 公開初日土曜日の新宿歌舞伎町の映画館でしたが、お客の入りは2割...
『大いなる陰謀』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大いなる陰謀」□監督 ロバート・レッドフォード□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン □キャスト ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ぺーニャ、アンドリュー・ガーフィールド、デレク・ルーク&...
大いなる陰謀・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年はアメリカ大統領選が行われる年。 言い換えれば二期八年のブッシュ政権の総決算がされる年でもある。 ロバート・レッドフォード監督の...
【大いなる陰謀】 (日々のつぶやき)
  監督:ロバート・レッドフォード 出演:トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク 「対テロ戦争で、新たな作戦が実行された。 自分の野望のため作戦を掲げ行使した議員のアーヴィングは懇意にし...
大いなる陰謀 を観ました。 (My Favorite Things)
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
大いなる陰謀 (充実した毎日を送るための独り言)
・大いなる陰謀 (4月18日より公開) これは評価が分かれる作品だと思う。特に最後は中途半端な形で終わるので、映画としてはどうだろうと思う人がいるだろう。だが、製作者としてはこの映画を見た人たちに「戦争とは何か」・「政治とは何か」ということを問うために敢...
真・映画日記(2)『大いなる陰謀』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (1から) 午後6時過ぎに外出し、池袋へ。 池袋「サンシャインシネマ」の『大いなる陰謀』8時45分の回。 2日目なのにガラガラ。 20人もいたかどうか。 やはり『フィクサー』と同様に「男の映画」は動員が厳しい。 「男の映画」と言っ...
大いなる陰謀 (ダイターンクラッシュ!!)
4月27日(日) 17:30~ 日劇1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『大いなる陰謀』公式サイト 想定外の地味映画。ほとんど会話。 教授役のロバート・レッドフォードの教え子との会話 政治家のトム・クルー...
大いなる陰謀 [監督:ロバート・レッドフォード] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
褒めすぎ? なのはわかっちゃいるが、採算など度外視して政治論争に終始した内容にリベラル代表レッドフォードの意地と誇りを感じたことと、国際社会の一員としてのあり方を考えさせる内容に感銘をうけて、個人的には高評価。
大いなる陰謀■観客の想像力に委ねた結末 (映画と出会う・世界が変わる)
日本題名の「大いなる陰謀」から受けるイメージでこの映画に接すると違和感や失望を得ることになるかも知れない。3つのエピソードから成り立っているが、いずれもほとんど会話だけで展開される。いずれも何かの結論が出るわけではなく、そこにはスペクタクルやサスペンス...
「大いなる陰謀」 レッドフォードの嘆きが聞こえる (はらやんの映画徒然草)
アメリカが今ほどに世界中から嫌われている状態というのはなかったでしょう。 けれど
大いなる陰謀 (Yuhiの読書日記+α)
ロバート・レッドフォードが監督&出演し、その他のキャストもメリル・ストリープ、トム・クルーズなど超豪華!!これは見るしかないということで、観に行ってきました。 <あらすじ> ベテラン・ジャーナリストのジャニーン(メリル・ストリープ)は、アーヴィング上院...
大いなる陰謀 (映画通の部屋)
「大いなる陰謀」 LIONS FOR LAMBS/製作:2007年、アメリカ 9
「大いなる陰謀」投げっぱなし (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
私と年がそれほど変わらないのに、いつかどこかでトム・クルーズに会って、結婚することになるかもしれないから・・・と言って、英語の勉強を欠かさない友達のお付き合いで、恒例のトム・クルーズ映画を観に行った。
映画『大いなる陰謀』を観て (KINTYRE’SDIARY)
39.大いなる陰謀■原題:LionsForLambs■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:92分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:4月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ロバート・レッドフォード□脚本・製作:マシュー・マ...
映画DVD:「大いなる陰謀」(邦題と内容の乖離編) (時評親爺)
洋画を日本国内で配給(公開)する際においては、配給当事者が当該映画の持つ”原題”をおおよそ日本語に変更するか、原題をそのままカタカナで通すか(EX:『ダイハード』シリーズ他)がある。前者の場合”原題”を意訳したり、あるいはシナリオ内容や作品テーマ等を抽...
「大いなる陰謀」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
対テロ戦争の持論を展開している上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)は、世論の支持を 得るため、ニュース番組の女性ジャーナリスト、ロス(メリル・ストリープ)へ言葉巧みに情報操作 しながら売り込みをかる。だが、アーヴィングが掲げた戦略の裏には“仕組まれた真...
mini review 08332「大いなる陰謀」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に...
『大いなる陰謀』 (『映画な日々』 cinema-days)
大いなる陰謀 停滞気味の対テロ政策に起死回生を謀る 上院議員の新戦略とは... 【個人評価:★☆】 (自宅鑑賞) 原題:LIONS FOR LAMBS (ラ...
映画評「大いなる陰謀」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ロバート・レッドフォード ネタバレあり
『大いなる陰謀』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の教授マレーは優秀であるのに勉学に身が入らない学生...
「大いなる陰謀」 (或る日の出来事)
戦争を出世のために使う政治家。彼のある計画についてインタビューを取ったジャーナリストの立場。世の中に無関心な学生に、戦争に行った2...