ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『127時間』

2011-03-30 00:04:35 | 新作映画
※少しネタバレもあります。
でも、すでに知ってられる方もいるかも




(原題:127 Hours)

----この映画、
今年のアカデミー賞に
何部門もノミネートされていたよね。
監督が『スラムドッグ$ミリオネア』ダニー・ボイル
「うん。
最初、そのタイトルからして
『28日後…』の流れを汲んだ
ゾンビ映画のシリーズ第3弾かと…。
でも、そうじゃないことはすぐ分かったけどね。
これは、落石に右腕を挟まれ、
谷底から一歩も動けなくなった若者アーロンの
極限状態における絶望との戦い、
その127時間を描いたもの。
登場人物は、ほぼアーロンひとり。
それだけに、この映画が成功するか否かは、
アーロンを演じる役者次第と言ってもいい」

----そのアーロンをジェームズ・フランコ
演じているんだよね。
「そう。
これがモデルとなっているアーロン・ラルストンと
どことなく似ているんだ」

----えっ。これ実話ニャの?
「そうなんだ、
それだけに、この映画のクライマックスとなる
ある

----でも、こういう時期だけに、
極限状態だの脱出だのという映画は、
延期とか公開中止とかになりそう。
「ぼくもちょっと、そこが気にはなったところ。
たとえば、途中、大洪水に見舞われるシーンとかあって…。
そのあまりの水の勢いに、
どうしても今回の津波を連想してしまう。
だけど、最期まで観ていて分かったこと。
この映画が言っているのは、
人と人の絆。
主人公アーロンは、
回想にも出てくるように、
どちらかというと、自分中心の生き方をしている。
このキャにオンにもひとりでやってきていて、
だれにも行き先を告げていない。
そんな彼を支えたのは、
多くの人の想い出。
そして、そこから彼の再生が始まる。
彼は悟るんだ。
人はひとりでは生きられないと…。
だからこそ脱出に成功した彼は、
力の全てを振り絞って人の助けを借りる。
『HELP!』とね。
これは、明日への希望と勇気を
人と人のつながりの中で描いた映画。
決して公開をためらう必要はない。
そう思うよ」



               (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「それでもあの“決断”は目を開けていられないのニャ」もう寝る

※腕を切るときの効果音が、鋭い痛みを感じさせる度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『4月の涙』 | トップ | 『ザ・ホークス〜ハワード・ヒュ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠雅)
2011-04-01 22:11:28
こんばんは。
これはたぶん6月ごろ、近くでも上映があるらしく、予告を観ながら楽しみに待ってるところなんですが、
期待できそうですね。

最近、Twitterを始めたのでフォローさせてもらったのですが、
わざとHNを使ってないので、気づいていただけないかも。
でも時折、「返信」でお邪魔させてくださいませ。
渾身の演技 (ノルウェーまだ〜む)
2011-04-06 19:14:08
えいさん、こんにちは☆
127時間がんばったご本人もすごいですが、ほぼたった一人でがんばったジェームスくんも凄かったですね。
私レッドカーペットで会いましたが、イケメンだけじゃないいい役者に育っている感じがします。
■悠雅さん (えい)
2011-04-07 21:53:01
ご連絡ありがとうございます。

この映画はおススメ。ぜひ!
ツイッターの方、発見いたしました!!
さっそくフォローさせてもらいました。
これからもよろしくお願いいたします。
■ノルウェーまだ〜むさん (えい)
2011-04-07 21:54:30
こんばんは。
ジェームズ・フランコ、
まさにひとり舞台でしたね。
この主人公が生き残れた理由、
その大きな要因である彼の人間性を
見事に表現していました。
ジェームズ・フランコ! (bakabros)
2011-06-16 10:08:36
えいさん、こんにちは♪
久しぶりにブログを更新したので、TBさせて頂きました。
題材と、ダニー・ボイル監督、そしてジェームズ・フランコ主演という事で、とても期待していた作品です。
アーロン・ラルストンの生命力、精神力、行動力にただただ感服しました。
痛みには強い方だけど、自分で…、というのは無理そうだなと、見ていて段々自分が生き抜く自信を失っていきました(苦笑)
■bakabrosさん (えい)
2011-06-16 23:02:52
こんにちは〜。
もう、ほんとうにお久しぶりで嬉しくなっちゃいます。
(ツイッターでは時々、お見かけしますが…)。
子育ての方で大変な時期ですよね。

ぼくは痛みには、からっきしダメで、
あの神経を斬っている感じを出している音で、
もう、こちらの神経もおかしくなりそうでした。
それだけに解放感は素晴らしかったです。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (悠雅)
2011-06-18 16:34:49
こちらには再度のお邪魔です。やっと本日公開、早速観に行ってきました。
冒頭から引き込まれる映像と音楽、
あんな状況を描いても(だからこそ?)映像はあくまでもかっこよくて、
流石にダニー・ボイル監督だと改めて唸る思いでした。
状況の説明を聞くだけで、余程の奇跡がなければ脱出方法は1つだけ…
それを、映画にするんだから絶対そのシーンはあるぞ、と
観る前からそれだけは覚悟を決めてましたが、
やっぱりあれは辛い・・・
でも、あのシーンがなければ、説得力に欠けますものね。
ジェームズ・フランコの演技もまた素晴らしくて・・・語ると長くなりそうです。
■悠雅さん (えい)
2011-06-18 18:16:53
こんにちは。

あれっ。ぼくはその脱出法を知っていたんだっけ?
早々と、それを試みていたので、
どちらかは忘れました。

でも、あの切るときの音がたまらなく…。
並のホラーよりよっぽど怖かったです。
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-06-21 17:15:39
奇遇にも助けを求める相手が家族連れというのがいいですよね。
そこにも運命みたいなものを感じましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2011-06-23 18:49:06
こんにちは。

そうなんです。
あそこでいかにもという
ごく普通の家族を登場させるところが上手い。
事実がどうかは分かりませんが、
なんとなく、創作の匂いもします。
こんばんは (ノラネコ)
2011-06-26 22:56:11
私はトレッキングが好きで、この映画の舞台も何度もあるいた事があるんで、よりリアルにかんじました。
ラストに出てきたのは本人ですよね?
一瞬、え?と思いましたが虚構と現実が邂逅する素敵なオチでした。
■ノラネコさん (えい)
2011-07-02 18:22:24
こんにちは。

ブログ拝見してビックリしました。
大変なご経験を…。
あのラストは、そう、本人。
知らずに観たので、ぼくも二重の驚きでした。
こんにちは♪ (maki)
2012-01-27 09:32:23
コメントありがとうございました

お菓子食べながらこの作品を見ていた私は生命力ゼロだなぁ…と思いました^;
アーロン・ラルストンさん本人の生きようとする力、生命力や希望なんかには感嘆します
少しずつ血を抜いて、骨を折って神経を切って…なんて、想像するだに痛々しい(><)
これまで1人で生きてきた事を後悔し、そう時間をおかずに望みだった家族を持つことが出来たことは大変喜ばしい事だと思います
ほんと、実際のアーロンさんとフランコさん雰囲気似てましたね!
■makiさん (えい)
2012-02-02 23:00:37
こんばんは。

そう、あのシーンは正視できませんでした。
音がすごいんですよね。
ぼくは子どもの頃、
よく中耳炎になって
鼓膜に針で穴をあけられる
荒い治療を受けていたのですが、
あのときの<音=痛み>を思い出しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・London)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
試写会「127時間」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、登山家、 と言ってもいわゆるトレッキングに近い。 今週の週末はユタ州、ブルー...
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
127時間 (うろうろ日記)
試写会で見ました。127時間、誰も来ない所で片腕を石に挟まれ、何とか石をどかそう
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
『127時間』 (試写会帰りに)
ダニー・ボイル監督独特の、ギラギラとした生命力に満ち、躍動感溢れる映像が、この映画のテーマにぴったり。人間の命と、大自然の営みとの戦いを鮮やかに映し出す。 アーロンが何を選択し、どう決断したか。生き抜く為に、彼が『127時間』の間にした事、感じた事、考えた...
■映画『127時間』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
127時間 (悠雅的生活)
急転直下。暗中模索。自力更生。
127時間 (Memoirs_of_dai)
前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断...
127時間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
127時間 (心のままに映画の風景)
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
「127時間」  127 Hours (俺の明日はどっちだ)
渓谷で落下した際に右腕を岩によって挟まれ身動きが取れなくなり、生と死のはざまで127時間を過ごした登山家を襲う絶望と希望を描いたダニー・ボイル監督の最新作。 前作「スラムドック・ミリオネア」同様、疾走感溢れる映像と音楽で惹き込まれるオープニングのスピード...
映画:「127時間」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A...
127時間 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月20日(火) 18:45〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、...
劇場鑑賞「127時間」 (日々“是”精進! ver.A)
“生”への執着 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co.jp で詳細...
『127時間』 (こねたみっくす)
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
映画「127時間」 (Andre's Review)
127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに感想を書きたいと思わせてくれる素晴らしい映画に出会えたのがきっかけ...
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
127時間 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『127時間』  (2010) アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。 ...
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる〜~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ダニー・ボイル監督で注目。今年のアカデミー賞の司会でひょうきんな面も見せてくれたジェームズ・フランコ主演のこの作品。ユタ州ブルー・ジョン・キャニオンに魅せられ週末はひとりでロッククライミングに出かける青年アーロン。そんな彼が、慣れた場所で遭遇した落石事...
「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を
映画「127時間」 (FREE TIME)
映画「127時間」を鑑賞しました。
127時間・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
身動き取れぬ 127時間 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ....
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
127時間 (映画的・絵画的・音楽的)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
127時間 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
生きることをあきらめない〜『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
映画『127時間』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
ダニー・ボイル監督 「127時間」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャルサイト⇒http://movies2.foxjapan.com/127hours/ 【あら...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...
オチがわかってても見れるかどうか。〜「127時間」〜 (ペパーミントの魔術師)
127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-01-07売り上げランキング : 766Amazonで詳しく見る by G-Tools ほとんどジェームス・フランコの一人芝居。 落下事故で岩に腕を挟まれた状態から....
「127時間」(127 HOURS) (シネマ・ワンダーランド)
「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が実話を基に「メガホンを執ったパニック・サバイバル・ムービー「127時間」(2010年、英米、97分、FOX映画配給)。この映画は大自然の警告でアクシ...
【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたいのですが、全く纏まっていなかったりして ということで、本日は....
映画評「127時間」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年イギリス=アメリカ合作映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
「127時間」 (或る日の出来事)
あきらめるな!