ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『スラムドッグ$ミリオネア』

2009-02-07 12:33:47 | 新作映画
(原題:Slumdog Millionair)

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。
でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m




「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば
『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせたいのがこの映画。
まるでメキシコ辺りの映画を観ているように
赤茶けたざらついた映像。
なんでこれがよりによってアカデミー賞候補と
思っていたら、怒濤の展開。
スリルあり、アクションあり、恋愛あり。
最後は涙、涙、また涙」

----ちょ、ちょっと待って。
フォーンがいるの忘れていニャい?
「ごめんごめん。興奮しすぎちゃった。
この映画は、ゴールデン・グローブ賞
最優秀作品賞ほか4部門を受賞。
きたる2008年度アカデミー賞授賞式において
『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』の対抗馬として、
いま、熱い視線を浴びているんだ。
ストーリーは、簡単に言えばこういうもの。
突然、警察に逮捕された少年ジャマールは。
その理由というのが、
世界最大のクイズショー『クイズ$ミリオネア』に出演し、
あと1問正解を出せば、番組史上最大の賞金を獲得できるところまできているから」

----えっ?それって、おかしくニャい。
逮捕の理由にはならないよ。
「『このクイズ番組では、
これまでどんな文化人も
ここまで勝ち抜いてはこれなかったのに、
スラム育ちのお前ができる分けない。
ズル、いかさまをしているに違いない』というのがその理由なんだ」

----う~ん。その決めつけは怖いニャあ…。
でも、だれが「いかさま」と思ったの?
「それは言えないな。
観ているうちに分かる仕組みになっているからね。
この映画の巧さは、
取り調べ、番組出演、そして少年のこれまでの人生。
この3つがモザイクとなって一つの映画世界を作っているんだ。
実は、問題の一つひとつが少年の生い立ちに関わってくる問題。
そういう意味では、彼が答えられたことが偶然でもあり、
また、ありえないことを描いたファンタジーでもある。
でもね、重ね重ね言うけど、
これはほんとうに映画的至福の体験。
観ないと一生損をする。
大言壮語すれば
『この一本あれば、今年は(とりあえあず)生きていける』」

----また、大きく出たニャあ(笑)。
最後はどうニャるんだろう。
監督はダニー・ボイルだっけ?
「そう。さてここからが※ネタバレ注次にあげる映画を知っている人はゴメンナサイ。
実はこのラストは1968年の映画『ジョアンナ』へのオマージュ。
その映画を観ていない人はビックリ仰天間違いないと思う。
あと、功績としてあげたいのは脚本。
『フル・モンティ』のサイモン・ボーフォイだけあって、
ここ意外にはありえない、最高のエンディングを用意してくれる。
あ~あ。喋っているうちにまた観たくなったな」


           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「それはフォーンも観に行かなくちゃなのニャ」もう寝る

※当然「月刊シネマグランプリ」に一票入れた度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はイギリス・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (33)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『レッドクリフ PartII』 | トップ | 『フロスト×ニクソン』 »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大感動でした (かめ)
2009-02-12 00:42:56
こんちには、
2008年の最後に観た作品です。
大きな期待もしていなかったのですが、いや~良かったです。
映画の魅力を沢山織り込んで、今後の見本になるような作品でした。
アカデミー賞、とって欲しいです。
■かめさん (えい)
2009-02-12 23:20:06
こんばんは。

これは少しでも多くの人と語りあいたい作品です。
オスカー・ノミネートで言えば、
『リトル・ミス・サンシャイン』のような
ポジショニングで
まず受賞は難しいでしょうが、
もし受賞したら祝杯あげたいです。
こんにちは☆ (dai)
2009-02-22 14:56:56
いや~あ、良い映画でしたね!
全てがあのラストの感動のために
完璧に作ってあるようで素晴らしかったです。
ただやっぱり個人的好みなんですが、
あの感動の後にあのダンスは少しダメでした。
■daiさん (えい)
2009-02-23 16:01:06
こんにちは。

いやあ、やりましたね
『スラムドッグ$ミリオネア』。
作品賞ノミネート65本全部観ましたが、
これしかないです。

あの「ダンス」(ネタバレだけどゴメンナサイ)、
ぼくは祝祭って感じで好きでした。
こういうエンディングは『ジョアンナ』以来。
『時をかける少女』は
そのパクリだあ~と、当時思っていたことを思い出しました。
温かいコメント、ありがとうございます。 (よろ川長TOM)
2009-04-09 23:14:33
大丈夫です。筆が止まってたのは映画ブログだけですので。
というのも、ここしばらく自分が映画ブログを書く意味、その役目が見いだせてない気がしてまして…
もちろんそんな大それた影響力など皆無な吹けば飛ぶブログではありますが、それでもささやかでも、誰かの役に立ちたいから映画のブログもやりはじめたんだという事をようやく思い出すことができたところです。

映画そのものさえ観ようという気が失せつつありましたが、やはりこうした作品に触れる事で、考える事で、自分の再発見ができるんだなとあらためて実感している次第です。
えいさんほどの方に気を遣っていただけて本当に光栄です。あらためてこれからもよろしくお願いいたします。
Unknown (mig)
2009-04-10 15:17:08
えいさんこんにちは、送ったTBは反映されなかったのかな、、、

噂どおり、楽しめました
あのラストはインド的で、そうきたかと満足です☆
■よろ川長TOMさん (えい)
2009-04-11 10:56:22
こんにちは。

よろ川長TOMさんの書かれた文章を拝見。
思わず書き込みをしたくなり、
余計なお世話かなとも思いつつコメントを残させてもらいました。

映画ブログの役目……。
ぼくの場合は
早い段階で映画を拝見させていただいているお礼の気持ちから、
その映画のオモシロさを
少しでも早く多くの方にお伝えしたいという気持ちから始めました。

映画の観方は人の数だけあると思います。
よろ川長TOMさんは、
蓄積された深い映画知識を基にされた
ユニークなご紹介が多く、
毎回、とても楽しみにしています。
今後も長く続けていただければ、
ファンの一人としてうれしいです。
勝手なことばかり言って申し訳ございません。
■migさん (えい)
2009-04-11 10:59:22
こんにちは。

そうなんですよ。
migさんからはコメントいただきながら、
TBのほうがないことも多く、
それって意図的かなとも思い、
あえて
こちらからは触れることを避けておりました。
そうか。
やはりgoo同士でありながら、
うまくいっていなかったのですね。

さて、あのラスト。
確かにボリウッドと考えればそうなのですが、
(ここネタばれ)。
場所がプラットフォームということもあり、
ぼくは同じイギリス映画の
『ジョアンナ』を思い出したのでした。
子役がいきいき (ノルウェーまだ~む)
2009-04-18 08:13:47
えいさん、お久しぶりです。
ロンドン上陸してようやく落ち着いてきたので、復帰第一作で、この映画をレビューしました。
実にいい映画ですよね。
子役たちの生き生きした表情で、字幕なしで見ていることも忘れてしまうほどでした。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-04-18 14:07:42
おかえりなさい。

ついにこの映画、今日から公開ですね。
とてもうれしくなります。
明後日、また観にいこうと思っているんです。
ヒットするといいなあ。
素晴らしい映画 (にゃむばなな)
2009-04-18 20:10:44
取調べ、番組出演、ジャマールの生い立ち。
これがまるでパズルのように、徐々に出来上がって一つのお話として完成していく様が素敵でした。

また時間を置いて見ると、新しい発見がいくつもできそうな感じの映画でしたね。
Unknown (えふ)
2009-04-18 21:26:55
みのさんも憎たらしかったけど、
この作品の司会者はそれ以上でしたね(苦笑)
純愛 (kazupon)
2009-04-19 09:59:58
えいさん

「ベンジャミンバトン」もかなり好きだったんですけど、やはりこちらの方がもっと好みでした。割と似た構造を持った映画だと思いましたです。純愛で子供時代からさかのぼる2人の話ですし。
「ミリオンズ」にかなり近いけど、ダニーボイルにいろんなものが重なって、映画のように奇跡が起きた感じがします。
こんにちは~♪ (ひろちゃん)
2009-04-19 16:14:02
えいさんの評価4つって珍しいような^^
有名な俳優さんが出ていなくても
こんなに面白い映画ができるんだって
感じた作品でした\(^O^)/

ラストのダンスは、イキナリで
ちょっとビックリでしたが(笑)
みんなが幸せになって~~みたいな大団円で
嫌いじゃなかったです(^_-)-☆

PS.違う質問ですみません(^_^;)
予告編でベルサイユの子を観たのですが
ちょっと観たいと思いましたが、上映館が1館みたいで(^_^;)えいさんの感想が知りたかった
のですが、ご覧になりましたでしょうか?
ダンスは… (オリーブリー)
2009-04-19 17:32:27
ボリウッド的な〆だな~と思いましたが、そんな映画へのオマージュだったんですか!
未見です…(苦笑)

個人的な好みでは「クラッシュ」以来、納得のアカデミー賞作品でした!
子役達が自然体で一途で可愛らしかったです。

サイモン・ボーフォイの「シャンプー台のむこうに」「フルモンティ」も好きなので、またステキな作品を送り出してくれて嬉しいです♪
■にゃむばななさん (えい)
2009-04-19 22:45:14
こんばんは。

そう、パズルとは言いえて妙。
まさにこれはパズルがピタッとハマる楽しさ。
「これが映画」と、声を大にして言いたくなります。
■Kazuponさん (えい)
2009-04-19 23:06:04
こんばんは。
なるほど。
そう、言われてみると
『ベンジャミン・バトン』と
似ている部分もありますね。

ぼくはこっちのほうが断然好きなのですが、
実を言うと『グラン・トリノ』という映画は、
これまた別次元にすごく、
アカデミー賞にノミネートさえされなかったことで、
アカデミー賞って何?
と思ったりもしたのでした。
■ひろちゃんさん (えい)
2009-04-19 23:12:25
こんばんは。

僕あhこの映画、観た瞬間からべたぼれで
どうやら、みなさん高評価なので、
嬉しくてたまりません。

さて、『ベルサイユの子』、
観たのですが、まだブログアップしていません。
予告編の感動路線とは違い、
ちょっと、扱いの難しい作品。
もしかしたら、ゴールデンウイーク中(あるいはその前?)にでも
アップするかも。
■オリーブリーさん (えい)
2009-04-19 23:23:21
こんばんは。

ぼくはサイモン・ボーフォイは
『マイ・スウィート・シェフィールド』も好きです。
それで思い出したのですが、
彼は『ハロー、アゲイン』ですでに「インド」を出してきていましたね。
これ、まだ触れているの見たことないなあ。

『ジョアンナ』。
これまた、だれも書かないから
もう書いちゃおう。
あのイギリス映画のラストは、
駅のホームでスタッフ・キャスト全員入り乱れての
ダンス&ミュージカル。
大林信彦もこういう手法を使いますが、
やはり『ジョアンナ』の方が古いです。
またまたお邪魔します^^ (ひろちゃん)
2009-04-19 23:41:23
インデックスにはなかったので、質問
させて頂いたのですが、やはりご覧になって
いたんですね^^

予告編があまりにも良くて、子役の子が
かわいかったですし、急逝したギョームの作品と言うこともあって気になりましたが、いかんせん仏映画とは相性があまり良くなくて(^^ゞ

上映館1館だったので、えいさんの感想によっては、DVD感鑑賞にします(笑)
お答えありがとうございました♪
こんばんは (ノラネコ)
2009-04-22 00:13:11
こんばんは。
ずいぶん待たされましたが、ようやく観ました。
結論から言うと、予想とは全く違いましたが、実に面白かった。
描いている対象からして、もっと社会派な作品だと思っていたのですが、これはもう娯楽映画の王道ですね。
ただ、この作品が予想外にアメリカでヒットし、アカデミー賞まで掻っ攫う事になった背景というのは、昨年来の経済危機が影響しているのかなと思いました。
劇中でアメリカ人観光客が「本当のアメリカを見せてあげる」というシーン。
あれを自ら笑い飛ばせるという事に、彼ら自身が意味を見出したような気がします。

■ひろちゃんさん (えい)
2009-04-23 00:26:13
あらら。

これは責任重大だ(汗)。
『ミーシャ ホロコーストと白い狼』のほうが、
子役が出てくるフランス映画だと、
自分向きです。(汗・汗)
■ノラネコさん (えい)
2009-04-23 00:32:10
こんばんは。
そうなんですよ。
これは見事なエンターテイメント。
あのアメリカ人の観光客のエピソードは
なかなかシニカルでしたね。
ノラネコさんのレビュー、
今回も読み応えありました。
『グラン・トリノ』もどう切り込まれるのか、とても楽しみにしています。
TB&コメントありがとうございました! (テクテク)
2009-04-25 10:04:29
こんにちは
この映画は面白かったですよね

ドキドキ感もあり、力強さもあり、残酷さもあり、優しさもあり…
こういったタイプの映画を久しぶりに観たような気がします

いつの間にか日本人が見失ってしまった魂の力強さと
生きる事への貪欲さ、美しさが感じられる作品でした
■テクテクさん (えい)
2009-04-25 17:47:22
こんにちは。

テクテクさんのレビューを読んで、
そうだそうだと、
思わずコメントを残させていただきました。
こういう映画に出会える、
そんな奇跡があるからこそ、、
映画を観続けているとぼくは思っています。
「ジョアンナ」 (Kei)
2009-04-26 03:14:03
わわ、「ジョアンナ」懐かしいです。

内容は、もうほとんど忘れかけてるけど、ラストの駅のプラットホームでの大ミュージカル・シーンは今でも覚えてます。
主演のジュヌビエーブ・ウエイト、その後さっぱり聞かないけど、どうしてるやら。
何故か、ビデオもDVDも出てないようですね。

この監督(マイケル・サーン)のラクエル・ウェルチ主演「マイラ」も、見たくて見れない幻の作品です。
どっかで、DVD出してくれないでしょうかねぇ。
■Keiさん (えい)
2009-04-27 01:24:21
こんばんは。

やっと『ジョアンナ』に反応していただける人が…。もう、大感激です。
ジュヌビエーブ・ウエイト、
これまた懐かしい名前まで出していただいて、
もう感謝感謝。

『マイラ』観ていないです。
どんなタッチなんだろう。
DVDが出たら要チェックですね。
オスカー納得! (なな)
2009-05-03 21:38:58
素晴らしかったですね。
>これはほんとうに映画的至福の体験。
>観ないと一生損をする。
観る予定ではなかったのですが,確かに観ないと損をする作品でした。
劇場で見れてよかったぁ!
脚本は「フル・モンティ」の方かぁ
なるほど!サクセスストーリーの見せ方が上手いし
ラストの爽快なこと!「フル・モンティ」もまた観たくなりましたよ。
■ななさん (えい)
2009-05-04 10:07:11
こんにちは。

ぼくは映画はすべからくスクリーンで観た方がいいと思っている方ですが、
この映画は特にそうでした。
同じ空気のなかで見知らぬ人と感動を分かち合えるという
その幸せな時間がずっと後まで残った作品でした。

『フル・モンティ』、観たときそういう予感がなきにしもあらずだったのですが、
いまの日本にここまであう映画になるとは思いませんでした。
こんばんわ♪ (maru♪)
2009-05-07 01:00:34
これ素晴らしかったですね!

とにかくスピード感がすごかったです。
インドの熱気がとっても伝わってきました。

スラムの現状、アメリカへの皮肉、人身売買など、
重いテーマを扱っていながら、エンタテイメントに徹しているのが素晴らしいです。

そういう現状を抜け出す手段を描いているのではなく、
どんな人生も意味があるということを伝えたいのだと思います。
その感じも良かったです。

幼い兄弟を演じた子役たちのキラキラした瞳が忘れられないです。
■maru♪さん (えい)
2009-05-07 22:54:41
こんばんは。

ほんとうに疾走感にあふれた映画でした。
maru♪さんのレビュー拝見して
「どんな人生も意味があるということ」の意味が
よくわかりました。

まるでトリュフォーの映画のようですね。
コメントではご無沙汰しておりました (オカピー)
2010-03-14 15:07:48
>『ジョアンナ』へのオマージュ

僕もそう思って指摘しておきましたが、さすが、えいさんですね。
僕は割合最近(4年くらい前でしょうか)『ジョアンナ』を観たばかりなので、記憶が定かなのでした。
■オカピーさん (えい)
2010-03-14 22:35:23
こんばんは。

あそこは『ジョアンナ』ですよね。
こういうことを、だれかが語り継いでいかないと…。
もう、気づいていただけて、ほんとうに嬉しかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

78 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スラムドッグ$ミリオネア (Memoirs_of_dai)
ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だ...
「スラムドッグ$ミリオネア」5つ★!(^○^) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最高に面白かった。文句無しの5つ★最近見た映画の中でダントツ1位です。 子供や心臓が弱い人が見て大丈夫! エロ・グロシーンが無いのも...
スラムドッグ$ミリオネア (C note)
ゴールデングローブやアカデミー、そのほか各映画賞を総なめの話題作です。 ひとあし
【試写会プレゼント】『スラムドッグ$ミリオネア』(本年度アカデミー賞最多8部門受賞作!) (映画+小説+家族=MyLife)
本年度アカデミー賞最多8部門受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』について、50組100名様という大量当選者数の試写会のご案内です。私も応募しました。当たるといいな!
『スラムドッグ$ミリオネア』そら、これはアカデミー賞獲りますわね (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
正直言いましてね、インドの映画と聞いて二の足、三の足踏んでたんです。でもこれだけ賞を穫りまくるなんてフツーじゃないでしょ。食わず嫌いはいけないと思いまして。
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8...
スラムドッグ$ミリオネア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で今年のアカデミー賞総ナメの「スラムドッグ$ミリオネア」を観た。 インド・ムンバイのスラム街で育ったジャマールは、クイズ・ミリオネアに出演して、最後の一問を残すだけまで正解を重ねるが、無学なために不正を疑われて逮捕されてしまう。暴力的な取...
『スラムドッグ$ミリオネア』試写会@厚生年金会館 (猫多組(ねこたぐみ))
「アカデミー賞なんか「へ」だ」と公言して憚らないではありますが。(私にとっては、アカデミー賞を獲ったからって、それほどの価値にはならないってことです。アカデミー賞作品が「へ」だと申しているわけではありません。)インドが舞台となれば、話は別。原作がものす...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「スラムドッグ$ミリオネア」公式サイトアカデミー賞8部門受賞のヒューマンドラマ。サクセスストーリーもラブストーリーもあって。残酷風味もあってちょい童話チック?スラム育ちのジャマールが、ミリオネア全問正解を前にイカサマ容疑で逮捕。無...
「スラムドッグ$ミリオネア」文句なしのアカデミー賞 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年末からとんだバタバタで、なかなか映画を観に行く事が出来なかった私。 ようやく時間がとれるぞ!と思ったら、もう引越し準備がMAXに。 最後の望みは、ロンドンまでのフライトだっ! 12時間のフライトなら4本は見られるもんね~♪ 先ずは「スラムドッグ$ミリ...
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪今...
スラムドッグ$ミリオネア (悠雅的生活)
インドの現実。疾走。三銃士。
スラムドッグ$ミリオネア (そーれりぽーと)
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ...
[スラムドッグ$ミリオネア] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE公開:2009/04/18製作国:イギリス/アメリカPG-12上映時間:120分鑑賞日:2009/04/18監督:ダニー・ボイル出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン運じゃなく、運命だった。+あらすじ...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Sweet*Days**)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ...
【スラムドッグ$ミリオネア】つき落とされても生き抜く力と愛 (映画@見取り八段)
スラムドッグ$ミリオネア ~Slumdog Millionaire~ 監督: ダニー・ボイル 出演:  デーヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、ア...
スラムドッグ$ミリオネア (めでぃあみっくす)
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...
スラムドッグ&ミリオネア (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ・イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:デーヴ・パテル    マドゥール・ミタル    フリーダ・ピント    アニル・カプール    イルファン・カーン
スラムドッグ$ミリオネア (It's a Wonderful Life)
いやいや噂通りの素晴らしい映画でした。 出来ればアカデミー賞とか余計な前知識ナシ で観たかった気もしますが、 そのお陰で全国シネコン公開で観る人が多くなるのは いい映画なんで素直に喜ばしい事だと思います。 ダニー・ボイル監督作でノースターな映画です...
スラムドッグ$ミリオネア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―【story】TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を...
★スラムドッグ$ミリオネア(2008)★ (CinemaCollection)
SLUMDOGMILLIONAIRE運じゃなく、運命だった。上映時間120分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス映倫PG-12【解説】「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイ....
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、クイズ$ミリオネアが舞台になっている。そもそも、クイズ$ミリオネアは、イギリス発祥の『Who Wants to Be a M...
スラムドッグ$ミリオネア (心のままに映画の風景)
インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問...
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (映画!That' s Entertainment)
●「スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire」 2008 イギリス・アメリカ Pathe Pictures,Celador Films,Film4,120min. 監督:ダニー・ボイル  原作:ヴィカス・スワラップ著「ぼくと1ルピーの神様」 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピ...
スラムドック$ミリオネア/Slumdog Millionaire (いい加減社長の映画日記)
「おっぱいバレー」も、出身地北九州市が舞台だし、綾瀬はるかちゃんのおっぱいにも興味があったんだけど。 ここは、アカデミー賞8部門受賞の「スラムドック$ミリオネア」を選択。 綾瀬はるかちゃんがおっぱい見せるとも思えなかったし^^; 「UCとしまえん」は、いつ...
「スラムドッグ$ミリオネア」これが運命 (再出発日記)
今までにないアカデミー作品賞である。荒削りなのに、繊細な脚本。スターがいないのに、キャラが立っている。美しい自然なんてどこにもないのに、圧倒的で作り物ではない色彩と映像。歌詞がまったく分からないのに、魅力的な音楽。主題歌賞をとった曲がどこで使われるのだ...
スラムドッグ$ミリオネア (だらだら無気力ブログ)
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組...
スラムドッグ$ミリオネア (Diarydiary!)
《スラムドッグ$ミリオネア》 2008年 イギリス映画 - 原題 - SLUMD
スラムドッグ$ミリオネア (映画君の毎日)
//ストーリー//テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
【スラムドッグ$ミリオネア】 (日々のつぶやき)
監督:ダニー・ボイル 出演:デーブ・パテール、アニル・カプール、イルファン・カーン、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル 「インドのムンバイ、人気クイズ番組クイズ$ミリオネアに出演したスラム出身のジャマールはあと1問で2000万ルピーを手に入れられると
スラムドッグ$ミリオネア(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年37本目(34作品)です。 試写会で見ていますが、公開され、千円の日ということもあって、見ることにしました。 クイズに正解すると分かっているのに、ハラハラドキドキしながら見入ってしま...
スラムドッグ$ミリオネア・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボ...
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Days of Books, Films)
アカデミー賞にそんなに興味があるわけじゃない。作品賞受賞作でも見てないのがたくさ
スラムドッグ$ミリオネラ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
インドの映画には歌とダンスがつきものでにぎやかドンチャカ長時間~~~っとそんなイメージあったのですが(笑)ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』クイズ・ミリオネアとジャマールの生い立ちと警察での取り調べシーンが交錯する。スラムで育ち、母親を暴...
最後に彼が手にしたモノは・・・。『スラムドッグ$ミリオネア』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
夢見たものは初恋成就♪~「スラムドッグ・ミリオネア」~ (ペパーミントの魔術師)
クイズミリオネアのBGMって万国共通? ・・・みの溜めは日本ならではらしく、 えらいあっさり正解って言うのなって・・・・ そのわりには司会者のもつ雰囲気って似てるな(わわわわわ) 金の斧と銀の斧あなたが落としたのはどちらと聞かれて 木の斧だと言ったら金...
スラムドッグ$ミリオネア 圧倒的なパワーとうんち!? (労組書記長社労士のブログ)
【 24 -7-】 草薙くん、やっちゃったねえ{/m_0211/} しかし飲酒量{/m_0053/}を酒気帯び運転{/m_0033/}の基準と比較するのって無意味だと思うし、なんで家宅捜査までされるんよ、おかしいやん{/m_0152/} それに『鳩山邦夫総務相(60)は「最低の人間だ!」と大激怒』って、あ...
スラムドッグ$ミリオネア (ダイターンクラッシュ!!)
4月19日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。 クイズ...
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
「スラムドッグ$ミリオネア」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・イギリス/監督:ダニー・ボイル) 第81回アカデミー賞において、最優秀作品賞を含め8部門を制した、愛と涙と感動の話題作。 インド、ムンバイのスラム街に育った貧しい青年
スラムドッグ$ミリオネア (利用価値のない日々の雑学)
大変お恥ずかしいことながら、この作品を鑑賞するまで筆者は全くと言って良いほど、インドという国の現状と現実に関して無知であったということを冒頭に告白しなくてはいけない。筆者的に言うと、インドという国には一度だけ訪問したことがあるが、それはバブルより少し...
スラムドッグ$ミリオネア (C'est joli~ここちいい毎日を~)
スラムドッグ$ミリオネア ’08:イギリス◆原題:Slumdog Millionaire ◆監督:ダニー・ボイル「サンシャイン2057」「ミリオンズ」「トレイン・...
スラムドッグ$ミリオネア (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
『トレインスポッティング』等で知られるダニー・ボイル監督のイギリス製ボリウッド映
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
スラムドッグ$ミリオネア/SLUMDOG MILLIONAIRE (CouchCinema*カウチシネマ / b)
楽しみにしていたこの作品。 思っていた以上です!おすすめ☆☆☆☆☆ 公式HP 『スラムドッグ$ミリオネア』 インド、ムンバイのコールセンターのお茶くみの青年、ジャマール。 「クイズ$ミリオネア」に出演し、最後の1問を明日に、という時に 不正を疑われ警察...
『スラムドッグ$ミリオネア』@シネセゾン渋谷 (映画な日々。読書な日々。)
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマー...
「スラムドッグ$ミリオネア」ベタだけど許せてしまう力技 (ももたろうサブライ)
監督 ダニー・ボイルインド映画と言えば、20年以上前に「ミュージカル女優」という作品を観たことがある。当時、インド映画で最も有名なのはサタジット・レイという監督だったのだけど、レイはいわばインドの溝口健二のような人で、その頃世界最大の映画産業と言われた...
【映画】スラムドッグ$ミリオネア (新!やさぐれ日記)
▼動機 去年の夏秋に誰かのサイトでみて ▼感想 人生に無駄なものなどひとつもない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年...
スラムドッグ$ミリオネア (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:イギリス/アメリカ 監 督:ダニ
スラムドッグ$ミリオネア (虎猫の気まぐれシネマ日記)
観て来ましたよ!本年度アカデミー賞作品賞を獲得した本作! あらすじ: テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜ...
スラムドッグ$ミリオネア を観ました。 (My Favorite Things)
今年のオスカー作品賞ものです。
スラムドッグ$ミリオネア (future world)
インドパワー溢れる作品で面白かったです。 しかしまぁ、アカデミー賞8部門受賞とは・・・ 驚きです。 番組「クイズ$ミリオネア」は・・・どこの国もあの音楽で、ライフラインやスタジオの雰囲気、司会者のクドさは同じなんでしょうか。。。 でも、みのさんの方...
『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシャンテ (たーくん'sシネマカフェ)
TOHOの会員カードのポイントが貯まるようになってTOHOになったシャンテで「スラムドッグ$ミリオネア」鑑賞。しかもポイントで無料鑑賞♪(C)2008CeladorFilmsandChannel4TelevisionCorporation原題:SLUMDOGMILLIONAIRE監督:ダニー・ボイル脚本:サイモン・ビューフォイ....
【映画感想】スラムドッグ$ミリオネア[2009-058] (映画+小説+家族=MyLife)
2008年度アカデミー賞で、作品賞をはじめとする8部門を受賞した作品『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 人生のどん底において経験させられた、忘れたくても忘れられない苦い体験。貧困、宗教問題、暴力・・・。そんな哀しい記憶が、人生の大逆転ドラマへと繋...
スラムドック$ミリオネア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単なる“クイズ番組の映画”ではなくインド社会の深刻な問題も描かれている。 世界が認めた一本に、「ファイナル・アンサー」 物語:インド、ムンバイのスラム出身の18才の少年ジャマール・マリクは、大人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、最高額賞金200...
「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 (はらやんの映画徒然草)
やられた! この作品の完璧とも言えるほどの構成力に舌を巻きました。 さすがアカデ
『スラムドッグ$ミリオネア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (或る日の出来事)
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇...
スラムドッグ$ミリオネア / 83点 / SLUMDOG MILLIONAIRE (FUNNY GAMES?)
僕は生きている!僕は生きているんだ!生命(愛)が消えぬ限り生きてやる! 『 スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE 』 2008年 イギリス/アメリカ 120分 監督 : ダニー・ボイル 脚本 : サイモン・ボーフォイ 出演 : デヴ・パテル、マド
スラムドッグ$ミリオネア (Addict allcinema 映画レビュー)
運じゃなく、運命だった。
映画「スラムドッグ$ミリオネア」 (FREE TIME)
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を鑑賞しました。
No.051 「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年 120分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ダニー・ボイル 出演 デヴ・パテル    マドゥル・ミッタル    フリーダ・ピント 公開してしばらく経つこの映画ですが、やっと見る機会がきました。 アカデミー賞を受賞してから世間から何かと注目を集めてたけど、最近はあまり評判を聞かなくなってきま...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (カエルノセカイ)
国民的人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール・(デーブ・パテル)は、これまで医者や弁護士でさえ成し得なかった、番組史上最高賞金2000万ルピーの獲得まであと一歩、というところまで勝ち進む。 スラム出身で教育も受けていないお茶汲み係の青年が、...
Slumdog Millionaire / スラムドッグ$ミリオネア (Akasaka high&low)
エマージング諸国から賞レースに加わる名作のほとんどが貧困街の子供を主人公に設定しそこから這い上がる過程を描いています。 Slumdog Millioaire(スラムドッグ$ミリオネア)は英語圏のインドを舞台にした英国監督作品なので外国語映画部門にノミネートされなかったの...
スラムドッグ$ミリオネア (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  さすがアカデミー作品賞受賞は、伊達ではなかった。低予算でシンプルなストーリーなのだが、とにかく文句なく面白いのだ。 インドの国民的人気クイズ番組で全問解答し、巨額の賞金を手にしたスラム街出身の青年ジャマール。なぜ貧困の中でゴミのように育った...
「スラムドッグ$ミリオネア」 Slumdog Millionaire (俺の明日はどっちだ)
D. It is written う~ん、いろいろ話題が先行し、期待感が募りすぎたからか、あるいは劇場スタッフ曰く「配給会社がそんなに大きな会社じゃないのでプリントの数が少なくて、おかげで地方にまで同時に公開されないですよ」というトホホなこともあって、気持ち的タイミン...
スラムドッグ$ミリオネア (Peaceナ、ワタシ!)
- 運じゃなく、運命だった。- 遅ればせながら『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 これ、ず~っと観たかったんですよねぇ。でも、地元シネコンではとっくに上映終了。都心に行かないと観られないなぁと思いつつ、わざわざ行くのも今度は億劫(笑)だったりして...
mini review 09412「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風...
「スラムドッグ$ミリオネア」(SLUMDOG MILLIONAIRE) (シネマ・ワンダーランド)
「トレインスポッティング」や「28日後…」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が、インドを舞台にして撮った社会派ヒューマン・ドラマ「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年、英米、120分、)。この映画はインドのTV番組「クイズ$ミリオネア」...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
夢のような物語・・躍動感がありました
映画評「スラムドッグ$ミリオネア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年イギリス映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
スラムドッグ$ミリオネア (RISING STEEL)
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE アカデミー賞を席巻した作品ながら、あまり興味が無かったので見ていなかった。 見たんですが、言われるほど大したものでも無いなと思いました。 ...
『スラムドッグ$ミリオネア』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...
スラムドッグ$ミリオネア (いやいやえん)
今更ながらの鑑賞です。運じゃなく、運命だった。スラム街で育ったジャマールの純愛ドラマでもありました。 過酷な人生の中に希望があった。有名番組「クイズ$ミリオネア」の問題と、ジャマールの人生がリンクして、その人生の中に答えがわかるヒントが隠されてた。...
【映画】スラムドッグ$ミリオネア…マダオドックで知っていた (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
(夜は) 先週の頭からインフルエンザを発症して苦しんでいたピロEKです 2013年1月7日(月曜日)のどに異変を感じるも、マスクを着けて出社。日中は特に悪化の兆しも無かったのですが、夜になって38.5度の発熱が続く。 なのに…翌日1月8日(火曜日)は、そのまま出社。...
スラムドッグ$ミリオネア (Yuhiの読書日記+α)
インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていくヒューマンドラマ。監督はダニー・ボイル、キャストはデヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント他。 ...