ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ブーリン家の姉妹』

2008-08-20 09:53:54 | 新作映画
(原題:The Other Boleyn Girl)

----ブーリン家って、どこの家のこと?
「家?(笑)
でもそうだよね。
この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。
ところがなんと、
これはかの有名なヘンリー8世の話だった」

----その人、有名ニャの?
「うん。有名も有名。
なにせ当時のヨーロッパの宗教地図を塗り替えたんだからね。
それまで熱心なカトリック教信者で
法王から『信仰の擁護者』とまで言われていたのに、
なんと自分をイギリス国教会の長としてしまった。
確か、日本の聖公会がこの流れを組んでいるんじゃなかったかな」

----へぇ~っ、何がきっかけニャの?
「それがこの映画のお話。
国王ヘンリー8世はブーリン家の姉妹の姉アンと結婚をしたかった。
しかし王には妻キャサリン・オブ・アラゴンがいる。
カトリックでは離婚が認められていない。そこで-------
と、こういうことだ」

----えっ、自分の結婚のため?
それはスゴいニャあ。
「話はそれるけどヘンリー8世は結局6回も結婚。
ちなみに
ロックグループ、イエスの絶頂期に発表された
リック・ウェイクマンの初のソロアルバムは
この『ヘンリー8世と6人の妻』をタイトルとしているよ。
さて、映画に話を戻すと、
これはベストセラー小説が基になっていて、
フィクションがけっこう多く含まれている。。
アン(ナタリー・ポートマン)には
メアリー(スカーレット・ヨハンソン)という妹がいる。
メアリーはヘンリー8世(エリック・バナ)の愛人。
ここは史実どおり。
ただ、映画ではメアリーが男の子を産んでいるけど、
実際に男の子を産んだのは、
彼女とは違う別の愛人らしい。
と、このように姉妹の相克が数多く脚色されているため
観ていてほんと飽きないんだ」

----そうか、映画はこの姉妹の戦いのお話ニャんだ。
「まあ、ちょっと待ってよ。
アンとメアリー、
ふたりの母レディ・エリザベス(クリスチャン・トーマス・スコット)の弟にあたる
ノーフォーク伯爵(デビッド・モリッシー)は
ヘンリー8世の妻キャサリン・オブ・アラゴン(アナ・トレント)が
男の子を産まないことに目を付けて、
莫大な富と権力を得ようと姪のアンを差し出そうとする。
ところがヘンリー8世は
機知に富み男まさりのアンよりも
気だてがよくて愛らしい新婚のメアリーに惹かれていく。
そこでアンは別の公爵と結婚をあげるが彼には許嫁が…。
そのことをメアリーから聞いた家族は
ヘンリー8世の耳に入ってはまずいと
アンをその公爵と別れさせフランスの宮廷に送る。
やがてメアリーは懐妊するも体を衰弱。
彼女への興味を徐々に失っていくヘンリー8世を繋ぎ止めるために
今度はアンを呼び戻す。
さて、物語はここから急展開。
すっかり洗練された女性として生まれ変わったアンは、
その魅力で国王を虜にしてしまう…」

----なんだかイギリス版『大奥』って感じだね。
どこの国でも絶対的権力者がいて、
周りはそれにあやかろうとするわけだ。
「そう。
で、その権力者は決まって女好き(笑)。
さて史実では
アンは10代の頃のほとんどをフランスで過ごしている。
ところがこの映画では、
彼女の行動のすべては、自分が受けた仕打ちへの復讐として描かれる。
つまりドラマチックな改変がなされているんだね。
アンは王になかなか体を許さず、相手をじらしていく。
『愛人では嫌だ。正式な結婚がしたい……』」

----ニャるほど。そこで王は宗教さえも変えた。
「うん。
で、その裏にアンがいた------。
『映画で観ると歴史は分かりやすくオモシロい』という
まさにこれはそのお手本のようなものだね」

----ストーリー面以外ではどうニャの。
「歴史に登場する候補地。
その大部分は観光名所となっているとかで
そのほとんどはセット。
監督はなんとインドの町からベルリンのクラブまで、
世界中のさまざまな写真からそのヒントを得たらしい。
あと、目を引くのは衣装。
チューダー朝のドレスには
それほど多くの種類の形やシルエットの違いはないということで、
アンとメアリーの衣装は色合いを変えてその差を出したらしい。
これは観てみたらすぐ分かるよ。
アンの色の方が原色に近く、くっきりしているからね」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「こういう映画は気づくと、のめり込んでいるのニャ」身を乗り出す

※『ミツバチのささやき』の女の子が女王キャサリン・オブ・アラゴン役だ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ブロードウェイ♪ブロードウ... | トップ | 『イキガミ』 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エリザベス・エリザベスゴルデンエージ・レディージェーンが続けてみたいぞ! (亜蘭真 主美士)
2008-08-21 14:11:25
ラストのエリザベスちゃん観てそうかんじました。
この作品衣装舞台ふくめて、すべてが絵画的でした。どのシーンを一時停止(きりとっても)しても一枚の絵として成立する。フェルメールであったり、レンブラントであったりと・・・。それは多分背景のどこかに光があり逆光の使い方がうまいせいかもしれません。衣装等のことはえいさんの書いた通りで、僕の補足はないですので、女優ふたりの演技について、だれかがこの作品のキャスティングはナタリー・スカーレット反対の方が、イメージ的にあうかも・・・というのがあったんですが、僕はこれで正解だと思いました。ナタリーは直接的というか、表情も派手。対照的にスカーレットは動きがあまり無い中での表現力と、どちらも役柄にあった演技でした。もちろん逆をやってもどちらもこなしていくでしょうが・・・。
ラスト近くのクライマックスのナタリーの見せ場のネックレスを取る手がふるえていたのが印象的でした。
よだんですが、リック・ウェークマン、今度はセンター・オブ・ジ・アースで、地底探検をおもいだされるんだろうか?あの、ジャケットの中心に丸い筒状のアルミ箔を置いて画をみるということをしたのをおもいだしました。
大奥というところは云い得て妙でした。
篤姫もそうですが、こういった女性を中心とした話は、やはり女性の脚本?とおもっていましたら、やはりメインの方はじょせいでした。余談ですが・・・。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-08-21 21:34:46
こんばんは。
そうそう、光のことを書き忘れていました。
あの左斜め上から差し込む光の使い方は
「レンブラント照明」という言葉を思い出させました。
そのとき同時に脳裏に浮かんだのは
「『バリー・リンドン』は自然光のみで照明を使ってなかったよな」ということ。
今回、長くなりすぎてここまでは書ききれなかったです。
でも、久しぶりに光を感じさせた映画でしたね。
あのスカーレットが床に伏せて
その部屋を暗くした中に差し込む光は、
少し見え見えでしたが…。

ぼくもナタリー、スカーレットはこのキャスティングで正解だと思います。

あっ、「大奥」の言葉はプレスに使用されていたのを頂いております。
これ考えた人、エラいですよね。
★えいさんこんにちは★ (mig)
2008-09-20 10:49:14
観ました、期待していたけどすごく映画的に作られてて、好みでした
大奥ってみたことないんですけど、
観たらきっとハマるんだろうなーって思ってたところで
、、、、
このお話最終的に本当、怖いですね。
でも当時だったら当然の結末なんでしょうね。。。
悲劇です
■migさん (えい)
2008-09-21 13:55:49
こんにちは。

見応え十分でしたよね。
史実が基になっているわけですが、
権力と性をめぐる物語は
どの国でも同じなんだなと、
改めて実感いたしました。
大奥! (たいむ)
2008-10-25 09:05:22
えいさん、こんにちは。
>イギリス版『大奥』
ソレですよ!ソレ!!私も同じように思ってました。

ひとつ気になったのは、毎度妊娠すると心が離れる王って、結局は身体?王子云々は建前にしか感じられないのは気のせいかしら?(^^;
キャサリン王妃は愛されてたんだなーと思いますが。
■たいむさん (えい)
2008-10-25 22:08:39
こんばんは。

>ひとつ気になったのは、毎度妊娠すると心が離れる王って、結局は身体?

もしかしたら、それもあるかも。
この映画を観ながら思ったのが、
「なるほど人間って権力志向になるはずだ」と……。
こんな好き勝手なことが許されるのは
あの時代だと国王だけ。
いまは、それが「富」に変わっているのかな?
拝金主義が横行するのも、
一つは、この欲があるからかもしれないですね。

歴史 (kazupon)
2008-10-26 19:56:18
えいさん

アンとメアリーのオヤジと叔父が画策したのが結果的に歴史に大きく影響しているって考えたらスゴイ話ですね。ただわかっていながらなんかもどかしくて
イライラしてしまうストーリーでした(笑)
自分も大奥みたいだなーって思いました。
アナ・トレントが彼女だったんですね。「ミツバチのささやき」っていつの映画だったんだろ・・。
■kazuponさん (えい)
2008-10-27 21:51:03
こんばんは。

こういう形で歴史の勉強をしていたら、
もっと興味を持てたのではないかと…。
映画を鑑賞した後で、
「ここは創作ですが……」と
教えてもらえたら、
これ以上に楽しい勉強はないでしょう。

『ミツバチのささやき』、
調べてみてビックリです。
製作は1973年。
なるほどこれならアナ・トレントの件も分かります。
日本での公開は1985年。
12年も遅れていたんですね。
Unknown (mariyon)
2008-10-28 22:45:55
こんばんはーー。
面白かったです。
史実とはちがっても、細かいところはよく知らないので、へぇ~~なんて思っちゃいましたが・・・。

二人ともうまかったですね。
ヨハンセンはひっそりとしながら、でも芯はしっかりしている美女にみえたし、ナタリーは最後、貫禄まで感じて一瞬、デミ・ムーアに見えちゃったくらい。
■mariyonさん (えい)
2008-10-29 20:43:17
こんばんは。
ぼくもこういう芝居がかった歴史劇は好きです。
史実に忠実と断ってあるわけでもないし、
過去のSFと考えれば映画として十分に楽しめます。

なるほど。デミ・ムーアですか。
あそこまで逞しくならないでほしいです。
Unknown (Ageha)
2008-10-29 22:16:02
>『映画で観ると歴史は分かりやすくオモシロい』

ですね。
ふだんなら見ないタイプの作品なんですが(爆)
公開前に「世界ふしぎ発見」で特集をしていて
なんかムショウに見たくなって行ってきました。

テレビでやってたときのイギリス人の反応として
アンブーリンはむしろ
ゴールデンエイジを築いたエリザベス1世の母として
偉大な人みたく思われてるようで
あまり悪い印象は受けませんでした。

知的で情熱的、策略家、
映画の中のアンはどちらかというと復讐の鬼。
でも本当は自分だけを愛してほしかっただけと
女性目線としては信じたいんですが

・・・ちと精神的にもろい「デミムーア」に
見えました。(笑)
こんばんは (ノラネコ)
2008-10-30 00:03:26
面白かったけど、もう一つ足りない印象でした。
この時代のヨーロッパ史は人間の欲望がグチャグチャドロドロで、滅茶苦茶面白いので、史実負けしていた様な気がします。
まあ上映時間が2時間では致し方ないのですが、もうちょっとキャラクターを深く描いて欲しかったですね。
美術と衣装はとても良かったです。
■Agehaさん (えい)
2008-10-30 22:53:42
こんばんは。

おおっ。Agehaさんもデミ・ムーアですか!?
ちょっとサンドラ・ブロックも入っていたりして。
でも、このふたりはこういうコスチューム系は
あまり似合わない気が…。(笑)

イギリス人の反応、興味深いですね。
やはり自国の人にする目線は違ってくるのでしょうね。
しかも、あのエリザベス1世の母ですし…。
■ノラネコさん (えい)
2008-10-30 23:05:05
こんばんは。

なるほど史実負けですか…。
それはあるかも。


でもぼくは、
“利発すぎる女性は
男に敬遠されてしまう”という
このアン・ブーリンの描き方が、
いまの時代にも通じるなと……。
いつしかドラマに入り込んでいました。
だからでしょうか、
彼女のフランスから戻ってきての
豹変ぶりにもそれほどの嫌悪感は持てなかったです。
Unknown (にゃむばなな)
2008-11-04 14:28:27
ケイト・ブランシェットの『エリザベス』シリーズを先に見ていたからこそ、よりこの映画を楽しめたような気がします。

あのおぞましい事件があったからこそ、あのエリザベス1世が作り上げられた。そんな裏メッセージを感じましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2008-11-04 22:16:26
こんばんは。
いろんな方が、この映画から
『エリザベス』のことへと
話を進められています。
これは、ぼくももう一回、
見直さなくてはかな?
Unknown (maru♪)
2008-11-09 03:56:08
こんばんわ♪

この映画すごかったですねぇ。
見終わった後ぐったりしてしまいました(笑)
あまりの濃厚な人生でした。

結局きちんと人を愛していたのはメアリーと母のレディ・エリザベスだけだった気がします。
ヘンリー8世が誰も愛さなかったのが悲劇の原因なんじゃないかと思ったり・・・。
でも、あの時代の王には普通の恋愛は無理だったのかもしれませんね。

その辺りもきちんと伝わっておもしろい映画でした。
■maru♪さん (えい)
2008-11-09 17:32:08
こんばんは。

maru♪さんのレビュー拝見しました。
実に読み応えありました。

ヘンリー8世は特別じゃなかったのかも。
他の国王はもっと器用にやっていただけかも…
なんて思ったりもしました。
わがままヘンリー (ノルウェーまだ~む)
2009-09-03 20:10:38
えいさん、こんにちは☆
歴史物にしては戦いもなく、人間ドラマたっぷりで見応えがありましたね。
特にアンとメアリーがぴったりハマリ役で、衣装も素晴らしかったです。
ほとんどがセットだったのですね、すごい!
上からの映像はしっかりロンドン塔だったので、衛星写真かなーなんて思っていたのですが…
ヘンリーは幼少の頃からわがままだったらしいですが、結婚はすべて恋愛結婚だったようなので、そのときは本気で妻を愛していたのだと思います。
ただ、飽きっぽいだけ・・・・?それも困り者ですが。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-09-05 14:18:26
こんにちは。

そう言われてみれば、
この手の作品で戦いがないというのは珍しいかも。

ヘンリーのことに触れられると
イギリス国教会の人たちは
少し返事に困っちゃうという感じかもしれないですね。
でも、ある意味、人間的だなあ。
男としてはうらやましいぞ(汗)。
遅くなりましたが (オカピー)
2010-01-16 01:44:04
明けましておめでとうございます。

去年何回コメントしたかという筆不精の僕ですが、本年も宜しくお願い致します。

>『映画で観ると歴史は分かりやすくオモシロい』
ですね。
有名な世界史的事件は全部映画で観たいと思うことしばしば。
その意味では、もう少し史実に沿って作らないいけないという作品もありますが。^^;

ところで、"The Other Boleyn Girl"はメアリーを指すと理解して、メアリーを主人公と捉える人が多いですが、僕はやはりアンの物語だと思います。
ドラマの冒頭の部分で、妹の結婚に際してふざけてそう言っていますからね。
つまり、もっと素朴な政略結婚の道具でさえなかったアンが英国史まで変えてしまった、という皮肉なタイトルではないかと・・・

えいさんのどう思われます?
■オカピーさん (えい)
2010-01-16 15:07:12
あけましておめでとうございます。

こちらこそよろしくお願いします。

“the other”の件ですが、
なるほど、この映画自体はアンのほうが
印象に残る物語ですね。
やはり一般には“1000日のアン”という感じで、
アンのほうが知られていますし…。
そこで“the other”はメアリーと考えるのもむべなるかなという気はします。
でも、オカピーさんのご指摘も納得。
なんだか不思議なタイトルです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
はまった小説。 (携帯小説)
最近はまっている携帯小説があります。
ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl (我想一個人映画美的女人blog)
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) ...
The Other Boleyn Girl 「ブーリン家の姉妹」 (表参道 high&low)
ヘンリー?世に処刑された悪名高い姉アンをNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)、その妹がScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)で悪女に翻弄される王をEric Bana(エリック・バナ)が演じた史実の映画化がThe Other Boleyn Girl「ブーリン家の姉妹」。世継...
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年10月4日22:10 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。...
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
「ブーリン家の姉妹」みた。 (たいむのひとりごと)
悲劇だと思う。脚色はあるだろうが、実にやりきれない苦い後味が残る物語だった。王が絶対的権力を持ち、続いて「爵位」がモノを言う時代の英国。”政略結婚”で「ブーリン家に繁栄を」という父親の野心が狂わせた姉
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ラ...
「ブーリン家の姉妹」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ブーリン家の姉妹」公式サイトイングランド王ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚秘話&エリザベス1世誕生秘話。ナタリーとスカーレットの競演てだけで楽しみにしてましたー。正反対の姉妹役が二人ともほんとハマリ役。野心家のアン。王をじら...
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
ブーリン家の姉妹 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)    スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)    エリック・バナ(ヘンリー8世)    ジム・スタージェス(ジ...
ブーリン家の姉妹 (小部屋日記)
The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スタージェス/マーク・ライランス/クリスティン・スコット・トーマス/デヴィッド・モリッ...
ブーリン家の姉妹 (It's a Wonderful Life)
歴史に疎いもんで、映画の背景になるヘンリー8世 周辺の事はほぼ判らずに観たんですが、ある程度知ってるほうが 面白く観られる映画だと思います。 事実は小説よりも奇なりとは良く言ったもので ストーリーそのものは昼メロや大奥にも勝る 権力者にまつわる女性...
ブーリン家の姉妹 (心のままに映画の風景)
16世紀、イングランド。 国王ヘンリー8世(エリック・バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに目...
*『ブーリン家の姉妹』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ共演。
ブーリン家の姉妹 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン__。世界を変えた美しくも哀しい運命の恋の物語。 物語:16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む...
歴史的事実+「ブーリン家の姉妹」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 映画エリザベスを観た後に 母アンのことが気になっていました。 いや、今回、この映画を観て、すっきりしました。 もちろん史実だけでなく脚色もあるんでしょうが 映画としても、見ごたえありました。
野望に取り憑かれた魔女。『ブーリン家の姉妹』 (水曜日のシネマ日記)
王の愛を巡り、16世紀のイギリスの宮廷を舞台に描かれた作品です。
ブーリン家の姉妹 (悠雅的生活)
 愛された女と、勝ち取った女。
★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
ブーリン家の姉妹 (to Heart)
愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアン。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。 原題 THE OTHER BOLEYN GIRL 製作年度 2008年 上映時間 115分 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハン...
【ブーリン家の姉妹】 (日々のつぶやき)
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差
『ブーリン家の姉妹』(2008)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:THEOTHERBOLEYNGIRL監督:ジャスティン・チャドウィック原作:フィリッパ・グレゴリー出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント公式サイトはこちら。<Story>16世紀...
ブーリン家の姉妹 (映画通の部屋)
「ブーリン家の姉妹」THE OTHER BOLEYN GIRL/製作:2008年
イギリス版大奥は残酷。~ブーリン家の姉妹~ (ペパーミントの魔術師)
普段なら見ないタイプの洋画なんですが(笑) この劇場公開の前に「世界ふしぎ発見」で 特集やってまして。 おまけに、原作文庫がえらい売れてまして。 そら気になるじゃないですか・・・。(?!) ご覧のとおり、上巻がナタリーポートマン、 下巻がスカーレットヨハン...
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英) (富久亭日乗)
     ★★★★★  16世紀の英国を舞台にした、 King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。 原題は「The Other Boleyn Girl」。      ◇  成り上がりのBoleyn家には、 2人の娘と1人の息子がいた。 一族の繁栄のために、 当主Sir Thomas Boleyn(Mark...
ブーリン家の姉妹 (eclipse的な独り言)
 近頃は忙しくて、更新することもままならないという感じです。さて観てきました。こ
ブーリン家の姉妹 (郎女迷々日録 幕末東西)
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイト  もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょ...
『ブーリン家の姉妹』 (めでぃあみっくす)
なんともおぞましい物語。事実は小説より奇なりとはまさにこのこと。しかし映画としては凄く見やすく、嫉妬や裏切り・近親相姦未遂まで描いているのに嫌な感じを全く受けない演出の丁寧さに驚きました。 そしてこの映画を見て確信したことはナタリー・ポートマンの「脱マ...
【ブーリン家の姉妹】愛と欲にまみれた王朝の悲劇 (映画@見取り八段)
ブーリン家の姉妹 ~THE OTHER BOLEYN GIRL~ 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演: ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エ...
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL (銅版画制作の日々)
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を...
ブーリン家の姉妹 (利用価値のない日々の雑学)
16世紀は世界中が構造的に大きな変化を遂げた世紀であったが、特に、英国と日本という極東西の島国は特にそれが顕著であったと言える。英国は、ヘンリー8世という寵児の出現に丹を発しており、中でも、ローマとの決別は画期的なことであったが、同じ様に宗教的な因子で...
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
「ブーリン家の姉妹」 上昇志向が身を滅ぼす (はらやんの映画徒然草)
アン・ブーリンはその時代に生きるには、あまりに賢く上昇志向が強い女性だったのでし
「ブーリン家の姉妹」 (RAY's Favorites)
スカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンの英国王朝コスプレ的なポスターを一目見た時から、この作品は観たいと思っていました: ...
『ブーリン家の姉妹』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
歴史モノはかなり好きなので、これも予告を観て公開を待ちかねていました。イギリス史は特に、同じ名前の○世が多くて、どうにもややこしいのですが!ここで一つ勉強できました。.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+ (C)2008ColumbiaPicturesIndustries,Inc.andUniversalCit...
ブーリン家の姉妹の試写会に行ってきました! (マリリンブログ)
映画「ブーリン家の姉妹 」の試写会に行って来ました。 この映画は、古い時代のイギリス(イングランド)に生まれた 2人の姉妹とその弟の3人が富と権力の争いの渦に巻き込まれていく映画です。 ちなみに私は、三人姉妹ですが、 姉妹の絆と女性としてど...
ブーリン家の姉妹 (ふぴことママのたわ言)
公開されている劇場が少なく、いつものシネコンではやっていないけど観たかった作品。 観て来ましたよ~ 150席の劇場で前3列くらいは空いていたようですが、ほぼ満席。 レディスデーではありませんが、そのほとんどが女性でした。 男性は、3人ほどお見かけしまただけ。{/f...
『ブーリン家の姉妹』 歴史を紐解く、二人の名演技に酔う心地よさ (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『ブーリン家の姉妹』 原題: The Other Boleyn Girl 監督: ジャスティン・チャドウィック 脚本: ピーター・モーガン 原作: フィリッパ・グレゴリー 出演: ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティ...
ブーリン家の姉妹 を観ました。 (My Favorite Things)
チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
ブーリン家の姉妹 (ももママの心のblog)
若くて綺麗な女優二人は、タイプは違えど実力派。その個性に合わせた色違いの豪華衣装と、その裏に秘められたドロドロの愛憎劇。主演二人も、歴史物も好きな私にはたまらない一作でした。上映している映画館が少なめだったため、やっとの鑑賞~。
ブーリン家の姉妹 (Memoirs_of_dai)
キャラと実質は逆? 【Story】 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛...
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
【映画感想】ブーリン家の姉妹(ナタリー・ポートマン×スカーレット・ヨハンソン)[2009-051] (映画+小説+家族=MyLife)
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンが共演した『ブーリン家の姉妹』。王室で繰り広げられる政略や裏切りに翻弄された姉妹を、見事に演じきっていました。 あのエリザベス1世が如何にして誕生したのか?なぜ、彼女はカトリックに迫害されたのか?そんな時代...
ブーリン家の姉妹 (Blossom)
ブーリン家の姉妹 THE OTHER BOLEYN GIRL 監督 ジャスティン・チャドウィック 出演 ナタリー・ポートマン スカーレット・ヨハンソン エリッ...
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
【映画】ブーリン家の姉妹…ちょっと昔「とんでブーリン」ってアニメありましたよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
いやはや、お仕事も我が家もなんだか最近は忙しいです{/face_hekomu/} 17日(月曜日)は、週の頭から6時間とかの残業{/face_hekomu/}{/down/} …(チョイ愚痴ですが{/face_ase2/})私の計画通りだとこんな残業は発生しないんですけどねぇ{/face_ikari/}…人の後始末みた...
映画評「ブーリン家の姉妹」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年イギリス=アメリカ映画 監督ジャスティン・チャドウィック ネタバレあり
ブーリン家の姉妹 (mama)
THE OTHER BOLEYN GIRL 2008年:アメリカ・イギリス 原作:フィリッパ・グレゴリー 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、エリック・バナ、ベネディクト・カンバーバッチ、オリバー・コールマン、エディ・レッドメイン、ジム・スタージ...
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...
映画 ブーリン家の姉妹 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
公開当時結構しっかり紹介されていて頭に残っていた映画「ブーリン家の姉妹」。ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演が随分と話題になったように記憶しています ...