ゆうしゃケン  小心翼翼・平々凡々

団塊世代の技術系サラリーマン、趣味と独り言でストレス発散

古希

2017-03-27 20:44:11 | 平々凡々
 今日、27日。私の誕生日。70歳になった。自分でも驚く。私が70歳だなんて。
 精神的には壮年期と全く変わっていないと自分では思っているのだが、体力的に、特に瞬発的な動作は衰えてきているのが自分でも分かり、やはり70歳になったのだと実感している部分もある。それでもやはり気分は若く、暖かくなったら山で蝶を追っかけたいと思っている。

 70歳、還暦に続く一つの区切りとして古希のお祝いを土曜日にお寿司屋さんでみんなが祝ってくれた。残念ながら学校行事がある男児の孫たちは来れなかったが、ファミリーが揃って祝ってくれたのだ。思えば10年前はハウステンボスで還暦を祝ってくれたのだが、今回はお寿司。何かと忙しい子供達が集まってくれたのが嬉しい。賑やかな席でお酒を飲み好きなお寿司を食べて大いに満足したのだった。

 
 
 お寿司屋で娘達、そしてアンちゃんも。

 
 
 花束と色紙。大事に飾ってます。

 なぜか日頃は口やかましい妻の節酒制限もなくて、美味しいお酒で酔っ払ってしまったのだが、いよいよお開きと言うときにサプライズがあった。娘達から花束と寄せ書きの色紙を贈られたのだ。お寿司でお祝い、としか知らされていなかったので、本当に驚いた。大きな花束を胸に抱き、孫達からのメッセージを読むと、酔いも手伝って眼が熱くなってきた。一人一人が自分の言葉で私に語ってくれていたのだ。本当に私は幸せ者だと思った。

 そして誕生日の今日、妻からバッグと小銭入れをプレゼントされた。バッグは博多への通勤用、小銭入れは私の不注意で紛失していたもので嬉しかった。大事に使おう。

 そして嬉しいことがもう一つ。医療費が4月から2割負担になることだ。毎月結構な額を支払っているのでこれは嬉しい。遠慮なく医者に掛かれる!と言いたいところだが、薬は怖い。医者知らずになれるように日頃から摂生したいと思ってはいるのだが・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ギラヴァンツ、頑張れ!

2017-03-13 10:52:14 | 平々凡々
  3月に入ってすっかり春めいてきた。コブシの白い花がそろって開き始め蒼い空に浮き出しているのは実に気持ちよい。気分が高揚してくる。桜の花も間もなくだろうと思う。本当に待ちかねた春がやってきた。

 毎日が日曜日の私ではあるがこのところ何かしら忙しい日々を過ごしている。まず運転免許証の更新。70歳になるので高齢者講習修了証を持って免許試験場に赴いた。午前中は多いので比較的空いている午後が良かろうと1時前に行ったのだが、甘かった。もう受付は長い列が出来ていた。それでも順序よく手続きをこなし、1時間ほどで更新を終えた。5年間有効のゴールド免許だ。次回の更新は75歳になるが、その時は認知症検査も行わなければならないようだ。運転免許を返納するかどうか、真剣に考えなくてはならないだろう。

 我が家の雛飾り。40年前のもの
 
 アンちゃん、ツノツノ1本、オニさんです。
 

 毎日家に閉じこもっていると老化が早くなると思って、先日から校区の市民センターの囲碁倶楽部に通うことにした。昨日までに3回ほど参加しているが成績は13戦全勝。自己申告は4段としたのだが、初回は5戦全勝だったので、クラブ内では5段と評価された。クラブ員の構成は9段から3段まで、全部で13人、私は丁度真ん中くらいの位置だ。当然?ながら高齢者が多く、私などは最も若い部類に入る。クラブの長老からは次世代のエースとして見られているかも。いずれにしても週に1回、囲碁で頭を使うことになる。定石など忘れてているところもあるので再勉強をせねばと思っている。

 昨日はギラヴァンツの開幕戦だった。J1昇格の条件である1万5千人収容できる専用球技場が感性した途端にJ2からJ3に降格したギラヴァンツ、今年はすぐさまJ2復帰が大目標であり、北九州市民もこぞって応援している。で、昨日の開幕戦、J3なのにNHKの放送もあって盛り上がりは大変なもの、なんと満席に近い1万4千人超の観衆が押しかけたそうだ。私も行く予定だったのだが、急に予定が入って応援に出かけられなかったのが残念だ、次回は是非とも出かけたい。ただ、テレビで見た限りギラヴァンツの動きが悪い。相手は秋田。igaigaさんがブログで自嘲しているように、はっきり言って弱小県、サッカーもそんなに強いイメージはないのだが、その秋田に翻弄されている。こんな調子ではとてもJ2復帰は望めないと思った次第。奮励努力を期待したい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

杵築ひいなめぐり

2017-03-01 11:06:13 | 紀行
 今日は3月1日、日増しに暖かくなって桃の節句も楽しく迎えられそう。ひな壇を前にアンちゃんの笑顔を撮っておかねばならないと思う。最近はひらがなも読めるようになって、「おふろでちゃぷちゃぷ」「はらぺこおあむし」などの絵本を私に代わって大きな声で読むようになってきた。何より「あんり」と書けるようになったのが嬉しい。三つの文字の大きさはアンバランスだけれども、確かに「あんり」と書く。自我も強くなって、自分の主張が通るまでテコでも動かないガンコな面もあるが、納得すれば何でも素早くする。やんちゃないとこ達から可愛がられて、すくすくと成長している。

 さて、先週の土曜日はJRウオーキング。久しぶりに遠出して、杵築に出向いた。小倉から日豊線を南に100キロ、特急で1時間強の城下町だ。テーマは「城下町杵築のひいなめぐり」。杵築の街は散策したことがなかったので、落ち着いた街並みを歩くのを楽しみにして出向いたのだった。それに天気も良かったので、初春のウオーキングも楽しいだろうと。

 杵築駅前。
 
 杵築中央のメイン道路。昔ながらの白壁の店が並ぶ。
 

 特急ソニックから杵築駅に降り立ったのが9時過ぎ。10名くらいの同好者がいた。スタート受付を済ませ、渡された地図を片手にウオーキング開始。空は青く風もなくてすぐに暑くなってきた。ジャンパーを脱いで1時間ほど歩くと杵築の城下町にたどり着いた。中央のメイン道路を挟んだ丘の上に武家屋敷群があって、そこかしこにおひなさまが展示されていた。古いものは江戸時代初期だと思うが、保存が良くて綺麗に飾られており、情緒豊かで落ち着いたたた住まいが静かに広がっていて、「来て良かった」と思った。

 
 
 
 
 

 杵築城は瀬戸内海に面した守江湾の端にあり、小さいものの格好が良い平山城だった。難攻不落の名城で、江戸時代になって松平氏(能見氏)杵築藩3万2千石の城下町として栄えたと知った。九州の小京都と自称しており、戦火にも耐えた街並みはやはり懐かしく感じる趣があった。
ただ、街の構成上、坂が多く難儀したところも多かったかもと感じた。

 杵築城(別名勝山城)
 
 坂道が多い城下町。この坂は「勘定場の坂」
 

 ゴールの杵築駅に戻ってきたのが12時前。スタンプを押してもらったが、ちょうど20個溜まった。今回は40個を目指すことにしているので丁度半分までたどり着いたことになる。3月からの春のウオーキングも頑張らなくては。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

北九州スタジアム

2017-02-19 11:17:18 | スポーツ観戦
 北九州は春一番も吹いていよいよ待ちかねた春が到来。アンちゃんも外遊びが楽しいのか三輪車に乗ることが多くなってきた。ただペダルを踏んで前に進む動きはまだできず、バァバが押して散歩に行くことが多い。

 さて、春の訪れにふさわしい行事が土曜日に開催された。その一つが我が街、北九州のスタジアムのこけら落としイベントだった。J1昇格の条件である専用スタジアムを市の応援で手にしたにも係わらず、まさかの降格でJ3にすべり落ちたギラヴァンツ北九州、100億円を投じた新スタジアムも完成したこともあり、心機一転、今季の巻き返しを願っている。
こけら落としはラグビーのサンウルブズ。そのオープン戦で相手はトップリーグ選抜。前から楽しみにしていた。試合は午後2時にキックオフだったので昼から行けば良いだろうと暢気に構えていた。

 その日は忙しく、午前中は奏汰の「2分の1成人式」があったので、小学校に出かけ、昼食後に家を出た。実はここ数日、風邪を引いていて咳がひどかったのでラグビー観戦はできないかも知れないと思って切符を買っていなかった。当日売りの自由席で良いだろうと。それがその日は天気も良く、体調もそれほど悪くなかったので少々厚めに服を着込んで出かけたのだった。
 
 奏汰の「2分の一成人式」。将来は何になりたいか一人一人発表した。
 


 新スタジアムは小倉駅の北口から徒歩8分、海に面した臨海地区にあり、サッカー、ラグビーの専用、収容人員は1万5千人だ。小倉駅につくと駅前広場は大勢の人でごった返していて驚いた。ラグビー観戦者の多いようだったが、翌日曜の北九州マラソン(参加者1万人)の受付もしていたので、それと重なっていたのだった。

 1時過ぎに小倉駅に着いたので、開幕まではあと1時間弱、こんない客が多いと切符は売り切れになっているのじゃないかと気が気ではなかったが何とか自由席1枚(2500円)を手に入れることができた。当然ながら空席はもうなくて座れなく、手すりにつかまって観戦することにしたのだが、風は冷たいものの日射しは暖かく、天然芝を張り詰めたグラウンドは緑鮮やかで、この時期にしては絶好の観戦日和だった。

 
 
 

 当然ながらというか、試合はサンウルブズが勝ったのだが、やはり迫力はたいしたものでテレビ座敷で観るものとは全然違う。それに選手達が大きくて広いコートが狭く見えるほどだった。私は充分に満足し、今年は何回かギラヴァンツの応援に来なくてはと思いながら家路についたのだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今、ニュースが面白い

2017-02-15 13:50:07 | 平々凡々
 大寒波も過ぎ去って、今日は春の日射しで暖かい。この1週間、寒かったので家に閉じこもっていたので身体を解放せねば、と足立山散策ウオーキングに出かけた。ゆっくりと歩いて2時間弱、万歩計によると9500歩、私にはちょうど良い適当なコースだ。


 コースの途中でジョギングしている知り合いに出会った。私より5歳程度上で、博多山笠にも担ぎ手で参加するなどもともと運動好きな人であるが、昨年はホノルルマラソンを完走し、4月には韓国での桜マラソンにも出かけるという。来週開かれる北九州マラソンは参加応募していたが残念ながら外れてしまったという。医薬系の会社に勤めていたが、定年退職後は趣味を生かして手打ち蕎麦屋をしていたのだが今はもう完全にリタイア、悠々と過ごしている。マラソンで鍛えた身体に衰えはなく、羨ましい生活を送っていると私には思える。

 私が頂いたスイーツ。みんなありがとう。
 
 
 
 
 

 昨日はバレンタインデー、最近は自分へのご褒美チョコが流行だそうだが、私にもチョコが来た。妻はしきりに義理チョコだというが、初めから私と半分こという姿勢だ。まぁ、私にしても一人で全部を食べきれないので腹は立たない。アンちゃんに食べさせたいが、まだ人工的な甘いものは厳禁、イチゴなどの甘い果実で我慢してもらおう。

 さて、会社をリタイアしてからまもなく1年。毎日が日曜日なので、のんびりしている。最近はテレビを見ることが多く、朝日系、毎日系、読売系と午後は報道系番組をはしごしている。すると分かったことだが、特番を組んだりして実に詳細に分析したりしてニュースがよく分かる。最近はトランプ大統領、小池都知事、韓国問題など世間を騒がしている大きな問題が多く、実に面白い。記事の表面的な事象は新聞で読むのだが、テレビでは裏レポートというか、隠された問題、スキャンダル的記事などがでるから、思わず前のめりになって見てしまう。先ほども北朝鮮の金正男が殺されたとニュースがあったばかりだが、なんとその犯人だと目されている女二人が死んだといっている。まさに映画によくある話ではないか。中国の陰謀を北朝鮮側が先じて制したとさえ言われているらしい。本当にニュースが面白い。もちろん我が身に火の粉が降りかからない範囲ではあるが。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春を探して

2017-02-04 14:27:03 | 
 
 
 今日は立春。九州地方はこの3日間、よく晴れた。風は冷たいものの日射しは心地よく、白梅紅梅が青空に凜と冴え、散歩するのが実に楽しい。

 
 
 我が家の庭で。枇杷の花も寒風の中、日射しを浴びて育っています。昨年は冷害で全滅でした。寒波よ、来ないで!
 
 月曜日に長女がインフルエンザに罹ってしまい、この5日間、アンちゃんと一緒に我が家で養生していたのだが、この青空と共にウイルスも吹き飛んでいったようで、家の中に閉じこもりがちだったアンちゃんを外に連れ出し、ここかしこに春を見つけてはアンちゃんと一緒に春の遊びを楽しんだのだった。

 
 公園で土いじり。春の楽しい遊びです。
 
 好きなタコを自分で巻いて満足そうなアンちゃんです。

 節分の昨日は和君やアンちゃんがオニや福の面をかぶり、「鬼は外、福は内」と豆を撒き、そして恵方巻きの代わりに手巻き寿司で悪霊退散を念じた。アンちゃんも和兄ちゃんと一緒に豆をまき、寿司を巻いたのだから理解力がすごいのが驚きだ。

 
 奏汰君の快走ぶり

 
 寒い中、アンちゃんも応援です

 
 
 啄ちゃん、2位を大きく引き離してゴール間近

 そうそう、奏汰と啄ちゃんも頑張った。やはり先週、インフルエンザに罹ってしまった奏汰、治った早々にマラソン大会があった。きつければ走らなくても良いよと言っていたのだが、奏汰君頑張って走った。成績は全体の真ん中くらい。体調が良ければもう少し上位だっただろう。それ以上に頑張ったのが啄人。堂々の1位、優勝したのだ。それも2回走って2回とも1着。グラウンドを5周するのだが、堂々の走りっぷりで、2位を大きく引き離しての勝利だった。3位以内を目指すと言っていたので本人は自信があったのだろうが、私はそんなことは知らなかったので嬉しい驚きだった。1回目のレースでコースを間違えた人がいたので再レースとなったのだが、啄ちゃんの実力は抜きんでていたのだった。寒い中、応援に出向いたジジババ、アンちゃんも大喜びでした。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

オニは1本、カニカニ2本

2017-01-15 12:02:08 | 
 今冬一番の大寒波襲来で北国では大変な思いをしているようで、お見舞いを申し上げます。
我が街、小倉は北風は強いものの生活には問題無く、新年を無事にスタートした。

 3月に70歳を迎える私、今年最初の仕事が高齢者講習だった。講習は午後の3時間だったが、個人指導であって全員でたったの6人の専用教室だった。
講習内容は机上講習、視力や運動能力検査、そして運転実技の3種類だった。そのいずれも特に問題無く終えたのだが、やはり反射神経の衰えはいかんともしがたく、20代と比較するとかなり低下しているのが自覚できて、それはそれで良かった。実技の方は車庫入れ、S字カーブなど脱輪もなく無事にクリアした。

 最近は高齢者の事故報道が眼立つ。ブレーキとアクセルの踏み間違えなど、慌てているのが原因だと思うのだが、いつ自分が加害者になるかも知れないと認識を持つのが大切だと改めて思ったりした。来月には講習修了証を持って免許更新だ。あと何回更新するかしら。

さて、孫娘あんちゃん。2歳と4ヶ月。おしゃべりも上手になって、大人と全く同じような言動を示すようになってきた。先日は私がお守りをすることになったのだが、ぐずることも泣くこともなく、お昼寝もしっかりして留守番ができた。その状況をアンちゃんも理解していたようで、ママの仕事が終った夕飯の時にママに「ジイジをギュッとして!」という。ジイジを抱きしめて、お礼をしてと言うことのようだ。

 ジイジィにギュッとせよとママに云う
  孫の瞳はきらきら光る



 オニ一本、カニカニ二本とお遊戯会


 指を1本、オニさんです。
 

 指を2本、カニさんです。
 


 別の日には孫達も集まって出回り始めたイチゴを食べていたのだが、イチゴ大好きなアンちゃん、お代わりが欲しいと言い出した。バァバがボオさん(奏汰、啄人のパパ、アンちゃんのおじさん)の分しか残ってないよ、と言ったのだが、ボオさん大好きなあんちゃん、即座に 「イチゴいらない!」  乙女チックな感情を披露したのだった。




コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2017-01-03 11:16:17 | 平々凡々
明けましておめでとうございます

暖かい新春を迎えた北九州ですが、皆様のところはいかがでしょうか。
昨年は変動の前ぶれ、嵐の前を予感する一年でした。今年はどうなるか、平々凡々の私としても時局を見極めて行かなければと思いを新たにしているところです。
皆様方も幸せな一年になることを祈念しております。



小倉の東に聳えて小倉っ子を見守っている足立山、まばゆい陽光でいっぱいです。

 

恒例の新年宴会。孫達も全員集合です。

 
 
 


 
 

今年もゆうしゃケンとKKK騎士団をよろしくお願いいたします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのお泊まり

2016-12-16 10:04:17 | 
 師走も半月を過ぎ、今年も残り2週間となった。忙しくは無いのだがなんとなく気ぜわしい。この時期の仕事は年賀状。毎年デザイン作りに頭を悩ませていたのだが、ここ数年はブログで知り合ったきみどりさんのおかげで助かっている。彼女はブログで自作の花のイラストを紹介しているのだが、実に繊細で趣きがある。そのきみどりさんから自由に利用しても良いよと干支の版画をもらったのが6年前。それから私の年賀状作りは楽になった。毎年、考えることなく彼女の版画を載せている。彼女の作品は凜として引き締まっているので初春にふさわしく見栄えが良い。今回もお世話になるのだが、デザイン配置の都合からアンちゃんを入れることにした。可愛いひよことして。下図が私の年賀状のイラストなのだが、右がきみどりさん作の鶏だ。印刷も終えたので、あとは宛名書き。毎年宛名だけは自筆としている。相手の面影を頭に浮かべながら。

 

 さて、アンちゃん。2歳3ヶ月となった。週に3日、保育園に通っている。最近は千夏ちゃんというお友達もできで保育園が楽しいようだ。ママのレッスン日は我が家で過ごす。積み木やパズル、絵本や童謡など遊ぶものはたくさん、特にお人形さん遊びは大好き。ピグレットちゃんなどとぬいぐるみに名前を付けているので、私も覚えるのが大変だ。アンちゃんに嫌われたくないから、「お母さんと一緒」などの幼児番組に出るキャラも覚えなくてはならない。アンちゃんと遊ぶのは頭の活性化に役立っているようだ。そのアンちゃん、最近は「かごめかごめ」に嵌まっている。それも鬼役で。私と妻は数あわせのためにお人形のピアンちゃんやピグレットちゃん、ミッキーを仲間に入れてアンちゃんの周りを回る。アンちゃん、結構高い確率で後ろの正面を当てるのだから驚きでもある。注意深く歌の主を聞いているのだ。
 
 

 そのアンちゃん、なぜか私を気に入って「ジイジ、大好き」と抱きついて頬を合わせてくる。特別に何かをしたわけでもないのだが、やはり素直に嬉しい。そうなるとあんちゃんを連れてコープに柿を買いに行ったりする。アンちゃん、柿が大好きなのだ。妻は妻で福島から取り寄せたリンゴでアンちゃんのご機嫌を取っている。そして、一昨日。いつものようにレッスンを終えたママがアンちゃんを連れて帰ろうとしたのだが、なぜかアンちゃん帰らずに「お泊まりする」と言い出した。それも「ジイジと一緒に寝る」と言うのだ。話を聞くと、チャイルドシートのシートベルトを嵌めるのが厭だったそうだが、それにしてもお泊まりを希望するとは! 

 

 

 結局、アンちゃんはバァバとお風呂に入り、バァバの布団で寝たのだが、ママが恋しいとか、厭とは一度も言わなかった。一度決めたことは頑として譲らない頑固なところがある子ではあったが、それにしても2歳少しで一人でお泊まりできるとはすごい、と改めて驚いた。和君でさえもお泊まりしたのは5歳の頃じゃなかったかしら。翌朝も機嫌良く目覚めて心配して駆けつけたママにもけろりとしていた。

 アンちゃん、今のお気に入りは「しまじろう」。お兄ちゃん達の教材のビデオなのだが、それを何度も観る。昨日、また観るというのでビデオをセットしたのだが、あんちゃん「3回目!」と言う。ちゃんと知っているのだ。しまじろうのDVDは1枚だけで、残念ながら他はもう残っていない。娘達の家庭にあるかも知れないと探すように伝えたが、どうなるか。しまじろうの教材、買ってやりたいが、まだ2歳では早いのではないだろうか。いろんな付録があるので、使いこなしきれないと思われる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

聖の青春

2016-12-04 13:07:03 | 平々凡々
 ひさしぶり、にと言うか、学生の頃以来だから47年ぶりに一人で映画を観に行った。「聖の青春」だ。去年だったか、北九州在住の葉室麟さんの「蜩ノ記」が放映されたときに挨拶も兼ねたトークショーが開かれるというので、それを一人で観に行ったのだが、その日は妻が所用があったので、完全な単独行というのは今回が初めてのことだった。誘ったのだが、すぐさまつれない返事が返されたので、将棋の世界を知らない妻は羽生七冠は知っていても村山聖までは記憶に無かったのかも知れない。

 


 さて、村山聖。「東の羽生・西の村山」と称された天才だ。二人の対戦はほぼ互角、将棋ファンの私は彼の独特な風貌は知っていた。ただ今思えば、まん丸顔は薬の服用によるものであったのかも。NHK杯などで観ることが多かったが、髪を引きむしるような彼の仕草は今も覚えている。わずかなりでも将棋に親しんでいる私にも彼の差し手に驚いた記憶もある。人なつこそうな童顔の中に、名人への思いと病魔との戦いが隠されていたのだった。

 金曜の朝一番9時半上映開始だったが、140席あまりの館内、観客は10名だった。平日で朝一番という時間帯だったので少ないのも当然なのかなとは思ったが「君の名は」などは多そうな感じだったので、やはり将棋の世界はマイナーなのかなと感じたりしていた。

 映画自体としては村山聖の生き様を羽生善治との対比で描かれていたが、もう少し彼の成績を表現してくれていたら勝負師としての彼の力量が浮き彫りになって彼の夢「名人」への思いが伝わったのではないかと思った。

 最近はコンピュータソフトも強くなって囲碁、将棋も人間が勝つのが難しくなった感がある。そうなるとこの道の専門家、いわゆる棋士も存在感が薄れてゆくような気もする。竜王戦では不正にコンピュータソフトの手助けを得たかのような報道も有り、問題となっているようだ。この先どうなるのか実に興味深い。人工知能は別のものとして、囲碁・将棋は勝負事、あくまでも人と人の闘いとして残っていくことを期待したい。アニメ「3月のライオン」、毎週観ている。聖の青春とは似たような感性を持っているようなところもあって、人間性とは何か、究極の高みを目指しているような気がする。





コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加