DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

あたご@要町

2017年06月10日 | 大衆食堂
しかしアレだな。首都高が地下を走る様になってからの山手通りは、その周辺から全く浮いた存在になってしまったようだ。



池袋からひと駅。要町の山手通りからひょいと入ったトコに見つけたノス食事処。



いいねえ。
こーゆー店をそれとなーく包括してた山手通りが好きだったんだけどなあ。。なんて眺めてたら。



お。安いね。
入ってみるか。

と一歩踏み込むと



これまた自分が産まれた40年ほど前にタイムスリップしたんじゃなかろうか。といった店内なのであった。



白髪で短髪のご主人に、とんかつライスお願いします。と告げる。

中ではきっとその頃から常連であったろうご隠居が、酒を飲みながら、あそこはまだある、あそこは無くなった。などと地元の話題に花を咲かせていた。



現れたとんかつライスは、その何処となくゆるい雰囲気からは想像していなかった、手抜きのないものであった。



大きな肩ロースのとんかつ。ほんのり桃灰色に揚がったそれに、ソースをかけてどんぶり飯を食らう。いい。正しき大衆とんかつである。



味噌汁がまた素晴らしい。きちんと味わいのある、たっぷりのほうれん草に豆腐。
こんなゼータクな味噌汁。などと思ってしまうのは、自分が40年後からやってきた客だからなのだろうか?



またよろしくねえー。と少ししゃがれ声のご主人に送られて店を出る。
道からは建設中のビルや大きなマンションが見えた。

町は生きている。
不変であるコトも、代謝を繰り返すコトも、生きている証。
それだけの事なのかも知れないな。とこの街角を後にした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モモヤ@南阿佐ヶ谷*

2017年06月10日 | 大衆パン









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋甚@根津

2017年06月09日 | 菓子・甘味
だいぶ暑さを感じ始める季節になってきた。
しばらく休止していたしょりしょり探しのシーズンインである。



そう、羽生で出会った感動の味を他所でも探そうという珍妙な旅(笑)

今回はこちら。
ま、この数軒隣でやってたフリマに子供らが捕まって、仕方なくふらふらしてたら目に入った店なんですけどねw



後で調べたら創業100年強の老舗なんすね。でもイートインの方もお高くとまるコトのない庶民派で大変結構。



子供らにはバニラ、自分にはアズキ。しめて240也。



うほほ。うまいすねー。てかこの最中がぱりっぱりで思わず夢中になっちゃうなああああー



と、あっという間に平らげて、残ったバニラをもて余す。。

まだフリマに夢中な子供たち。。



えーい食っちまえw

うひいいいいいいいい
細やかな微しょりのさっぱりバニラ。そこにぱりっぱり最中。モア松屋とはちょっと違うけど、これはこれでかなーりうめえええええ





あ。この後ちゃんと子供たちにも買い直してあげましたよw







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

萩原精肉店@川越

2017年06月08日 | 弁当・惣菜・デリカ
観光地小江戸ではない方の川越のメインストリート、クレアモール。
川越と本川越を結び、その先には件の街並みで知られる観光地川越を繋ぐ商店街。

御多分に洩れず、どこの町とも大して変わらぬ大手チェーンの店々が軒を連ね、そして人人人であふれかえっていたのだが。



そんな道筋の半ばに、いい感じの精肉店を見かけた。



気さくなおじちゃん。訊いたらなんと90年も続いているんだそうで。



ケースにないものも頼めば揚げてくれるとのコトでしたが、その場で食わない場合は揚げ置きの方が良いのよね。

というコトでハムカツメンチコロを。



いいねえ。デンと構えたこの感じ。
そして素っ気ないきつね色。

カレーが真っ黄色だった様に、立ち食いそばがフワポコゆで麺だった様に、

昔の肉屋の揚げものってこんな感じだったよなあ。



なんてひとくち。ん?と、もうひとくち。
その味に引き込まれたのである。

うまい。

コロの具はじゃがいもだけだけれども、マッシュポテトの様な濃ゆいうまさ。いい。
経験の中では横須賀コロッケにも似ているかも知れない。

メンチもよく練り上げられ、タネ自体に凝縮された旨みの魅力がある。ちょっとシウマイ的な。グリーンピース入りてトコもそう感じさせたのかもしれない。



新たなモノが出てくると、それまでのモノは時代遅れだと追いやられる日本。

それらは不味かったのだろうか?
いや違う。

それらは進化するコトはないのだろうか?
それも違う。



おいしく作ろう。楽しんでもらおう。

時代遅れと一括りにされる一群の中にも、そんな気持ちで、その型を守りながら進化し続けているモノがある。

自分は、ノスであるコトを一辺倒に愛でているワケではない。

黄色いカレーにも、ゆで麺にも、きつね色した揚げ物にも。うまいのとそうでないのがあるというコト。

そんなモノに出会った時、自分は旅をしていて良かったなあ。と思うのだと思う。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西川@豊洲

2017年06月07日 | 弁当・惣菜・デリカ
てなワケで翌週(笑)



次男を連れて、今回はお昼ちょい前に到着。なんだけど近所のママさん達がぐいぐい集まってきてるのよ。人気店なのかー

どうやら早くも売り切れの弁当もあるみたいで、慌てて店内をチェックして。



まずはマグかつの在庫確認。よしw



あ。この前柵しかなかった棚に、買わずにはいられないサシの入ったブツを確認。よーしw

そして、バラチラシはありますか?との問いに、ありますよー。とのコト。うひょーいいぞいいぞー



迅る気持ちを悟られない様にコンビニでお酒を買い込んで江戸前へ移動しますw



豊海木場洲崎南船橋と。

だんだんシリーズ化してきた湾岸大衆寿司の世界。さて。



おおおおおおおうんまあああああああー
ごま?の入ったタレでヅケにされたまぐろ、たこ、なんか白身(笑)
そこにまろやかさを司る玉、きゅうりととびっこの食感もいいアクセント。
人気あるのわかるわコレ。いいいいいい



そしてお気に入りのマグかつ80。やっぱ最高(笑)



そしてブツ。この量、このクオリティで500ですよ奥さん。もうやばうぎよ。

潮風を受けて食べる海の幸はやはり格別だ。
が、それを差し引いてもこのシリーズ中、おそらく最高なんじゃあないだろうか?




そう。箸もう1膳と醤油が付いてなかったという事実を除けば。www




そーだよな、本来弁当屋って括りじゃないんだよな。と、潮の香りを醤油代わりに極上まぐろを食いながら、次回はちっちゃい醤油持参しよ。と固く誓うのであった(笑)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西川@豊洲

2017年06月06日 | 弁当・惣菜・デリカ
GW前のコトす。
豊洲の団地の奥の奥。



一軒の魚屋を見つけまして。



なんか良さげーな。。よし、と思ったら



完売かよーん。



ま、一応覗いてみたら、ヤバいね。刺身うまそしぎ。
でもくそ暑い中、コレ持ち歩くのもっとヤバいね(笑)というコトで今回はパス。



ちょっぴり揚げものが残ってたので。
マグカツ80と明太コロ150をひとつづつくらはいー



持ち帰って晩酌に。
マグカツ安かったんで血合いのミンチとかそんなトコかな。なんて思って齧ったら



うんまあああああー

ぬしょといい歯触りと弾力。
コレ大好物のホホ肉だよ。いいいいい

町田を思い出した。てかアレ以来ホホ肉見ても食ってもいなかったぞ。
たく毎日日本中で大量のマグロが捌かれてるってのに。隠し持ってるヤツ出てこーい。

それに比べてココはいいぞ。本来の適正価格だしね。実にすばらしいいい



そして明太コロもうまい。
明太も芋も味が濃ゆい。お互いしっかり主張して、ぶつかり合って、調和してる。
レベル高いなー。

と夜中に独りでコーフン(笑)

日頃あまり再訪しようとか誓わない自分ですが。
また行かんとならんねココは。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知屋@永福町

2017年06月05日 | 弁当・惣菜・デリカ
永福町から北に伸びる商店街。

昔この商店街でさ、夜から昼まで飲んだその勢いで、6000円の白い陶器皿買ったコトあるのよ。

もうその店はないみたい。皿はまだあるよ。自分もまだ生きてるねw



そんな始終もじーと見続けていただろう、おそらくこの商店街で最古参の和泉名品ストア。

今は今川焼と精肉店だけみたい。



で、右側の肉処に寄ってみる。
愛知屋っていうらしい。ちと高級感のあるお店。



ともなればやはり都度揚げなんですかね。



ハムポテ&かにクリをたのんで



待ってる間にショウケースを覗く。なんかいろいろうまそうだな。あの時の自分なら6000円分買ってたなw



さて持って帰って晩酌に。



あーうまいわ。
かにとペシャメルの風味、そして刻んだハムの塩気と食感がいいアクセント。いい仕事してますなー。

ふたつで245円。

あれから20年、大枚叩かんでも良いものをチョイスできる自分になっていた様である。成長したなw





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日光口PA上り売店@日光宇都宮道路

2017年06月04日 | そばうどん
もひとつノスPAそば巡り。



日光から上りの有料道路に入ってすぐ。
都賀西方PAよかもっといなたい日光口PAてトコ。



密かにゆでめん期待してたんだけど、やはりみんな生めんなのであった。
ま、思い返してみても、栃木の大衆そばでゆでめん出てきたのって小山の駅そばくらいか。
今どきてのもあるけど、この一帯はやはりそば処だという証左なんだろうな。

なんて思いながら建物の中に入ると



おおお。路麺風情あるねえ(笑)



うはw 立ち食いカウンターもテラス席もあるぞ。いいいいい



揚げ玉サービスまで!
いいよいいよおおお、わかってらっしゃるw



ではおそばを受け取ってテラス席へ。
新緑の中のそば。うほほ。



うどとたけのことクレソンのかき揚げがのった春の香りそば。

でも、いまひとつ具材感がはっきりしない、そんなトコが路麺風味なかき揚げいい(笑)



麺はかなり細めの平打ピロ系。
生麺の冷凍かな。そばの香りの余韻がしっかりあってうまいすよ。

でも。

どちらかというと、ノス路麺の本流からは少し外れるんだよね。

麺がすごく勝ってる。麺>汁>天ぷら。みたいな。

コレって良いそば粉がたくさんある地方の特徴的なバランスだよね。

そう、こんなトコが少し見え隠れするのが大衆そばの面白いところ。
やはりノスPAのそばは地域性があっていい。旅してる実感が湧くのよ。

だから全国のPA/SAをあんまコテコテにいじくって画一化させないで欲しいなあと思うのだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨久屋@祐天寺

2017年06月03日 | 弁当・惣菜・デリカ
10年以上ぶりか?の祐天寺をうろうろ。
この1週間くらい後に鉄道カレーのご主人が亡くなられたみたいですね、この日もふつーにTVの取材やってたみたいだけど。



で。なにやら元気な天ぷら総菜店をハケン。



ほら、いいラインナップしてる(笑)



海老が3種類もあるよ。すごいな。
つかこのショウケースのカーブいいねえ。



ココが路麺だったら楽しいだろうなあ。てなくらい種類豊富で。



そんなコト考えてたら、フライに目が行かず、



紅しょ天とたけのこ天、あととり天を購入。



帰り際、ふくろう博士のお店で細うもゲトして、



翌日、紅たけ細う(自分用)と



とりたけ細う(子供用)にしました。

ちと揚げが軽いタイプだったから、そのままおつまみとか、つけ天そばの方が良かったかな。
おんなじ様なノスぽいお店でも、下町と山手って違うよなあ。下町だと揚げ置き前提なハード揚げが多いもん。面白いね。

ま、地域差?はさておき、こゆ店が元気な町ってのがいいいよねえええ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モア昇月堂@川越

2017年06月02日 | 大衆パン
かつて川越に岩田屋という伝説のノスパン処があったのをご存知だろうか。



自分もその当時、一度だけ友人と並んで買ったコトがある。

夜に開店し、そこに遠方より来た人々が行列をなす。客の、あんバタね!の声と共に味わい深いオヤジが餡子とマーガリンをその都度塗りたくったコッペを売る。



あれは一体何だったのだろう。
なぜ夜営業?なぜあんバタ?そしてなぜ行列?
相当に不思議な光景だった。



あれから10数年、その岩田屋はもうない。



しかし、今回たまたま見かけて寄ったパン処で



あんバタを見つけてしまったのだ。
あんバターと伸びてないコトも一緒だと思う。



いろいろ伺ってみたかったのだが、唐突な出会いにディテールを思い出すのにちょっと時間を要してしまったのだ。



うん、あんバタだ。間違いなくうまいヤツw

しかしこれは個店の枠を越えた川越に古くから存在するものなのだろうか?
それとも関東小麦粉文化圏のモダニズムとして隆盛したもの?
もしや名古屋の小倉トーストなど他地域との関連も?

うむ。旅のメニューをひとつ増やしてしまったのかもしれない。
などと考えながら糖と油の塊をんがくくしたのであった。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加