気軽に洋書ミステリー

家にいてもすることがないおじさんは考えました。このままではボケる。そうだ!好きなミステリーを英語で読もう!英語力???

 Don't Turn Around by Caroline Mitchell

2017-06-18 09:58:35 | 読書感想

子供時代に悲惨な経験をした男がいる。悪霊は彼の世の中に対する恨みにつけこみ、彼の心を乗っ取り殺人を繰り返させる、20年後、同じように子供時代悲惨な経験をした女性がいる。女性は刑事になり、悪霊が起こした事件を捜査する。死者の声が聞こえる彼女以外、この事件を解決できないと信じて。悪霊は、少女時代の彼女の悲惨な経験を彼女に思い起こさせ、彼女の心の闇に入り込もうとする。悪霊は 次々と人の心に入り込みさらなる殺人を行いながら、彼女の能力を讃え、二人が一体となることを語り掛ける。彼女は悪霊の力に圧倒されながらも、彼の犯行を止め、彼を排除する方法を探っていく。

**************************************************************************************************
面白いタイトルだったので購入した。最初は連続殺人を捜査するミステリーと思って読み進めていたら、死者の声を聴くことができる女性刑事ということが分かり、徐々に異常な事態になっていく。しかし、ヒロインのキャラに惹かれるものがあって、彼女がどうなるのか、こういうものの終わり方はどうなるのか気になって結構いいペースで読み終わった。事件の解決の仕方はミステリーファンとしてはかなり不満、パラノーマルファンとしても、よくありそうな終わり方でもう一捻り欲しかった。ただ、悪霊とヒロインの対決という話なのだが、悪霊は誰かの身体に乗り移っているので、その誰かを特定していくのはミステリーとして充分楽しめるし、悪霊の次なる標的は誰か、彼女はそれを阻止できるかどうか、ドキドキさせる。

とにかく、ヒロインJennifer Knightが魅力的で次の作品も読みたくなった。

著者が作った架空の町、ロンドン近郊の町Haven市の刑事、32歳、独身。彼女は死者の声を聴くことができると上司のDI James Allisonに話したことによって 彼から精神科のカウンセリングを受けるよう命令される。精神科医はストレスによるものだと彼女に話し、彼女の話を信じない。これ以上、死者の声が聞こえると話せば失職することを懸念して、彼女はだれにも話せない。

異常なほどのきれい好き、朝、遅刻してでも家の掃除してからでないと出かけないし、同僚の刑事のネクタイにシミがついていると我慢できずにシミを取ってあげたりする。

妹の家族に献身的、特に甥や姪に対する愛情、妹には煙たがられるほど一生懸命。

また彼女とWillの刑事コンビ、彼らの友情、信頼感は読んでいてほのぼのする感じを与える。

 

E-book(Kindle版)★★★☆ 317ページ 2015年4月出版 399円(2017年6月購入)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Fix (Amos Decker Series... | トップ |  The Silent Twin (Detctive ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL