気軽に洋書ミステリー

家にいてもすることがないおじさんは考えました。このままではボケる。そうだ!好きなミステリーを英語で読もう!英語力???

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

If I Die Tonight by Alison Gaylin

2019-05-12 11:46:11 | 読書感想

2019年 MWA Best Paperback Original

ニューヨーク州の北部の町Havenkill 10月19日金曜日、午前3時

80年代に流行歌手だったAmy Nathansonという女性が雨の中警察署に駆け込んでくる。彼女は乗っていた高級車がカージャックにあい、助けを求めた声に気づいた17歳の少年Liam Millerが車の前に立ち塞がり、犯行を止めようとしてひき逃げにあったと訴える。

事情聴取した署で唯一の女性警官Pearl Mazeは、彼女の証言に不信感を持つ。彼女はかなりの酒を飲んで運転していた、彼女はカージャックを止めようとして轢かれた少年の安否よりも奪われた車により関心があるように見える、もしかしたらカージャックにあったというのは彼女の狂言で彼女が誤って少年を轢いてしまったのでは?彼女の証言の信憑性を調べ始めたPearlは彼女の証言には嘘があることを発見する。

一方、ひき逃げ事件があった現場の近くに住むシングルマザーのJacqueline  Reed(Jackie )は、Wadeという17歳の息子の様子に不安がいっぱいだった。クラスメイトから悪魔崇拝主義者と揶揄されていて、友人も作らず、学校から帰ると自室に閉じこもって彼女と話をしようとしない。ひき逃げ事件があった後の彼の行動は、いっそう彼女を不安にさせていた。事件の翌日、衣類をこっそり乾燥機に入れていたり、弟に頼んで自宅から離れたゴミ捨て場に袋に入った携帯電話と思われるものを捨てさせていた。Amyがカージャック犯が着ていたと証言した服装と酷似している衣類、捨てさせた携帯電話はAmyが車と一緒に盗まれたと言った携帯電話?JackieはWadeに事件当夜、どこにいたか詰問するが彼は自宅のベランダでたばこを吸っていたと話し、外出していないと主張する。彼女は彼が雨で濡れたと思われる衣類を乾燥機に入れていたことから彼が嘘をついていることを知る。

やがてLiam Millerの死が発表され、事件は殺人事件となり州警察から刑事が派遣されてくる。そんな中、殺された少年の勇敢な行為を称える声がSNSで拡散し事件現場に設置された献花台には同級生をはじめ多くの人々が訪れ献花台は日に日に巨大なものになっていった。

そして、Jackieの不安が現実になり、容疑者としてWadeの名前が浮かび上がってくる。彼女の再三の要求にもかかわらずWadeは頑として彼が当夜何処にいたか話すことを拒否する。そんな中、彼を非難する声がSNSで拡散し、Jackieたち家族はコミュニティから孤立していく。

****************************************************************************

SNSが炎上という言葉をよく聞くが、SNSのつぶやきによって、疑われている息子ばかりでなく家族までも周囲から孤立していく緊迫感がすごい。

思春期に入った息子への対応に悩む母親がよく描かれている、タバコを吸っているのを見て見ぬふりをしたり、プライバシー侵害と非難されるのを心配して、彼の散らかっている部屋を掃除するのをためらったり...

Pearl Mazeのキャラに魅かれた。母親を殺したことを悔い、結婚しないことを決断、一夜限りの相手をネットを通じて探す。前の警察署で母親を殺した過去を隠して勤務に就くが同僚たちに露見してこの地にやむなく異動してくる。自分はパトロール警官で事件を捜査する刑事ではないと言いながら、腑に落ちないことがあるとすぐに捜査にむかう行動力はすごい。事件は自分が解決してやるという意欲は感じず、サラッと捜査している感じが良い。この著者の別の作品、私立探偵Brenna Spectorのようにシリーズ化されないかな。

E-book(Kindle版)★★★★★ 394ページ 2018年3月出版 550円(2019年5月購入)


コメント

A Gambler's Jury by Victor Methos

2019-05-02 10:57:49 | 読書感想

2019 MWA Best Novel 候補選出作品

Danielle Rollins(Dani)は、Uta州のSalt Lake市で刑事弁護士をしている。刑事弁護士といっても、無罪だと主張している殺人罪で逮捕された容疑者を弁護するのではなく、酔っ払い運転や麻薬所持など軽微な罪で逮捕され、罪を認めている容疑者を刑務所に収監されることがないように検事や裁判官と駆け引きするのが主な私の仕事である。Uta州はアメリカでも犯罪が少ない州として知られているが私が住むこの町では年々犯罪者が増えている。おかげで私が依頼人に困ることはない。

その日、白人の夫婦Riley  and Robert Thorne夫妻が生後まもなく養子にした知的障害を持つ17歳の黒人の息子Teddyとともに仕事の依頼に来る。Teddyがドラッグ密売の容疑で現行犯逮捕されたので弁護して欲しいと。捜査当局に事件について問い合わせると、Teddyは彼の唯一の友人であるKevinの家に行き、Kevinnや一緒にいた少年2人に頼み、囮捜査官とは知らずに麻薬売人の家へ彼を連れていってもらい、売人にコカインが入ったバッグを渡したところを張り込んでいた捜査官に逮捕されたという。私は未成年の少年がドラッグ取引で捕まるのはよくあることで、しかも彼は知的障害者であることから、事件は不起訴にできる可能性が高いと考えて依頼を受ける。

しかし、担当の検事は彼が売ろうとしたコカインの量が8キロ、2000万円の価値があることを重く見て、さらに一緒にいた3人の少年がコカインは彼の物だと証言していることを挙げ、この事件を未成年者を扱う少年裁判所ではなく陪審員の評決を求める一般の法廷で裁こうとする。殺人などの重罪などでは少年でも一般裁判が開かれることがあるがドラッグ取引で未成年者の裁判が開かれるのは明らかに司法制度に違反している可能性が高い。私はその違法性を指摘するが予審判事も私の異議を却下して、事件は一般法廷で裁かれることになる。どうやら検事と判事は結託し、これを機に少年も例外なく一般法廷で裁こうと考えているようだ。私はTeddyが唯一の親友であると思っているKevinが,コカインが何であるか知らないTeddyに罪を着せたと考えていた。私は、Teddyに彼が囮捜査官に渡したというバッグは本当はKevinの物ではないかと問いただすが,彼はKevinは友達だとして答えず、Kevinが彼を利用したという確証をえることができない。私は彼から事件のことを聞き取ることはあきらめて、事件の調書や関係者からの聞き取りで裁判に臨むことにする。やがて、私はこの裁判は私たち刑事弁護士が呼称するGambler's Juryであることに気づく。

**********************************************************************

弁護する被告は精神障害を持った少年、事件の詳細を聞き出すことができない。事件に立ち会った人々は少年が自ら行った行為であると証言していて彼女も反証を上げることができない。裁判が進むにつれてどんどん被告の少年に不利な事実が積み上げられていき、どうやっても彼の無罪を勝ち取りそうに見えない。ヒロインと同じように最後まで重苦しい雰囲気を感じながら読んでいくと…いやぁ、最後はハッピーな気分で読み終えた。

ヒロインのキャラは魅力的。体の80パーセントはアルコールで作られているように、何かというと親友が経営するバーで飲んだくれている。しかし、法廷には時間通り出廷する、酒の匂いをふりまいて検事や判事に嫌がられながらも。裁判では依頼人である被告人に無罪になるかどうか聞かれると、心では絶対無理だとわかっていても大丈夫と安心させる商売上手、内心では裁判の前にまた犯罪を犯すと確信しながら。自分の浮気が原因で離婚した夫に未練たっぷり、たびたび彼に会いに行き、再婚する女の悪口をさんざん言って再婚しないよう説得しようとするが、それでも再婚するとわかると二人が一緒にいるのを見るのに耐えないとLAへの引っ越しを考えたりしている。また子供の時の悲惨な体験から絶対ディズニーランドに行かない。

Kindle読み放題で読めますのでお勧めです、ぜひ一読を!

E-book(Kindle版)★★★★★ 328ページ 2018年2月出版 Kindle読み放題


コメント

MWA Best Paperback Original受賞、選出作品

2019-05-01 16:48:12 | MWA
 
著者名
書名(受賞作★)
2019 Alison Gaylin If I die tonight
2018 Anna Mazzola  ★The Unseeing
2017 Adrian McKinty  ★ Rain Dogs
2016 Lou Berney  ★ The Long and Faraway Gone
2015 Chris Abani  ★The Secret History of Las Vegas
  Alison Gaylin  Stay With Me
2014 Alex Marwood  ★ The Wicked Girls
2013 Ben H. Winters  ★ The Last Policeman: A Novel
2012 Robert Jackson
Bennett
 ★ The Company Man
2011 Robert Goddard  ★ Long Time Coming
2010 Marc Strange  ★ Body Blows
コメント

MWA Best First Novel受賞、選出作品

2019-05-01 16:38:29 | MWA
受賞年
著者名
書名(★ 受賞作 )
2018 Jordan Harper  ★  She Rides Shotgun
2017 Flynn Berry  ★  Under the Harrow
2016 Viet Thanh Nguyen  ★  The Sympathizer
2015 Tom Bouman  ★ Dry Bones in the Valley
  Julia Dahl    Invisible City
2014 Jason Matthews  ★ Red Sparrow
  Roger Hobbs    Ghostman
  Becky Masterman    Rage Against the Dying
2013 Chris Pavone  ★ The Expats
  Michael Sears    Black Fridays
2012 Lori Roy  ★ Bent Road
2011 Bruce DeSilva  ★ Rogue Island
  David Gordon    The Serialist:
2010 Stefanie Pintoff  ★  In the Shadow of Gotham
2009 Francie Lin  ★  The Foreigner
2008 Tana French  ★  In the Woods
2007 Alex Berenson  ★  The Faithful Spy
2006 Theresa Schwegel  ★ Officer Down
  Alison Gaylin    Hide Your Eyes
  Brian Freeman    Immoral
コメント

MWA Best Novel 受賞、選出作品

2019-05-01 16:29:41 | MWA
 
著者名
書名
Best Novel 受賞(★)、候補作品
2019 Victor Methos A Gambler's Jury
2018 Attica Locke Bluebird, Bluebird
  Kathleen Kent The Dime
  Hannah Tinti The Twelve Lives of Samuel Hawley
2017 Noah Hawley     Before the Fall
  Alafair Burke The Ex
  Reed Farrel
Coleman
Where It Hurts
  Alison Gaylin What Remains of Me
2016 Lori Roy    Let Me Die in His Footsteps
2015 Stephen King    Mr. Mercedes
  Karin Slaughter Cop Town
2014 William Kent
Krueger
   Ordinary Grace 
2013 Dennis Lehane  Live by Night 
  Walter Mosley All I Did Was Shoot My Man
  Gillian Flynn Gone Girl:
2012 Mo Hayder  Gone
2011 Steve Hamilton    The Lock Artist
  Harlan Coben Caught
2010 John Hart    The Last Child
2009 C.J. Box    Blue Heaven
  Karin Alvtegen Missing
2008 John Hart    Down River
  Ken Bruen Priest
2007 Jason Goodwin    The Janissary Tree
2006 Jess Walter   Citizen Vince
  Michael Connelly The Lincoln Lawyer
  Tess Gerritsen Vanish
2005 T. Jefferson Parker   California Girl
2004 Ian Rankin    Resurrection Men
2003 S.J. Rozan    Winter and Night
  Michael Connelly City of Bones
2002 T. Jefferson Parker    Silent Joe
  Harlan Coben Tell No One
2001 Joe R. Lansdale    The Bottoms
     
     
     
     
     
     
コメント

PWA BEST PI PAPERBACK ORIGINAL受賞、候補選出作品

2019-05-01 16:16:23 | PWA
  著者名 書名(受賞作 赤字)
2018
Rich Zahradnik
2017
Vaseem Khan
The Perplexing Theft of the Jewel inthe Crown
2016
J.L. Abramo
2015
Vincent Zandri
2014
P.J. Parrish
Heart of Ice
 
Alison Gaylin
2013
Alison Gaylin
2012
Duane Swierczynski
Fun & Games
 
John Gilstrap
2011
Christopher G.
Moore
Asia Hand
 
John Gilstrap
2010
Ira Berkowitz
Sinner's Ball
2009
Lori Armstrong
Snow Blind
2008
Richard Aleas
Songs of Innocence
 
Kelley Armstrong
2007
P.J. Parrish
An Unquiet Grave
 
Lori G. Armstrong
2006
Reed Farrel
Coleman
The James Deans
     
     
コメント

PWA BEST FIRST PI NOVEL受賞、候補選出作品

2019-05-01 16:01:57 | PWA
  著者名 書名 (★ 受賞作)
2018 Kristen Lepionka  ★ The Last Place You Look
  Casey Barrett   Under Water
2017 Joe Ide  ★ IQ
2016 Lisa Sandlin  ★ The Do-Right
2915 Julia Dahl  ★ Invisible City
2014 Lachlan Smith  ★ Bear is Broken
2013 Michael Sears  ★ Black Fridays
2012 P.G. Sturges  ★ The Shortcut Man
2011 Michael Ayoob  ★ In Search of Mercy
2010 Brad Parks  ★ Faces of the Gone   
2009 Ian Vasquez  ★ In the Heat
  Julie Kramer  Stalking Susan
2008 Sean Chercover  ★ Big City, Bad Blood
2007 Declan Hughes  ★ The Wrong Kind of Blood
2006 Louise Ure  ★ Forcing Amaryllis
  Lori G. Armstrong  Blood Ties
     
     
     
     
     
     
コメント

PWA BEST PRIVATE EYE NOVEL受賞、候補選出作品

2019-05-01 15:46:30 | PWA
 
著者名
書名 (★ 受賞作)
2018
T. Jefferson Parker
2017
Reed Farrel Coleman
2016
Ingrid Thofts
★ Brutality
2015
David Rosenfelt
★ Hounded
 
Robert Galbraith
 The Silkworm
2014
Brad Parks
 
Sue Grafton
2013
Robert Crais
★ Taken
 
Hank Phillippi Ryan
2012
Michael Wiley
2011
Lori Armstrong
★ No Mercy
 
Robert Crais
 The First Rule
2010
Marcia Muller
★ Locked In
2009
Reed Farrel Coleman
★ Empty Ever After
2008
Reed Farrel Coleman
★ Soul Patch
2007
Ken Bruen
★ The Dramatist
2006
Michael Connelly
     
     
     
コメント

著者名( R-Z  )

2019-04-18 15:48:45 | 著者
著者名
書名
R.D.Wingfield
Rachel Abbott
Reed Farrel Coleman
Rich Zahradnik
Robert B Parker
Robert Bryndza
 
Chasing Darkness...
Robert Ellis
Robert Galbraith
Robert Hobbs
Robert Ludlum
Robert Swatwood
Russel Blake
Ruth Ware
Sara Bladel
Blood Shot..4作品
A Dark and Twisted Tide..5作品
The Bone Field...9作品
Stephen King
Steve Hamilton
Stieg Larsson
 
 
Stuart Woods
Sue Grafton
T.R.Regan
Terri Reid
Tess Gerritsen
 
 
Tom Bouman
Victorine E.Lieske
Vincent Zandri
Walter Mosley
William Kent Kruger
   
   
   
コメント

Simon Kernick

2019-04-18 15:45:26 | 著者
Tina Boyd シリーズ
The Crime Trade ( 2004 )
Target ( 2009 )
その他の作品
 
 
 
 
 
コメント