ちゅう太ブログ

将棋の棋士です。日常をのんびり綴ります。

横国将棋サークル若葉会での指導、再び。

2016年08月13日 | 対局
今年2月の初回から約半年。
再び、若葉会での指導に伺いました。

今回は会場の都合で、
先に講義を行い、その後に指導対局、という流れでした。
講義する場所は学内の図書館の会議室です。

横浜国大は横浜駅からそれほど遠くないところにあるのですが、
図書館のあたりはまさに森の中! という感じです。
(噂によると敷地内でタヌキの目撃情報もある)
少し前には、某ドラマの撮影にも使われたようです。

講義内容は、序盤の基本戦術から、
最近流行の戦型まで、幅広いものでした。

続いて、場所を変えて指導対局。
前回と同じく、3グループに分けて全員と指導対局を行いました。

…明らかにレベルが上がっている、と感じました(特に女子)。
皆さんが頑張ってきた様子がなんなとく伝わります。
また、平手で相当に研究を重ねてきたことが分かる人もいました。
(私が公式戦でこの手順を使わせていただくかもしれません)

指導対局を終えた後は打ち上げ。
そもそも大学生とゆっくり話す機会はほとんどなく、
楽しい時間を過ごさせていただきました。

またの機会を楽しみにしております。
若葉会の皆さん、ありがとうございました!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

複合的な要因

2016年07月31日 | 対局
竜王戦 対田丸九段

戦型は居飛車の力戦形。
開戦後、一旦局面が収まり、その後は長い序盤戦が続いた。

少し苦しい形勢を耐え、ギリギリの終盤戦に持ち込み、
これはいけるかも、と手ごたえを感じた。
しかし、相手の普通の一手を見落とし、
一手ばったりで負けにしてしまった。

今回のミスは初歩的なものだったが、
原因を考えると複数の要因がある。
一つずつ、淡々と改善していきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

準備

2016年07月20日 | 対局
上州YAMADAチャレンジ杯 対高見五段

横歩取りの最新型から、激しい戦いに突入した。
少し足りないか、という場面からギリギリの攻防を続け、
こちらも追いすがったが正確に逃げ切られた、という感じだった。

感想戦をしていると、準備の段階で差をつけられていたことがよく分かった。
結局、盤の前に座るまでが重要なのである。
毎日を、淡々と過ごしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心

2016年07月15日 | 対局
朝日杯 対松本六段

角換わり、流行の戦型。

一手一手の選択が難しい展開を抜け出し、リードを広げる。
そして、勝勢から、勝ちを3回も逃して負け。
…と思って帰宅して考えてみたら、全くそんなことはなかった。
いずれの変化も難しく、そもそも優勢かどうかも怪しい。

自分の至らなさにがっかりすることもあるけれど、
歩みを止めない。それだけを意識して進んでいきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンクラブ関東交流会。

2016年07月02日 | 将棋関係
少し前になりますが、
将棋ペンクラブ関東交流会にて、指導対局を行いました。

この交流会は、全国から会員の皆様が集まっているようで、
毎年楽しみにしている、という方も多いようです。
(会員以外の参加もOKとのことです)

さて、いつものようにノートPCを持ち込んで棋譜を入力&印刷。
そして前回のTVKハウジング将棋まつりでデビューさせた、
指導対局レベルカードを使用。

腕自慢の方も多く、いつもよりも鬼モード指定がたくさん入りました。
香落ちで独自の作戦を披露された準県代表クラスの方もいらっしゃいましたし、
二枚落ちで完璧な指し回しで快勝された方もいらっしゃいました。

その後の懇親会も、初めてお会いする方、
久々にお会いする方、多くの方と楽しい時間を過ごさせて頂きました。

お世話になったペンクラブの皆様、
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

楽観

2016年06月22日 | 対局
叡王戦 対中村亮五段

相手の石田流に対して、端の位を取って持久戦を目指す。
しかし、相手の速攻順が厳しく、簡単に作戦負けになる。

それでも、作戦負けを耐えて、なんとか形勢をひっくり返すことに成功する。
これはいける、と自信を持っていた終盤戦で、
今度は逆に徐々に差を詰められて、気が付いたら抜き去られていた。惜敗。

準備が足りず、勝ちになった後の詰めも甘かった。
基本に立ち返り、また一歩ずつ進んでいこうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指運

2016年06月16日 | 対局
上州YAMADA杯 対渡辺大四段

角換わり、以前流行した戦型。
相手の研究の深さに抗しきれず、不利からはっきり負けの局面になる。

ただし、ここから30秒将棋。
お互いに間違え、二転三転…幸運にも最後に勝ちを拾うことができた。

最近は結果が幸いすることが若干増えたが、
内容的には、反省あるのみ、という感じ。
また明日から、淡々と同じことを繰り返していこうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経験を積む

2016年06月05日 | 対局
棋聖戦 対渡辺大四段

千日手指し直し後、横歩取りの力戦形へ。
相手の研究に正しい応対をできず、徐々に苦しい形勢になる。

お互い一分将棋で難解な終盤戦の中、
相手の痛恨のミスで、たまたま相手玉を即詰みに打ち取ることができた。
内容としては反省点だらけで、結果だけ幸いした感じだった。

棋聖戦 対千葉六段

再度、横歩取り。
本局も、相手の研究手に長考を余儀なくされ、苦しい展開になる。

こちらの勝負手が成功し、ペースをつかむことに成功。
と思った瞬間に、二択を間違え、敗勢に陥り負け。


千日手局と合わせ、この日は3局指すことができた。
最後の将棋での二択を間違えたのは悔しいけれど、これが現在の実力である。
今回得たものを、今後に生かしていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辛抱

2016年05月21日 | 対局
竜王戦 対田中(寅)九段

矢倉系の序盤戦。先手の趣向を見て、右四間に構える。
相手の鋭敏な序盤感覚についていけず、作戦負けを耐える展開になった。

辛抱を重ねて終盤戦へ。
少し足りないだろうな…という決戦の順に踏み込み、
相手のわずかなミスに乗じて何とか形勢をひっくり返した。
辛勝、だった。

自分の現状を受け入れ、改善することに集中する。
毎日を大切に過ごしていきたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横須賀指導対局とtvkハウジングプラザ将棋まつり。

2016年05月03日 | 将棋関係

GWらしく? 二つのお仕事に行ってきましたので、その報告です。

まずは4月29日、横須賀・按針将棋サロン、指導対局会から。

横須賀・按針将棋サロンさんには以前にもお世話になっており、
今回が二回目の指導対局会です。
高浜女流2級とご一緒させていただきました。

今回は4面指し。
モバイルプリンタとノートPCを持参して、棋譜プリントのサービスを行いました。

また、今回は新しい仕組みを導入。
指導レベルを3段階に設定して、自由に選んでいただく形にしました。

天使モード(優しい)
普通モード(普通)
鬼モード(厳しい)

で、今回、この「指導対局レベルカード」を作ってみました!
(いらすとやさんのイラストをお借りしました。
 ありがとうございます!)



皆さん、そもそも指導のレベルを指定することにあまり慣れておらず、
戸惑っていた方もいらっしゃいましたが、
趣旨を理解していただくと、
「私は鬼モードで」
「私はやさしい指導希望なので天使モードにしてください」
などなど、楽しそうに指定してくださいました。

今回、改めて感じたのは、指導対局に求めるものは、
人によって本当に様々だなあ、ということです。

上達したい、という方もいれば、
単純に強い人と指したい、という方、
駒落ちの勉強をしたいという方。
プロに勝ちたい、と気合を入れる方。

また、指導対局を受けるのが初めてという方もいれば、
教室等で定期的に指導対局を受けている方、
既に10人以上の棋士との対局経験がある方。
(中には50人以上という方も!?)

指導の達人になると、
そうしたニーズが、訊かなくても大体分かるそうです。
しかし、私にはまだ難しいですし、
私よりも経験の少ない若手棋士はなおさらでしょう。

この指導対局レベルカードを使うだけで、
指導対局を受ける前のほんのわずかな時間でも、
ある程度のニーズをくみ取ることが可能です。
少なくとも、優しい指導対局を希望する方に、
裏定跡や上手の秘策を用いることがなくなりますし、
厳しい指導を希望する方に対して、
基本定跡であっという間に負けてしまうこともなくなります。

次に、5月3日、TVKハウジングプラザ横浜将棋まつり。
これは、将棋イベントの中では珍しく、住宅展示場の敷地内で行われます。
席上対局、プロの指導対局、サイン会、子供大会、青空将棋大会などなど、
盛りだくさんの内容です。
もちろん、将棋以外にもモデルハウスを好きなだけ回って楽しめます!

さて、今回の私の任務(?)は、11時からの一般指導対局と、
午後からは子供大会で負けてしまった子達の指導対局です。

一般対局では、横須賀・按針将棋サロンで初めて使用した、
指導対局レベルカードをちょっと進化させてみました。

こんな感じ。



今回は5面指しに備えて5セット作りました。
(カード入れは100円ショップで3枚入り100円でしたから、
経費は計500円です)

今回は、「二枚落ち、鬼モード」という方が2名いまして、
このお二人が強いのなんの。
上手の鬼作戦にも的確に対処して、見事勝利でした。

こういう対局の時に、やはりレベル指定は有効だなあ、と感じます。
もし、このお二人に基本定跡で、特に厳しく指すこともなく、普通に指していたら、
上手があっさりと負けてしまい、指導を受ける側も物足りない感じが残るかもしれません。
(と言って、二枚落ちを勉強し始めた方に今回と同じスタンスで指すわけにはいきません)

午後からは大会で負けた子達への指導対局。
とにかく、たくさんの子がいますから、
このケースでは、レベル指定も棋譜プリントサービスも行いません。
8面指しで、一人でも多くの子と指すことが重要、というシュチュエーションです。
短い感想戦の中でも、

「今日の将棋で良かった点」
「直したいところ」

を一つずつ伝えるようにしました。


指導対局の時間を、
少しでも楽しんで頂く、
少しでも上達につなげて頂く。
そのためにできることを、今後も少しずつやっていこうと思います。

両イベントにご来場くださいました皆様、
横須賀・按針将棋サロンの皆様、
tvkハウジングプラザの皆様、
日本将棋連盟神奈川県支部連合会の皆様、
関係する全ての皆様にお礼を申し上げて、今回の報告とさせていただきます。
ありがとうございました!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加