久慈川の365日「シガと鮎」

久慈川が流れる大子の四季

11月も中旬、北風に舞飛ぶ紅葉が久慈川の流れに落ち鮭の産卵波立ちに紅葉の風景が揺れる

2017-11-11 17:20:13 | 日記
 久慈川の鮭の調査釣りも、11月12日(日)で今年の年間行事が終わる。今年は温暖化の影響なのか海水温が高く釣り果は渋かつた様です。気象庁の解析による海流の流れも太平洋側は、異常で日本海が安定しているなどの海図の説明、鮎も東北地方も平年から比べると小ぶりであったように所見できます。久慈川では、今年は天然遡上が多かったが、小ぶりのアユが例年になくハリ掛かりしていました。放流物は2割釣れていたか、疑問が残ります。下流域では大で・上流域が小と言う話も有りました。その分縄張り漁では、放流物サイズ20cm成長のアユが大量に捕獲されました。放流物のアユが、どこに居ついていたのかと縄張り漁を所見して感じました。つり人の皆さんも、想い思いに今年の釣り果の成果を深まる、光に輝く紅葉の色と共に夏の思い出を仲間との酌の話に、日増しに寒さも増してくる釣りの反省が、夜長の時だけが釣り仲間との話題になる久慈川の今年の思い出です。今年は、最盛期時期に洪水が無く垢の付が良くなく天候不順による日照りも少なかったみたいです。各々の視点で原因を考えるのも楽しみです。今年の久慈川の放流量は、2トン半です。天然遡上のアユに感謝いたします。久慈川の風景 嵯峨草橋   src="https://blogimg.goo.ne.jp/thumbnail/14/cf/84386c34d3ecb450b28a7a386cd82b36_s.jpg" border="0"> 洪水後の沖内   月待の滝    下野宮合流地点の風景       奥久慈のリンゴ   秋色の久慈川の風景です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 10月23日久慈川台風21号通過で今年の釣りシーズン洪水と共に流れ終了

2017-10-23 10:38:25 | 日記
 久慈川での釣り10月20日   水位平水から+10cm増水の中1時~4時で7匹釣り上げて今年の釣りが10月23日の台風21号通過で洪水と共に縄張り漁も流れに消えいった。久慈川2年ぶりの洪水、我の自宅前は3m50~70cmの増水水位 24時間 総雨量128mm 23日0時~4時 雨量84~91mm 下野宮水位計2,62m 平水から1,62m 朝7時120~126,5mm 水位3,26~3,47 時間経過後最高水位4,11mを表示する。今年最終期、台風による洪水の風景      今年のシーズン洪水と共に流れ終了・・・落ちアユ釣りの残心10月12日   湯ノ里で25匹 10月14日     沖内で21匹 18日     11時から23匹 台風接近の中天気も悪く水位が高い中川に只一人アホナ釣り人川に立ち込んでの釣りを恐る恐る川の中で時間を過ごしたのである。台風21号が上陸するのが心残りになるからでした。竿、何時まで置くのと小言をこぼされ竿じまいに踏み切れた台風21号通過です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久慈川も10月15日(日)で大子地区も投網解禁となり友釣り専用区がなくなりる。その後は・・・

2017-10-13 18:49:41 | 日記
 10月8日全面休漁明け大子地区湯ノ里大橋~池田橋区間と押川橋から久慈川合流地点Am5時投網解禁となった。長く感じた一週間、湯ノ里下流~久慈川橋区間が15日投網解禁となり、久慈川全てが規制の無い川となりました。長く感じた投網解禁にすでになった網の効かない場所を選び釣りに立ち込みました。天気は晴れ朝の水温16,8℃外気温14、6℃~15、1℃ 日中水温20℃ 外気温26~27℃ 水位平水からー16cm すでに5名が竿を出している。9時半~4時切り上げ10匹   この日にオトリを水面に入れるやツ―ンと引きがあるゃいなや川マスにオトリごと糸を切られ心地よい気持ちを味わいました。   9日水温20,8℃ 外気温14~26℃ 同じ場所に立ち込み16匹 10日  上小川宮平橋下流に立ち込む、朝の水温18、6℃~日中20℃ 久々に夏日15,8~28,7℃ 10時に立ち込んだがすでに6名の姿があった。下流ぎりぎりまで、立ち込む姿が遠のくのを見て竿を出したが、10cmサイズが苦戦して3匹つり人の姿も消えて橋の下に立ち込む時間は3時、入れ掛かりで9匹 12匹 4時半切り上げ 11日      投網の入っている湯ノ里上流に入る11時 水温18,3℃日中19,6℃ 外気温15~23,4℃上下で6名立ち込む午後から掛かり出す12匹 12日      水温18,8℃~日中21,6℃ 風があり2~5mの風竿を持つているのが辛かったが、25匹の釣り果でした。他にも立ち込んでいた人もいたが竿をたたんで上がってしまいました。13日 小雨・・・・水温17℃・・・残念・・・15日からのその後は、網の効かない場所とか大子地区から南下して下流域に釣り場を探すのもポイントです。今年は10月末まで楽しめます。大子地区は、平成30年度には、池田橋上流~久慈川橋までが10月末まで友釣り専用期間になります。漁協組合員減少で会員が高齢化と共に少なくなり天然遡上に期待して今年も皆さんのご協力で自然回帰の保護休漁にご協力頂きましてありがとうございます。今年の放流量は2500kの放流でしたが、そこそこにサイズが気に食わな駆ったことが、心残りです。草々川から帰宅するといつの間にやら自民党多数の政治に大義の無い解散、日米の安保法制の強行採決、まさかの出来事に逃げ腰なつた政治中枢、まさかの言い逃れに政治は国民に想定外の言い訳を国民に擦り付けての選挙を仕掛けたのでしょう。国民が再び選んで支持してくれたのだから、安保強行採決で日米朝の真坂も国民に騙し押し付ける自民党の大儀である。権力の悪評をかわす選挙なのである。政治は、莫迦な政治家か多いい戦争を知らない世代の大人が(学校時代に荒れた世代)政治を支配しているのだから、まさかの戦争に巻き込まれても文句を言わないことです。その政治の裏を読み取るのも釣りをしていて理解できるのです。選択するのは、国民です。まさかの時の言い訳を多数決の原理が支配するのです。良い餌にはどくがある。10月末頃までの久慈川の釣りを楽しんでください。卵を抱えたアユサビの出たアユ、アユ釣りを楽しんでポイントの選択も釣りの喜びです。10パセントの消費税で子育て支援に、旨い餌に国民が食いついて安保の強行採決の旨味を最高権力者が、解散で国民に言い訳を擦り付ける種を吐くっているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月1日(日)~7日(土)まで久慈川全域一斉捕獲休漁の週になります。8日(日)休漁あけ・・

2017-09-30 17:31:32 | 日記
9月30日(土)つり人の立ち込む姿がいつもより多く見受け9月最終日の釣りを楽しむ。11時過ぎ~4時切り上げ18匹    彼岸も過ぎると日差しの落ちるのが早く感じます。10月1日から7日まで一斉捕獲休漁になります。つり人の皆さんご協力ありがとうございます。大子地区は、10月末まで投網が入りませんので8日、日曜日から再び産卵期の卵を抱えたアユ釣りを楽しんでください。ポイントは、上下域に瀞と瀬を抱える石のゴロゴロした川底がポイントになります。9月30日(日)晴れ 朝の気温 12,1℃~13,5℃ 水温16,3℃ 下野宮水位計1mが(平水値)  安全水位1mを越えると増水域になります。釣りとして危険水域 水位ー9~ー11cm減水 日中水温19℃ 外気温22,9~24,2℃ 29日は、平水で川に立ち込みました濁り有 朝の水温16℃ 日中水温19,5℃ 外気温7,8~9,2℃ 外気温23,4~24,6℃   11時~4時 釣り果7匹  28日 増水1,4m 27日 下野宮水位計0,85cmでー15cm減水 大子地区の釣り風景 湯ノ里・池田橋     一週間の休漁自然保護のためつり人の皆さん方にご協力深く感謝致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大子地区友釣り専用区10月1日~一週間自然保護のため全面捕獲禁止週間になる。

2017-09-18 19:02:28 | 日記
 9月15日 AM5時投網解禁で大子地区管理の友釣り禁止区域でのみの釣りとなった。10月末まで楽しめることとなる・・・ 11時投網の効かない瀬を探し釣りを楽しんだ。この日狩野川からのつり人が、鰐が淵のオトリ屋さんの案内で川に立ち込んだが、網を撃つ姿がありガッカリしていました。ホウムグランドにしている狩野川のつり人さんと久慈川と狩野川の話に管理の違いに・・・遠い処久慈川に来ていただいてありがとうございますと御礼と感謝いたしました。彼は、下流の瀞に竿を出したかったのですがシャクリノの先客がいて、残念ながら時間の経過と共に、竿を仕舞い大子地区に移動していつたのだろうと想像して、我はいつものように網の効きにくい瀬に竿を出して釣りを楽しんだ。午前中は、サッパリで1時頃から掛かり出し5時切り上げで10匹、 網の入った後での釣りで我にて満足でした。台風18号が気になつていましたが、18日の通過後の久慈川は塙24,5mm大子41mmの雨量で済みAm7時30分のNHKテレビ情報から下野宮水位計1m37cm平水から7cm高いだけで増水は17日からすると57cmの増水で済みました。18:40の時間帯で1m07cmに減水していました。19日は、平水前後に減水し1m以下になり釣りになるだろうね。17日の水位は0、80~0、83・21時30分 午後2時頃からの雨で0、97cmと増水しました。18日は、真夏日で32、6℃ 久々に蒸し暑さを台風後に感じてしまった。19日は、晴れ 大子地区の限られた区間でアユ釣りを楽しんでください。16日は、入る処が無くて簗下流に入り簗の瀬で釣りを楽しみたかったのですが残念でした。 夕方地元の名手仲野さんと顔が合い午後から入って10匹 我は、7匹でした。台風の話題になり増水が無いと良いね…の話で川を後にしました。10月は、一週間の全面捕獲禁止がありますので、ご協力をお願いいたします。今年は、天然遡上が多かった事でアユが小ぶりであったのが気にいらなかった今年の釣りでした。彼岸には一度アユは瀬に戻ります。アユも卵を持ち、サビが出ないのが今のところの状況です。ポイント他の地区でも穴場を見つけて釣りを楽しむのも最終期の釣りの醍醐味です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加