充実果樹園生活

来て!見て!食べて!!
つくば展開地ぶどう園(てんかいちぶどうえん)です

ブドウやクリの病害虫コウモリガ

2012-02-24 | クリ(栗) castana
クリの剪定をしているのですが、根元が木屑や糞を糸で綴り
あわせた袋状のものでおおわれています。これはコウモリガ
の食入口です。コウモリガはブドウ、カキ、モモ、クリ、ナシ、
ビワなど草本を含めてきわめて雑食性。いろいろな果樹が
被害を受けるわけです。枝幹部、特に樹幹の根元、枝の
接触部に被害がでます。越冬形態は1年目は卵、2年目は
幼虫で、2年に1回発生します。成虫は日中はコウモリの
ように枝などにぶらさがっていますが、夕刻飛回りながら
卵を散布します。

防除
 適期:草本から樹木に転食する直前(5月-6月上旬)
 薬剤:塗布用有機燐剤を樹幹に塗布または散布
 同時防除の害虫:キマダラコウモリ、クビアカスカシバ
 防除のポイント:樹幹の根元周辺を除草するなどして通風をよくする
         被害が少ないときは食入口はら針金をさしこみ幼虫を刺殺する


カマキリの卵
こちらは害虫を食べてくれるので歓迎されています。イチゴ
10個と交換してくれる所があるくらい歓迎されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚と雨除け施設の見積り | トップ | 待っていたブンタン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。