goo

Tillerson、Mattisがトランプの中国攻撃を明らかにする

2011年6月22日6:14 AM
米国防長官ジム・マッティス(L)とレックス・ティラーソン米国国務長官は、2017年6月21日に中国の関係者と会談した後、2回の記者会見を行った。(写真提供:AFP)
米国防長官ジム・マッティス(L)とレックス・ティラーソン米国国務長官は、2017年6月21日に中国の関係者と会談した後、2回の記者会見を行った。(写真提供:AFP)

レックスティラーソン米国務長官とジェームズ・マッティス国防長官は、ドナルド・トランプ大統領の北朝鮮への反発の失敗に対する中国に対する批判を明確にしようとした。

「北朝鮮を支援するための西&中国大統領の努力に大いに感謝しているが、それはうまくいっていない。トランプは火曜日にツイートで書いた。

しかし、TillersonとMattisは、ワシントンと北京が、Trumpの不満にもかかわらず、数々の問題についての協力を進めていたと述べた。

 マッティス氏は、「中国は引き続きこれらの問題に取り組んでいる」と記者団に対し、「中国に対するトランプの怒りはアメリカの人々の現在の北朝鮮観を表している」と述べた。

「これは、各国がこれらの問題についてどのように議論し、先行するかについて議論する方法についての哲学的レベルの議論に従事するユニークな機会でした」とMattis氏は述べています。「わが国間の競争は起こりうるが、紛争は避けられない。

ドナルドトランプ大統領はアイオワ州シーダーラピッズで2017年6月21日に集会に到着する。(写真提供:AFP)

彼は、2016年1月に北朝鮮に留置された22歳の米国人学生、オットー・ワームビエ氏の月曜日の死を指していた。そして、先週シンシナティで親に戻った。

「私が思うに、あなたが見ているのは、誘発し、誘発し、誘発し、規則の外で基本的に遊び、真実で速くて遊びのない体制を持つアメリカ人の欲求不満です」とマティスは言いました。

ワシントンと北京が現在の戦略に合意し、国連の制裁下で平壌との貿易を止めるつもりであったとティルソンは同じスタンスを反駁した。

我々は、すべての関連する安全保障理事会の決議を全面的に実施するという我々のコミットメントを再確認した。例えば、我々は両社が国連指定の北朝鮮企業と取引を行うべきではないことに同意している」と米国のトップ外交官は述べた。

続きを読む:

両幹事は、紛争のある南シナ海についても「率直な意見交換」を行った、と中国は問題を平和的に解決すると約束したと付け加えた。

米国は中国の島の近くに軍艦や偵察機を送って、海の大部分を中国の主権主張に長らく挑戦してきた。

マティス氏は、米国が航行の自由と呼んでいる事業の下で事業は継続すると述べた。

一方、Tillersonは、トランプホワイトハウスもまた、中国との人権問題を論議することを明らかにした。

「中国の人権問題に関する懸念を表明することには恥ずかしがり屋ではなく、私は今日の会合では直接的で率直であった」と述べた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 米国はシエリ... 意見:米国と... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。