ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



ほっかもを読んでくださる皆様へ



本日のオフは大阪城に行って、天守閣を目指しました。
大阪城は桜を見たり、運転から眺めたことはありましたが、1番上から眺めたことはなかったので、生前、豊臣秀吉が人生で目にした眺望を、自分も見に行かさせて頂きました。
晴れた日に、見たいなと考えていましたので、今日、清い心で向かいました。


豊臣秀吉は、1536~1598年、安土桃山時代の武将。織田信長に仕え,軍功によって重用され,筑前守となる。本能寺の変後,明智光秀を討ち,四国・九州・関東・奥羽を征して1590年天下を統一をしました。
慶長3年(1598)歿、63才。

豊臣秀吉は、何を想い、何を考え生きたのか。
そんなことを想いこの場所から真下の景色、遠くの景色を色々な角度から見させて頂きました。


天守閣




そんなことを想いながら見ていると、高層ビルが立ち並ぶ景色、車が走り、空には飛行機が。

見る景色はあの時代と変われど、この高さから豊臣秀吉も眺めていた場所。
もし、豊臣秀吉が今の真下の景色、遠くの光景をみたら、社会の発展に間違いなく驚くだろう。
携帯があり、カメラがあり、絵を描いて写真のように残していた、あの時代とは全く違うのだ。

それだけ、豊臣秀吉が生きたあの時代から、今の日本は大きく近代社会として成長を遂げた。

この時、ふと心に………思ったことがあった!

ここまでの社会の発展、日本の発展はあるが、あの時代に生きた人よりも、はっきりとした心の発展があり、今生きる人達が、昔の人を上回る、日本人になったと胸を張っていえるだろうか。

あの時代に生きた武士、日本を生きた諸先輩方より発展した心がどれだけあるのであろうか。

目を瞑り。。
心をよりよく進化させ、今の日本で生きれている人はどれくらいいるのだろうか。

文明社会は、はっきり昔より発展したと誰もが言える。
自身も、あの時代より人として成長をしたと、豊臣秀吉の前ではっきりと言えるだろうか。。。とそんなことを悟ってしまった。


昔の良いものを継続させ、日本人として誇りをもった大切な生き様、日本人にとって、もっとも大切な縦社会で成り立つ言葉遣い。

全てを新しいことにしていくことが、発展ではない。
昔にあった良いものは絶対に残し、そこに現代社会の良いものを残していく。
伝統があり継承がありアレンジという発展が繋がらなければ、真の進化………発展の心にはならないと思う。

日本の歴史を読みながら良かったものは、覚悟したら命を天に託すぐらいで、命をかけ、真っ直ぐに生きる強さ。
今日命がなくなるかもしれないが、それに対して顔色1つ変えず向き合い、そこで輝いて生きる、生き様。

それが歴史に名を残した武士。


自分は改めて強く思う。
昔の良いものは絶対に無くさず、それを貫くことにより、今の現代社会から浮くことがあるかもしれないが、そんな昔の大切な日本の魂をもう一度作り直さなければいけないと思う!

今日より、さらに自分に厳しく、自分の心に自分で鞭を入れれる強さ。
そして、身近な人、自分を超えて欲しいと思う、弟達に、本当にあの時代に負けない心を身につけれるように、より厳しい愛を渡していくことを覚悟して生きなければと思う1日だった!


諸先輩のお陰で、ある今の日本。
諸先輩の人達が、最後まで走り抜いたものを私達も、走り抜くべきなのではないか。
人生は修養の場。

歴史上に名を載せることは難しいかもしれないが、1人1人に大きなきっかけを与えられる漢になれるように、命を使わさせて頂きたいなと。

是非、共に、生きて、命を全うし、その時が来るその日まで精進して歩んでいきましょう!



北野貴之

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは!

いつも応援ありがとうございます!
セレッソ大阪への沢山の応援、自分への応援をいつも感謝して受け止めています!


昨日は、セレッソ大阪の勝利に乾杯。
南野拓実の今シーズンの飛躍への乾杯。
そんな食事会を西梅田にある、しゃぶ亭という場所で行いました。

21歳にしてオーストリアに渡り、闘っている拓実。
自分も20歳の時にブラジルという異国の地に行って海外という中で生活し、サッカーをすることで学ぶ環境、学ぶハングリーな心。
通じる話が沢山ありました。

nice guyで熱い漢の拓実!!

素晴らしい漢であり、前々から逢いたいなと思っていた子でした。

日本人として、忘れていけない心。
日本人として、世界で通用する、世界から尊敬される心。

そんなことについて、2時間2人で話しました!

誰か弟分を誘おうと思いましたが、2人で決め、2人で熱い会話しようということで、2人だけで逢うことにしました。

また、絶対に会いたとおもう拓実の人間力、絶対に会わなければいけないと想える熱い漢…………南野拓実でした。

またの再会を誓い、拓実とお別れをしました!

今回、拓実とは、初めて逢って3日目でした!
セレッソ大阪のクラブハウスにオーストリアから帰ってきて訪れた日は、セレッソ全選手は帰っていたのですが、自分は筋トレで残っていました。
実はクラブハウスに帰ってきて最初に逢ったのは自分でした。

そこのスタートから、ご縁であり運命ですね!!

素敵な時間になりました!
ありがとう!拓実





素敵なご縁があり、多くの出逢いがあります。
出逢うときのために「心磨く」
「漢の深み」をさらに増しておかなくてはいけないですね!

日々の鍛錬がどれだけ大切か!


ということで、明日はOFFなので今日はこれから………勉強DAYにしました。


17時から習い事!
夜から日本メンタルヘルスに人間学を勉強しに行って頑張ってきます!





コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


  


こんばんは!!

今日は、山村和也と一緒に食事をして、温冷トレーニングをしに行ってきました!
和也は、とっても大好きな漢の1人です。
弟分として、君臨する漢になりそうですね!

国見高校卒業ということで、厳しい世界で育ってきたので、ベースは熱い漢です。

まだ、アウトするところまではいってないですが、今たくさんのことをインプットさせ、これから彼は、心をアウトさせる熱い漢へと変わっていくでしょう。

お風呂に入るまえに、まずは背中を流してもらい、交代し背中を流す。
背中を相手にみせるとは、相手に背を向けるというのは、信頼し、心を許してなければできません。
漢の背中を流してもらうというのは、最高のスキンシップ行動です。

昔は父の背中しか洗ってない自分ですが、今はたくさんの背中を流させてもらっています。

目上の方には、「○○さん、背中流させて下さい!」
後輩には、「○○、背中を流してもらっていいか?」

そんな漢の人情からさらに熱い絆ができると考えています!

そこからは、温冷トレーニングを、お湯5分、水5分を3セット最後はお湯5分のセットを2人でしました。

温冷トレーニング中は、熱いトークを交わし、戦国時代の武将の話など力説しました!!
初めて聴く話で、和也は目をキラキラさせていたか、ちんぷんかんぷんかはわからないですが。。笑

帰宅するとご丁寧な御礼の挨拶が来ました!
色んな話をしましたが、その中で少し和也に話した、言葉を書きますね!



「ライバルは、己」
「敵は己の中にある」

すぐ人生は相手、向かう先に現れる者が敵と考えてしまいます。
違うんです。

人生という修養の場で、鍛錬しておくことがどれだけ大切か。
日々、自分と闘い、現れた敵に対して、敵は自分引き出してくれる相手でしかないのです。
引き立て役になるのが敵。

大切なのはその時に備え、いかに自分に打ち勝つ訓練をしておくかなんです。


これが、1日1日の人生という、修養の場で鍛錬し、生きる、命を使うということなのかなと。


修養………知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。

鍛錬…体力・精神力・能力などをきたえて強くすること。 「若い時に-する」

難しい言葉で、なかなか耳にしない言葉かもしれないですが、自分が心のベースにし、生きていく中で大切にしている言葉です。

サッカーにも、様々な方達の人生にも繋がると思います!!



本当の敵
敵は己の妥協・己の心にあり








コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


漢飯  


こんばんは!
今日から6月1日が、6月がスタートしましたね!
大阪での梅雨、自分にとって大阪の梅雨初体験ももう少しですね(笑)

暑い暑い夏がやってくるのが楽しみです!


6月1日スタートの今日は、自宅にて漢2人が集まり、3人で漢飯を囲みながら熱いミーティング、熱い談話が繰り広げられました。

自分もトレーニングを終えて帰ったらだいぶ遅くなりましたが、空腹を我慢し、2人でずっと熱い話をしていたようです。

自分が帰ると大きな声で玄関まで出てきて「今日もお疲れ様でした!」と熱いお出迎え。

22歳、23歳の2人に漢料理というか、今日も追い込んだトレーニングをしたので、身体に良い漢料理になりました。笑笑
それでも、2人とも美味しい美味しいと食べてくれました!!


本日のメニューは、こちらです!




ササミ25本茹でて、胸肉茹でて、トマト、ブロッコリー、オクラ、アボカド、韓国のり(各1人)、もずく(各1人)、めかぶ(各1人)、卵焼き2個分(各1人)、きゅうり3本、ササミの茹で汁でスープ

ほぼ完食!
高たんぱく質の鶏肉と大量の野菜、ミネラルは海藻系で、夜はご飯を抜く食べ方で、より吸収をピンポイントにしました!

若い2人は、この食べ方初めてだったようでしたが、ササミをごはん代わりに食べる食べ方で5本以上食べていました!!


この料理、胸肉、ササミの蒸す料理は、高校生の時に母に作ってもらったので思い出します!

お水に結構お酒を入れて煮込むのが良いです!
そうすると、鶏肉が硬くなりません。
そして、ある程度火が通ったぐらいの段階で火を消し余熱で火を通していくと、鶏肉が硬くならないので、試してみて下さい。

もっと柔らかくしたい場合は、もし時間がある場合は鶏肉に砂糖を揉み込んで、同じく水とお酒の中に入れると更に柔らかくなります!
砂糖はお肉を柔らかくする効果があるようです。


是非、鶏肉のシンプルな水煮を作る際には参考にしてみて下さい!!


それでは、6月も素敵な月にしましょうね↑↑↑




コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


性格  


こんばんは!

最近は、時間を見つけては本を読むという、心に栄養を蓄えています。そんななかでまとめたものをお載せしますね!


皆さん、自分の「性格」について考える時間、見つめ直す時間をつくっていますか。
自分の「性格」を知るということは、自分の説明書を自身で持つということになり、大切な自分の取り扱い書になります。
ときに嫌な部分がみえたり、あまり好きではない自分の「性格」を見つめ直す時間、改善しようとすることが大切です。


自分が「性格」について1番最初に悩んだ時期、葛藤があったのは小学時代なのを覚えています。
そして、中学生に差し掛かり「性格」改めないと違う方向にいってしまう、そこから、性格を変えて来ました。

歳を重ねるごとに「性格」と向き合い、良い「性格」の部分は残し、より素敵な人間になるために「性格」を改善しなければいけないところは見直してきました。

それは今も、改善しようと日々続けています。


「性格」は生まれたときから一生変わらないものではない、ということを改めて分かってください!

心の中でどういう思いを抱いているかによって、その人の「性格」は変わっていくものです。
どうなりたいか、どんな人になりたいかを抱くのです。

人柄を見れば、魂の美しさが伝わってきます!

美しさは、日々様々な嫌なことがあろうと、目を背けたくなるようなことがあろうと、自らが美しい言葉を使い、他者にも美しい言葉をかけるのです。
美しい言葉が、美しい人生をつくります。

やがて……人柄……美しい性格へと変わっていくのです。


こんな言葉があります。
芥川龍之介さんの言葉です。

「運命は、その人の性格の中にある。」

また、他の方は、こうも言っています。

「人は性格に合ったような事件にしか出くわさない。」

善きことを思い、善きことをすれば、よい結果が生まれる。
そういう思いをずっと抱いて行動していると、その人の性格を形づくっていくのです。

その人の、性格によって運命が決まってくるのです。


人生は、
「あなたの思いが呼んだのです。」

「あなたの性格が、知らずにそれをつくったのです。」


先人の言葉は、性格が変わっていくまでの強い思いを抱き、毎日毎日、自分の思いを修正、鍛錬しながら、善き思いに変え、善きことをする方向に変えていくことが大事なのだということを伝えています。

どれだけ自分の「性格」が大切かということになりますね!

「性格」が運命を引き寄せているのです。

皆様も「性格」をさらに大切だということを知り、一緒に更に善い方向へと引き上げていきましょうね!!



Big hugs! 大きなハグを皆様に!




コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ