ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



こんばんは!
本日は、大阪で開演中のシルクドソレイユ、トーテムに行きました!


セレッソの選手で興味がある方に事前にお聞きし、皆んなで一緒に観ることによって、新たな刺激が入るかなと思い発案しました。

一列で皆んなで観たり、共に共感することは、組織としてとてもよいマインドになります!

プロの超人芸を生で観ながら、口々に「凄すぎる」「やばいよ」という言葉が発されていました。

本番でのあの集中力は、日頃どれだけ練習を経て、今があるのかなと………練習の努力の方へフォーカスする選手が多くいました。

準備をするから、本番で楽しめる。
準備をするところで、勝負が決まっているのかもしれないという演技でした!

今日の人間離れした、2時間の超人芸は是非多くの皆様にも生で観てもらいたいなと思いました。

素敵なセレッソ大阪のメンバーで観れたことにも感謝です!





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日、スカパーでセレッソ大阪TVをご覧頂いた皆様、ありがとうございました!

取材に出て頂きたいとの、お話を受けまして、今の自分よりもっと適任はいるのではないでしょうかと尋ねました。
それが、一番初めのお返しのお言葉でした。


沢山の熱いお話を話してくださいとのお話を受け、今回の取材が進められました。
大阪TVに出演させて頂き、本当にありがとうございました。

今回大阪TVを通して、うまく伝えれたかは分からないですが、いかにマインド、すなわち考え方と心が大切かをお伝えしたかったのです。


選手としてのマインドセット。
マインドセットとは(考え方の枠組み、ものの見方。)
マインドセットこそが、新たなチームと、今日本が求められチームになっていくのではないかと。

それは、まずは挨拶。挨拶の質。本気の挨拶。
それが、日常からでき、生きる基本となって刻まれているか。

スポーツは、必ず礼に始まり礼に終わります。

その、礼への質の高さに繋がるものは、朝や、人との挨拶の質がとても大切になります。

目上の方への、お名前の呼び方も大切です。

いつの時代から、目上の方に「〜君」と呼ぶようになった、このような時代背景。
若いうちに、学んでない子達がいたら、生きる基本の改善が必要なのです。


今、自分ができる全力を探し、今あるこの地で命を使う、ご縁があって、ここにいる。
覚悟を決めて、生き抜くと決めてセレッソ大阪に居させて頂いています。

不平不満は、貴重な1日の命を使ってると思えば言ってる暇はないのです。


はっきりとした、志、意志があれば、見るもの聞くものどんなものから学ぶことができる。

「1本の草木といえども、我が師なり」

自分には何年後にこうなりたいという、漢、志がはっきりとあります。
サポーターの皆様や、出会う皆様、プライベートで出逢う皆様…………我が師と思い、始終ご縁が素晴らしいものとなりますようにと、責任をもって心に刻み歩んで生きております。

ご縁を通して、皆様には、いつも、常日頃から心から感謝しております。

これが、TVでは伝えきれなかった、深い想いです。


そして、TVを観ることが出来なかった皆様への想いは、今回のblogです。


思考の根本を変えるのは簡単なことではないです。

日本人であることにもう一度、幸せと誇りの再確認をし日本男児の強さ、良さ、熱い心。

まずは自分の魂に火をつけ、仲間の魂に火をつける。
誇りに思えるチームに所属し、そんなチームが日本を幸せな渦へ、高いマインドセットをもったチームが新たに日本を変えていく時代のチームとなると強く思っています!














コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!
先日での第98回甲子園。
我が母校である、北海高校。
多くの方々の応援がありまして、甲子園で準優勝という快挙を成し遂げることができました!

北海道から、大阪から、全国から応援を届けて頂いた皆様。
皆様へこの場をお借りして、お礼のお言葉をお伝えさせて下さい。
本当にありがとうございました!

私の母校は、今年で創立131年になる長い歴史のある高校です。
私が、入学の時は男子高で、その一学年下からは共学になるという、最後の男子高校生としてピリオドを打ったのが私達の代でした。


北海高校のスポーツ部は、どの部員も校歌を覚え歌えなければいけない、サッカー部に限っては応援歌も歌えなければいけないという3年間がスタートします。

北海高校131年の伝統の応援歌の中で、大好きなフレーズがあります。

ツラは黒いが心は赤い。
赤い心は日本一よ。


とっても心熱くなるフレーズです。


そして、北海高校の校訓は質実剛健・百折不撓という言葉を伝えられ、その言葉を胸に3年間歩みます。

そして、日本屈指の熱い漢達がつくられます。

それが………北海健児なのです。


北海健児

明朗、快活で己を飾らず、誠意をもって物事にあたり、どんな困難に出会ってもくじけない強い意志をもち、「質実剛健」「百折不撓」の北海魂を持ち備えた者を言う。
また、正義心を根底に持ち、正しいと思う事にはリスクを恐れず立ち向かい、人の為に尽くしても恩を着せず、良い事をしても自慢、吹聴せず、人の喜びを己の喜びとし、己よりも、人の為に、社会の貢献に尽くす者を言う。

これこそが長い歴史、今も北海高校が作り上げる人間像………北海健児なのです。

「質実剛健」「百折不撓」

高校生活、この質実剛健・百折不撓を胸に刻んで歩みます。


この言葉を聞くと、胸が熱くなります。


質実剛健
明朗、快活で己を飾らず、誠意を持って物事にあたる心

百折不撓
たとえどんな困難があっても挫けないで立ち向かう強い意志


甲子園では、北海高校サッカー部卒業の漢達が、メガホンを片手に、サッカー部のタオルを片手に集結しました。

年代は全く違いますが、彼らは全て大切な後輩であり、弟達です。

時代は違えど、同じとき、私も16歳〜18歳のときに北海グランドで泥まみれになり、1週間の飯合宿や山というとんでもない走りを経て、そして、ノート3ページ分のサッカー部での約束を守り3年間を生きてきました。

なので、甲子園で出逢う若いサッカー部OBでも基本ベースがしっかりしているので、しっかり漢としての会話ができるのです。

北海高校サッカー部を卒業すると

「はい」「いや」ではなく「いいえ」で発することができるようになり

聞き返す際には「すみません、もう一度お願いします」と発することができるようになり

「自分」と発することができるようになり

キレのある「挨拶」ができるようになり
自転車を降りて挨拶、鞄を置いての挨拶
ここまでは、当たり前のことです。

ノート3枚に書かれた決まりごとは、大人の人が見ても、驚きの嵐の決まりごとだらけです。



北海高校を卒業した、北海健児が、さらに日本で多くの皆様に幸せを与えられる漢達でありますことを、誇りを持って歩んで行きたいと思います。













コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




本日は、我が母校である北海高校が甲子園で試合がありました。
お陰様で勝利を収めることができ、皆様に感謝しております。





北海高校は、明治18年創立された学校で、今年で131年。私が最後の男子高校生卒業生として節目の年でした。今でも胸に刻み誇りに歩んでいます。
甲子園には、沢山のOBの方々が詰めかけられていたようです。
19歳北海高校卒業サッカー部、天理大学、東京国際大学の弟分が私の代わりに応援に行ってくれました。
北海道から出るときに、持ってきたものは…北海高校応援メガホンとHOKKAIタオルを持って内地に出た3名。これが北海健児の熱いところ。



自分が卒業してから、16年。
それでも、同じ教育、同じ生活指導、言葉、行動を重んじる北海高校サッカー部の伝統と継承は素晴らしいなと思います。

自分にわざわざ会いに来てれる、19歳北海高校サッカー部卒業の熱き北海健児。
今回初めてお逢いしたけど、北海サッカー部で3年間で、同じ基礎を叩き込まれ過ごしているので、基本ベースが高いので、しっかりとした会話ができるのですぐに打ち解けます!

北海高校サッカー部では、A4の紙4枚ほどの書かれた、サッカー部に入部と同時に生活の決まりごとがあります。

その伝統が………今尚熱い北海健児が出てくる理由なんです。





コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!

先日偉大な大先輩である、橋本英郎さんが新たな船出を致しました!
英郎さんとの、出逢いは自分がキャリアが増すにつれて先輩方となかなか会えなくなっていくサッカー人生。
そんな中で、お逢いできた素敵な人柄の英郎さんでした。

新たな船出を心から祝し、それと同時に橋本英郎さんという背中を、多くの選手が尊敬した背中。
その背中を、新たな旅でも、多くの方から、尊敬、敬愛される旅になりますようにと、心からお言葉をお伝えさせて頂きました。



最近、自宅で、若手の選手がお昼ご飯を食べに来ました。お昼を作ってあげたら、とっても美味しい美味しい言ってくれる2人。

この2人に食事をしながら熱い会話をしました。

「本がもたらす心へのサプリメントの大切さ」
「自らの発言が人生をつくる」
「行動の質が、美しい人生をつくる」
「敵は己の妥協にあり」

メンタルの話をしたり、本当に成功をしたければ、様々な方向から鍛え抜かなければいけない。
人が遊んでる時、人がデートしているとき、そのとき世界には努力している人がいるんだぞ!

その、皆が楽しんでいるときにコツコツ差を縮める漢になるようにと話をしたりと、熱い言葉を心に入魂しました。

2人とは、この可愛い2人です!


ランチの後は、安眠部屋にてお昼寝を。

パワーをためてもらった後には、お2人&米澤令衣と子供達のところに抱っこをしたり、遊びに行きました。
3人の可愛い後輩君たちのお陰で、沢山の子供達が沢山の愛を受け止め、とっても喜んでくれました。

ありがとう!!!令衣、雅崇、樹雷人

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ