ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



こんばんは!

先日偉大な大先輩である、橋本英郎さんが新たな船出を致しました!
英郎さんとの、出逢いは自分がキャリアが増すにつれて先輩方となかなか会えなくなっていくサッカー人生。
そんな中で、お逢いできた素敵な人柄の英郎さんでした。

新たな船出を心から祝し、それと同時に橋本英郎さんという背中を、多くの選手が尊敬した背中。
その背中を、新たな旅でも、多くの方から、尊敬、敬愛される旅になりますようにと、心からお言葉をお伝えさせて頂きました。



最近、自宅で、若手の選手がお昼ご飯を食べに来ました。お昼を作ってあげたら、とっても美味しい美味しい言ってくれる2人。

この2人に食事をしながら熱い会話をしました。

「本がもたらす心へのサプリメントの大切さ」
「自らの発言が人生をつくる」
「行動の質が、美しい人生をつくる」
「敵は己の妥協にあり」

メンタルの話をしたり、本当に成功をしたければ、様々な方向から鍛え抜かなければいけない。
人が遊んでる時、人がデートしているとき、そのとき世界には努力している人がいるんだぞ!

その、皆が楽しんでいるときにコツコツ差を縮める漢になるようにと話をしたりと、熱い言葉を心に入魂しました。

2人とは、この可愛い2人です!


ランチの後は、安眠部屋にてお昼寝を。

パワーをためてもらった後には、お2人&米澤令衣と子供達のところに抱っこをしたり、遊びに行きました。
3人の可愛い後輩君たちのお陰で、沢山の子供達が沢山の愛を受け止め、とっても喜んでくれました。

ありがとう!!!令衣、雅崇、樹雷人

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!
ほっかもでのコメント、練習場の舞洲で本のご紹介を受けましたので、本日のほっかもは、我が家のリビングにある、本から厳選スペシャルの本をご紹介します!


今回ご紹介する本は、自分のベースを創り上げた心の本ばかりですが、この本棚全てが自分を創り上げました。
その中でももっとも読みやすく、お薦めを絞りました!








まずは、朝の習慣、夜の習慣からいきます。
この本で、朝の習慣にしていることは多々あります。夜の習慣も良いですが、朝の習慣から楽しいと思われた方は、夜の習慣も購入してみてください!
朝の目薬、朝の夢を口に出す、そんな大切さは全てここに書かれています。







この本は、掃除が、笑いが、感謝がなぜ人生に大切なのかをこと細かく書かれています。
人生を引き寄せるには、この3つがどれだけ大切かということです。





お財布シリーズの本です。自分は他2冊お財布関連の本を持っていますが、この2冊をお薦めします。
お財布の持ち方がどれだけ大切か、お金に対して敬意をもって持つことこの大切さが、その真意が書かれています。






この本は、ぜひあらゆる方にも読んでもらいたい一冊です。仕事に対してどのような心の持ちよう、もしくは仕事の本質、今の若い子達が何をしたいかわからないで、仕事を望んでいるのであれば、この本は読むべき本です。
仕事とは…………その答えが全て書かれている本です。






潜在意識、顕在意識といった自己啓発の本になりますが、そういった部類の中では、読みやすい2冊です。今まで触れたことがなかった、言葉が、脳に刺激がはいる分かりやすい本だと思います。





自ら発する言葉がいかに大切か。
その何気ない言葉をどのように変えるかで、人生が変わるという、自らの言葉の大切さを教える本です。






この本は、ビジネスにも活きて、話し方が上手くなるためのテクニックが書かれている本です。
ビジネスを通して、話術テクニックをあげたい方にはお薦めの本です。子供とかの会話に使える事も書いています。






部屋が綺麗なことが、なぜ大切か。なぜ全ての運気を上げるのか。部屋を綺麗にすることで、ここまで人生の運気を変えるのかということが書かれた本です。






真の漢を目指すなら必ず通って欲しい一冊。
この本は、プレゼントする人する人に感謝の言葉を頂く一冊です。
熱い漢を目指すなら、日本男児を目指すなら必ず通って下さい!!





この本、読んでからさらに部屋のこだわりを持ち、良い方向に素晴らしい雰囲気の部屋を作ることができました。
私の部屋の観葉植物を各部屋、トイレ、玄関、洗面台、寝室、リビング、この影響です。
1つ1つどの部屋も、自信に満ち溢れた、自慢の部屋のインテリアにできたのは、この本のお陰です。





熱い漢を目指すなら2番目に通って欲しい本です!
一流とは…………。一流の共通とは…………。そんなことが全て書かれている本です。
しかし、覚悟の磨き方から必ず入って下さい!





1番最後はこの本をご紹介します。
この本は、今回の本の中でもっとも、自己啓発が強く、もっとも潜在意識を使うことの大切さを書いた本です。紹介した中でもっとも難しい本という事です。
ただ、アンロジカルの世界観、すなわち目に見えない世界観、心に想う事の大切さを書いた最高の一冊だと思っています。

この本、なかなか難しい一冊ではありますが、是非手にとって欲しい一冊です。
ちなみに自分はこの本を、6年前ぐらいに手にしているはずです。即ち、27歳の時に読んだ本です。

1つびっくりする話をします。私の外国の友達は、この本を15歳で読んだと言っています。日本では考えられない答えかと思います。そして、ジョセフマーフィーの本は17歳で読んでいるというのだから、びっくりです。
ただ、少しわかった事があり、日本が自己啓発の本や思想家の本を読む年代が遅いという事が、そのポーランド人の子と話してわかった事実です。

アメリカに一ヶ月住んだとき、あちらにはサクセスストーリーがあちらこちらにおちていて、マインドの高さが分かりました。
このポーランドの子は今はまだ、二十歳であり、読んでる本のレベルの高さに圧巻です。

脳がどれだけ大切かをもう、知っているのです!


ぜひ、難しいかと思いますが、ザ・シークレット読んでみてください。




本は、人間の脳のビタミン剤になります。
心を鍛えるために、人間にとって必要な心のサプリメントになります。
本は知識をつくり、心をつくります。

読む本で、その人の人格、マインドができあがるのです。





コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは☆

大阪は梅雨明けしたのかなという天気が続いています!もう、真っ黒です(笑)


セレッソに来て、1番初めに可愛がった、可愛い弟ぶんの扇原貴宏が移籍することになりました。
その際、最後の練習で撮った写真です!



素敵な写真です!


貴宏が、最後の練習の後に、名古屋に向かうときの見送り、車の出発は、幸せなことに自分が新たな船出を見届けることができました!!

貴宏に出発前の時間、熱い話を交わしました!


1つは発言で世の中は決まる。何気ない発言、先輩への呼び方を熱く指導して、真の熱い漢を目指して欲しいとハグをしながら話しました。

次に、こんな祝福の言葉を伝えました!

新しい環境への旅立ち、右も左も分からない場所への旅立ちは、もっとも漢磨くことができる。
新しい旅立ちに心からおめでとう。

そして、新しい旅立ちには、必ずと言っていいほど新しい出逢いが多くある。
新しい出逢いこそ、更に人格が成長し、出逢いの数だけ心の学びに繋がる。素晴らしい出逢いは、素晴らしい心から生まれる。
素晴らしい出逢いを引き寄せなさいね!

そして、最後に自分から一冊の本とマーカーペンをいれて、プレゼント。
貴宏のことだから、まだ知らないと思うけど最後にメッセージを添えてお渡ししました。
自分がもっとも熱いと思う本を一冊プレゼントするから、マーカーペンは熱く気に入った文に線を引きなさい!
とプレゼントをしました!!



貴宏との最高の時間を過ごし、熱い再会は、お互いが更に漢へと成長した姿で逢おう…………熱い握手とハグで誓いました。



この出来事が過ぎ、今自分は、クラブハウスでチームトレーニングを終え、個人トレーニングを終えると誰も人がいないので、温冷トレーニング最中(お湯5分・水5分・交互に7回)、35分本を読みながらマーカーを引きます。

そんな時にこんな言葉が目に飛び込みました。


『本を読め、人に会え、そして旅をしろ』

人生の達人、素晴らしい人生を目指すならこれしかない。
3つに絞って伝えていました。


たまたま、扇原貴宏に伝えたことが、完結に書かれていたから少しびっくりでもありました。


本を読むことは、人間の脳のビタミン剤なのです。読書は自分も好きではないです。
ただ、心を鍛えるために、マーカーペンをいつも持って抜き出し、心を脳を鍛えています。
読書は趣味ではないです。
人間にとって必須なビタミン剤であり、本は知識と心をつくる最高な時間です。
読む本の量と質、スケールで、その人の人格の器が決まってくると思っています。




『みなさん、本を読もう。新しい人に逢おう、旅に出よう。』



“本を読み心を磨き、鍛え 新しい人に逢うときには、心磨きをした、波動の高い人格で、新しい出逢いを楽しみ、右も左も分からない旅に出たときに、心を鍛えた姿、動じない心で旅路を楽しむ”

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは!

今回、熊本の本拠地でようやくJリーグが再開され、そんな復興中の熊本で、セレッソとして何かできることはないかということで、選手一同1ヶ月前から話し合ってきました。
そこで、保育園訪問、学校訪問をすることができました。

セレッソ大阪選手としては、1か月前からこの開催のときに、熊本での試合後に残り、被災地をまわり、子供達と触れ合って笑顔を届けようと話していました。

しかし、スタジアム決定したのが、2週間をきった12日前。
話が流れそうになりました。
しかし、沢山のセレッソ大阪選手の想い、熊本で頑張る選手の一言。
「子供達は喜びます。是非来て下さい!」この言葉を聞き、やらなければならないと想い、今回熊本の活動をすることができました。

嫌な顔することなく、それどころか、熱い想い、熱い言葉を発した、セレッソ選手全イレブンの想いがあって、被災地訪問が実現することができました。

また、日数が短い中、シーズン中にも関わらず、御理解して下さった、チーム関係者、並びに社長、GM、全ての方に心から感謝しております。



メンバー外はスタジアムに着いたら、ロアッソ熊本の選手と共に、試合会場にて、お仕事がありましたらなんなりと、おっしゃって下さいという形で、駆け付けました。


そこで、私達、6名は募金活動のお手伝いして欲しいとのことで、ロアッソ熊本の選手の皆様と募金活動をさせて頂きました!

試合会場に来て下さった、大阪からのサポーター様からの沢山の募金、現地で闘う熊本サポーター様からの募金、本当にありがとうございました。

ロアッソ熊本サポーター様
セレッソ大阪サポーター様
今回でのスタジアムでの一体感、スタジアムにおけるお互いがチームへの感謝のスピーカーでの掛け合い、拍手、最後に互いに挨拶を行く姿。

これこそが、日本で忘れてはいけない、もう一度気付かなくてはいけない、日本の姿なのではないのかと、涙を堪えました。

このきっかけは、スポーツというサッカーでまとまる力となりましたが、あの光景こそ日本にとって1番大切なんだと、今も胸が熱くなるほど焼き付いています。

被災地を目にし、
私達は、もう一度、有り難さを知り、もう一度日本があるべき姿。

挨拶1つに魂をかけて、困れば助けるのでなく、困る前からいつも優しく、温かい行動。
そんな、優しさこそ、もう一度見直し、自分も行動をさらに変えなくてはと心を洗いました。



保育園、小学校訪問。
保育園では、2つの保育園と合同で芝でサッカー。
小学校では、各クラスに選手1人で給食を食べてから、お昼は校庭にてサッカーや鬼ごっこ、ありとあらゆる遊びをしました。

ここの小学校では、給食センターが使えない状態になり、お弁当を、学校で取り寄せて食べています。今年はお弁当のようです。

ただ、保育園、小学校の子供達は本当に元気でした。
この元気が、熊本に光を与え、元気というパワーと、笑顔が被災地の方に希望を与えることになればと、私達も炎天下のなか、全力で校庭を走り回り、サイン、写真、全力で、どの選手も望んでいました。

この小学校の体育館は、まだ避難所生活をしている状況で、そこにも、選手皆んなでまわり、高齢者の方と座りながら話したり、写真、サインをしたりと本当に喜んで貰えました。

他、避難所生活をもう1つまわりましたが、セレッソ大阪を拍手で迎えて下さり、なんとも温かい気持ちを頂き、高齢者の方と手を取りながら、話す選手の姿は、なんとも言えない光景でした。

今回、私達セレッソ大阪はこの言葉を胸に熊本へ行かせて頂きました。


『セレッソ大阪の力で 熊本の皆様に
笑顔を勇気をお渡ししましょう!!』





セレッソ大阪の選手として、皆様の想い、大阪を代表して、行って参りました。
選手1人1人の背中をみて、全力で汗をかき、全力でお話をして、全てに対して全力で応える姿をみて、熊本でお逢いした皆様、お逢いできた数は少いかもですが、この言葉を全力で胸に刻み、お伝えできたのではないかと、熊本を後にしました。



飛行機から見る景色は、家々にはまだ、ブルーシートがかかり、家の被害はまだまだ沢山ありました。








今私達ができることは、熊本への支援、熊本への募金、もちろんそのことも大切ですが、今という毎日に感謝する。
人と触れ合う中で、もっと愛を持って、他者に触れ合う。
それが、言葉なのか、行動なのか、笑顔なのか、何かはわからないが、赤の他人という言葉ではなく、そこで会うのは1日のご縁。
そのご縁の1日に、相手が心温まる幸せの気持ちを与えることが、熊本被災地訪問を経て思いました。


熊本訪問に際して、現地で沢山の協力、スケジュールを調整して頂いた、巻誠一郎さん。

初めてお逢いしましたが、何から何までお世話になりました。




そして、スタッフの皆様へ心から感謝しております。




今日のセレッソ大阪全選手の想いが、少しでも被災地の皆様に届くことを、
そして、子供達の笑顔が、
地域の明るさに繋がることを心から願っています!

セレッソ大阪選手一同






協力:日本プロサッカー選手会「J100年基金」

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




明日、セレッソ大阪対ロアッソ熊本戦が熊本の本拠地でJリーグが再開される日となりました。

そこで、セレッソ大阪としても何かできることはないかと、ロアッソ熊本熊本の選手の方と話し合い、熊本の試合会場に駆け付け、ロアッソ熊本の選手と協力し復興支援のお手伝いをさせて頂きます。

スタジアムでどのような形で、お手伝いするかは会場についてから決まりますが、お見かけの際はロアッソ熊本のサポーターの皆様、セレッソ大阪のサポーターの皆様、ご協力宜しくお願い致します。

本拠地開催に際して、熊本サポーターの多くの皆様に、お会いできたらなと想います。
更に笑顔を、更に勇気をお渡しできるよう、明日熊本へ向かいたいと思います。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ