ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



いざ決戦。


シーズンの闘いもそうでした。
あの、熱い声援。
手の叩く音。
フラッグを振る姿。
どれだけ、選手にとって心強く届いていることか。


プレーオフに入り、さらにセレッソ大阪の選手とサポーターの皆様が一心同体、繋がっていることが、伝わります。

今週、セレッソの選手がどれだけ、皆様から、勇気をもらい、躍動できたか。
ビシビシと感じました。


本日、決戦へ集まる皆様。

最高のボルテージで集まる、サポーターの皆様の声が、闘場に立つ選手に伝わり、人間の極限まで覚醒します。

あの覚醒した目、手を叩き仲間へ鼓舞する姿、闘場とかしたピッチで繰り広げられる、相手を上回る気迫、闘争心、覚醒したファイターを目に焼き付けて下さい。


明日の決戦で、マックスのボルテージで、多くのサポーターの皆様と、闘場で会えること願っています。



スタジアムに来る際、もう一度強い意志で来ることを誓ってください。


『思考は現実となります』


拳を握り締め
強い気持ち
信じる強さ

拳握り締めたときの拳の熱さ。
必ず掴み取るという強い意志を1人1人スタジアムに持って来て下さい。

拳の熱さに「J1へ上がる」という強い言葉を吹き込んで下さい。



次に
"勇気"も必要です。

恐れない、勇ましい強い心。


この想い"勇気"がピッチの戦士に伝わります。

"勇気こそが道を開く"のです。



明日の決戦
『想いの強さこそが、引き寄せます』



スタジアム、テレビ、県外からの全ての皆様からの念をお届け願います。


私も、身体と心のすべて、精神を引き上げ、全身全霊かけて闘います!




それでは、今シーズンの熱い想いを全てだし、私達は勝者になるべく振る舞いで、集いましょう。




「桜の戦士勝者へ」






コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




プレーオフの決戦を前に。

今週は多くのサポーターの皆様が、舞洲の練習場へ、熱い想いをもって来てくださりました!
皆様がスタンドから見守る視線から多くの想いが届きました。

勤労感謝の日、本当に多くのサポーターの皆様が熱い想いを届けに来てくださりました。
あまりの人数で、ファンサービスの制限が出てしまいましたが、サポーター皆様の御理解、選手一同多くの想いを受け取りました。


また、本日は熱い想いと言霊を掲げて下さる、セレッソサポーターの熱い皆様。熱い魂で囲まれたピッチで最終調整をしました。
ありがとうございます。
熱いご依頼を受け、自身がお答えすることができなかったこと、熱いサポーターの皆様には御理解して頂き、明日最高のボルテージでお会い出来たらなと熱く思っております。


明日のスタジアムには、多くの覚醒したセレッソサポーターの皆様が集合します。

是非スタジアムに来る際、闘場へ向かう際に2つの気持ちを持って来て頂けたらなと強く願います。


1つ。

拳を握り締め
強い気持ち
信じる強さ
この拳の熱さをスタジアムに持って来て欲しいのです。

握り締めた拳で、目を瞑り、私達は「J1へ上がる」と強く唱えてからスタジアムへ向かって下さい。
"信は力なり"




2つ目。

皆様に"勇気"をもって来てもらいたいのです。

恐れない強い心。勇ましい強い心。
皆様のこの"勇気"がピッチの戦士に伝わります。

"勇気こそ開く道"なのです。



明日の決戦、目標達成には、セレッソ大阪を応援する皆様のパワーが必要不可欠です!

スタジアムで、テレビで、県外からの全ての皆様の念をお届け下さい。


サポーターの声援、念という心を届けてもらい、最高に覚醒したスタジアムにして頂けたら本望です。

私も、目標達成へ全てへの1年の想い、身体と心のすべて、体力と精神力のすべてーを捧げ、全身全霊かけて闘います!!


それでは、最高に覚醒した姿でスタジアムで集まりましょう!


「桜の戦士」

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




皆様へ。
1年間のリーグ戦の戦い。
どんな時も声を枯らし、手を叩き、皆様の声がスタジアムに鳴り響かせた熱い声援。
その声援で勇気を頂き、気迫溢れ、躍動して闘うことができた、セレッソの選手。

皆様の声が私達の力となりました。
心からありがとうございます。

ここからは、新たな闘いとなります。
ここからの闘い、リーグ戦での順位というものは全く関係がありません。

強い想いを持っている者が上にあがる。
信じる力が強い者が制す。
その、闘いがはじまります。


最後監督が、代表者となり挨拶をし、スタジアムを一周した際に、ゴール裏で受けた熱いボルテージの声援、選手バスが出る際のサポーターの声を聴き、胸が熱くならなかった漢はいなかったかと思います。


わたしたちは絶対J1へあがる。
J1の道を切り開く。


そこには、もう一度、シーズン同様………
いや、シーズン以上の覚醒した皆様の熱い想い、念をピッチに届けてもらうことが、勝者の道にとって必要不可欠です。

私達は、勝者となって男泣きをする。

この言葉を胸に
明日から目標達成に向かって邁進して、歩みます !




コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは!

お誕生日のblogから空いてしまいました。

週に何回か習い事があったり、弟分が来てくれたりと、毎日刺激的な毎日を過ごす日々です。

今家に来る若い子達は、スポンジのような漢達で、熱く大きな志を兼ね揃えた下は19歳。上は28歳の漢の子達がいます。

よくその子達とマインドの大切さ、考え方がいかに大切かをお話をします。

例えば、大切なのは何をやるかでなく、何を食べるのかではなく、どこに行くかのではなく、「誰とするか、誰と食べるか、誰と行くか」をよく話します。

そして、こんな話もします。

何かうまくいかないことがあった際、得てして人はその原因を自分以外の、人や環境のせいにしようとそちらに目を向けます。

しかし物事がうまく進まない時、思うようにいかない時、まず初めに自分の思いや、行動、自身に足りなかったのではないかと考えるように話します。
つまり自分の思い、行動の努力不足に目をまず向けなさいと話します。

人のせいにするなどというつまらない方向に無駄なエネルギーを使うのではなく、自分の至らなさを思い、再度、自分を見直し、やり直せばいいだけなのだから、そちらに視点を向け、前向きに考えるのが賢い生き方なのです。


そして、良く云うのが、
「昨日より今日、今日より明日と何でもいいから成長すること」と云います。
これはビジネスや専門知識という仕事だけでなく、もっと大きな意味での成長のことをも含まれています。
即ち人間としての心の成長や、その本質である内面の成長も意味しています。
人間は先天的にある脳が30%、後天的な脳が70%と言われております。
この後天的の70%をいかに鍛えるか、そこに目を向けることを伝えます。

そんな後天的の脳を鍛えるとは、考え方の枠組み即ち、マインドセットです。

「絶対に人のせいにしないこと」
すべての問題は自分自身の中にあるとして、性格が引き寄せた結果なのです。
周りのせいにしないことです。周りを変えるにはまず自分自身の性格に目を向けること。

その際に起きる全てを受け止めれる強さも大切です。

「身の回りに起こることは必然であり、すべて受け入れること」です。目を背けたくなるときでも、起こったことが結果的に自分にとって必要であった、あるいはよりよいものになるための経験であったと受け止めて努力することが大切です。

性格は生まれたときから一生変わらないものではありません。
心の中で真剣にどうなっていきたいかという、思いを抱いているかによって、その人の性格は変わっていくものです。


「運命とは、その人の性格の中にある」

「人は性格に合ったような、事件にしか出くわさない」


人生は後天的の脳の70%をいかに鍛えようとするかなのです!!








コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




1982年10月4日に産まれました。
昨日の10月4日を迎え、34歳を迎えることができました。

今の実りある人生、心の深みのある34年間があるのは、今まで生きてきた中で、私が出逢ってきた皆様のお陰で創られています。

まずは私が産まれるに際して、今日までお逢いしてきた、皆様方へ感謝のお言葉をお伝えさせて下さい。
「素敵な出逢いの数々、心からありがとうございます」

そして、次に生を授かり、親を選んでやってきた自分ではあるものの、しっかり愛という無限の愛を渡し、どんなときも心に余裕を持ち育ててくれた、母。
厳しいご指導で、勝負事への厳しさ、漢の厳しさ、自然で生きる力を教えてくれた、父。

この両親の元へきっかけを与えてくれた、神様に感謝したいです。
両親はどんなときも肯定をしてくれました。自分が決めたことに対して、否定から答えが返ってきたことのない両親。

私が物事を決めたことに一度たりとも否定をしなかった、母の強さ。父の信用。
中学校の時に朝刊の新聞配達をする時にも、本来は心配や、勉学があるなか、ダメと言わずに働かさせてくれました。

何か言われていたら、続かなかったかもしれないけど、「貴方が決めたのならお母さんいいよ!」
そんな、肯定の温もりが3年間続けれたのかなと思う。


私が、大学在学時の2年に上がる前に、アルビレックス新潟にチームからお話を頂いた時、母に一言。「大学辞めて、アルビレックス新潟に行こうと思っているんだけど………。」

「貴方が決めたのなら、お母さん、お父さんはなんにもないよ。」

この人生への肯定の言葉が、自分のマインドセットに大きく役立っていると……今強く想うと同時に、心から感謝の気持ちが年々大きくなります。

小さい頃の、頭の内部の考え方を創る第一の影響力は、両親といわれます。
そして、1番初めに子供に傷をつけるのが両親か大人といわれます。


私は、本当に幸多きご縁のお陰で、小さい頃まずは両親から傷をつけられることなく育ち、そして、出逢う大人の方にも、心に傷をつけられることなくマインドが出来上がってきました。

こればっかりは、幼い時にどうしようもできない、環境だが、有難いとしかいいようがありません。


今の考え方は、両親、出逢った皆様方の結晶が、今の漢の背中になり、私の頭の中のマインドとなっています。

これからも、求心力の高い漢を目指して、はっきりとした志、意志をもってさえすれば、見るもの聴くもの、全てのものから学ぶことができると心に刻み、しっかりと未来を視野に捉えたいと思います。

精神的に深い人生を引き寄せるために、頑張るのではなく、真剣に生きる。
形あるものはいずれ滅びるという、滅びる事実を知るから強く生きれる。

滋味溢れる人生を引き寄せます。

今を創ったのは過去の自分です。
未来を創るのは今の自分です。

真剣に命を使う1日×365日が、自分が考える未来へと繋がるのです。

34歳は、Instagramで写真をお載せしましたが、漢8人による、サプライズパーティーで、本気の祝福をうけ、素晴らしい初日を迎えることができました。

沢山のコメント、沢山のプレゼント、沢山のお花、ありがとうございます!

日本全国の皆様に心から感謝しております!


「永遠に生きかのように大きな夢を持ち
明日天へ舞い戻るかのよう命に対して真剣に生きる」そんな人生にします。








北野 貴之

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ