ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



最後の更新です↑↑↑

2日間に渡り、沢山のほっかも更新を見て頂きありがとうございました↑↑↑


お陰様で素晴らしいオフの2日になりました♪(感謝)




新潟に住んでいる期間は、自然が多かったので色々な所に足を運んで、住んでるうちに必ず行きたかった、佐渡と粟島に訪れ会話を持ち帰り、新潟近辺を色々旅して、旅と食と共に、人に話せる大切な会話を持ち帰りました。(新潟愛)


今は大宮に住み、大宮や関東、関東近辺で旅をして、人に話せる話を持ち帰ります(心磨)



今日の道産子の後輩にも熱く話しました(熱)

『色々な所に行き、話を買いに行くんだよ』

旅して、食して、人と出逢い、人と話し『会話を買いに行く』


お金には変えられない財産、それは『経験と会話』なんだと思います↑↑↑↑



後輩には、両親に初めての感想を伝たら喜ぶよ~、その会話が最高の親孝行になるだよ~といったら、ニコニコの顔で“はいっ、伝えます”と写メールばしばし撮っていました↑笑↑





明日からは8月も終わり、9月スタート↑↑↑


またまだ夏が続き嬉しい僕ですが、9月も素敵な1ヶ月にしましょうね↑↑↑↑



明日からは、言葉集スタートなのでお楽しみに(秘熱)




それでは、最後に最高の癒しのイルカちゃんの写真で、終わりにしますねっ↑↑↑↑



おやすみなさい☆≡今日も有り難うございました(礼)

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




からの~、新潟のヒロシのお姉ちゃんが横浜に住んでいるので、教えてもらいお勧めのフカヒレ専門店へ(Go)



道産子後輩、初のフカヒレと言うことで、フカヒレ料理を食しに行きました↑↑↑↑


僕もフカヒレ専門店、そして自分でお会計をするのは初めてでしたが、後輩の『美味しい美味しい』言う言葉がとても嬉しかったです↑↑↑


お店のオーナーの方も、僕達の食べ方が嬉しかったのか、調理される前の、鮫の尾ひれを持ってきてくれて、色々質問をしたら説明してくれました。(勉強)



フカヒレは尾びれの下の方しか食べれなく、一匹から1つしか食べれないのです(驚)


そして鮫の皮は、お寿司屋さんが生山葵をおろすのに使っていたり、昔では大工さんがやすり代わりに使っていたようです↑↑↑



フカヒレのほとんどは、気仙沼で干されていて、気候や風土が最適なようです↑↑↑


フカヒレ料理の発祥は中華料理なので、中国かと思いきや日本からつくられたようです。

同様に、干しアワビや、干しナマコも、干物に強かった日本がつくったと言っていました。


因みにフカヒレ料理と一緒に写る、調理前の鮫の尾びれは、2600円位だそうです。


ここから手間隙が、2~3週間程かかって、料理として出されます。


手間隙の分、お値段も高めになるそうです↑(納得)



オーナーの方に、『明日はお肌ぷるんぷるんですよ』言われましたが、男で食べに来てる僕達にその言葉は少し恥ずかしかったです(笑)



1ヶ月に1回食べてたら相当素晴らしいお肌になるらしいです↑↑↑(餅肌)



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


梅蘭  


夜はやっぱり、横浜にいるなら横浜中華街と言う事で、中華街へ(Go)


横浜マリノスの、(今はレンタルで栃木SC)こうた(水沼こうた)に連絡したら、ここを紹介されたので、食べに行きました↑↑↑



ここは、梅蘭やきそばが美味しいらしく注文しましたが、めちゃめちゃ美味かったです↑↑↑↑





コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




これは、チンギスを根性試しに乗せるしかない(笑)



高さ107m、落下時速125km、マンションの高さでいうと35階の高さ。


富士急を制覇した僕にはへっちゃらでした↑↑↑↑↑

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




イルカは泳ぎながら寝るみたいです。


敵から身を守るために、両目を瞑っては寝ないようで。

片目を瞑り、片目を明けて寝るようです↑

熟睡はしないようです↑
勉強になりました↑



触ることが可能でしたので始めて、タッチしたのですが、感触はツルツル肌のゴムでした(驚)



それにしても白イルカめちゃめちゃ可愛かったです(一目惚♪)



イルカと一緒に海で泳ぐその日が、更に楽しみになりました↑↑↑

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ