きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

上総大多喜の銘菓といえばやっぱり『十万石最中』でしょう。これでも昔よりあんこの量がおとなしくなりました(笑)

2017-05-27 12:08:15 | 大多喜
お題「あなたの街の銘菓は?」に参加中!
千葉県大多喜町の昔からの地元の銘菓といえばやはりこれでしょう。

『十万石最中』



なぁ~んだ、ただの最中かよ・・・と思う莫れ。

この最中、あんこの量が多いんです。



最中のかわが浮き上がるくらい。

でも、私の子供の頃の記憶ではもっとあんこが多かった記憶があります。
子供だったから現在の大きさでも大きく見えたのか、本当にあんこの量が多かったのか??

これ、周囲の大人の皆さんに確認しましたが、やはりかつてはもっとあんこの量が多かったと言います。



年間売上1000万個突破「月化粧」


理由は「昔は田舎だととにかく量を多く出すのがおもてなしだったから」ということらしく、東京からの観光客などもその量に驚いていたそうです。
現在の量でも驚かれてますが(笑)

生ものらしいので(無添加らしい)早めに食べましょう。

で、私がかつてブログでも書きましたが、大多喜の土産で購入した芋羊羹。



かなり立派です。
こちらも無添加。

しかし私、このブログでも記事にしましたが、これを土産にしてやらかしました。
職場に持って行ったはいいんですけど、とくに分けることもなくそのまま放置。無添加だったのでどうなるかはわかりますよね。
そう、カビが発生してしまいました。

せっかくの土産だったのに・・・。

キットカット ショコラトリー





これから土産で食べ物の場合は小分け包装していて、焼き菓子系を選択するようになったのでした。

しかしもったいないことしたなぁ、あの芋羊羹・・・。

JR東海沿線地域の厳選された逸品!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人と猫の集う島ー江ノ島ー そぞろ歩きスポット

2017-05-27 10:29:56 | 秋の江ノ島と夕暮れの富士山&猫
お題「お気に入りの猫写真は?」に参加中!
神奈川県藤沢市にある江ノ島。





じつは、江ノ島が所属してる自治体が藤沢市って知ったのはここ最近なんですけども(笑)
江ノ島町とかはたまた鎌倉市かなって勝手に想像してました。

それはさておき、江ノ島はデートスポットとしても名を馳せてますが、元々は修行の島。弁財天は芸能の神様として有名ですが、かつてはその奥の岩屋は修行の場だったとか。(江ノ島・江島神社のパワースポット

そんな江ノ島。

私は運動がてらそぞろ歩きながら観光してます。
江ノ島といえば、シラス関連の丼と江ノ島ビール。




とりあえず、これで原拵えをした後は、のんびりとそぞろ歩きながら島内を観光します。



江ノ島神社や岩屋などをそぞろ歩き、ヨットの係留地に近い場所までやってくると、可愛いお出迎えを受けます。

それは地元の猫。









観光客に馴れてるのか、ちっとも人を警戒しません(笑)
どんだけ我が物顔でリラックスしてるのでしょう?
猫ちゃん自動給餌器はカリカリマシーン

近くはお土産物屋さんやお魚屋さんが軒を並べてますから、たぶん食べ物にもさほど苦労していないのでしょうね。
色艶などもいいです。



猫を飼ったことのない私にもとくに警戒することなく、のんびりと過ごす猫たち。

あぁ、癒されるわ~(*´▽`*)

のんびりと猫たちに癒された後は、夕日に沈む相模湾と遠くに見える富士山をご堪能ください。



どこか懐かしい金曜ロードショーのオープニングのようです。

friday night fantasy


なんとも贅沢なひととき・・・。

どうでしょう、鎌倉に立ち寄った後にこの猫と夕日を眺めるのもまた乙なそぞろ歩きです。
お試しあれ。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『バブルにまたならないかな・・・』幼馴染の一言から《バブル時代ってなんだったんだろう?》

2017-05-25 14:48:50 | バブル時代
先日会った幼馴染のふとした一言「バブルにまたならないかな・・・」。

同級生なだけにすっげーわかる一言です。
なにしろ、社会人として出発した時から景気の良くないことばかり・・・。
やれ、就職氷河期だー!、やれデフレだー!!とそんな白けるばかりのお話にかれこれ20年ほどつき合わされてきてますからね。
ここらでパァーと景気よくいきたいもんです。

この時、私は「またバブルはやって来るよ、30年周期ってどこかの本か何かで読んだことあるから」と答えました。
これには根拠があります。
それは30年ほど経過すれば痛い目をみた人達から世代交代してるから。

嘘のような本当のお話だそうです。言われてみればなるほどと頷けます(笑)

さて、その「バブル時代」。
私は小学生から中学生頃の期間。
なにやら日本中で賑やかだったようですが、なにぶん田舎の子供でしたから、まるっきり実感などありません。

せいぜい、うちの田舎周辺のゴルフ場にゴルフ客がよく通ってくるのを登下校時や休日に見たりするくらい。


あとはニュースで話題になった「地上げ屋」。

当時はとくに都市部では土地価格が急騰してました。

たしかドラマなどでも取り上げられて、不動産業者さんなどは「怖い職業」とイメージしていたものです。

後に1996年に就職活動で不動産業者に内定が決まった時、周囲から「危険な業界に入った」なんて心配されたほど(笑)
実際はそんな「怖い業界」ではなく、かなり規制で固まったお堅い業界だったんですけどね。
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】


あとは現金が竹林に捨てられていたり(当時、中学生だった私も近くの山に捨てられていないか友人誘って探しました(笑))、不思議なほどにお金が溢れているようなイメージでした。


でも子供心に、そんなに派手な生活してたって記憶はありませんね。
海外旅行も行きませんでしたし、どっかに出かけるにもいつも渋滞。派手なのはいつもテレビの中の世界でした。

以前(2008年頃)に映画で観た作品『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』。

2008年頃のCM 広末涼子 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTFE/TvMj8MPfcPO9iJjMTAyZjMwMmAyYEcHBwAAATkQky




フジテレビオンデマンド


これ観ていて感じたのは、たしかに東京では映画の中のまんまの世界でした。
子供だったのでタクシーなんて乗れませんが、たしかにタクシーが乗れないだとか、タクシー券の存在(というよりもその名称)を知ったのもこの頃です。

でも、実感というかジュリアナとかが出てきたのは91年頃。
ちょうどバブルが弾けるくらいと知って意外だったんですけど、たしかに90年、91年頃がたしかに実感できた時期ですね。
実感といってもまったく恩恵も損失も子供なのでありませんでしたけど。

映画の小説版も購入して読んだのですが、当時は「イタ飯」スーツもイタリア製など、やけにイタリアブランドが流行してました。





たしかにカッコいいし、飯も旨いといえば旨いんですけど、なぜあんなに熱狂していたのかよくわかりません。

で、バブルが終わった92年、私は高校生になってましたが、まだまだ景気の実感としては「悪くない」って感じでした。当時のことを思い出すと、「ダウンサイジング」「家でご飯を食べよう」なんて、つましくなろうってワイドショーなどでも言ってたくらい。
どこか、それまで盛り上がりすぎちゃったから、ちょっと一休みしてまた盛り上がりましょうって感じだったんですよ。

その後、景気も徐々に悪くはなりますが、どこか「そのうちまた良くなるよ」って楽観的で、当時の大人達もそう言ってました。
それがまさかこんな20年近くもデフレと不景気が続くとはねぇ・・・。

そう考えると、当時の大人から観ていたけども知らない世代の私達以下の世代でだいたい30年ほど。
バブルになる可能性を秘めてると言えなくもない。

でも、現在の若い世代はかなり堅実的ですからね。デフレが長く続いてることあって、なかなかヒモは緩みませんし、それにお金の使い方や考え方もかつてとは異なってきてます。
なので、たとえバブルになっても違う形での現象になるかもしれませんね。

昔のことを書いていたら、妙に懐かしく感じてきました。
ちょっと懐かしい映画やドラマでも動画で観てみますかね。

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病闘病記~血糖コントロールは試行錯誤中なれど網膜症は回復傾向~ご褒美に最寄り駅のホームで一杯(もちろんノンアルコールですよヾ(≧▽≦)ノ)

2017-05-24 11:06:43 | 健康・病気
昨日(20170523)は定期検診の日。

朝から初夏を思わせる陽気の中、病院までいすみ鉄道さんを利用して行ってきました。


いつも通院には使用済みの注射針などの廃棄物(病院で回収してくれます)や血糖値測定メモなどを持参(帰る際は新しい薬などが渡されるので大荷物)してますので、大荷物を担ぎながら汗をふきふき駅から病院までをてくてくと歩きます。



病院に入るとさっそく採尿・採血検査を行います。
順調なんですが、この日は暑いのもあり、私はついついアイスコーヒー(もちろんブラック)をがぶ飲み。

おかげで尿はバンバン採取できました(笑)が、どうにも珈琲の香りと色が普段より茶色系で濃い・・・。
まぁ、検査前に飲んではいけないと言われていたわけでもありませんし、聞かれたら素直に答えればいいだろう。

普段はそのまま内科の診察を待つのですが、この日は眼科も定期検診なので先に眼科の検査へと回されます。内科は普段から患者数が多いので時間がかかるんですよ。
視力検査と眼底検査



眼底検査をするので、瞳孔を開く薬を点眼。
これをするとほぼ4時間程度は眩しく感じて歩くのも不便になります。
【ほけんの相談Ch】

見えなくなるってお話なのに看護師さん「本とか読んでて待っててね」って。
いやいや、見づらくなるって言ってるのに!?(笑)

30分ほどで眼底検査&診察。
半年ぶりなので、医師も「今回初めてだっけ?」と聞いてきます。
前回は眼底検査まではしてませんが、診察はしてますので、その旨を伝えると看護師さんにも確認して「久しぶりだねぇ」と。
先生、すっかり忘れてたでしょ(笑)
正直な先生です(*^^*)

さて検査結果ですが、今回は「眼底出血はみられず、とくに異常もみられない」ということで網膜症の判定は「なし」になりました(≧◇≦)
視力も元々弱いのですが前回からも変わっておらず、うれしいことです。

では文字などが見づらいのはなんなんでしょう??

聞いてみると正直者の先生「あ~、疲れ目だね。パソコンの画面とか見づらいでしょ。市販の目薬でも点眼しておけばいいよ。CMなんかでやってるやつ。市販の薬で問題ないから」と軽くお答えいただきました(笑)
いいなぁ、この軽い感じ。クセになりそうです(笑)

で、次回の受診はなんと1年後。

1年後のこの時期にまた来ればいいからねぇ(^o^)丿と正直者の先生。

いったん待合スペースに戻ると看護師さんがやってきまして、「次は内科だね。ガンバってね。あと、次回の受診だけど1年後だから覚書を私ておくね。次回も眼底検査などやるから。予約はとらなくてもいいからね」とメモを渡して説明してくれました。

内科で何をガンバればいいのかよくはわかりませんが・・・、とりあえず眼科は無事に終了です。

さて内科。
しばらく待っていると診察室に呼ばれました。


今回は指摘されることはわかっております。血糖値がなかなか下がってないことに。
先生「えーと、どうですか?」
私「(先生の質問に食い込み気味に)はい、血糖値が高いですよね!!」

先生も苦笑いしながら「何か心当たりってあります?」と聞いてきます。
私「食事量が以前に比べて増えました」
先生「増えた要因ってわかります?」
私「(さすがに美味しいからじゃ理由にもならないな)あの、4月頃からお腹を下すことが減ったんですよ。それまでちょっとでも食べすぎると下してましたから。ただ、4月終わりごろにバリウム検査後はお腹の調子が良くなくて下してましたけどね」
先生、しばし考える様子でしたが、どうも納得がいかないようでした。
そこで私「ここ1か月は低血糖症状はありませんね」
先生が思案にくれている状態に更に追い打ち。
私「インスリンの投与量を増やしますか?」

先生「うーん、まぁ増やすのも検討してもいいと思うんだけど、とりあえず食事量のセーブをしてみましょうか。」
私「わかりました。ところで、右手の小指と薬指の指先まで弱い痺れを感じるんですけど、これってなんですか?」

これまた先生、しばしの黙考・・・。
先生「糖尿病の神経障害ではそのような症状はあります。ただ両手に対照的に表れることが多いんですよね。一応、心配ないとは思いますけど、また教えてくださいね」

これにて診察は終了。

検査結果を観てみると「尿」の項目に「色素がやや茶色い」と指摘が。
それ、朝飲んだ珈琲です(笑)

とりあえず、眼科は結果良好、内科は血糖コントロールにさらなる改善が必要となりました。まだまだ一進一退って感じですね。
薬局で薬の引き渡しを終えてちょうどお昼時。

次の汽車の時間は1時間以上ありましたので、コンビニでおにぎりを購入して駅のホームにあるテーブルでランチにすることにしました。
(いすみ鉄道さんはディーゼルカーなんですが、クセなんでしょうね、売店の店員のお姉さんも「次の電車はねぇ」と電車と呼んでました。本当は電車じゃありませんよー(+o+))

どうです?気持ちよさそうでしょ(*´▽`*)

初夏を思わせる陽気ながらも駅周辺は風が吹き渡ります。さすが「風そよぐ谷」と副題の付いてる駅です。

線路などに生えてる草などを眺めながらおにぎりを頬張ります。




いいなぁ、やっぱ落ち着く。

ここで先日試したノンアルコールビールを再び登場させました。



前回はロング缶でしたが、今回は350ml缶。
プッシュ、グイっと一口。

うーん、旨し(≧◇≦)
今回は味わいも違う感じがします。やはり一仕事(検査ですけどね)終えた後の一杯は旨いもんですな(ノンアルコールですけど)。

帽子とビール、そしてテーブルがまたよく合います。

なんか、1年間の闘病生活した自分にいいご褒美ができました。
それくらい眼科の結果は嬉しかったんですよ。

のんびりとホームを眺め・・・


やがてやってきたいすみ鉄道に乗って、重たい荷物を担いで帰りました。


さすがに暑さと荷物の重さで疲れたのでしょうね、帰ったらしばし寝っ転がってしまいました。


さあて、また血糖コントロール改善に向けて頑張りますかね。



ポイントを貯めて、お小遣いを稼ごう!~ちょびリッチ~




あなたの30分を売りだそう。+【タイムチケット】




糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』










エステ体験【エルセーヌ】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地元のお薦めスポット&隠れ家的なお店~幼馴染と行く城と渓谷の町『大多喜』~

2017-05-23 03:47:31 | 大多喜
お題「地元のオススメスポットは?」に参加中!
先日(20170522)久方ぶりに幼馴染との会合に行ってきました。

目的は幼馴染から私の体調を気遣ってくれたらしく、自身が実践されているオイルマッサージを体験させてくれるそうで、今回は足裏をオイルマッサージしようという企画。
幼馴染の運転する車に同乗して、わが町にある『県民の森』へ。

ここの芝生の広場内にある東屋でマッサージを行いました。

持参されたオイルグッズはドテラ社という会社のグッズ。

ドテラ社HP

どてら?


私のイメージとは異なりまして(笑)、各香料エッセンシャルを足裏に塗り込んでいきます。やり方は非常に簡単で、全種類を塗り込んだらあとはしばし放置していると、徐々に血流が活発になり、水分補給をして老廃物などを体外に放出するとのこと。
たしかにマッサージをしてから1時間ほど経過すると、足の裏が温かくなるのを感じました。

このマッサージ、本来は背中に行うとより効果があるそうですが、これは納得ですね。私の四十肩もこれなら痛みが緩和されるかもしれません。

さて、せっかくなので県民の森をしばし散策した後に。近所にある『大多喜城』にランチ前に行ってみることにしました。


このお城は『真田丸』でも徳川チームメンバーでお馴染み、本多忠勝のお城です。

(真田丸での本多忠勝)


何しろ小学生時代以来なので30年以上来てません。ワクワクしながらお城に向かうとなんと休館日(当日は月曜日でした)Σ(゚Д゚)
お城は次回に持ち越しすることにして、腹ごしらえすることにいたしました。

さぁて、どこにしょうか??
地元とはいえ、詳しくはないのですが(笑)、お互いに珈琲好きということもあり、以前から気になっていたお店に行くことにしました。

そのお店は『豆吉』さん。
さっそく幼馴染に相談すると場所を知ってるそうなので、レッツゴー。

民家の離れのような雰囲気のある見晴らしのよい場所に建つお店です。



眼下に望む田園からの風がまた心地よい(*^▽^*)

さて、注文です。
私は事前に聞いていた情報でカレーが美味しいと仕入れてましたが、メニュー表にはカレーがない!?
というか、ご飯ものが記載されておりません。

どうもご飯ものは『裏メニュー』のようです。
さすがに一見さんでいきなり『裏』を注文できるほど勇気はありません。
ここは『表メニュー』を注文することにしました。

パスタ(きのことベーコンのトマトソース)とピザ(バジルとチーズ)、それにお店一押しの「水出し珈琲」をオーダー。

待つこと15分程度。
まずは付け合わせのサラダ。



お次はピザ。



そしてパスタ。



なんとおまけでイチゴのスイーツをいただきました(*^▽^*)



最後に水出し珈琲。



パスタやピザ、味付けも優しい味わいで、パスタは店員さんのお薦めで粉チーズを振りかけて食べます。うん旨し。
しつこくなくて、女性でもサラリと食べられる感じです。

サラダはミニトマトがまた新鮮で美味しいですね。食材は近隣で栽培されたものなのかもしれません。
イチゴは程よい甘さで、柔らかな風味を感じることのできる珈琲とベストマッチでした。

あぁ、落ち着くなぁ(*´▽`*)









食事を愉しみながら、昔のお話に話題が飛びます。

小学生時代に毎朝あったマラソンの話や私がブログでも紹介した「鉄棒の話」「つり革事件」のお話など、懐かしいエピソードが走馬灯のように流れてきました。
やはり保育園時代からの幼馴染、同級生もあっておおらかだった昭和のお話に盛り上がって時間が経つのも忘れるくらい。

しかしここの珈琲、旨い。
おかわりしたいくらいでしたが、あまり飲み過ぎてしまうと頻尿の私には危険です(笑)ので、がまんがまん。

お腹も満たした後、お店を出ることにしました。
ここはまた仲間を誘ってきたい隠れ家的なお店ですね。

で、大満足で帰宅中に大切なことを思い出しました。

いつもの食事前のインスリン注射をすっかり忘れていたのです。
あちゃー、翌日は定期検査なのに・・・(^-^;
まぁ、たいした影響もないか、飯も旨かったんだし・・・と、子供の頃のいいかげんさが復活した私なのでした。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加