よっちゃんの独り言

日々の感想を独り言で発信しています

箱根彫刻の森美術館へ

2014年07月12日 | 旅行
次女夫婦と箱根へ、疲れもあるだろうからと企画してくれた。

前日午後箱根湯本へ、泊まりは箱根湯本温泉。

箱根湯本までは車で、箱根湯本駅から箱根登山鉄道、強羅から早雲山までケーブルカー、早雲
山から桃源台へはロープウエイ、桃源台から箱根町港は海賊船の旅だった。

何年ぶりだろうか、登山鉄道沿線に咲く「あじさい」が見事だった。

連れ合いが「彫刻の森美術館」を見たいと。

娘達も同調、初めて見学した。

美術館最奥にある「ピカソ館」へ。


膨大な「ピカソ」のデッサンや絵画、陶芸が展示されている。

これほどの量に思わず「本物?」と学芸員に尋ねてしまった。

「すべてが本物」とのことだ。

絵に心得がないため、ピカソの絵に「?」。


館内(と言っても屋外展示の彫刻が多い)を一通り見学した。

























この美術館はフジサンケイグループが設置したと聞いた。

一度は見る価値がありそうだ。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
優しいお嬢さんですね(^-^) (ことじ)
2014-07-14 16:31:51
こんにちは。
箱根の旅、素敵です。
膨大な量とあるので随分歩きましたか?
芸術はよくわかりませんが、楽しい彫刻が沢山ありますね白い大きな顔が気に入りました(^-^)
フジサンケイですが、8chで夕方、フジサンケイ提供のニュースがあったと思います(今はないかも)
その時彫刻がバックに写ったのを思い出しました。
楽しかったです! (よっちゃん)
2014-07-15 08:54:25
いつもは私が運転して行くのですが、今回は娘婿に全てを委ねました。安心できる運転でゆっくりできました。
「膨大な量」はピカソ館内のピカソの展示物で、館内ですので歩くことはそんなでもなかったです。
俗人が気になったのはその絵の価値でした。
ピカソの絵がこんなにあったら何百億だろうと。

それから、箱根駅伝資料館も見学してきましたよ。
懐かしいのと、ここがゴールで復路のスタートだということで臨場感がありました。
大涌谷の「黒たまご」も何十年かぶりに味わいました。

コメントを投稿