SPK テクノ日記 autechre Ministry ゆるめるモ! パフューム

Techno Industrial EBM IDM テクノ エレクトロ トランス J-POP テクノ系日記!  

FINITRIBE-An Unexpected Groovy Treat 1992年

2013-08-31 05:49:09 | Industrial EBM

FINITRIBE-An Unexpected Groovy Treat [1992,US Epic]

 朝、5:30、日の出とともに起床する。で、シャワーを浴びて、コンタクトをば装着し、Blendy・大人のほろにが」カフェオレを淹れて音楽室へと向かう。で大変お久しぶりにFINITRIBEを聴いている。

2.101 (Sonic Shuffle Edit)

  EBMと言うよりは、RSW等に代表されるLeftfield・Dub/エレクトロでありましてえ、アダルトテイストなアトモスフィアーでありますねえ( ・∀・)ノ

 ちょっと物憂げなエクリでして、まあのれます ダンスヾ(^ー^)ゞダンス

3.Come And Get It

 FINITRIBEは、David MillerとPhilip Minskyの二人から成るプロジェクトでして、1988年、正に「EBM・インダストリアル」の大ブーム時に結成され、其の年にfirst albumをばリリースしてデビューを果たしました。

4.Mellow Man

 そして、其の翌年1989年にもアルバムを発表し一定程度の成功を収めました。で本作は多分3rd albumであると思いますが、中々メランコリーなアルバムに仕上がってまして、Ministry,Front Line AssemblyやFront 242ほどメジャーにはなりませんでしたねえ( ゜∀゜)ノ

5.Yer Crazy

 彼らの場合、其の物憂げなleftfieldなパロールに中々チャームがあるのですが、1998年にラスト?アルバムを発表して以来、既にして消息不明であります。

 まあ、のって ダンスヾ(^ー^)ゞダンス

6.Bagomatrix II (There Can Be Only One)

 「絶望の危機に喘ぐ、超極右=安部政権を打倒せ!」

 

8.Hypnodaedia

 中々いいねえ。

9.Glisten

「濡れた」か、フフフ。

 ファストテンポで、まずまずのパロールであります。

ちょっとFront 242のJ.L.メイヤーのボーカルを彷彿とさせますねえ。

242もずいぶん聞いていません、まあ気が向いたら紹介しますね。

10.An Unexpected Groovy Treat

 タイトルナンバーです。ちょっとだけOrbital整風。ここらでチョコミント・アイスを食べます。昨日は暑かったですねえ、美味しい。

おいちい おいちい (^▽^) 

ゆったりモードのdub・leftfieldですから、其処はじっくり聞いて楽しみましょう。

今日で、8月も終わりですねえ♪♪ 夏の好きな僕にはちょっと残念ですが、9月も気温が高め傾向らしいです♪♪

11.Forevergreen (Extended)

 さて、本作もラストと相成りました。中々の刻みリズムのEBMもどきって処のパロールでありましてえ、まあのれる。

★★★+

 まあ、そう悪くもないと思いますが、このてのユニッツの宿命かちょっと寿命が尽きかけているって感じ。

本作ヤフオクで売れたので今日発送してそれでさらばですねえ。さて、貴重な土曜日、時間は有効に使いましょう( ・∀・)

順位:5,689位 / 1,923,280ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mauthausen Orchestra-Host Sodomy Whitehouse Ramleh ノイズ・セックスエレクトロニクス・ナチス

2013-08-30 07:00:32 | Noise Industrial

Mauthausen Orchestra-Host Sodomy [1986,Italy]

 朝、6:30過ぎに起床とまた寝坊する。まあ、しかしまだ時間はある。で、洗顔し、コンタクトをば装着し、ギャバ・ドリップを淹れて音楽室へと向かう。で、今日はMauthausen Orchestraをば聴くとする。

A.Untitled

 いきなり、凄まじい超轟音が轟き渡り、まあ、いきなり聴き所ってところですねえ( ・∀・)ノ

かなり、パワエレ・セックスエレクトロニクス・基地外的・ノイズのエクリでして、のれるというか、何か精神的に意気高揚とせしめる様なナンバーであります( ゜∀゜)ノ

 素晴らしい、Zoppo氏の渾身の決起ですねえ。

 ところで、昨日は元教え子の真奈美ちゃんとデート(^▽^)

大戸屋でゆったり食事を共にして、その後の近況や映画の話などで盛り上がり、食後ホテルへ行きました。

暑いので脱がせる楽しみは冬と比べると、直ぐ終わりますね( ・∀・)ノ

で、D-kissをばしcuntの遠い方から愛撫する。いきなり膣攻めなんて若造のやることですな。

(中略)40~45分ほど出し入れしただろうか?急に気持ち良くなってきて、我が人三倍デカイ赤銅色の屹立から、ピュッ!ドピュッ!

ピーーーーーー!と迸らせましたあ。

(写真1)真奈美ちゃん(^-^);

(写真2)下着姿(^-^);

(写真3)ヌード姿(^-^)Y

 さて、M.O.も中々絶好調ですねd(゜∀゜)b カバーは正に露骨にanal fuckなのよ。

これUPしたら、また権力の弾圧で日記をつけられないと困るのでUPはしません、読者諸兄自身でお楽しみください。

唐突に終わります。

B.Untitled

 高周波発信音・恐るべき雑音音群が、正にパワエレ・セックスエレクトロニクス・ノイズの勝利的地平であります!

而してM.B.のコラージュも登場し、素敵なナンバーにと仕上がっております。

ここらで、爽・アイスミントのアイスクリームを食べます。段々暑くなってきているので、冷たくて美味しい。

おいちい おいちい (^▽^)

而して、煩いながらもA面と比べてM.B.氏の作品のコラージュが故に、まあアンビエントとまでは行きませんが中々インダストリアルしてますねえ♪♪ 其処が素晴らしいのであります。

まあ、あの黄色い声で喚いたり、絶叫したりするZoppo氏の作品群も良いけれど、こうしたインスト作品も い い ねえ♪♪

ノイズ・インダストリアルのコラージュ魔術師=Zoppo様の面目やくじょ也!

而して、強力なハーシュが大爆発して終わります。

★★★★+!

 1986年作、Mauthausen Orchestra-Host Sodomy

若きP.Zoppo氏の偉大なる決起でしたあ!朝から元気をもらいました。今日も仕事頑張りましょう。

 JL1DX

順位:6,962位 / 1,922,871ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Leibstandarte SS MB-Triumph Of The Will ノイズ・ナチス・ヒトラー総統

2013-08-29 06:39:57 | Noise Industrial

Leibstandarte SS MB-Triumph Of The Will [1981,Come org. UK]

 今朝は6:30過ぎ起床と寝坊する。洗顔し、コンタクトをば装着し、ネスカフェの牧場ラテを淹れて2階へ上がる。

で、Leibstandarte SS MBを。

A.Triumph Of The Will

 悪逆ナチスの頭目、ヒトラーがアジ演説を始めて其れにM.B.の織りなす腐食せる、素敵なインダストリアル・アンビエント・リズムがオーバーダブされている、と言う、構成&展開ですねえ。

 M:Bのインダストリアル・リズムはファストテンポで、中々のれます。

リズムにのって ダンスヾ(´▽`*;)ゝ" ダンス!

湧き上がる、観衆の歓声が臨場感を生み出していますねえ。

何だか朝から意気高揚してきますねd(^^*)

ここらで、スーパーカップ・チョコミントをば食べます。相変わらず美味しい。

おいちい おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆  来月も気温が高めの様ですから暫くアイスを楽しめます。

等と食べているうちにフェイドアウトします。

B.To Birkenau

 アウシュヴィッツ強制収容所のビルケナウへ行け!というエクリです。

おぞましいアウシュヴィッツの天使=メンゲレ博士の双子の実験などの悪行の数々・・・

犠牲者の方々に改めてご冥福をお祈り申し上げます。

まあ、本作Maurizioの承諾も得ずWhitehouseのリーダー=ベネットが勝手に適当に編集した代物ですが、中々良くできています。

Maurizioの「Technology」とヒトラーの演説が絶妙にベストマッチしているんですね。

 またもの大衆の大歓声。政治を志す者は大衆を獲得するすべを心得ておかなかればならない。

暫く傾聴していましょう。

まあ、このLeibstandarte SS MBシリーズは翌年にCome org.より「SS MB 2」そして1990年代に入って「Lebensraum」もリリースされ、更にビデオまで存在しております。ノイズの好きな方なら是非ご一聴していただきたいと思います。

 さて、B面も佳境に入ってまいりました♪

而して、ジーク・ハイル!(勝利万歳)三唱の後、ナチス党のマーチが高らかに鳴り響き終わります。

★★★★+!

1981年作。異様に意気高揚とするパロールでしたあ!

さて、もうすぐ8月も終わりますねえ。

 JL1DX

順位:8,168位 / 1,922,407ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mauthausen Orchestra-Conflict ノイズ・ナチス 1983年

2013-08-28 04:23:05 | Noise Industrial

Mauthausen Orchestra-Conflict [1983,Broken Flag]

 朝、4時過ぎに起床。中々涼しい。で、洗顔をし、コンタクトをば装着し、Blendy・Dripを持って2階へ上がる。

で、今朝はMauthausen Orchestraを聞くとする。

A1.Untitled

 おおっ!高揚感のあるパワーエレクトロニクス・セックスノイズのいきなりの出現です。

い い ねえ♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

早くもアルバムの聴き所ですねえ♪

其の整風的エクリはリスナーを狂気の世界へと誘います。

マウトハウゼン・オーケストラにはコラージュがバリバリの作品も多いのですが、本作は完全?自家製のノイズの様ですねえ。

A2.Untitled

 このMauthausen Orchestraは読者諸氏ならご存じの通り、イタリアのPierpaolo Zoppo氏のプロジェクトでして、1982年ごろから活動を始め1980年代には、この世界に多大な影響をば与え、且つ20作近くの作品を創作し、死因は不明ですが(心筋梗塞との説もあるが・)昨年お亡くなりになってしまいました。

 僕的には大変残念です。其の遺作群が優れたものが多いですから。

A3.Untitled

 harshなパワエレ・セックスノイズですねえ。

かなりいいと思いますね。未だ聞いていない読者諸兄がいらっしゃたら是非この機会に聞いてみてくださいねー☆

中々身体にこたえるパワエレでありまする。

A4.Untitled

 くぐもった様な高周波・低周波発信音塊が右へ左へと交錯し、良好なパロールへと仕上がっていますね。

素晴らしい決起であります。ここらで「濃いリッチバニラ・プリン」をば食べましょう。中々美味しい

ケロちゃん、チュルチュル コロちゃん ツルツル おいちいおいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

B1.Untitled

A1で出現した主題が回想的に再び現れます。

カオス!徐々に精神を破壊されそうだ(≧∇≦)キャー♪

唸るZoppo!其処にナチス的エクリのパワエレが被さって、庭で鳴いている秋の虫の音がかき消されます(´ω`*)ネー

正にアウシュヴィッツ強制収容所の地獄絵図じゃあ!

B2.Untitled

  Harsh。

 人類の歴史は必然の王国から自由の王国への絶えざる発展の歴史である。その歴史は永遠に終わることがない。階級が存在する社会では、階級闘争は終わることがない。正と誤の闘争は永遠に終わることがない。生産闘争と化学実験の分野に於いて、人類は絶えざる発展を続けていく。よって、人類は、絶えず経験を総括し、発見し、発明し、創造し、前進するのでなければならない。停滞的な主張、悲観的な主張は間違っている。而して、こうした主張は、人類の社会発展の史実に合わず、今日までに我々が知りえた自然界の史実に合わないからだ。全ての労働者人民・学生はわが革マル派に集結せよ!

B3.Untitled

 正にメロディーなど全くないノイズですから、ダンス♪(゜▽^*)ノダンス 等は全く無理ですねえ。

只管狂った様な轟音がとどろき、部屋いっぱいに騒音が飛び交っております(^-^)

B4.Untitled

 ゾッポ氏も遂に堪え切れなくてちょっと喚きます。

而して、身体に宜しくないパワエレが展開され、リスナーをば狂気の世界へと導く!

粗い「音」だなあ。Ramleh,Sutcliffe JugendやWhitehouseはまだボーカル(というか絶叫というか)があるから心身にスーっと来ますが、初期MOはそう言う作品もあるけれど、此処では厳しいノイズ音塊が攻撃的で、身体にダメージを与えていますねえ。

そう言ったところが、やや冗長に感じる。

で、ある時のConsumer Electronics的ノイズ・コラージュ様のパロールが出現し、漸く、其のノイズ・セックスエレクトロニクスがコンティニューして、そのまま終わります。

★★★★+!

1983年作。Mauthausen OrchestraことPierpaolo Zoppo氏の出世作であり、自信を持ってオススメいたします。

 偉大なる決起です。ノイズ・セックスエレクトロニクスの勝利的地平なり!

さて、もう5時は過ぎた。「水戸光圀伝」がもう少しで読み終えるので、一気呵成に読破いたしましょう。

 JL1DX

順位:10,031位 / 1,921,963ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Autechre-Incunabula オウテカ 1993年

2013-08-27 04:22:03 | Ambient Techno

Autechre-Incunabula [1993,TVT]

 朝、4時過ぎに起床。雨が降っている。涼しい。で、洗顔し、コンタクトをば装着し、Blendy・dripを淹れて音楽室へ上がる。

で、今朝はAutechreの記念すべき、first albumを聴くとする。

1.Kalpol Introl

 トーンジェネレイターがブイと鳴って、いよいよアンビエント音響群が浮上してきます。

い い ねえ σ(゜ー^*)

今では、其のIDM,Glitchで知らぬ人がいないほど有名になりましたねえ。

最初期のオウテカは実に耽美的なアンビエントなのです。

2.Bike

ダークなアトモスフィアーの中に煌めくものがあって、カッコいいなあ。

本作は一時期入手が難しくなったこともあったけど、今では最悪MP3がDL出来ますし、YoutubeにもUPされていたりして容易に聴くことはできますが、僕的には円盤にこだわりますねえ。

アンビエントなんで、ちょっと眠気が・・・まずいですd(^^*)

3.Autriche

 女性ヴォーカルをば使用した、素敵なambient・technoであります。

僕らリスナーは只管、オウテカの織りなす素敵な音響群を聴いていれば良いのではないでせうか。

4.Bronchus 2

 「国際的労働運動の力で超極右=安部政権を打倒せよ!」

 日帝安部政権は大恐慌と戦争の矛盾をば全て労働者階級に転嫁し、ますます搾取を強め、生活を破壊し続けることで、帝国主義としての延命を図ろうとしている。「消費増税」「集団的自衛権の容認」を突破口とする憲法改悪攻撃は、其の最先端にある。

 もうこれ以上我慢できない!既に全労働者の4割が非正規職に叩き込まれている現実がある。其の直撃を受けている青年の怒りは限度を超えている。そして青年労働者の怒りがマグマのように噴出し、政治を揺り動かす一つの勢力に鳴り始めたことを示している。

 時代は動と反動が入り乱れる情勢に突入した。我々革命的労働者階級は、国外で闘っている労働者とがっちりと団結し、其の力で安部ファシスト政権を打倒せよ!全ての労働者人民・学生はわが革マル派に集結せよ!

7.Doctrine

キター(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!

1990年代当時は良くこの手のテクノを聴いたものですが、オウテカのこのエクリは今聴いてもいいですねえ♪

そもオウテカはこのような初期、中期と最近の作品とかなり大きく作風が変化しているのだけれど、初期の彼らの作品は今でも好きですね♪(゜▽^*)ノ⌒☆

IDMリズムにのって ダンス♪(゜▽^*)ノ⌒☆ ダンス!

リズム隊がくっきりと明瞭なパロールです。

而して、其れらリズムとアンビエント音響群がじょに沈んでいき終わります。

8.Maetl

 10代の女性の如く煌めき輝いていますねえ。

やはり若いということは素晴らしいことだ!

良好なIDM・ambientであります。

リズムにのって ダンス!♪(゜▽^*)ノ⌒☆ ダンス!

只管傾聴いたします。

9.Windwind

 ああ、うっとりするアンビエント音響群が堪らなく素敵ですねえ。

「Amber」も暫く聴いていないので、読書のBGMに本作と其れを流して「水戸光圀伝」の続きを読みましょう。

良好なパロールですねえ♪ 傾聴しましょう。

中々スケールある広大な構想のナンバーでしたあ。

10.Lowride

哀愁感漂う、良好なambient・technoですねえ。

まあ、9が良すぎたので其れと比べると僕的には少々落ちるかもしれませんが、素敵なフォレスタであります。

しかし、この頃は朝晩は秋のけざしで涼しくて凌ぎやすいです。

まあ、職場ではエアコンをガンガン付けて半袖だと寒いくらいですが。

11.444

 いよいよラストです。

やっぱ哀愁感が漂い、素敵な曲ですねえ♪

心が癒されます。

仕事なぞ休んで、本作等を聴いて読書を楽しみたいですねえ。

ああ、この浮遊感が何ともいえずに素晴らしい!

ふんわり、ふわふわwow,wow

而して、それらの音響群が徐に沈んで行き終わります。

★★★★+!

 1993年作。Autechreの歴史的first albumでしたあ。

大変優れた、Ambient・Techno・IDMを堪能できました。次は「Amber」を聴きましょう。

順位:9,956位 / 1,921,457ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sutcliffe Jugend -Campaign Whitehouse Ramleh ノイズ・ナチス

2013-08-26 04:14:16 | Noise Industrial

Sutcliffe Jugend -Campaign [1982, Come Org.]

 朝、4時過ぎに起床。来るべき月曜日。期待なき待つこと。スクラブで洗顔し、コンタクトをば装着し、セイロンを淹れて2階へと上がる。で、今朝はSutcliffe Jugend を聴くとする。

A1.Right To Kill I

いきなり、キター!♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

 凄まじい高周波ハウリング音と基地外じみた電気音群が強烈です!

そして「It's your right kill ! ! !」と喚き散らし絶叫するKevin様ー、は素晴らしい( ´∀`)

A2.Weapon Power

 而して、超体育会系のパワエレがシリーズし早くも気が狂いそうです(´ω`*)

もう31年も前の作品ですが、衰えることなし。今聴いても超強力です。

A3.Campaign

 タイトルナンバーです。

ブイーーーーーンンン、って得体の知れない電気音群が交錯し、Kevin様が絶叫をばします。

パワエレの良好なパロールですねえ♪

最早眠気もぶっ飛んだ!

A4.Human Vivisection

「生体解剖」か、フフフフ。

人体に多大な悪影響を及ばすパワエレ・キチガイ・ノイズじゃあっ!

素晴らしく感動します。

全身に気合が入り、男の其の者が屹立しますねえσ(゜ー^*)  で、Side Bへ続く

B1.King Ian

Myraとともに少女を殺しまくったIan 。其の行為の描写ですかねえ。

高周波音が喧しくて、其処にKevin様ーの熱い絶叫型ボーカルを堪能できます。ここらでアイスを食べましょう。エスカップ・チョコミントです。冷たくてミント味が効いていて、おいちい おいちい ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

B2.Wombaphilia

 ガガガーーン、ガーン、エレキギターを駆使して超強力なノイズ音塊を作りだしています。

いやー、ホント凄まじいし素晴らしいですねえ♪

B3.Pleasure Corpse

 これは我が日本でもブートLPが造られましたねえ。

B4.Right To Kill II

 これは絶対、Whitehouseのベネット・ボーカルの其れより強力だし素晴らしいと思いますね。

此処は近作「Brue rabbit」に聴かれるような、パワーエレクトロニクス・アンビエント的エクリでして、ちょっとまったりしますσ(゜ー^*)

しかし其の時間は長くは続かず、やはり超体育会系の闘魂魂が浮上します。

いやー、しかし気が狂いそうだし、いいねえ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

暫し耳を劈く超強力雑音群をば聴いています。

「It's you nature ! It's your right to kill !」

而して、パワーエレクトロニクスの大爆発!ブイーーン、ピョーーといった縁起でもない音塊が交錯して終わります。

★★★★★

文句なく伍つ星じゃあっ!

1982年作、初期Sutcliffe Jugend、Kevin様の歴史的勝利なり!全ての読者諸兄にオススメいたします。

さて、期待なき月曜日。8月も今週で終わりですねえ。

 JL1DX

順位:8,262位 / 1,920,979ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SPK-Wars Of Islam 腐った日教組本部を打倒し、革命的教育労働者の革命的労働組合を建設しよう!

2013-08-25 04:31:20 | Noise Industrial

SPK-Wars Of Islam [1982, Italy]

朝、4時過ぎに起床。シャワーを浴びて、コンタクトをば装着し、Blendyカフェオレを淹れて2階へと上がる。

で、今朝はSPKをば聴くとする。

A1.Live Improvisation

 ライブらしいアトモスフィアーで、インダストリアルのリズムがのりよく、電気音塊とともに時に絶叫します。

いいねえ、インダストリアル・リズムにのって ダンスヾ(´▽`*;)ゝ" ダンス!

初期SPKのワンダーワールドが展開されており、魅力的な展開&構成ですねえ♪

A2.Mutilato

 「腐った日教組本部を打倒し、革命的教育労働者の革命的労働組合を建設しよう!}

 公務員バッシングに屈服する日教組本部は、大阪の橋下が押し出す道州制=民営化攻撃に屈服してストライキもやらない。あの腐った自治労でさえ29分間のストライキを行ったのにもかかわらずだ。このかん、超極右=安部・橋本・猪瀬らは「教員らを民間に」とほざき関西経済同友会らと一体で、日教組解体・教員の非正規職化を企んでいる。其れは「教育の民営化だ」

 我々、闘う革命的労働者は、教育の民営化絶対反対!ストで闘う日教組をつくろう!をスローガンに、新自由主義政策を押し出す、安部・橋下らをわが革マル主義の強靭なパワーで粉々に粉砕し、職場生産点から、労働者の怒りを革命へと転化し闘う組合を甦らせよう!

A3.The Kult Of The Human Head

 ファストテンポのリズムに喧しい電気音の交錯がインダストリアルしてますねえ♪

素晴らしいディスクールであります。

のれますねえ♪ のって ダンス♪(゜▽^*)ノ⌒☆ ダンス!

Woah!!こうして力強くA sideが終わります。

B1.The Agony Of The Plasma

 中々楽しめるインダストリアルですなー。

Junk funk !

B2.Wars Of Islam

 キター♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

やっぱ、このナンバー好きです♪

電気音群の使用も効果的だし、絶叫型ボーカルも い い ねえ♪

Leichenschrei album」で聴くのもまあ正当だし良いのですが、ライヴで聴くのも乙ですよ。

カセットの聴き所でしたあ!

B3.Walking On Dead Steps

 このナンバーも好きだなー。

本曲はおよそ20くらいのライヴ盤でも聴けますねえ。

まあ、僕の日記「SPKテクノ日記」ですから、積極的にSPKを取り上げないといけないですねσ(゜ー^*)

B4.Despair

 矢張り2nd albumヨリ。

同タイトルのビデオもありましてえー、結構おぞましくて気持ち悪い死体志向の映像だったなー。

流石に二度と見たくはありません(´ω`*)ネー

インダストリアル=死体とかネガティヴなイメージを払しょくしないといけませんねえ。

B5.Serenace

 さて、いよいよラストをば迎えました。

インダストリアル・基地外・電気雑音・ノイズ的エクリの本カセットも中々オススメです。

 入手時は1500円くらいだったかな?このかんeBayやヤフオクにも出品されており2000円+送料で入手できますから、1980年代インダストリアルの好きな方にはオススメですよ。

而して、暴虐のインダストリアル・メタパーが終わります。

★★★★+!

 1982年作。当時のSPKは絶頂期でもあり、良好なインダストリアル・基地外・電気雑音・ノイズ的エクリでしたあ!

さて、外も明るくなってきました。ハムフェアー行くかなあ?でも、暑いしマンネリだし電車賃がもったいないからやめておきますか。

順位:7,135位 / 1,920,658ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ministry-Animositisomina インダストリアル・メタル

2013-08-24 04:16:58 | Industrial EBM

Ministry-Animositisomina [2003,Victor Japan]

 朝、4時過ぎに起床。疲弊している。ゼナFⅡを飲み、スクラブで洗顔し、コンタクトを装着し、モカ・ドリップをば持って音楽室へと向かう。で、今朝はMinistryを聴く。

1.Animosity

 いきなりガガガガガ!といった、闘魂インダストリアル・メタルです。

中々速いぞ!いいねえ♪

 庭には秋の虫たちが音色を奏でていますが、Ministryにマスキングされておりますd(^^*)

出だしから絶好調ですねえ★

2.Unsung

「歌われない」か、フフフフ。

これぞインダストリアル・メタルの真骨頂であります!

耳障りまでなスラッシュ・エレキ・ギター、リズムに絶叫するボーカルが実に良くマッチィングしていて す・ て ・き ・ σ(゜ー^*)

3.Piss

 今度は「piss」と来ましたか。フフフ。

此処ではスピードは少々落として、安全運転て言うところかな。

おっと、安全運転と言えば、もうすぐ車検だ予約しておかなければね。

男の大格闘が終わり締めくくられます。

4.Lockbox

 おおっ!いいのりですね♪

この爆発力はどうだ!インダストリアル魂が大炸裂する!

傾聴します。

5.Broken

 しかし、昨日は結構雨が降ったこともあり、中々過ごしやすかったですね。職場のエアコンが効きすぎていて寒いぐらいになって、長袖で仕事をばしていましたあ。

However,Ministryはいい仕事していますねえ★

前半戦は此処までなので、ここらで湖月堂の栗饅頭を食べます。まあまあかな?

おいちい おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆  あ、でもこの季節に乾き物ってのもちょっと早くて、アイスを食べれば良かったかなあ?

 で、フェイドアウトして終わります。

6.The Light Pours Out Of Me

 おお、このナンバーは中々未来派志向の良いディスクールですね。

9月の無線のコンテストの日程を確認しています。来週はAA-Phoneか、昨年度は第4位入賞だったので今年も頑張るか・・・

7.Shove

 「日本を戦争をできる国造と安保を粉砕せよ!」

 大恐慌と3・11情勢下で絶望的危機に喘ぐ安部政権は、集団的自衛権=海外派兵と戦争にのめり込もうとしている。内閣法制長官をば戦争派の小松に挿げ替え更に「国家安全保障基本法」へ突進している。超極右=安部政権の狙いは、日米安保を基軸に、日本を戦争のできる国」にすることだ。我々革命的労働者は、階級的団結で其れらを粉砕し安部政権打倒へと奮闘しよう!

9.Stolen

  ( ´∀`)ケラケラ  SPKの1st LPに酷似したあのリズムが僅か浮上( ´∀`)ケラケラ

歪んだエレキやドラムスがかっこいいなあ。

全体的に大変騒々しい曲であります。まあ、其処がいい。

只管身をまかせていると、最後はノイズが登場して終わります。

10.Leper

「ハンセン氏病」かフフフ。

病的なインダストリアル・インストが暫し継続します。

何かもうわくわくしてきて変にゾクゾクすると思ったら、大の方をしたくなってきていた(^^);

しかし、雄大な構想のインダストリアル・メタルであって、いいですねえ♪

で、それらが沈んでいき終わります。

★★★★+!

2003年作、Ministry。良好なインダストリアル・メタル勝利的地平でしたあ!

さて、朝っぱらから会議の資料を作成しなければ・・・

 JL1DX

順位:6,842位 / 1,920,264ブログ中 (前日比

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hunting Lodge-Necropolis MerzbowSPK インダストリアル・ノイズ 1993年

2013-08-23 04:21:15 | Industrial EBM

Hunting Lodge-Necropolis [1993,Germany]

 朝、4時過ぎに起床。疲弊している。でゼナF-Ⅱを飲む。で、シャワーを浴び、コンタクトをば装着し、モカ・ドリップを淹れて音楽室に入る。今朝はご無沙汰しているHunting Lodgeを聴くとする。

1.Tribal Warning Shot (Studio Version)

おおっ、出だしから中々いいリズムですねえ。

リズムにのって ダンス♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

2.Nomad Souls

 タイトルナンバーです。

そもこのUSA生まれのインダストリアル・黒魔術アヴァンの代表作は、Merzbowの秋田さんが参加した、「Will LP」でしょう。其れは初出は1983年であり、スタートの一曲が気に入ってますて良く聴いたものです。

さて、メタルを使いましたね。メタルと言えばZe'v、SPKやテストデパートメントなどが先駆者でしょう。

おお、ノイバウテンを忘れてはなりませんねえ(^-^)y

 其処に米国産の本ユニットが生まれたのでした。

Hunting Lodgeは昨年久しぶりにCDをリリースしていますね。

3.Beautiful Ugly

 速い速い!中々スピイード感ある作品だし、何とかのって ダンスσ(゜ー^*)

4.Born Of Fire

゜+。:..:。+゜ (o´∀`o)──力ゎレlレl──(o´∀`o) ゜+。:..:。+゜

 これは中々まったりムードの作品ですが、彼らの作品中「Learn to will」等に次いで素晴らしく、楽しめる作品ではないでしょうか?

Roselleのボイスの使用も効果的。

一貫して良いフロー&構成でしたあ!

5.The Wolf Hour

  6に続いて、Roselleが活躍していますねえ。

僕的にはインダストリアルと言うと、矢張り直ぐ思い出すのが其の覇者=Ministryですが、本作も中々ですね。

本作はちょっとメタパーが表出し、ちょっとエクスりメンタルな展開。

さて、この辺で、木村屋の冷やし栗善哉をば食べます。美味しい、おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

今度は、同社の甘酒ゼリーを食べます。コロちゃんチュルチュル、おいちい おいちい(^-^)Y

6.Rhythm Cage

 而して、今度は尋常ではないですねえ。フフフ。。

これぞ、ヤンキーアメリカ帝国風なのか?

結構楽しめましたあ。

7.God Loves The Rock Stars

 「山本太郎氏への右翼のデマゴギーをば粉砕せよ!」

絶対反対の旗を掲げて勝利した新潮ら右翼メディアを使ったデマキャンペーンは安部らの絶望的危機の表れであり「酷寒の陰謀」だ。首都で山本さんを当選させた100万に決起に恐怖に満ちた襲撃であり。断固として粉々に粉砕しよう!

 麻生の「憲改悪の手口をナチスから学べ!」という凶悪極まりない発言は日帝の本質「戦争をやれる国造りへ・公務員の賃金カット・ブラック企業を認める!正体を露呈した。この麻生の「非常事態宣言」をわれわれ、革マル主義・労働者階級の団結で吹っ飛ばそう!

 10.Tribal Warning Shot (Live Version)

★★★★+

 これもまた好きでしてー、まあ2~3年に一回は聴きたくなるような良好なパロールでしたあ。

初期Hunting Lodge USAインダストリアル・ユニッツとして頑張りましたねえ。

 JL1DX

順位:8,509位 / 1,919,872ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lustmord-Lustmørdekayノイズ・ナチス 1982年

2013-08-22 03:52:20 | Noise Industrial

Lustmord-Lustmørdekay [1982,UK]

朝、3:35過ぎに起床。疲れている。ゼナF-Ⅱを飲み、洗顔し、コンタクトをば装着し、モカ・ドリップを淹れて音楽室へ向かう。

で、今朝はLustmordを聴くとする。

A1.第1楽章

 暗黒の黒魔術のチャーチにて、悪魔のトッカータから幕を開けます。い い ねえσ(゜ー^*)

何か早くもアルバムの聴き所の到来の様です。クリエール。

 死或いは、犠牲を告げる鐘が鳴る!

而して、得体の知れないノイズ音塊が漸く浮上してきて、80年代ノイズらしい展開・構成となってきましたあ( ´∀`)

Brian氏の出世作でありますねえ。

当時は、SPKを先頭に、N.E.等Sterileと言えば名門だったのですが30年ばかり時を経た今ではどういう捉え方をされているのでしょうか? 僕的には今でも強力であります。

A2.第2楽章

 初期Brian Lustmord氏独特のホラー・ムーヴィーのサントラ的、ノイズ・基地外的エクリの浮上であります。

流石に当時初めて聞いた時の様な衝動は薄れましたが、未だ中々素晴らしいホーラー・ノイズ・インダストリアルの良好パロールですねえ。本作もカセット作品の故に何時切れてしまうのかハラハラしながら聴いております( ´∀`)

まあ、入手した当時は確か£2程度であったし、既にファイルにして2重にHDD に保存してあるので何時切れて駄目になってもいいでしょう。しかしSONY制のテープは長持ちしますねえ☆

A3.第3楽章

 中々のアンビエント・インダストリアルにて読書のBGMにもいいですねえ。僕は「水戸光圀伝」に続いて「天地明察」を購入したので、土曜日に読もうと思っています。其のBGMの一作にこのLustmordもリストに入れておきましょう。少し厚い単行本なので、まあ3時間程度で読み終わりそうです。よって、3~4作BGM用の音楽作品を用意しておけば万全ですねヾ(´▽`*;)ゝ"

 さて、本作アンビエント色は消えてノイジーなインダストリアルへと変転しちょっと煩いぐらいだ。まあ、インダストリアルの醍醐味ですねえ☆ で急にブチッ!て切れてA面が終わりましたあ。

B1.第4楽章

 不気味な言霊が浮遊する。インダストリアルしていますねえ。

「死の痙攣にのたうつ最末期の資本主義をぶっ飛ばせ!」

 超極右=安部政権は極めて脆弱で危機的な基盤の上に立っている。今や大恐慌の大爆発と3・11情勢下に革命情勢が急速に成熟し、日帝打倒!と世界革命勝利までやむことのない戦いが白熱化している。其の根底には青年を先頭とする労働者階級の民営化・賃下げ・超強労働(残業50時間とかやってられるか!)の攻撃への怒りと職場生産点からの闘いがある。

 労働者を苦しめるこんな最末期の資本主義・帝国主義など安部・橋下・猪瀬らもろともゴミ捨て場へぶっこもう!

B2.第5楽章

 さて、本作も佳境に入ってまいりましたあ。

まあ、本作C-60なのですが、もうちょっと凝縮してC-46辺りでも今となってはいいのでは?等と思いますが、其れがBrian初のLPレコード作品「S/T album」でしょう。其れは10年ほど前にeBayにて売り払ってしまいましたが、がっちりとファイルをば保存してあります。まあしかしファイルにするととたんに聴かなくなるというのが現状ですけどね。

ここらで森永の「焼きプリン」でも食べましょう。冷やしてあるしツルツルしていて、中々美味しい おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

 プリンを食べている間にも、本作は正に佳境に入っており中々の緊迫感を醸し出していますねえ。

而して、妙に明るいカントリーミュージックが急に飛び出して、暫く楽しんでいますと笑って終わります。

★★★★+!

Brian Lustmord氏の初期インダストリアルの勝利的地平!良好なパロールでしたあ☆

オススメですよ。アイスなど食べながら是非聴いてみてくださいねえ。

 JL1DX

順位:6,049位 / 1,919,443ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bruno Cossano-Greatest Hits Mauthausen Orchestra Whitehouse ノイズ・ナチス

2013-08-21 06:13:04 | Noise Industrial

Bruno Cossano-Greatest Hits [1983,Italy]

  アラームが鳴り、6時に起床する。疲弊しているがためゼナFⅡを2本飲む。で、洗顔し、コンタクトを装着し、モカ・ドリップをば淹れて2階へ上がる。

A1.Two Extracts From "Coma"

 "Coma CS"より。

中々身体にこたえる低周波発信音その他もろもろ、疲弊している身体に、ダメージをば与えそうな極悪系のノイズであります。

 かの「New Sadism」のある作品に似ているかなあ。

而して、ピコピコ何て言うエクリのリズムもほんの僅か浮上します。

まあまあですねえ( ´∀`)

A2.Ouverture From "Debacle"

"Debacle CS"より。

本作丁度30年前の作品ですが、其の当時のイタリアにはM.B.=Maurizio Bianchiがいた。

そしてパワー・セックスエレクトロニクス・コラージュの魔術師=亡きゾッポ氏がいた。

そんな時代に、ノイズの白熱的実践を行っていたのが、同じくイタリアの Bruno Cossano氏です。

彼は2011年にもアルバムをリリースしており、未だ現役のようですねえ。

中々クレイジーなはーシュ・パワエレ・ノイズですねえヽ(*’-^*)。

本作何か、テープがそろそろ切れそうなので、日曜日にeBayに出品予定です。

日本ではこの手の音楽を楽しむ方が減ったようで、ヤフオクでは安く落とされそうですからね♪

おおっ!しかし、このブヲーンンってノイズ音、いいねえ σ(゜ー^*)

B!.Two Extracts From "Criminal Monsters"

 ちょっとSJ的高周波ハウリング音塊が交錯し、Brunoが喚く、叫ぶ!

アルバムの聴き所ですよ♪ パワエレしています♪

今日は寝坊したが故にもうエアコンを使用しています。

ここらで、アイスミントをば食べましょう。

良く冷えていて美味しい、 ケロコロちゃんツルツル おいちいおいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

無線的には秋のDXシーズンの兆し。9月のAA-Phoneコンテストは21MHz部門に出ようかしら?

いやあ、しかし中々凄まじいノイズですねえ。

B2."Le Grand Supplice" From Vita Nova 3

おお、「Vita Nova 」か。懐かしいなあ、このレーベルもイタリアでしたね。

このレーベルからは、かのエタン・ドーネのアルバムなどもリリースされていて持ってましたが、だいぶ以前に売り払っちゃったな。

However,Brunoの方も佳境に入ってまいりました。

ハーシュながらちょっとリズムがあったりして・・・

まあ、ノイズ基地外的パロールの白熱的階級闘争を聴くようで、中々素晴らしい!

只管楽しんでおります♪(゜▽^*)ノ⌒☆

メタパー的な其れが表徴し、気を狂わせておいて終わります。

★★★★+

 A面はどうかな?と思いましたが、B面のパワエレ・ノイズ・インダストリアルは中々秀逸でしたあ。

はて、今日は曇りか・・・昨夜見たくにわか雨に合わなければいいのですが。

 JL1DX

順位:7,865位 / 1,918,942ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sutcliffe Jugend -Maureen Long (Seven Tortures) Whitehouse Ramleh M.O.ノイズ・ナチス

2013-08-20 05:21:22 | Noise Industrial

Sutcliffe Jugend -Maureen Long [1982,UK]

  朝、5時過ぎに起床と少し寝坊する。で、スクラブで洗顔し、コンタクトをば装着し、モカ・ドリップを淹れて2階へと上がる。而して、今日は最初期のSJを聴くとする。

A.Seven Tortures

 異常に歪みきった低周波音が一本流れ、徐々にKevin様の織りなすノイズ・パワエレのエクリが交錯してきて、狂気の世界へと誘いますヾ(´▽`*;)ゝ"

 Kevin様も当時は10歳代だっただろうか。矢張り若いということは良いことですねえ。

 この独特のSJにしか創作できなかった、狂気の「音」をば楽しんでいます(^^);

次いで得体の知れないharshな音塊が変形ルーピングし、生体にダメージを与える。

いや、身体より先に精神がイカレそうですは(人´∀`)

で、いよいよ絶叫しディレイがかったKevin様のボーカルが聴けますねえ。 い い ね え ☆

C-60tapeですから約30分地獄的ノイズ・パワエレ・基地外のワールドを堪能できます。

 今日は寝坊したことでもありますし、アイスを食べましょう。この夏定番となった「スーパーカップ・チョコミント」です☆

生ぬるい部屋(エアコンは未だつけていない)で食べると、冷たくてミント味が美味しい、おいちい おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

 而して乱暴に機材の交換をば行い、出ました!SJの超高周波音ハウリングが耳を劈きます。

ピーーーーー、ピヒョロピヒョロといった音塊を聴いているとホント気が狂いそうになります(^-^);

 若いころは勿論音楽として、其れを捉えずに必死に聴きまくったものですが、おじさんになって漸く「音楽」として楽しめるようになりました。で、カキカキとした機械音とともに最後の拷問が終わります。

B1.Edmund Kemper

 読者諸兄の御存じ、変態ナンパ殺人鬼=エド・ケンパーのフォレスタですよ(^=^)

 喚き散らし絶叫するKevin様の其のお声は、普通にメロのあるインダストリアルなどでも通用しそうですねえ。

However,矢張りパワーエレクトロニクスなのです。

A面ヨリ強力だ!凄まじいパワエレ闘魂魂です。そのモノが屹立する勝利的地平也!

B2.Assult

 超強力体育会系のパワエレだっ!

思わず身を乗り出して傾聴しております。

いやー、しかしホント凄まじいですねえ。

B3.Degradation

「低下」?

Kill ! Kill !

Kill ! Kill !

これまた凄まじいばかりの超高周波ハウリングをバックにKevin様が絶叫する。

アルバムの聴き所でしょう。

B4.The Sex

 時にMauthausen Orchestraを彷彿とさせる、ノイズ・超基地外・セックスエレクトロニクス・パワエレであります。

実に凄い!もう眠気なぞとっくにぶっ飛んだ。

B5.P.H.L.

 はて、「P.H.L.」って何ですかね、まさかフィリピン航空ではないだろうし。

 此処では高周波ハウリング音を突き抜けて、Kevin様の若き雄たけびを堪能できます。

素晴らしいですねえ♪

B6.New Solution

「(ユダヤ人その他の)新しい解決」かフフフフ。

 其の根底にあるのは国家社会主義=ナチズムだ。

しかし凄いなあ。朝から元気をもらったよKevin様ー、Thanks a lot.

しかしこのジャンクな基地外的超パワーエレクトロニクスの執拗さ。恐ろしいまでだ。

エンディングはパワエレ・アンビエント?

で、装置を切って終わります。

★★★★+!

A面が僕的にはほんの少し物足りない気がしたけれど、全体を通して素晴らしいノイズ・パワーエレクトロニクスの決起でしたあ!

さて、今週も忙しいぞorz 早くも汗が滲み出てきました。

 JL1DX

順位:8,087位 / 1,918,448ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Aphex Twin エイフェックス・ツイン-セレクテッド・アンビエント・ワークス・ヴォリューム2 Disc 2

2013-08-19 04:14:44 | Ambient

Aphex Twin エイフェックス・ツイン-セレクテッド・アンビエント・ワークス・ヴォリューム2 Disc 2[1999,Warner Japan]

 朝、4時過ぎに起床。スクラブで洗顔し、コンタクトをば装着し、モカ・ドリップを淹れて2階へ上がる。

そして、大変久しぶりにAmbient works Vol Ⅱを聴くとする。

1.Light Green

 ややエクスペリメンタル色を帯びたアンビエントの始まりです。

 この日本盤は1999年発売なれど、オリジナルのWarp盤は1994年発売でしたねえ。

何か心が洗われ、清々しい心持になってきましたあσ(゜ー^*)

 い い ねえσ(゜ー^*)

2.

Ricard Jamesの作品では、この「ambient works 1」「On」辺りが良く売れたと聞いていますが、この2枚組も中々どうして。

派手さは全くない分、この寝苦しい熱帯夜の睡眠導入用に良く効くし、いやー、実際早くも眠くなってきましたあ(^^);さっき起きたばかりだというのに。1-3までが「Light Green 」で其れらしき音響群ですねえ。僕もその色は好きであります。だいぶ自動車も乗って来たのでそろそろ新車をば買う時期かという処なのですが、車の色に「Light Green 」というのも選択肢ですねえヽ(*’-^*)。

3.

 Ambient・techno !

 このナンバーはのれます! のって ダンス♪(゜▽^*)ノ⌒☆ ダンス

4.

 まあ、ambientと言えばBrian Eno様ー、というとてつもない天才が存しているわけで、しかしRichardも負けていませんねえ。

そう言えば、最近Enoは聴いていないなあ。もう8月も後半戦だし何とか一作紹介したいですね。

5.

 おおっ、明るいフォレスタですね。何やら楽しげ・・・

僕も楽しくなってきましたあ(o゜▽゜) で、短く終わります。

6.Red

 ここから、8まで「Red」とタイトルが冠されております。

中々摩訶不思議なパロールで、読者諸兄には釈迦に説法ですが、アフリカ色が濃厚な作品に仕上がっていますね。

楽しみましょう。「音楽」は楽しむものですから。

7.

 ちょっと小腹が減ったので、「濃いリッチ杏仁豆腐」をば食べます。コロちゃんツルツル、ケロちゃんツルツル、美味しい

つるつるしていて、 おいちい おいちい ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

8.

 望郷感あるアンビエントですねえ。また、眠くなってまいりました(^-^);

 まあ、曲調の性質上しょうがないのでありますが。ベゲタミンAの様な強力な作用があります。

しかし、このナンバーも何か懐かしくて、いいねえ♪

9.Dark Brown

 この曲からラストの12まで「Dark Brown 」と命名されています。

浮遊する電子音群がambientかつ中々エクスペリメンタルな作品に仕上がっております。

只管傾聴します。

10.

 しかし、こうした2枚組とか3枚組更にBox Setものというものは、「Disc ~もそのうち取り上げしましょう」とか言いながら、何年もお蔵入りして再び日記で紹介するのに何年もの歳月が経過してからやっと・・・というパターンになってしまうのが実情で、出来れば今日

Disc 1を紹介したら、翌日は其のDisc 2を取り上げるのがベストなのですが、中々そうはいきません。

11.

 手先が痺れるようなambient・experimentalですねえ。

もはや5時を過ぎるとベランダ越しに外が明るくなっています。

楽しい夏休みも終わり、今日から仕事という方も多いと思いますが、ホント厭になるほど面倒臭いですねえorz

而してRichardの奏でる音楽はその癒しになります。

12.

 いよいよDisc 2のラストです。

おっと間違えた。1-5は「Orange」でしたあ!失礼。Disc 1と混乱していましたあ。

 無線的にはそろそろ秋のDXシーズンの兆し。オーディオ的には新しいアンプを組み立てるのも楽しいでしょう。僕が愛用している、直熱式三極管式真空管アンプの欠点は発熱が半端でないところだ。しかも、電気もかなり使うし。其処で今新たに「GE JAN5670」を使用したアンプの製作を検討中です。この球の欠点は高いという点です。8~9万円はかかりそうだ。しかし消費電力は意外と少なくて済みそうなのである。

 まあ、FETのアンプもこのかん使用してみてそう悪くはないと思いました。だが、真空管式の其れの作りだす、音のまろやかさマイルドさには、石のアンプでは太刀打ちできませんねえ。

 で、終わります。

★★★★

 やはり本作は朝に聞くより、寝る前に聞いたほうが良さそうでしょう。

しかしながら、Richard Jamesの織りなすambient worldを楽しめましたあ。

 JL1DX

順位:8,846位 / 1,917,994ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

New Blockaders Vortex Campaign-S/T 1984年

2013-08-18 04:18:52 | Noise Industrial

New Blockaders Vortex Campaign [1984,Belgium]

 朝、4時ごろ起床。この時間帯は結構涼しい。で、シャワーを浴びて、コンタクトをば装着し、モカ・ドリップを淹れ、お菓子を持って2階へと上がる。今朝はなんとなく、TNB/Vortex Campaignだ。

A1.Kamtar & Rio

 早くもメタルスクラッチが飛び交い、ノイズ・インダストリアルの大爆発的趨勢ですねえヾ(´▽`*;)ゝ"

大変素晴らしい決起です。

ノイズ・インダストリアルの好きな方にはたまらないエクリでしょう。

まあ、最近のノイズ等と比べると、ルーピング等が少々単調かもしれませんが、リリースされたのは1980年代ですから、ねえ、まあ長年ノイズ・インダストリアルを聴いてきた僕からすると、其の1980年代の作品群は珠玉なのです。まあそうして当時の作品群を包摂するべしと思うのですねえ♪

A2.Mandrake Manfits

 うーん、優れたパロールが続きますのう。本作品はナンバー入り55本限定のゆえに今では入手困難ですが、1999年にアナログ盤で再発されていますから、其れで聴くのも良いでしょう。

 いやー、しかし、い い ねえ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

シンプル・インダストリアルにのって ダンス♪(゜▽^*)ノ⌒☆ ダンス!

勿論、TNBですからパワエレではなく、其の独自の世界観で構成され展開されており、良好な作品ですので未だ聴いたことのない読者諸兄には自信を持ってオススメいたします。

かのRRRからリリースされた「Dolbied」も聴きたくなりますねえ。

B1.Godhead

 本作品は、Vortex Campaign名義でのものです。

 B2.TNB-TNB

 さて、いよいよ佳境に入ってきましたあ。

TNBの素敵なノイズ・インダストリアル攻撃が快感を与えてくれますヾ(´▽`*;)ゝ"

おっと、お菓子を忘れていた。十万石の饅頭を食べます。

甘くて美味しい、 おいちい おいちい ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

ノイズ・アヴァン・メタルスクラッチが荒らしく現れ、其のモノが強力に屹立します!

素晴らしいパロールですねえ♪

而して其れがシリーズし暫く傾聴しております。

これぞ、ノイズ・インダストリアルの醍醐味じゃあっ!

只管楽しみましょう。

何だか熱いものが込み上げてくる。いや、実際、気温が上昇しているようで、そろそろエアコンのスイッチをOnにしなければ。

で、ブイーンと最後唸って終わります。

★★★★★

1980年代前半戦のこの手の作品では最高の部類に入るのではないでしょうか?

朝から意気高揚としてきましたあ!

学生のみなさん、もう宿題は終えたかな?もうすぐ夏休みも終わりですよ。

 JL1DX

順位:9,829位 / 1,917,663ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nurse With Wound-Ostranenie 1913 戦争・改憲・増税を企む、超極右=安部政権を打倒せよ!

2013-08-17 03:53:33 | experimental

Nurse With Wound-Ostranenie 1913 [1983,UK]

 朝、3:50起床。シャワーを浴びて、カラコンをば装着し、モカ・ドリップとお菓子を持って音楽室へ向かう。

 今日は久しぶりに、NWWを聴くとする。

 A.Ostranenie

 カラコンコン。さあ、初期NWWの始まりです。

やや不気味な発信音が持続しており、其れに打楽器様のエレクトロが浮遊している、のが前半戦ですねえσ(゜ー^*)

 本アルバムは1983年と今から丁度30年前にリリースされ、(確か限定500枚でしたっけ?)その後、UDレーベルからカセットのみで再発されはしたものの、未だにCD化はなされておらず、今ではこのLPも入手が困難になっているでしょう。

しかし、「CD再発→儲かる」といった商業主義に断固として立ち向かうStapleton氏には、毎度恐れ入ります。

今では、「稼ぐ」ためにやっているノイズ・アヴァン業界にあって、流石この道一筋のスターpレトン氏には敬意を表します。

 煌めくエクスペリメンタル・アヴァンが い い ねえ♪♪

軋む。暫く傾聴いたしましょう。

 NWWを楽しみながら、ここらで頂き物の「木村屋の ぜんざい栗水ようかん」をば食べます。

中々美味しい。つるつるしていて、おいちい おいちい♪(゜▽^*)ノ⌒☆

而してNWWは良い展開・構成で、僕らリスナーを楽しませてくれます☆

「音」のおもちゃ箱。其れをひっくり返してリスナーを歓喜へと導きますねえ♪♪

そしてB面へと引き継ぎます。

B.Dada

  John Cageのクオートが冴えわたります。

いいねえ♪♪

エクスペリメンタル・ノイズ音響群が中々素敵なパロールであります。

「戦争・改憲・増税を企む、超極右=安部政権を打倒せよ!」

 持たざる国=日本帝国主義は、もう労働者階級を食わせることも出来なくなった。そして、現代帝国主義は、戦争をばするしか突破口はない。僕ら革命的プロレタリアートは、侵略戦争に絶対反対しよう!

 もはや最末期の資本主義・新自由主義は、歴史的命脈が尽きて社会の桎梏となっている。故に、労働者階級は、資本家・帝国主義の凄まじい凶暴な攻撃に対して、徹底的に反撃反乱を起こすのでなければならない。このかん、世界中で、労働者の怒りが爆発している。我が日本労働者も、参議院選挙での山本太郎氏の歴史的勝利の地平にぶったて総決起しよう。

 そして重要なことは「労働者が社会の主人公」だと誇りを持つことだ。マルクスは、彼のテキストに於いて「社会を変革する力を持っているのは、労働者階級だけである」と述べている。だから全ての労働者はマルクス主義者になるのでなければならない。

 凄まじい社会にになっている今こそ、僕ら労働者階級はソ連スターリン主義の歪曲を乗り越えて、真のマルクス・レーニン主義で理論武装し、力強く団結し、わが革マル主義の強靭なパワーで戦争・憲法改悪・消費税増税へ狂奔する、超極右=安部政権を打倒しよう!

 

 さて、NWW、浮遊するアヴァン・電子音群が飛び交い、其処にシーナンのボイスが良いスパイスとなっています。

只管傾聴していると、膣に沈みながら終わります。

★★★★+!

 初期NWWの優れたエクリでしたあ。読者諸兄にもお勧めします。

さて、5時はとっくに過ぎたか。今度はTNBでもBGMに読書を楽しみましょう。

 JL1DX

 

順位:7,739位 / 1,917,296ブログ中 (前日比)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加