俳句の箱庭 top

お気入俳人の俳句鑑賞します。
多側面から俳句を分類します。
俳句付きイラストを描きます。

●五体俳句083・耳03・佐野美智・2012-06-26

2012-06-26 00:00:05 | 五体俳句

●五体俳句083・03・佐野美智・2012-06-26


○「の裏洗ふやひとり梅雨の底」(佐野美智01)

季語(梅雨・夏)

耳の裏を洗っていると、天から降り続く雨の一番下に自分がいるような気持ちです。梅雨の底で日々の営みを続けているのです。

 

佐野美智(さのみち)

代表句「ひと雨のあとの眠りに蚊火焚けり」02

季語(蚊火・夏)

1920年、神奈川県出身。1947年、→大野林火の「濱」入会。1962年、「濱」同人。1985年、現代俳句女流賞。1987年「方円」創刊同人。


コメント   この記事についてブログを書く
« ●五感俳句083・聴覚021・辻田... | トップ | ●色彩俳句083・青05・田川飛... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

五体俳句」カテゴリの最新記事