不整脈とそのトラウマに打ちのめされる日々の記録

不良中年はかくして心身症になった
不整脈によって引き起こされると思われる様々な身体不調の日記

2018/6/12 どうすれば不整脈を減らせるか?

2018-06-12 | 不整脈

どうすれば不整脈が減らせるのだろう?
これは不整脈に苦しんでる人にとって
 永遠の課題
なのではないだろうか?

もちろん
 何らかの手術
を行って根源を取り除けるのであればベストなのだが
今の筆者程度の発生頻度や症状では
そこまでリスキーなことに
(金銭面、入通院等の手間、本当に根治するか等モロモロ)
踏み込む必要があるのか?は大きな問題である

次にくるのは
 投薬
であるが、これは難しい面がある
四六時中出ていて飲めばピタッと収まる
というのであれば薬サイコーとなるが
 勝手に収まることがほとんど
 出ない日は何日も出ない
という筆者の状況では
本当に薬で収まったのか?予防できたのか?
判断は恐らく不可能に近い
何百回、何千回と飲んで
 どうやら効くときが多いようだ
程度の確度しか得られてはいない


しかし、長期間やり続けてきて
確かに薬を飲む回数が減ったということがある
それは
 グリーンスムージー
 飲むヨーグルト
を毎日摂取すること
不整脈の出方、乱れ方も変った
それがいいのか?わるいのか?
筆者には判断のしようがないが・・・・


もっと不整脈を減らせないか?
次に筆者が挑むのは血液サラサラにして血圧を下げ
抗酸化物質によって身体が錆びるのを防いでみること
キーワードは
 お酢
 オリーブオイル
 たまねぎ
 トマトジュース
である

 ※残念ながら運動はメインのメニューに入れる事はできない
  運動がきっかけで乱れはじめることが少なくないからだ
  恐らくひどいときよりはかなり改善されている
  それでも10回運動して1回くらいしか出ない
  そのくらいまで減らせないと怖くて運動はしたくない
  雪かきはできるようになったが、それでも休み休みだし
  その後ひどい目にあったことも少なくない
  日曜大工でもだいたいは乱れが始まってひどくなる
  まだまだ健常人には程遠いし
  精神的なトラウマを克服するのは大変なことなのだ


これらを毎日バランスよく長期間摂取し続け
何かが変るのか?変らないのか?
長期観察をすることにしました
詳しくはメインブログで
  http://mantarou-dengana.cocolog-nifty.com/yosenabe/2018/06/post-a8dc.html

まあ結果が出るのは2年先くらいになるだろうが
 信じるものは救われる

コメント

番外編 不整脈きちんと知って正しく怖がろう

2017-02-10 | 不整脈

若くして急死されたエビ中の松野莉奈さんの
死因(とおぼしき)が発表された
致死性不整脈であろうと推測されているようだ
恐らくは心室細動ではないか?と思われる
以前から体調がすぐれなかったという話もあるので
虚血性心疾患からの心室細動かも知れないし
前から心室性の危険なタイプの不整脈が
出ていたのかも知れない

筆者は好き勝手やってるように見えるが
自分でとった心電図を医師に確認してもらっている
これは、病院を訪れた際に
必ずしも自身の持つ不整脈が出るわけではない
からである
医師の診断を基に、いかにQOLを上げるかを
自身で試行錯誤しているのであって
最後の一線を自己流で超えるようなマネはしない

筆者のように出る出ないがある人は
かな~り根気強く心電図を取り続けないと
診てもらいたい心電波形がとれないことが多い
心電計とソフトで10万円は痛い出費であるが
何度も医者通いをしても
いつまでも捕まえられなくて
危険な状況を知ることができなかったり
逆に怖がることがないのに恐怖におののくよりは
はるかに安上がりだ

自覚症状のない方もいるし
必ずしも苦しさや不快感の強いものが
危険な不整脈というわけでもない
心臓の状態を正しく把握できなければ
怖がることも安心することもできないので
根気強く心電図をとりましょう

ただし、心臓は心の臓器と呼ばれるほど
精神状態に左右されます
思い込みひとつで
本来は問題ないハズなのに
まるで病人のようにふるまう臓器でもあります
病は気から
無関心も神経質も
過ぎたるは及ばない
をお忘れなきように

おまえが言うなぁ~~~ ですね^^!

コメント

コラム モード別、脈の乱れの止め方?

2017-02-02 | 不整脈

※あくまで筆者個人の経験則に基づくものです
※薬は特に断りがない時は第一選択薬のメインテートです
※強力な安全装置を備えた上室性の不整脈に対してです
※医師に心電波形を定期的見せ診察は受けています

まずは、モードを見極めることが大切
例えば、安静・労作に限らず期外収縮がいつまでも続く
2段、3段、短い連発などが含まれている
こういうモードのときは、まず何をやっても止まりませんが
 寝るのは有効
睡眠時に暴れるクンモード以外のときは
寝るのが最善策と思ってください


安静時に出る
  迷走神経誘発型の可能性が高い
  考え方は2通り
    1.安静時に起きるので性質が悪い
    2.安静時にしか出ないので良性     
  身体のモードチェンジで改善を試みる
  食事、軽い運動、入浴などを試してみる
  βブロッカーは効きにくい
  別に不快でなければ無視するのも手


労作時に出る
  交感神経誘発型の可能性が高い
  安静にするなど、身体のモードチェンジで改善
  集中せず散漫になる(業務中は難しいですが・・・)
  怒り・不安など、アドレナリンが出る行動は慎む
  βブロッカーが有効 


食後に出る
  典型的な調子が悪いときの症状
  +して食事中に膨満感を感じるときは体調が最悪と思うべし
  薬を飲んで静かにしてるしかない
  動くと出るが付加されてる場合は寝てなさい


風呂掃除で出る
  前のめり、血が上半身に集まることが悪いらしい
  血圧の変化に影響を受ける時に出易いモードと思った方がいい
  風呂掃除で出る時は、薬飲む、大人しくする
  動くとひどくなる場合は、当然亀さんになってください
  そう! 何をするにも一呼吸おいてゆっくりやる


1日中出る
  体の恒常性維持機能が低下しているか
  何らかの毒素の体内濃度が高い
  2段、3段、短く連荘するときは
  きっかけさえあれば、いつでも頻脈に移行する
  超要注意日と思うべし
  薬飲んでじっとしてても出るときは出る
  そういう時はパニックにならないように
  心を落ち着けることだけ考えよう
  寝るのも困難なほど乱れるときは・・・・
  己の信じるモノに祈ってください
  医者に行って止めてもらうのが最善かと・・・・


就寝中に出る
  こういう時は非常にヤバイ時です
  過去に何度かありますが、ほぼ頻脈か心房細動に
  移行すると思って間違いありません
  黙って薬を飲み、寝る前に祈りましょう
  これを何とかする手立てを筆者は知りません
  起きれば程度がマシになるときは寝るのは諦める
  動くとひどくなる場合は、当然亀さんになってください
  そう! 何をするにも一呼吸おいてゆっくりやる


乱れて苦しい時は、じっとしたくなりますが
ちょっと動いたり、食事したり、入浴で収まる時もある
どう判断し、何をするか?経験を積むしかありません
心臓は心と直結しています
何よりパニックになるのが一番悪い

ここ数回、頻脈が出ても1~2分で収まってますが
頻脈時はすぐに心電図を取るようにしたら
発作がすぐ収まるようになりました
冷静に心電波形を見て、いつもと同じ
命に別状のない波形だってわかることで
心理的な負担が和らぐようになったのかも?

不整脈に苦しんでいる人が
ワラにもすがる思いなのは骨身にしみてます
まあ治ることはないので、うまく付き合うしかないですね

コメント

不整脈の自覚症状の差は?

2016-10-01 | 不整脈

★単純に数の差
   これがキツイ・キツクないを分ける最初の関門

★リズム
   リズムが一定に近いほどキツクない
   期外収縮があること自体リズムが乱れているということ
   だから数が多い=リズムの乱れも大きいので数が問題となる
   そこに2段・3段脈・ショートランが混ざることで
   リズムはさらに乱れる
   上室性の頻拍でもリズムが一定だと苦しさはまだマシ
   同じ心拍数の心房細動の方が数段苦しい

★期外収縮の起こるタイミング
   心筋は引き伸ばされるほど強く収縮するという特性がある
   拡張期に不応期が重なると
   次の洞結節の刺激がブロックされるが
   心室が1回分収縮しないので心臓が大きく拡張し血をためる
   すると次の心拍は大きく収縮をするので
   ドンと血を送ることになる
   これが心室がどの状態でブロックされたかで
   血の溜まり方は大きく変わる
   これにより血圧の変動幅は大きく変わるが
   このジェットコースターが不快感の原因

   また期外収縮のタイミング早いとその心拍の血流が減る
   ツンという早く小さい期外収縮が
   思った以上に不快感が強いのはそのせい

これらに規則性があるのか、長年研究してきたが
予想通りってのもあれば、予測不能なのもある
自律神経の状態を精細にモニターする方法でもあれば
もう少し踏み込んで探れるような気がするんだが・・・

いずれにせよ、脈が乱れた時点で精神的なダメージを受ける
クセをつかむということは、ヤバイのもわかるということ
そうなると、精神的に自分を追い込むという逆効果にもなる
難しいところだ・・・・

コメント