東洋環境分析センタ- 現場奮闘記

分析 測定 調査 試験 検査

ダムの水質分析・調査業務のご紹介

2018-08-10 | 技術部

猛暑の夏、如何お過ごしでしょうか?

技術部 福岡ラボラトリー です。

 

先日、国立大学法人 佐賀大学 の共同研究の一貫として、

農業用ダムへの水質センサー設置をしてきました。

 

 

現場の農業用ダムは、藍藻類によって水面にできた緑青色の膜や、

抹茶をまいたようになる、“アオコ”、“水の華”が発生していました。

 

 


 

緑と青が鮮やかに見えますが、藍藻類は水の悪臭の原因だけでなく、

アオコ毒と呼ばれる毒性のある物質を放出する可能性もあります。

 

水質センサーの設置により、これら水質異常の早期発見・対策を講じることができます。

 

東洋環境分析センターにおいても、ダムの水質分析・調査業務を行っており、

このような業務を通して、社会貢献に努めて参ります。

水質分析・調査業務については下記のURLより、最寄りの営業所までお問い合わせください。

 http://www.let-toyokankyo.com/information/outline.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 刺激と情熱の事業所・営業所... | トップ | 地域を見守る!恵比須さん巡り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。