<川は流れる>

Reiの好きなこと、ここだけの話

吟遊詩人もしくはピエロ

2018年07月11日 | ジュリーコンサート
ピエロの衣装はとても美しくて早川さんの想いがこもっている。
私たちはピエロの衣装を見て、早川さんの心を見る。
ジュリーと周りの人たちの愛と絆が見える。
ピエロの衣装には紫が基に使われているが、
ライトも計算しつくされていて、キラキラと輝く様子も
曲ごとに違う。

ジュリーは吟遊詩人であり、見世物としてのピエロ、
道化としてのピエロを外側にまとっている。
ピエロの悲哀が内に見える。
70歳になり、この衣装を着るジュリーの気持ちを想像する。

そしてカズさんの演奏を聴き、演奏する姿を見て、
ジュリーと共に音楽人生を生きる気概と、
ギターと一体になったがごとくの、カズさんの幸福感が見える。

本当の大人の男たちだ。

だから私たちはジュリーの心の潔さが見える。
コンサートに行くと、心も体も解放されたように感じる。
汚れすぎた心を洗ってくれるジュリーに心から感謝。
コメント

吟遊詩人

2018年07月10日 | ジュリーコンサート
私はジュリーの事、吟遊詩人だと思ってる。

伝えたいことがたくさんありすぎて
シンプルな2人になったこと、
納得しすぎるほど、納得できる。

その音楽が
どこに向かっているか、なんて想像するのは
私は必要ないかな、と思ってる。

そこで、岡山を取りやめにしなかったのは
なぜか?なんてネットで質問してた人がいたけど
人の想いがわからない人のたわごとなんで
見聞きする必要なし、
それを論議する必要なしだ。

私は昨日下関に行ってきたけど
なんと30分遅れて会場入りした。

車で行ったために渋滞にはまり、
通常4時間ほどの行程が、7時間半かかったためだ。
いや、まいった。
だけど帳消しになって余りあるほど
素晴らしいコンサートだった。

岡山では行けなかった人がたくさんいたに違いない。
でも、
きっとジュリー岡山でやれて良かったね、とみんな思ってる。
大変な思いをして行った私たちも
本当に良かったと思った。
岡山会場に行かない人もみんなやきもきしたに違いない。

そんなファンの想い、みんな飲み込んで
ジュリーは歌っているのだ。

ジュリーにはすべてを包み込む愛がある。

歳をとればとるほど、
ジュリーは仙人に近くなる。


コメント (2)

誕生日おめでとうございます。

2018年06月29日 | ジュリー
ひょー、もう4日も過ぎちゃったです。><。
ジュリー古希祝、勝手にさせてもらいました~。

じゅり友 6人で乾杯。
その前にカラオケも。

「グショグショワッショイ」入ってたんですけどーーーー!!
ありがとう、ありがとう。
他のもお願いしますよ。

去年は「ISONOMIA」入ってました。

新曲を歌う気分は爽快です。^^v

70歳で元気に歌うジュリーを観れるなんて
本当に幸せです。

さて、もうすぐ武道館。

私は下関が最初ですが、
良い席、いただきました。
本当にさえぎるものがない席をいただきました。

ありがたいっす~~!!
コメント

もうすぐ古希祝

2018年06月15日 | ジュリー
さて~、誕生日が近づいてきましたね。
どんな古希祝をするかな~。

還暦!ドーム!って騒いでたけど
はるか遠い昔の出来事のような気がする。

京セラドーム、東京ドーム
すごかったなあ・・。


コメント

なんと

2018年06月06日 | ジュリー
予定がコロコロと変わり
下関に行けることになりました!
神さまは見捨てなかったね、私のこと。

平日は会社の仕事、
土日はほとんど、体操の仕事で埋まり、
イベントでもあろうものなら、その準備におおわらわの毎日。

7月は決算もあり、
初日の武道館のころは佳境かも。

さて、そろそろ7月のチケット来ますよね。

6月はうっとおしい梅雨だけど
チケット来るのが待ち遠しい月でもあります。

雨や雪、台風、そして地震、
コンサートの敵はやまほどいるけど
どんなことも受け入れます。
ジュリーだもん。
いろんなことがいい方向に変わる、と信じて。

コメント (6)