≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

山下よしき副委員長訴え「河内長野日本共産党演説会」

2018-03-18 10:59:37 | 日記
 昨日、河内長野のラブリーホールで、4月に行われる河内長野市議選(4月15日告示、22日投開票)を展望し、山下よしき副委員長を招き、日本共産党の演説会が行われました。山下さんは、森友学園に関する決裁文書改ざんを中心に、国会での論戦を報告。「国民主権、議会制民主主義踏みにじる歴史的犯罪」と批判し、「『安倍政権は総辞職せよ』と声をあげて行きましょう」とよびかけました。
 市議選でお世話になる、現職のにわ実議員、宮本さとし議員、だばなか大介議員、新人の仲川まなぶ氏、原れきし氏も、「くらし応援、元気な街づくりへ、市民の願いがまっすぐ届く市政へ前進」と、現職は実績に裏打ちされた貫禄と迫力の訴えを、新人は決意と情熱の込もった訴えを存分に行いました。頼もしい5人のベストチームです。
 河内長野市市議選まで、1ヶ月を切りました。河内長野にお知り合いがいるみなさん、ぜひ支援をよびかけて下さい。また、これからの河内長野は、桜が咲き誇り、たいへん美しい季節です。支援にも駆け付けて下さるよう、よろしくお願いします。
写真 左から丹羽・宮本・山下・原・仲川・駄場中の各氏
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

怒り渦巻く「3.13重税反対統一行動」に参加して!

2018-03-13 15:11:27 | 日記
 この一ヶ月、富田林生健会や富田林民商のみなさんと、会員さんや家族のための確定申告の相談にのってきました。少ない収入の中、問答無用で税金を徴収される、必死に頑張って生業を支え、生活する人たちとのたくさんの交わりの中、森友疑惑で国会で偽証を繰り返してきた、国税を預かるトップの佐川国税庁長官が辞職しました。納税者には領収書、請求書、金銭出納帳など事細かに揃えろと命じる国税庁のトップが、重要文書を「破棄した」「存在しない」と虚偽答弁を繰り返しました。ところがデーターはわんさか開示され、改ざんまでしていたことがわかりました。佐川氏の辞職で済むはずがない。内閣総辞職は当然です。民主主義を破壊する安倍暴走政治に対する怒りがこれほど湧き上がった申告はなかったのではないでしようか。
 その中、本日、全国統一行動が行われ、私は富田林税務署管内で行われた集会に参加しました。この会場でも森友疑惑への怒り、来年に控える消費税増税への怒り、安倍政権への怒りが渦巻いていました。わたしは「消費税をなくす会」を代表し挨拶し、消費税をなくせ、せめて増税するなと訴えました。
 真面目にがんばる人達にとって、不真面目で我が物顔の人達ほど腹立たしいものはありません。安倍政権に怒りの審判を下そうではありませんか。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大震災から7年!「第25回なくせ原発!河内長野デモ」に参加しました

2018-03-11 14:50:23 | 日記
 早いもので大震災から7年が立ちました。集会・デモに参加し、犠牲となられた方々に哀悼の意を表す黙とうを行い、生活と生業を再建し、復興をめざし微力ながら頑張る決意を新たにしました。日本共産党の河内長野市会議員団はもちろん、自由党の方や社民党の方、日本共産党以外の地方議員も参加していました。
 たくさんの課題がありますが、県発表だけでも、約5万人が避難を強いられる福島第一原発の事故の被害は極めて甚大なものです。復興加速の看板のもと、被害者切り捨てをすすめる安倍政権と東電こそが福島復興の最大の障害になっているといわなくてはなりません。
 日本共産党、立憲民主、社民、自由の4党共同で「原発ゼロ基本法案」を国会に提出しました。この実現にむけ市民と野党が共闘しがんばります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富田林で党と後援会の「平和憲法9条守る『早春のつどい』」開催!

2018-02-04 10:24:48 | 日記
 昨日、富田林市民会館で、富田林日本共産党後援会の、「平和憲法9条守る『早春のつどい』」を開催しました。たくさんの後援会員さんが集まって下さり、楽しい一時をすごしました。
 わたしも大阪15区国政対策委員長として早春の挨拶をしました。特に一昨日まで支援に行き、今日投票が行われている名護市長選挙の勝利する意義、自民党・公明党・維新によるデマ宣伝の実態。基地はいらないと声を出し続ける沖縄の人達の想いを訴え、沖縄に限らず、民意を無視し暴走する安倍政権を「市民と野党の共闘」を発展させ退場させることの大切さを訴えました。
 今年の早春のつどいは「笑いヨガ」「憲法9条守る漫才・コント」「手話コーラス」と楽しい企画も盛りだくさんでした。ここでも、田平まゆみ富田林市会議員をはじめ、若い人たちが大活躍でした。これからの時代は若い人達のものです。若い人達がしっかりと未来を見つめ、生きていける時代を残すため、私たちも頑張らないといけないと感じました。また、若い人達の可能性を信じ、色々なことに挑戦する場をたくさんつくって行ければと思いました。
 つどいの後半に、わたなべ結さん(党府国政対策委員長)が駆け付けてくれ、挨拶をいただきました。結さんは、総選挙の成果と、はじまった国会論戦を縦横に語り、日本共産党がめざす未来社会について元気に訴え、参加されたみなさんに「日本共産党に入ってご一緒に政治を変えましょう」とよびかけました。
 国会論戦がはじまっています。憲法を守る立場にある首相自ら日程を示し、「憲法9条を変える」と露骨に言い出しています。それに対し、代表質問で、共産、立憲民主、民進、社民、自由に加え、希望の党も「安倍政権による憲法9条改憲反対」を表明しました。党派の違いを超え、市民と野党が協力し、平和憲法を守る布陣はますます大きく発展しています。とりくんでいる「安倍9条改憲No!憲法を生かす全国統一署名」を広げに広げて行きましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名護市長選挙 稲嶺ススム候補に大切な一票をたくしてください!

2018-02-03 12:34:00 | 日記
 いよいよ名護市長選挙の投票日が明日となりました。
 オール沖縄のみなさんの願いは、新基地を造らせず、「子ども達の未来を守る」です。当たり前の願いを繰り返し選挙で示して来ましたが、安倍政権には一切届かない。あまりにも非情な政権です。国民の声をまったく聴かず、「戦争する国づくり」にまい進する安倍暴走政治をストップさせるには、声を出し続けることしかありません。沖縄に支援に行き、地元の皆さんと活動を共にしながら、そのことを深く実感しました。みなさん必死に頑張っていました。
 名護市長選挙は、民主主義を守る選挙、地方自治を守る選挙、命とくらしを守る選挙です。自民党や公明党、維新の会がどれだけ沖縄の民意を踏みつけにしても絶対に諦めない。そのためにも何としても勝利しないといけません。
 沖縄に知り合いがいるみなさん、ぜひ「名護の知り合いに稲嶺ススムさんろしく」と伝えてほしいと訴えて下さい。今日も期日前投票が行われています。ぜひ利用するようによびかけてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加