≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

福島第一原発放射能汚染水 海洋放出決定へ

2021-04-10 17:04:26 | 日記
 今日は終日、松原市で活動をし、宣伝や対話にとりくみました。
 政府は昨日、高濃度のトリチウムが残留する放射能汚染水を海洋投棄すると決定しました。国会で追及した共産党の紙議員は「現場を無視した放出は福島だけではなく懸念を持つ国民、漁業者を切り捨てる」と迫りました。
 元々東電は「関係者の理解なしにいかなる処理もしない」としており、漁業関係者が「絶対反対」を強く表明する中、一方的に決定する政府の姿勢が厳しく問われます。
 この10年、漁業者をはじめ、どれだけ多くの人が、くらしや生業を再建するために必死の努力をしてきたか。その人たちの声を無視し、原発政策を推進してきた当事者が多くの国民の努力に水をさす。
 だれが考えても異常なことが自公政権のもとでは当たり前のように行われています。一日も早くこんな政権は終わらせなければならない。政府の無慈悲な態度を見る度に、その決意を新たにします。
コメント

河南町、富田林市で活動しました!

2021-04-09 17:55:43 | 日記
 今日は午前中、河南町で力武きよし議員といっしょに宣伝にまわりました。午後は富田林市の南部で活動しました。この地域はまだまだ農地と自然が残り、気持ちのいい活動となりました。わたしが宣伝を行っている間、地域の後援会員さんが訪問をし、コロナ禍の聴き取りなどを行ってくれました。
 明日は松原市にうかがいます。見かけたら声をかけてくださいね。
 昨日、高齢者の医療費を2倍にする法案が衆院で審議入りしました。また昨日は、病院のベット数を削減する法案が衆議院を通過しました。自公に加え、維新の会、国民が賛成しました。共産党と立憲民主はもちろん反対です。
 コロナ禍のいま、受診抑制をまねき、医療を崩壊しかねない、こんな法案を、なぜ急いで審議するのか。ここに「自助」を強調する現政権と維新の怖さを感じます。医療崩壊2法案を必ず廃案にし「生きることを励ます政治」を実現するためがんばります。
コメント

市民と野党の共闘の前進に確信を持って!

2021-04-07 16:43:08 | 日記
 昨日、中央の市民連合のみなさんが各野党をまわり、北海道、長野、広島の3つの補選・再選挙勝利をめざす申し入れを行いました。
 振り返ると安保法制が強行された以降の5年間、色々な選挙が行われたが、その都度、「市民と野党の共闘」は大きな前進したと感じます。
 大阪15区でも同様で、唯一の立憲野党の候補者であるわたしを「大阪15区市民連合」のみなさんが推薦して下さり、野党のみなさんと共同行動する機会も劇的に増えています。
 そのことに確信を持って、いつ総選挙になっても菅政権を退場させ、野党連合政権を樹立できるよう、まずは日本共産党が強く大きくなれるよう頑張りたいと思います。
 今日は富田林民商などを訪問し、夜は会議もあってマイクは持てませんが、引き続きがんばりたいと思います。
コメント

南河内の大切な交通機関!「近鉄」との話し合いを持ちました!

2021-04-06 18:06:41 | 日記
 今日は日本共産党河南地区委員会が毎年行っている「近鉄」との懇談会に参加しました。
 近鉄もコロナ禍で収益が大幅に減少し、経営的にも大変なようです。
 私たちからは、南河内の公共交通としてなくてはならない近鉄が、企業として収益を求めることは当然としながらも、安心・安全な鉄道として活躍していただけるよう、利用者や近隣住民から出されている意見をまとめ届けました。
 わたしは富田林駅以南の駅における、非常ベルやホームステップの設置状況などを質問しました。富田林西口駅は設置完了、それ以南も順次設置をすすめるとの回答です。
 いつもは近鉄の本社で行いますが、今回はコロナ禍で密を避けるため、富田林市民会館で行いました。近鉄からは8人の幹部や現場で頑張っているみなさんが参加。党からも地方議員を中心に10人ほど参加しました。
※写真 近鉄にご意見をまとめた要望書をお渡ししました。わたしの横から千早赤阪村でお世話になる徳丸はつみさんと服部ゆきのりさんです。
 
コメント

市民と野党の共闘前進!市民連合 野党のみなさんと共同宣伝!

2021-04-05 19:14:06 | 日記
 昨日、市民連合のみなさんと行った行動。政党では、社民党やれいわ新選組の方、無所属の地方議員の方と一緒に訴えました。回を重ねるごとに日本共産党以外のみなさんとの共同行動が発展していると実感しています。菅政権に代わる野党連合政権をめざす活動は、ここ大阪15区でも確実に前進しています。 
 また、市民のみなさんも積極的にマイクを持ちました。聖火リレーが通過する太子町の方は、わずか30分のために1200万円もかけることへの批判、町民の参加を制限する一方で、広告を打つ企業の車列が並ぶことへの違和感を訴えていました。また、教師の方は、教育現場における問題を政治とのかかわりで訴えていました。
 大阪15区市民連合のみなさんは、5月9日(日)午前11時から 富田林エコールロゼ前で街頭演説を計画しています。
コメント