Takuya Nakata『ナカータの日記』

SHIMANO Racing - 中田拓也のブログ -

ジャパンカップクリテリウム

2018-10-20 20:55:20 | レース
こんばんは。
昨日は2日間行われるジャパンカップのチームプレゼンテーションが行われました。
4年振りの参加のシマノレーシング。まずは入部さんが会場の心をがっしり掴む💃
入部さんが作った流れに乗って自分も意味のわからない言葉で会場の皆さんの心を掴みにかかる。







そして今日はジャパンカップクリテリウム。沿道には溢れんばかりの観客。
初めて参加しますが人の多さと熱気が半端無かったです。
そして続々とワールドツアーチームの選手が会場入りしてきてTVの向こう側の選手がすぐそこにいて、興奮と畏怖を覚えつつパレードへ。
パレードで2周ほどコースを回り、スタートへ。





ジャパンカップクリテリウム
距離 30キロ
天気 曇り時々晴れ間
テンション 恐れずに頑張る
ワールドツアーのオーラ すごい

今回の作戦は小山が序盤動き、最後にいくにつれて小山含むその他全員でサヤさんを先頭付近に放り込む作戦。
スタートからかなりのハイペース。それも人数が多くて密集しまくっているのでかなりナーバス。途中、あっこれは転けた。と思った瞬間も数回あり、緊張の糸を絶対に切らしてはいけない45分が始まった。
周回賞が全15周のうち、4,8,12と4の倍数の周回に設置されているので周回賞狙いの選手が逃げやアタックを繰り返しペースが上がったり下がったりと変化しまくる。
一切狙わずサヤさんの位置取りを全員で死守する。
かなりのハイペース&密集度により安定した定位置を取れずに苦戦する。オーマイ。
あれよこれよとゼーハー言いながら白目剥きながらラスト1周へ。
序盤からペースコントロールしていたTREKがハチャメチャ速いスピードで牽引し始める。
qあwせdrftgyふじこlp!?と訳わかんなくなる。
サヤさんが先頭付近に単騎になってるので決死の勢いで木村さん、ナカータ、小山の列車でサヤさんの元へジャンプしにいく。しかしギリギリ届かずバラバラになってしまう。
ハチャメチャにキツくてアシストは愚か、何も出来ない。
これがワールドクラスのスピード…と思いながらゴール。
勝ったのはTREKのデゲンコルブ選手。すんごい…










色々な失敗をしたレースだった。サヤさんのアシストもあまり有効にできず、もっとチャレンジできた部分が沢山あった。
今回出た反省点を活かして次へ繋げていきたい。

明日はジャパンカップ(ロード)150キロ。チャレンジ精神で頑張ります!!



そして!前々から一番やりたかった事が達成できました!それは自分の自転車人生の原点であるマンガ「弱虫ペダル」の作者である渡辺航先生に挨拶できたことです。
自分は3年前、友達から薦められた弱虫ペダルを読んで衝撃を受けて自転車を買おう!と決意しました。そのお陰で今の自分がここに立っています。自分の人生に最高の彩りを与えてくれた弱虫ペダル。その作者の渡辺先生に感謝の意を伝える事が自転車人生の中でいつかしたい事と自分の中で定めていました。
それが今日叶って本当に嬉しいです。これからも頑張ります!


コメント

大分アーバンクラシック

2018-10-14 16:41:24 | レース
こんにちは。今日は大分アーバンクラシックでした!
アーバンクラシックという響き、個人的にカッコいいな~と思います。
大自然をアァア~と叫びながら木から木へ飛び移るイメージです。
それターザンやないかーーい!!





レースレポート

大分アーバンクラシック uci 2クラス
距離 150キロ
天候 秋晴れ
テンション 今日もチャレンジ
故郷 大分の隣、福岡

昨日のいこいの道クリテリウムでシマノレーシングは優勝を飾った勢いそのままレース会場へ乗り込む。
9時からスタートということでホテルを出発する時は寒かったものの到着するやいなやカラッとした秋晴れによりアップの時点で汗だく。
スタート時には普通に暑かった。



何処を見ているのか…

昨年のコースを逆周りで10キロのコースを15周。アップダウンに富んだコースで非常にタフさか要求されるコース。
ローリングも終わりスタート。前方に位置取り逃げにチャレンジする。序盤からかなりのハイペース。なんとか乗り遅れないように必死についていく。
何度か決定的な逃げが出来そうになるも乗せてないチームが追い付いてきて振り出しに戻る。
そんなこんなでかなりキツい。
1時間ほど経った辺りのホームストレートの坂で逃げが決まる。
主要チームのほとんどが乗せておりシマノからは入部さんが入る。
くそぉ…乗り損ねてしもうた…😭

切り替えて終盤に備えて集団内で走る。

集団は乗せていないブリスベンとBSが牽引。1分10秒~30秒くらいのタイム差を保持しながらレースは進んでいく。
次の展開を逃さない為に前目をシマノトレインでキープ。
ホームストレートの登り坂と下り坂で逃げ集団とメイン集団が毎回すれ違う。
残り4周を切った辺りでそれまで静寂だった集団が殺気立ってくる。さっきまで静かやったやん……


ラスト4周回目の途中辺りでキナン、トマ・ルバ選手のアタックを皮切りにアタック合戦が始まる。ヒィ~と思いながら乗り遅れないように動く。
が!ラスト2周に入る辺りで両足が痙ってしまう。オーマイ!えっ!?心拍とか大丈夫やん!まだ行けるって!と踏ん張るも集団から遅れてしまいレースは終わりました。



本当に悔しいレースでした。チャレンジはしたものの逃げに乗れず、最後の展開にも絡めずだったので力不足です。
このレースを糧に先へ繋げていきます!💪

前チームの佐藤さんと(すかしてるのではないです💦キツすぎて顔が歪んでるだけです😂)


Photo by italu Mitsui

応援ありがとうございました!😊

コメント

おおいたいこいの道クリテリウム

2018-10-13 20:22:22 | レース
こんばんは。久しく間隔が空いておりましたナカータの日記です。
今日はおおいたいこいの道クリテリウム!今日はチームとしてもサヤさんの優勝を第一にレースへ臨みました。


大分いこいの道クリテリウム
距離30キロ
天候 晴れ
テンション 頑張りまくる💪

開始早々木村さんを先頭に主導権を奪いにいく。

photo by satoru kato

序盤からかなりの高速、シマノはサヤさん以外のメンバー全員で先頭を奪いにいく。
かなりのオーマイ。オーマイすぎて今朝食べたパスタはもしかするとオーマイパス○かもしれない……などと思いながらひた走る。
周回賞の周などにアタックなどかかるが冷静に対応し続ける。
入部さんからの指示などでシマノはほとんど先頭付近で立ち回れる事ができました。







一人、また一人と終盤に向けて仕事を終えていき、いよいよゴールへ。
4番手で最終コーナーを曲がったサヤさんは優勝しました!!😂😂





photo by satoru kato
地元での勝利!めちゃくちゃカッコいいです😂

今日はサヤさんが優勝されたので本当に嬉しい日になりました!
明日は大分アーバンクラシック、150キロと長丁場なので頑張ります!😊

コメント

全日本ロード

2018-06-24 19:08:06 | レース
こんばんは。
昨日、全日本ロードが終わりました。
以下レースレポートです。

全日本ロード u23
距離 156
天気 曇りと晴れ
テンション 今日見た夢は幽体離脱

U23の頂点を決める戦い。多少なりとも緊張した面持ちでスタートラインへ。
後方からのスタートだが、すぐに来る登りで前目に移動する。
コースレイアウトは1周14,2キロのコースを11周。アップダウンに富んだコースでじわりじわりと脚を削られていくレイアウト。
最初の1周目はかなりスロー。牽制につぐ牽制という雰囲気。有力所が動くと活性化して、次の有力所が動くまで静まるというのを繰り返す。
2周目の登りでマサキさんが振るいにかけるアタックを仕掛ける。かなり激しい。
そのままかなり活性化して奥の登りを越えて左に曲がって狭くなる箇所に入るまでに数名が先行する。
しかし、ここで他カテゴリの落車による安全確認?のため、ニュートラルが入り、一旦振り出しに。
ニュートラルが終わり、再びレースが始まった瞬間、数名の選手が先行する。メンバーを見て、各主要大学や、有力選手が乗っているのもあり、これは決まると思い反応。
そのままこれが逃げになる。
メンバーは、日大2名、鹿屋1名、ユーラシア花田君、ヴィクトワール白川君、京産1名というメンバー。

photo by satoru kato

そのままキレイにローテーションしていき、最大2分まで開くも1分半辺りを保ちながら進む。
自分としては後々来る有力メンバーに備えて前待ちが出来る展開になったのでOK。
よっしゃあ~先手は打てたし、これからやったるで~( ´∀`)
と淡々と進んでいくが、途中から呼吸がしずらくなってくる。
あれ?おかしいと思い、熱中症を疑ったが、かなり序盤から水分も補給も取っており、困惑。
そのまま忍法、耐え忍ぶ を多用していたが、嘔吐した所で体に力が入らなくなる。
後ろの集団が逃げを捉えにくるタイミングで逃げから遅れ、同じタイミングでアタックが勃発し、付ききれずそのままさらに遅れる。
結局残り56キロを残し、DNFとなりました。

どこまで挑んでいけるのか、自分の最大限の力がこの世代にどこまで通用するのか、それを確かめたかったのですが、それは叶いませんでした。
むしろ結果を残すことが出来ず、自らの体調管理の甘さに対する失望感も否めません。
しかし、それも含めて僕の実力ということです。全てが足りませんでした。

体重も過去最低に落とし、準備してきたつもりでしたが、そんなに全日本の壁は甘くはなかったです。
この経験を無駄にせずに今後に生かして行きたいです。

応援のほど、ありがとうございました!また頑張ります!


photo by 岡元 恒治


小山は10位!
コメント (2)

全日本タイムトライアル

2018-06-18 13:37:56 | レース
こんにちは。昨日は全日本タイムトライアルでした。

結果は7位。これにて僕の全日本TT U23が終わりました。
全体的に準備がまだまだ足りなかったのと、力、テクニックがトップとかけ離れていたんだと思います。
最高の機材、サポートをしていただいたのですが、うーむ…この経験を無駄にしないようにします。
この結果を受け止め、切り替えて今週行われるロードレースに集中したいと思います。
初めてのタイムトライアルでしたが、めっっっっっっっっっっちゃ苦しいですね笑
2回ほどTT中に吐きました。笑

……ということはあと5回くらい吐けばもうちょい速くなるのだろうか…笑

さーて、笑って終えられるように今週末頑張ります!💪


photo by satoru kato


今週末頑張るぜ~の図





コメント (2)