Kota Yokoyama 『目指すはシャンゼリゼ! 』

SHIMANO Racing 横山航太のブログ

プチ高地

2017-04-30 20:21:31 | 日記

今日はとてもスッキリと晴れて暖かく絶好の行楽日和でしたが僕らにとっては絶好の練習日和でしたね。


今日は監督の提案で高野山の奥の護摩壇山まで行きプチ高地トレーニングでした。


僕はあまり感じませんでしたが標高が1200mある護摩壇山では空気が薄い!

つまりそれだけ心臓に負荷がかかる中トレーニングする→下界に降りると負荷が下がったように感じ楽になる

という感じですかね。

去年ピレネーで高地合宿した時は下りてきて明らかに呼吸が楽に感じたので効果はあるはずです。



それにしても護摩壇山、関西ではここまで山が濃いところはあまりないのでは?というほど山が濃いです。

ちょっとした脇道に入るだけでも落石いっぱい、ガードレールなしでちょっとした冒険気分になることができました😏



夏場とか、暑い時期にも避暑練習という意味ででもまた行きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュアンスハートさんへ

2017-04-29 20:17:11 | 日記

先日ニュアンスハートさんへカットとカラーをしてもらって来ました。

欧州遠征前に切ってもらった髪の毛もだいぶ伸びて来て夏がだんだんと近づいてきた大阪では少々暑かったのですがさっぱりできて良かったです。


ちなみにニュアンスハートさん、沢山のチャンピオンジャージやリーダージャージなどがジャージが飾ってありまして中にはこんな偉大なチャンピオンジャージも!!

皆さんも是非行って見てみてください^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-04-26 14:10:12 | 日記

今日は久々の雨でその中に練習行ってきました。


雨の日の練習は走り出す前は憂鬱なものの、いざ走り出してしまえば集中して自分の世界に入れるような気がします。


雨の練習で僕が気をつけていることは

1、路面のμが低くなっているなっているためいつも以上にブレーキング、コーナーリングを丁寧に行う

2、運動だけではなく体温維持にカロリーを消費する為いつも以上に補給食を食べる

3、練習後はシャワーに直行。水しぶきで泥水が跳ねている為に目をシャワーで流したり股のあたりを特に重点的に洗って最後にうがいをする。

4、しっかりと自転車、シューズやヘルメットを洗って自転車は注油する。

といった感じですかね。


今日も寒かったものの集中してトレーニングできました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回復した〜

2017-04-21 20:17:31 | 日記

こんばんは、

チームは群馬に行きましたが僕はお留守番です。

月曜日に帰国してからというものの時差ボケと戦いながら生活していましたがなかなか疲労感が抜けない事態に落ちいっていまして、少々お休みをいただいております。
レースの疲れは勿論のこと飛行機移動での移動疲れというのも無視できないものがあり、やはり狭い空間に12時間ほど拘束されるのは僕の感覚ではISS(移動ストレスストア)350くらいあると思っています。笑

そんな時いつも身体のケアをお願いしている泉大津のまつなみ整骨院さんに行くとこんなものが!

「酸素カプセル」です!

酸素カプセルに前々から興味はありましたがなかなか入る機会がなく昨日初めて入りました。
入ってすぐには効果はわからなかったものの、今朝起きてみたら身体がだいぶ楽になったような気がします。
調べてみると「疲労回復を助ける」以外にも「ケガの回復」、「ダイエット効果」や「集中アップ」など嬉しい効果があるようですね〜

酸素カプセルに加え指圧マッサージとカイロプラクティックもやってもらったのでだいぶ凝り固まっていたところが柔らかくなってきました。


明日も練習頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZLMツアー

2017-04-18 20:47:14 | 日記
ベルギー2連戦を終えて今遠征最後のレースとなるオランダのZLMツアーに参加してきました。

コースは真っ平らで上りは橋くらいしかない。しかし島と島を結ぶような所が多くコースのほとんどが風吹きさらし区間。
これまでのベルギー2連戦よりも更に位置取りと絶対的パワーが必要なレースとなりました。

当日は肌寒く強風が吹くコンディションで厳しいレースになることが予想されました。



スタートしてすぐ…と言うよりかはスタート前から位置取りがいつも以上に激しい。
ニュートラルからも相当激しくいつも以上に罵声が飛び交いスピードがとても遅いにも関わらず僕が目撃しただけでも3回ほど落車が起きました。

ニュートラルが終わり一旦止まった後にレーススタート。一旦停止する時には運良く審判カーの真横の最前列を取ることができることができました。

スタートした直後は向かい風と言うこともありペース自体はそれほど速くは感じなかったです。
しかしみんなが前の位置をキープしておきたいと考えているので位置取りが激しく落車が多発していました。
最初の10キロの内に僕が見ただけでも5回、集団を分けるような大きな落車は2、3回はあったかな…

自分も風向きが変わった時為はもちろん、落車を避ける意味でもできるだけ前の位置をキープしました。


そして15キロ地点ほどの直角コーナーを曲がって細い道の横追い区間へ。

ヤバい!と思い前に上がるも先頭15〜20人ほどがエシュロンを組み行ってしまう。

結果そのままそのエシュロンが勝ち逃げになってしまいました。

その後も後ろのエシュロンのできるだけ前のエシュロンに入ろうとするがズルズルと後退してしまった。


先週のフランドルが終わって2日休んだが疲労感が残っていてそのまま騙し騙しトレーニング続けていたツケがきてしまったようだ。
キツいところで耐えることを身体が拒否してしまった。


そこから90キロ地点まで遅れた選手達と走りそこでバイクを降りました



日本ではなかなか体験できない横風のレースはやはり厳しかったです。
身体の小さく体重の軽い僕は苦手な類のレースであることはわかっていますが最低限走り切るくらいの力は必要かと思います。
もっとパワーをつけて走れるような力をつけられるように今後しっかりとトレーニングしていきたいと思います。


とりあえず欧州遠征はこれで終わり、次のレースまで期間も空くのでしっかり休んで一からトレーニングしていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加