~高尾山走術研究所~

高尾山で走る術を研究する会。
それが「走術研究所」です。
みんなの心は一つ「天狗のように走ること」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大田原マラソン新コース情報

2010年10月11日 | ジョギングノート
本日の練習

夜レン 17時00分
浅川ゆたっりロードと甲州街道
1000m×1本(3'29")
子供と2.5キロジョッグ

先ほど、ハンちゃんより大田原マラソンの新コースの情報が入りましたので、報告させていただきます。
どうやらハンちゃんは、この休みを利用して栃木県大田原まで足を運んだようです。

別大に賭ける思いの強さに心打たれます。。。

別大の資格がどうなろうと、行こうぜ別大!


※下記はハンちゃんからの報告です。↓

こんばんは、半田です。


大田原の新コースを試走してきましたので、簡単ではありますが、感想を送ります。
よろしければ、把握されている他の出場者に展開してください。


なお距離は、コース図をもとにした大まかなものです。


スタート~10k
平坦か緩やかな下り。ライスラインという道に入ってから単調な田畑の景色が続きます。

10k~20k
大半は緩やかな下りでしたが、小さな橋を越えるため登り下りが数か所あり。15k手前の小種島大橋を渡った後に、傾斜のある150m程の坂がありました。前半では一番きつい個所だと思われます。
          
20k~30k
25k手前までは平らな農道を、25kからは登りの農道となります。傾斜はそれほどきつくなく、浅川のゆったりロードより少しきついくらいです。ただし、数か所傾斜がきつくなるところあり。


30k~40k
33kくらいのところにある道の駅までは緩やかな登り。35k国際医療福祉大の手前で傾斜のある長い上り坂。一番きつかったです。35kをすぎると今度は下ります。その後も数回登り下りがありますが、そんなにきつくはなかったです。


40k~ゴール
町中に入ってくるのでほぼ平らな道。ラストは走りやすそうです。




全体を通して、記録を狙うには30k過ぎからいかにペースを維持できるかが
大切と思われます。


一番きつかったのは20kから30kの農道ですが、周りが田畑のみで景色が変わらないので、一人で走るのはつらかったです。


以上主観的な感想ですが、参考までにお伝えします。
Garminで測りたかったのですが、接触が壊れたのか充電できなかったので、詳しいデータはありません。すみません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高尾山、それは東京のオアシス | トップ | ホノルル完走への道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジョギングノート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事