「Inner Views」

音楽家として逝こうと思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

印礼(完)。

2006-10-27 | Archtop Guitar
 ネックの表に「Marchione」と彫って、そこへ前回パールで作った「Marchione」を埋め込むのです。ここはいわばギターの「顔」。製作家の名前が入る、とてつもなく重要な行程なのです。  スキアラバサボルを使いつつも、 完成。  製作もこのあたりまでくると、各パーツからオーラが出てくる。やっぱりマルキオーネだよ。王者の風格がプンプンしてる。今までいろんな製作家のギターを観てきたり、一 . . . Read more
Comments (2)

箱ノ中身ハ何ダロウ。

2006-10-26 | Archtop Guitar
 着々と箱化しております。ライニングとサイドブレース製作。サイドの補強&接着面の確保。この作業はこれが目的。上はライニング。  こっちはサイドブレース。  ライニングはサイド同様、ギターの型通りにベンディング・アイロンを使って曲げないといけない。手間暇かかる。時々、ヤケドもする。苦労しつつも前進あるのみ。こうやって製作して、完成したギターの音色を聴くと、すべて昇華されるから不思議。苦労が報 . . . Read more
Comment

箱音八里。

2006-10-25 | Archtop Guitar
   サイドを曲げたら、箱を創る。ネックブロックとテールブロックを作って、 漆膠の身(丸木書より)。  意外と難しいよ、ブロック作るの。接着面なので、サンドペーパーは絶対使ったらいけない。なので“斬る”。使う道具は、鑿と鉋とスクレーパー。これだけを使って完璧な曲線を出すのがシンプルに難しい。  で、箱の中身。  最近はスパニッシュ・シダーを使ってます。香りが良くて、軽くて強度もある。美 . . . Read more
Comment

ノゾキオーネ。

2006-10-24 | Archtop Guitar
Fホールからコンニチワ。 . . . Read more
Comments (5)

日→月。

2006-10-23 | Marchione Studio
 さて、週明けです。今週もガンガン創るよ。 . . . Read more
Comments (4)