三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年10月17日 | Weblog

NHKテレビで徳川宗春を見ていて、ラストの「慈」と「忍」の字に関心を持ち、インターネットで検索しましたら、次のようなブログにヒットしました。

 

『宗春の考えで印象的なのは、彼が愛したモットー。部屋に二幅の掛け軸があり、一方には太陽が描かれていて、その下に赤い字で「慈」と書かれてあり、もう一方には月が描かれていて、その下に黒い字で「忍」と書かれてありました。民衆に楽しいこと、夢、愛を与え続ける太陽のように、慈しみの心で世の中を照らし、月のように控えめに自分の気持ちを忍ぶというような意味があるとのことです。『温知政要』という自著の中で語っている彼の理念。陽と月とは、一緒になると「明」という漢字になります。』

http://blog.alc.co.jp/blog/2000285?offset=1189 から

コメント   この記事についてブログを書く
« 吉田茂のユーモア(ウキペデ... | トップ | 長野県須坂市 長野県営日滝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事