三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則』

2011年06月29日 | Weblog
『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション   ―人生・仕事・世界を変える7つの法則』 ■スティーブ・ジョブズの人生・仕事の法則を解き明かす!iPhone、iPadなど画期的な製品で世界を変え、アップルを世界トップクラスの企業に復活させたカリスマ、スティーブ・ジョブズ。本書では、過去30年にわたり、スティーブ・ジョブズが人生や仕事で活用してきた法則を徹底的に解き明かします。この法則を取り入れると、生き方や仕事の進め方を変革し、自分の可能性を最大限に発揮できるようになります! 「こんなとき、ジョブズならどうするか?」がわかります! . . . 本文を読む
コメント

鼓舞される言葉 後には引けない、やるしかない。人生最大の逆境だけど、逆に攻めるしかないと。

2011年06月27日 | Weblog
●『致知』7月号から ●菊池恭二(西岡常一棟梁の弟子/社寺工舎代表)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  「この仕事をやり切る」と定めたら、   強い気持ちも湧いてきたんだね。   人が死んだわけじゃない、殺したわけでもない。   職人たちの腕を切られたわけでもねぇ。   頭と腕と足さえあればまた仕事はできる。  『三国志』の戦いじゃないけれど、   後には引けない、やるしかない。   人生最大の逆境だけど、逆に攻めるしかないと。 . . . 本文を読む
コメント

「避難3原則」守り抜いた釜石の奇跡 防災教育で児童生徒無事

2011年06月25日 | Weblog
産経ニュースから 2011.4.13http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/edc11041314070001-n1.htm 「避難3原則」守り抜いた釜石の奇跡 防災教育で児童生徒無事原則1「想定、とらわれるな」原則2「最善を尽くせ」原則3「率先し避難せよ」通常の業務にも通じる。 . . . 本文を読む
コメント

妻と夫

2011年06月20日 | Weblog
評論家Tさんの奥様の言葉 ・体は硬い、頭は固い、信念は固い。ぶれるな、まような。一生それでいけ。   評論家Tさんの言葉 ・妻は、第一の助言者   ある農家の言葉 ・男一人では、一人前ではないが、妻と二人なら二人前以上の働きになる。 . . . 本文を読む
コメント

積極性 プラス思考 不可能なことが証明できないことは全て可能

2011年06月17日 | Weblog
(大前研一氏メルマガ) ●お話の中で「宇宙がこれだけ広いのであれば、地球と同じように人間の住む  星があるかもしれませんね。」と芸能人の方が感想を述べた際に、その説明役  の方が、 「私は不可能なことが証明できないことは全て可能だと考えてこの仕事を   しています。だからそういう星があるかもしれませんね。」と仰いました。 できないと答えるか、できるように考えるか。 私は決して行動について心配せず、 しかし無行動についてだけは 心配する。  ウィンストン・チャーチル I never worry about action,  but only inaction.  Winston Churchill http://ameblo.jp/presemi/entry-10793448493.html . . . 本文を読む
コメント

岡田武史全日本監督への娘さんの手紙(2010年6月20日ー父の日)を紹介。父の日のプレゼントはこれを

2011年06月17日 | Weblog
父の日6月19日を前にして、テレビで岡田武史ワールドカップサッカー全日本監督への娘さんの手紙(2010年6月20日ー父の日)を紹介。 南アフリカの父へお父さん、元気ですか。ごはん、ちゃんと食べてますか?ちゃんと眠れてますか?お父さんが岡田監督として難しい顔している姿、毎日テレビで見ています。たいへんな時が続きますね。私には想像もつかないようなプレッシャーと闘っているお父さん。この間の試合の後、ますます厳しい顔をしているのを見てお父さんらしいと思いました。お父さんが誰よりも真剣にサッカーを考えていること。サッカーを愛していること。そして、覚悟を持って仕事をしていること。私は知ってます。だから信じてます。今日はいよいよオランダ戦ですね。南アフリカのお父さんに 私たち家族ができることは少ないけれど精一杯、応援しています。いつもありがとう。お父さんは、私の誇りです。娘より仕事でがんばるすべてのおとうさんへ6.20 Father´s Day . . . 本文を読む
コメント