三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 「あれを見よ 深山の桜 咲きにけり 真心尽くせ 人知らずとも」松原泰道(龍源寺元住職)

2010年11月09日 | Weblog
  『致知』2009年4月号  ~特集「いまをどう生きるのか」より~
 「あれを見よ 深山の桜 咲きにけり  真心尽くせ 人知らずとも」松原泰道(龍源寺元住職)
        
この歌は松原泰道先生が、大学を卒業し誰一人就職が決まらない五人の仲間と、
野宿をしながら箱根の関所跡に旅をした時に、歌碑に著されていた言葉だそうです。

「これからどんな苦境にあっても、 自分たちは人を騙したり、 苦しめたり、要領のいい生き方はやめよう。 山の奥深くに咲いた桜のように、 誰が見てくれようとくれなかろうと、 ただただ真心を尽くしていこうじゃないか」と、仲間と誓い合ったそうです。

「土手に咲く桜よりも深山の桜」
コメント   この記事についてブログを書く
« いい言葉  | トップ | 多様性ある須坂市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事