福祉と許認可申請の専門家 行政書士 平松智実のブログ

成年後見 知的障害 飲食店 各種許認可申請 行政書士平松智実法務事務所 立川 羽村 福生 あきる野 昭島 青梅 八王子

成年後見制度利用に関する助成金

2019-03-08 13:02:29 | 成年後見

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

成年後見制度を利用する際に自治体によりいくつかの助成金の制度があります。

多くの自治体で採り入れられている助成金は後見人への報酬に対する助成金です。助成の額はご本人が施設に入所している場合は18,000円、在宅の場合は28,000円程度が一般的です。(自治体により異なることがあります。)

また、申し立ての際に診断書や鑑定書が必要になることがありますが、その費用に対する助成をしている自治体もあります。

 

助成金はかかった費用以上にはもらえません。例えば知的障害があり在宅で過ごしている方の後見人の報酬助成が28,000円の自治体で後見人の報酬が30,000円だったときは28,000円の助成、後見人の報酬が20,000円だったときは20,000円の助成となります。

 

また、高齢の方の場合は助成があるが知的障害のある方の場合は助成がない、市区町村長申立てによる成年後見制度の利用でないと助成がないなど自治体により様々です。

 

助成金をもらうためにはご本人の世帯の収入など一定以下であることが条件となっていることもあります。

成年後見制度を利用する際は、助成金の有無を調べてみることをおすすめします。

 

成年後見制度利用のお手伝いに加えて助成金についてのご相談にのることもできます。

ぜひ一度ご連絡ください。

平松智実法務事務所のホームページはこちら!

コメント   この記事についてブログを書く
« チラシ作成に50万円の補助... | トップ | 知的障害のある方は遺言はで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

成年後見」カテゴリの最新記事