福祉と許認可申請の専門家 行政書士 平松智実のブログ

成年後見 知的障害 飲食店 各種許認可申請 行政書士平松智実法務事務所 立川 羽村 福生 あきる野 昭島 青梅 八王子

成年後見制度の利用に際して考えなければならないこと~知的障害のある方~

2019-05-24 14:51:45 | 成年後見

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

知的障害のある方のご家族の中には「いつか成年後見制度を利用する必要がある。」「いつかは後見人をつける必要がある」と考えている方も多いのではないかと思います。認知症の高齢者の方の場合とは違い、は知的障害のある方の場合主たる介護者がご本人より年上であることがほとんどです。

 

成年後見制度を利用するきっかけとして「預貯金の管理」や「福祉サービスの契約」などが多く挙げられますが、知的障害のある方はこれらが必要であることはもちろん、そもそも保護者、親族がいなくなってしまういわゆる“親なき後”をどうするかということの解決策としても成年後見制度は重要な役割を果たします。つまり成年後見人が親の代わりをするということです。

 

成年後見人もなってほしい人をは申し立ての際に候補者としてを挙げることもできますし、候補者がいなくても家庭裁判所が選任してくれます。

 

成年後見人が誰になるかということは知的障害のあるご本人にとって人生を左右する大きな要素であることは間違いありません。そう考えれば保護者が申し立ての際に信頼のできる人を探し、その人を候補者として申し立てをすることが望ましいと言えます。

 

その為にも成年後見制度の利用に際しては期間を十分に取り、準備をする必要があるのではないかと考えます。実際、いつか成年後見が必要になるとはわかっていても漠然としたものになっているのではないでしょうか。成年後見制度利用のスケジュールを明確にしご本人のために最適な後見人を探すということも非常に大切なことです。

 

平松智実法務事務所では成年後見についての総合的な相談をお受けしたり後見人についてのアドバイスをしたりしています。初回相談は無料ですのでお気軽にご連絡いただければと思います。

 

平松智実法務事務所の成年後見のページ

コメント

平松智実法務事務所は“あなたに最も身近な申請と福祉の専門家”です!

2019-05-23 15:20:48 | 取り扱い業務

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。
 
東京オリンピックのチケットの申し込み期限が迫っています。申し込み忘れのないようにご注意ください。5月28日が期限ですが、直前はアクセスが殺到し申し込みができない可能性もあります。
お早めに対応することをおすすめいたします。
申し込み手続きがよくわからない、めんどくさいという方のためにチケットの申し込み手続きを代行するサービスを行なっております。お気軽にお問い合わせください。
 
平松智実法務事務所では飲食店営業許可、建設業許可、遺言、相続に関するご相談からこのようなチケットの申し込み手続きや役所、役場への提出書類の作成まで代行いたします。
 
当事務所の目標は「手続き、申請、申し込み、書類作成」が必要になったときに平松智実法務事務所に聞いてみようと思ってもらえるようになることです。
 
どのような些細なことでもお手伝いさせていただきます。“あなたに最も身近な申請、福祉の専門家”としてお役に立ちたいと考えています。
 
お問い合わせで料金が発生するようなことはありません。お問い合わせだけで結構ですので困ったことがあったときはお気軽にご連絡いただければと思います。
 
コメント

6月の建設業許可に関わる資格試験のご案内

2019-05-22 16:04:46 | 取り扱い業務

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

6月は建設業許可の際に、専任技術者になるための資格が取得できる試験があります。資格を取得したことで建設業の新規許可が取得できたり業種を追加できたりすることがあるのでご確認ください。

 

<6月9日>

・1級建築施工管理技士 許可取得できる業種:[特定建設業]建築一式工事、大工工事、左官工事、とび・土工・コンクリート工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事

 

・2級建築施工管理技士(建築) 許可取得できる業種:[一般建設業]建築一式工事

 

・2級建築施工管理技士(躯体) 許可取得できる業種:[一般建設業]大工工事、とび・土工・コンクリート工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事

 

・2級建築施工管理技士(仕上げ) 許可取得できる業種:[一般建設業]大工工事、左官工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事

 

・1級電気工事施工管理技術検定 許可取得できる業種:[特定建設業]電気工事

 

・2級電気工事施工管理技術検定 許可取得できる業種:[一般建設業]電気工事

 

<6月16日>

・1級建設機械施工技士 許可取得できる業種:[特定建設業]土木一式工事、とび・土工・コンクリート工事、舗装工事

 

・2級建設機械施工技士 許可取得できる業種:[一般建設業]土木一式工事、とび・土工・コンクリート工事、舗装工事

 

<6月23日>

・建築設備士 許可取得できる業種:[一般建設業]電気工事、管工事(資格取得後、各工事について1年以上の実務経験が必要)

 

建設業の新規許可について、ワンコイン出張相談を行っております。ご指定の場所までうかがい、許可取得が可能かどうか診断いたします。費用は500円です。お気軽にご連絡ください。

 

平松智実法務事務所の建設業許可のページ

コメント

建設業新規許可の出張相談を受け付け中です!

2019-05-21 18:14:33 | 取り扱い業務

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

平松智実法務事務所では建設業新規許可の出張相談をお受けしています。お気軽にご連絡ください。

建設業新規許可要件の大きなハードルは「経営業務の管理責任者」の証明と「専任技術者」の証明です。経営業務の管理責任者は5年もしくは6年の経営経験が必要なのでそれを満たさなければ時が経つのを待つしかありません。しかし、専任技術者の場合は実務経験でも良いのですが資格を取得することでも証明ができます。

 

6月は建設業新規許可に関わる資格試験が行われるのでそれに合格することで新規の許可が取得できるということもあります。ぜひ一度ご連絡ください!

 

<6月9日>

・1級建築施工管理技士 許可取得できる業種:[特定建設業]建築一式工事、大工工事、左官工事、とび・土工・コンクリート工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事

 

・2級建築施工管理技士(建築) 許可取得できる業種:[一般建設業]建築一式工事

 

・2級建築施工管理技士(躯体) 許可取得できる業種:[一般建設業]大工工事、とび・土工・コンクリート工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事

 

・2級建築施工管理技士(仕上げ) 許可取得できる業種:[一般建設業]大工工事、左官工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事

 

お気軽にご連絡ください!

⇓ ⇓ ⇓

平松智実法務事務所の建設業許可ページ

コメント

親は当然に子どもの代理ができる?~知的障害のある方の成年後見~

2019-05-20 15:45:36 | 成年後見

こんにちは。

許認可申請と福祉の専門家、平松智実法務事務所の平松智実です。

 

重度の知的障害のある方は自分で財産の管理をしたり契約をしたりすることが難しい場合が多々あるのではないでしょうか。そのような時に親や兄弟などの保護者が本人を代理して銀行から預金をおろしたり福祉サービスの契約をすることもあると思います。このような時に、知的障害のあるご本人が20歳未満であれば保護者の親権に服するので問題ありません。ただどんなに重度の障害であったとしても知的障害のあるご本人が20歳以上であれば親権が消滅するので理論上は保護者は知的障害のあるご本人の代理をすることはできないということになります。

 

預貯金の引き出しや契約については理論はともかくとして現実的には親や兄弟などが代理をすることでそれほど支障はないと思います。問題になるのは、相続の場合です。知的障害のあるご本人と保護者である親や兄弟が相続人になるときは代理をすることはできないので成年後見人が必要になります。このようなタイミングで成年後見の申し立てをするというケースがあります。

 

代理の問題に直面するか否かに限らず、成年後見制度を利用するタイミングはとても難しいのではないでしょうか。それぞれの家庭により事情が様々なので、これといった明確な基準がありません。個別の事情に即して判断をしなければなりません。特に知的障害のある方の場合は、成年後見制度を利用する期間が長いので、後見人選びは慎重にしなければならず、結果として時期が遅れるということも考えられます。

 

とりあえずは、問題がないということで成年後見制度の利用について保留をしているという方もいらっしゃると思いますが、少しずつ具体的な検討をしていくことをおすすめします。後見人が必要になるときが突然訪れる可能性も決してないとは言えません。

 

知的障害のある方の成年後見について検討されている方は、お気軽にご連絡ください。

⇓ ⇓ ⇓

平松智実法務事務所の知的障害のある方の成年後見のページ

コメント