『太郎塾の扉』

☆『本気』でするから勉強も人生も面白い‼
☆Let's Challenge!

自公で325議席ですか?

2012年12月17日 19時19分04秒 | 日記・エッセイ・コラム
<script language="javascript" src="/.shared-blogzine/decokiji/deco0912_snowing/deco.js"></script>
昨日、午後4時過ぎに選挙に行ってきました。
どの人にどこの政党に入れたかは内緒ですが、思った事は投票に来ている人が私と同じような歳、それ以上の人たちばかり・・・若い人たちを見かけなかった。残念
『政治に興味がない。』と言う人もいるけれど雇用の問題や年金制度改革は若い人たちにとっても他人ごとではないはずです。せっかく義務である税金も払っているのですから投票できる権利を行使して欲しいです。(明治22年大日本帝国憲法時は成年男子25歳以上、直接国税15円以上納めているものに限られていました。大正14年に男子普通選挙法が制定され満25歳以上の成年男子すべてに選挙権が与えられ、昭和20年になって初めて20歳以上の男女すべてに与えられるようになったのですから。) もったいない
今朝、新聞を開いて見ると『投票率59パーセント前後 戦後最低水準』の記事が・・・
これでは組織票を持っている政党が圧勝するのも当然のことですね。
与党となる自民・公明党にはこれだけの国民の支持があったのですから責任重大です。
派閥にとらわれず有能な人材を大臣に登用して、日本をより良い国になるように尽力していってもらいたいものです。
一番期待しているのは230議席から57議席に減った『民主党』です。この敗退により古い体質から抜け出せそうな気がします。小沢氏、前首相の鳩山氏もいなくなり若い力を結集して頑張ってもらいたい。勇気ある解散を決断した前野田首相にもこれまで以上に党内をまとめてもらいたいですね。
もう少し投票率が上がっていれば、『維新』の支持率も上がっていたのでは…と思うのですがねぇ。これからの『維新』の活躍に期待せずにはいられません。橋下氏が『坂本竜馬』や『源義経』になれる人物なのか興味があります。長くマスコミを通じて政治家を見てきましたが橋下氏ほど正直に真っすぐに取り組んでいる人は初めてです。実行力も凄い?
私には到底真似はできませんが、仕事を通じて少しでも社会の役に立てるように頑張っていきたいと思う。
スポーツ界(サッカーや野球、アイススケートに水泳…)では有能な若い人たちが次々に出てきています。そして勇気を持って世界に羽ばたいています。
でも政治の分野ではなかなか現れないのが現実です。
お金がかかるような選挙システムを根本から変えて有能な若い人や女性がもっとチャレンジしてほしいし、毎日の生活にも直結する『政治』に興味を持ってもらいたいですねぇ。
コメント

これから忙しくなるぞ?

2012年12月12日 22時23分37秒 | 日記・エッセイ・コラム
明日から個別懇談が始まる。中学3年生においては進路を決める大事な懇談です。
26年間、毎年受験生を指導し進路を決めてきているので大体の事はわかる。
内申点や模擬試験の結果から『まず大丈夫?』と言える子どももいれば『合否、どちらに転ぶか?分からんけど、これからメチャ頑張って受験するか?』と不安になる事も・・・
子ども達が行きたいと希望する高校に合格できるようこちらも全力投球をするのみです。
中学3年生と一緒に勉強するのも残り3カ月・・・寂しい気持ちが心の片隅にある。
本当にこの子ども達が大好きです。
でも太郎塾をステップにして、自分の夢や希望を叶え幸せになって欲しい。
心からそう思う。
私たちのでき得る限りの事をしてあげたいし、君たちの強力なサポーターであり続けたい。
23日から「冬期講習」が始まる。
この講習が最高の結果をもたらせてくれるよう頑張ります。
コメント

蟹を求めて・・・

2012年12月03日 12時36分50秒 | 日記・エッセイ・コラム

  樹々も葉を落とし冬の訪れを感じさせる頃、蟹を求めて日本海に毎年行きます。
今年も香住町の朝市に行ってきました。土曜、日曜日は観光バスも来て混雑が予想されるので月末の30日に行ってきました。
008_2  003
確かに混雑はしていないのですが、あまりの人の少なさに活気のなさに嫁と顔を見合わせ、『なんで???』
まぁ、せっかく3時間もかけて来たのですから蟹を見に店内に入ることに。
思っていた通り店内には私たち以外に1組だけ。閑散としている。
店の人の視線が掛け声が私たちに・・・。(声を掛けられると反射的に顔が逆に向く私、なぜ)
人が多すぎるのもなんですが、少なすぎるのはもっとひきますね。
         005
ブログに載せたいので『カニの顔を見せてくれる』とわたし。
         007
気持ち良く会話できたのでここで買うことに・・・
松葉蟹は高すぎるので水槽で生きている『せこがに』を2枚と値段の安い『ベニズワイ蟹』を買うことにしました。値札からいくら値引きしてくれるかが勝負?
これが意外と楽しくて得した気分になるものなんですね。
買い物も終わり車を走らせていると蟹を販売しているところが・・・
一応覗いてみようということになり店内へ。
         012
えぇー、こっちのほうが安いやん?
せっかく時間を掛けて値切ったのに・・・メッチャ頑張って値切ったのに・・・
こちらで買うべきだった。
いやもっと本気で値切ればよかった!
よくこんな事あるんですよね
コメント