『太郎塾の扉』

☆『本気』でするから勉強も人生も面白い‼
☆Let's Challenge!

6年生にお願いするも…トホホ

2014年03月25日 16時59分47秒 | 日記・エッセイ・コラム
6年生の人数は現在3人のみ。
質問も出るし、宿題もしっかりやってくる。
とてもやり易く、やっていてとても楽しいのです。
そこで、生徒たちにお願いをした・・・
            (頼むわ)
『誰かいい友達がいたら、太郎塾を紹介してなぁ』と私。
「今の人数がええわ、メッチャ分かりやすいし」とNくん。
『いやいや、人数が多い方が活気があるし、英語の本読みも楽しいと思うわ』と私。
「でも今のままでもエエよ。質問もし易いし楽しいし」とOくん。
            (ゲェ~)
『それは分かるけど…や。先生とすれば(生活のため)もう少し欲しいなぁ
中学1年生なんやから・・・』
「5人ぐらいやったらええで。」とHくん。
「そうやなぁ~。多くても5,6人がええなぁ~」と3人。
            (もうちょっと何とか…)
『人数が増えても、大丈夫やで? 君たちの為に燃えに燃えるから・・・』
「意味分からんわ~? でも5,6人で人数の少ない方がええわ」と3人。
            (そやなぁ~愉しんでやれたら、それでええわ
コメント

お、お、おめでとう?

2014年03月19日 16時06分16秒 | 日記・エッセイ・コラム
   10時過ぎ外の掃除をしていた時、東校を受験したO君が来塾。
『どうやった
「大丈夫!合格してたで
『良かったなぁ~。緊張したやろ?』
「もし、だめだったら親が悲しむ思うて一人で発表を見て来た…」
なんと優しいねん
『まぁ教室へはいってジュースとお菓子を食べよう
そのあと北高校を受験したS君が合格の報告に…
『やったなぁ、ほんまによう頑張ったわ。2月3月の追い込みは凄まじかったわ』
                
『競争率が高かった、I君と、Y君が心配やわ
実力はあるんやけど、内申点がもうひとつやったからなぁ
昨日はさすがに寝つきが悪かったわぁ~』
               
「先生、太郎塾でライン作っているから聞いてみるわ・・・」
『エッ、電話を待っていなくてもええのかい
ラインというのは使い方によっては便利なものやねェ…
聞いてみて?』
~~~~~~「全員合格したぜ、先生」~~~~~~
ホンマかいなぁ   みんなよう頑張ったわ
その後、I君、Y君、遅れてO君が報告に急いで来てみんなで大雑談会
きょうは、ジュースとお菓子は食べ放題や
昼からは学校に報告に行くので、ゆっくりは出来ないけれど
試験内容の事、発表を待っているときの心境、高校生活のこと・・・
色々と話してくれました
               
最高の一日です!!
みんなのこの笑顔が見たかった?
辛く不安な受験勉強を経験して、迎える『今年の春』を全身で感じてください。







コメント

何をやってても、落ち着かんなぁ…

2014年03月18日 21時12分11秒 | 日記・エッセイ・コラム
明日、高校の合格発表がある。
3/12(WED)に入試も終わり、およそ2カ月ぶりの自由な日曜日。
嫁が気を使ってくれたのか、『ドライブにでも行かない?』と誘ってくれた。
毎日曜日、朝からポツンと椅子に座り、ボケーとしている私を見かねたのだろう…
                    ・・・
もうシーズンも終わりに近いということで、牡蠣を食べに赤穂の『しおさい市場』まで行ってきました。駐車場もいっぱいで路上にも所狭しと車が止まっている。
さすがにスーパーで買ってきて食べるむき身の牡蠣と違って、大きくて美味で…
茶碗蒸しに土手鍋、酢の物にフライ、焼き牡蠣・・・牡蠣づくし…
もう暫らくは牡蠣はいいかな…
食べ終わり海を見ながら歩いていると、野外でバーべキュウ風に牡蠣を食べておられる家族がいらっしゃった。
ジロジロと私を見ている。
私は何か気に障るような事をしたのか???
サングラスもしているし、知り合いでもないようだし・・・
『先生や? 太郎塾の先生ですねぇ』とお父さん。
卒業生のご家族で、二人のお子さんを世話させていただきました。
お姉ちゃんも弟のY君も立派になり、家族で海を見ながら
食事しているのを見て嬉しかったです。
『よくわかりましたねぇ…』としばらく会話を楽しむ。
                   
後で、嫁に『8年前に塾に来ていたH君の家族に出会ったわ。
サンガラスもして歩いていただけやのによく分かったもんやなぁ』
と言うと、
『あんたは、よう分かるわ・・・雰囲気で』と嫁。
       いったいどんな意味で
ドライブして…旨いもの食べて…懐かしい人に会えて…
でも、結果が出て喜んだ顔を見るまではやっぱり落ち着かんなぁ~
 
1年通して毎月、鹿島さんでお願いしたものなぁ   
        頼むで お願いや
コメント

愉しんで来てください? 明日の入試・・・

2014年03月11日 20時34分31秒 | 日記・エッセイ・コラム

 
 
                 
明日の入試に向かって、不安と闘いながら今も勉強してる。
50分間のテストで、今の実力が答案用紙にかければそれでいい。
解らない問題があれば、勇気をもって捨てる。
出来る問題は確実に答えよう。
もし出来ない教科があっても、後のテストに引きずらないように。
さぁ、明日もきっと快晴だよ。
思いっきり愉しんで、自分を試してきなさい
                
14日は食事会
弾ける笑顔で飯を食べよう
コメント

平凡な毎日に感謝です。

2014年03月11日 16時45分11秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日で東日本大震災から3年。
肉親を亡くされた人たちや自分の家に戻れない人たちが、必死に頑張っておられる。
                
テレビを見ていて分かるように瓦礫の処理や除染作業も終わっていない。
戻りたくても戻れない人が風雪の厳しい土地で仮設住宅に住まわれている。
『無念でしょう…、悲しいでしょうね…、頑張って…』って言っても他人ごと。
3年間も涙をこらえ、前を向き、頑張ってこられたのです。
                
もしこの世に神様が居られるなら、言いたい?
『もういいでしょう?これだけ頑張ってこられたのですから、
もう普通の暮らしに戻してあげて?』
                
科学の進歩で暮らしは確かに豊かになりましたが、生き物に害を及ぼすようなものは無くした方がいいと思うのです
原発がなくなれば経済活動に及ぼす影響が大きいとか、家計の負担が大変になるとか等々言われますが・・・あまりにその代償が大きすぎる
(核の廃棄物はどうする、汚染された瓦礫はどこに、増え続ける汚染水は結局海に流すのですか?)
                
原子力や火力に変わる安定した電力を供給できると思うのです。
能力のある科学者や技術者たちが、風力、波力、地熱発電などを利用して効率良く発電する仕組みを考えてくれると思うのです。(原子力発電も考えたのですから)
                
福島のある人が言っていました。
『電力の大消費地である東京に原子力発電所をもっていってほしい?』
阿部首相や与党の皆さんがそんなに安全だと言われるなら自分の住んでいる東京に持っていってほしいよねぇ、その気持ちわかります。
復興復旧に直接何も出来ないですが、1日でも早く東北地方が
元気になるように祈っています。
コメント

さぁ、来いやい?入試?

2014年03月08日 11時28分51秒 | 日記・エッセイ・コラム
中学校では10日に卒業式があって、翌々日12日が入試。
昨日最後の授業が終わりました。
不安や焦りでいっぱいの受験生にしてあげられる事というと、家で勉強していて落ち着かない子どものために教室を開放しておくことだけ。
土曜日、日曜日、月曜日(卒業式)、火曜日(入試前日)最後までサポートします
                       
卒業式・・・別れは寂しく悲しいもの。思いっきり泣いてください
でも終われば、いつも通り自分のペースで続けましょう、入試前日まで
                     FIGHT
もうすぐそこまで、『』がやってきています。
怖がらないで、不安がらないで・・・この日のために頑張ってきたんだ
                  自信を持っていこうぜ
あまり力まないで、自然体で・・・
 『さぁ、来いやい入試』の気持ちで
50分間という時間内で自分の持てる実力を見せればいいのです。
解らない問題や時間がかかりそうな問題は勇気をもって捨てちゃえ
5~6個やらなくても80点以上は得点できるのだから
                       
この入試が終わると、今までと違った特別が『』が待っている
そして一回り大きくなった、ちょっと逞しくなった君たちがいる
この入試に頭からぶつかり、楽しもう
コメント

懐かしいねぇ…

2014年03月05日 18時26分53秒 | 日記・エッセイ・コラム
先日、今年高校を卒業した子ども達と食事に出かけました。
3年ぶりに会う子どももいて、懐かしく嬉しかったです。
これからの夢や希望、バイトの話から彼女の話、運転免許教習場の事etc
先生と生徒の関係を離れ、友達同士としてワイワイガヤガヤ・・・
素直に”若いって良いなぁ・・・”と感じましたねぇ。
          
ふと、自分が18歳の頃を思い出して・・・
京都の下宿(三畳一間)で吉田拓郎やかぐや姫の歌を聴きながら眠ったこと。
キャンディーズに夢中になっていたこと。
鴨川沿いに楽しく語らうカップルを見て、友人とヤケ食いしたこと。
門限に間に合わず、2階の窓から侵入したこと・・・
あぁ~、懐かしいなぁ・・・
もう、過ぎ去った時は戻れへん。
          
人生色んな事があるけど、今このときを一生懸命に生きて、後であの時はほんま楽しかったなぁ~と言えるように頑張らなアカンなぁ。
コメント