空をみるひと

そらをみながら あるいていこう なんでもない ひとであろう …日々や旅、街や自然、季節や未来をみつめるBLOGです

小春日和には、外へ出よう! ~ SFC「支部」活動日誌

2009-11-15 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
 
 
剣道の日曜朝稽古を終え

お昼を食べて

家に戻って

洗濯・掃除

---

ベランダで稽古着を干していると

携帯がなった


お茶の先輩からのメールに曰く…


***

今日は外歩きにふさわしい日ですね

***

---

そうなのだ。

本当にいい天気!

---

立冬になったから、小春日和、というんだろうか。

半そでTシャツで十分。

肌がジリジリするくらいの日差し。


洗濯にも最高の日だけれど。

それよりも、部屋を出て、外を歩こうじゃないか。

---

午後の予定は変更。

物干しを急いで済ませたら、もう1度まわした洗濯機の仕上がり時間まで15分ある。

15分でも散歩は出来る。

こんな日に外歩きしない手はないんだ。

なんだか夏の北欧人のような気分。

アイスクリームでも食べようかな。

---

おもちゃ箱からフリスビーを出して、Tシャツに薄手のシャツを引っ掛けて、サンダルを履いて。

外へ出る。

向かうは「フリスビー部の支部」、即ち、家から最寄の小さな公園だ。

---

○○西公園には、10人弱ほどのひとが。

ベンチで話し込むご老人方。

親子連れがサッカーの練習。

自転車と鉄棒で遊ぶ子供たち。

---

鉄棒で遊んでいるのは、同じ道場に通う姉妹じゃないか。

挨拶を交わして、僕も合流。

そして、子どもの頃遊んだ鉄棒の「技」を披露。

リトル・ガールズのハートを鷲掴み。

そしたら、さりげなくソーシャル・フリスビーに持ち込む。

---

「それ、なあに?」

「フリスビーだよ」

「ふりすびぃ?」

「こうやって投げて遊ぶんだよ」

「すごーい!」

「じゃあ、やってみようか?」

「うん!!」

ってな具合に。

---

相手の胸元に投げたり、空中のフリスビーを取ったり、ってのは小2と幼稚園年中の女の子たちには難しいようだから。

「ディスク・ゴルフ」をすることにしようかな?

と考えていたら、もう15分が過ぎていた。

「ボク、洗濯物を干しに戻らなきゃ…」

「いいよ。じゃあ、干し終わったら、戻ってきてね。」

いやあ、MMK(モテてモテて困る)。

---

急いで干して、公園に戻る。

フリスビーをもう2枚、柔らかい素材の屋内用フリスビーと、布で出来たフリスビーを持って。

---

「じゃあ、公園の向こうのはじの、滑り台の赤い柱に、このフリスビーをぶつけよう…ここから何度も投げながら近づいて行って、何回目でゴールに当てられるか、回数の少ない方が勝ち…っていうゲーム。」

「面白そう…ゴルフみたーい!」

「そう、だからフリスビー・ゴルフだね」

「フリスビーでゴルフ!」

「よし、じゃあ、まずは7回でゴールするのを目標に、思いっきり遠くにフリスビー投げてみよっか?」

「ウン!」

---

なんていいながら、姉妹と遊んでいたら、一番上のお姉ちゃんが迎えにきた。

そんなこんなで小1時間。

---

ありがとう。

Sちゃん・Hちゃん・Kちゃん。

そして、お茶のO先輩。

ありがとうございました。


おかげさまで、楽しい日になりました。


あんまり気分がいいんで、その後、掃除も捗ることはかどること。






追記:「ソーシャル・フリスビー部」では、随時部員募集中です。

画像:参考。wwwより。

関連記事:

【カテゴリ】ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!

「ソーシャル・フリスビー部」とは?
「ソーシャル・フリスビー部」憲章(草案)
フリスビー五則
「結婚とはフリスビーである」 ~部員への祝辞
「ひとりソーシャル・フリスビー」? ~最寄の公園へ行ってみよう!
小春日和には、外へ出よう! ~ SFC「支部」活動日誌

「ひとりソーシャル・フリスビー」? ~最寄の公園へ行ってみよう!

2006-06-05 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
 
 

(さてさて。長い雨の日々の合間、東京に久しぶりの晴れ間。晴れた日に載せようと思っていたお話を、入梅前に…)


---

 
新入部員の皆さん、こんにちは。

ようこそ、「ソーシャル・フリスビー部」(略称:SFC)へ。

---

さて。

「ソーシャル・フリスビー」って、何だろう???

それは、他のページを読んで頂くとして。

今日は、活動の第一歩として、「支部」について、ここに書いてみることにします。

---

ソーシャル・フリスビー部の活動は、
フリスビー自体を楽しむことも、
部員が集まって、皆で楽しく遊ぶのももちろんなのですが。

一人ひとりの活動こそが、実は、基礎であり、本質かもしれま
せん。

どこでも。
誰とでも。

今、自分の暮らす場所で、自分の出来ることを、ということ…。

---

そのために「支部」というものがあります。

「支部」とは、部員の自宅から、最寄の公園のことです。

---

まずは。

「自宅から最寄の公園」、すなわち、あなたの「支部」に、フリスビーを持って出かけてみて下さい。

ひとりでだって、いいんです。

---

“最寄の公園?近くにあったっけ?”という方は。

それを探すことが、SFC活動の第一歩ですね。

何も、広くて立派な公園でなくてもいいんです。
小さなちいさな公園でも、なにより、自宅から一番近いところ。
おめかしなどせず、すぐにパッと行けるところ。
度々通えるところ。

---

とにかく。

自分の「支部」に、通ってみてください。

それは、どんなところ?
キレイ?ゴミだらけ?
木々は?水は?土は?
人は集まっている?
おしゃべり声が聞こえる?
猫や鳥や虫は?

支部=最寄の公園=それが、即ち、今、僕らが住む場所なんです。

---

「フリスビーは、平和のためのソーシャル・ツールである。」

読み替えると、“フリスビーで平和を”。

ならば。

まずは、自分ひとりでも。
まずは、いま・ここ、から。

身近な場所を、楽しく、美しく。

それが...ソーシャル・フリスビー。

---

自分の住む場所に関わっていこう!

自分の暮らしからはじめよう!

日日是フリスビーなり!

---

で。

「支部で」、何をする?

なんでも。

誰かとフリスビーするもよし。
行き会う人と挨拶するもよし。
駆け回るもよし。
お茶を飲むもよし。
花を眺めるもよし。
雲を眺めるもよし。
昼寝をするもよし。
ゴミ拾いをするのもよし。

どうぞお好きに…。


SFCは、自由に楽しくがモットー。
なんだかんだは、後回しにして、
まずは、楽しく、気ままに参りましょうか!?
空に浮かぶ、まん丸なフリスビーみたいに…。


---

ちょっとばかり、長くなりました。

それでは。

部員各位のご活躍を祈ります。





***
ソーシャル・フリスビー部
Social Flyingdisc Club (SFC)
事務局
ファウンダー・世話人
kuu
sora_wo_miru_hito@yahoo.co.jp
***



画像: フリスビーに興じる家族。GWに、家の近くの公園で。

「結婚とはフリスビーである」 ~部員への祝辞

2004-12-02 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
***


…S君、Kさん、ご結婚おめでとう。

また、ご両家の皆様・ご臨席の皆様、本日は誠におめでとうございます。

申し遅れましたが、私はkuuと申します。

新郎:S君とは「フリスビー部」の仲間として、日頃より親しくさせて頂いております。
S君は、素晴らしいフリスビー・プレイヤーでいらして、そのお人柄を表わしたジェントルなフリスビーぶりで、“我らが部のエース”としてご活躍です。
また最近では、新郎新婦ご両名とも、仲良くお付き合いをさせて頂いております。

僭越ながら、晴れてご結婚なさったお二人に、一言ご挨拶申し上げます。

*

さて、「結婚」とは、何でしょうか?


「 結 婚 と は 、 即 ち “ フ リ ス ビー ” で あ る 」


…若輩にて恐縮ながら、私は最近そんな風に考えています。

フリスビーというのは、皆さまご存知の通り、公園などで、まあるい円盤を投げ合って遊ぶモノです。

あの丸い円盤こそ、「結婚」のようなモノなのではないでしょうか…?

*

第一に。

「フリスビー」という名のあの円盤、置いておくだけでは、ただのお盆のような代物です。
それを手にとり、投げては受け取って、初めて、フリスビーという名の円盤が、フリスビーという楽しい遊びになるのです。
また、上手に投げるには、コツも要ります。

「結婚」もまた、しかり。
お二人は、今日、盛大な祝福の仲に結婚式を挙げられましたが、「結婚した」と言って放っておいてしまっては、「結婚」はそれ以上のものにはなりません。
楽しい結婚生活には、「コツ」もあるでしょう。

…「結婚」とは、これからもずっと続く、毎日の生活・行動の積み重ねです。
「結婚」を楽しみ続けて、今日のこの幸せを、より大きく豊かにしていって下さい。
「コツ」を覚えて、“結婚の達人”になって下さい。

*

第二に。

フリスビーは、ひとりでは遊べません。

ひとりで投げても、受け取ってくれる人がいなければつまらないものです。
相手がいればこそ、投げれば帰ってくる訳ですし、
こんな風に投げてあげよう、相手はどんな風にしてくるかな?…と楽しみが膨らむのです。

また、相手がいる以上、自分だけが楽しいのでは、真に楽しいフリスビーとは言えません。

“自分の喜びと相手の喜びを重ねていくこと”

これはまた、フリスビーにも、「結婚」ということにも、当てはまると思います。

…自分らしく、相手らしく、そして二人らしく、共に楽しんで下さい。

*

第三に。

フリスビーは遊びです。
遊びには、遊び心が大切です。

意表をつくような投げ方・受け取り方など、
自由でのびのびとしたアイディア、ちょっとした創意・工夫が、フリスビーを楽しくします。
そこには、一緒に楽しむ仲間への“思いやり”が根底にあることは言うまでもありません。

「結婚」は遊びではないかもしれませんが。
しかしながら、「遊び心」、ユーモア・創意工夫、あるいは「笑い」というものは、「結婚」という長い道のりの、味なスパイス、あるいは大切なエッセンスにもなるのではないでしょうか?

…お二人にも、のびのびと楽しく、笑顔に満ちた関係・暮らしを築いて頂きたいものです。

*

第四に。

結婚生活には、晴れの日もあれば、雨の日もあるでしょう。

お二人のお天気が雨降りの時には、是非、フリスビー部での活動を思い出して下さい。

我らがフリスビー部では、

“相手が投げたフリスビーは、何がなんでも受けとめる”

という暗黙のルールがあります。
とんでもない方向へ飛んでいこうが、地面に落ちて転がろうが、全力で追いかけて必ずキャッチします。

…「結婚」においても、相手の投げた言葉・仕草・サインを決して見逃さず、無視せず、気付かない振りなどせずに、真っ直ぐに受け止めて下さい。

…そしてまた、自分も相手に向かって、いつも真っ直ぐに向き合い、真っ直ぐに投げかけて下さい。

“自分の胸から相手の胸へ”…これはフリスビーの基本でもあります。

*

最後に。

いつも、いつでも、いつまでも、お互いの名前を呼び合って下さい。

この広い世界で出会えた不思議を、嬉しい偶然を、奇跡のような必然を、どうか大切にして下さい。

…お互いの隣にいる、かけがえのない人生のパートナーのことを、いつも、いつでも、いつまでも、求め続けて下さい。

*

大変長くなり、失礼申し上げました。

最後に、フリスビー部より、今日のよき日の記念の品を新郎新婦お二人にお渡しして、お祝いのご挨拶に代えさせて頂きたいと存じます。

では…

(おもむろにフリスビーを取り出し、投げる!)

(広い会場、臨席者一同の頭の上を、フリスビーが飛んでいく)

(ウェディング・ケーキの先端の新郎新婦人形をギリギリかすめて、輝くフリスビーは急カーブ、高砂へ。)

(新郎・新婦、一緒に、フリスビーをガッチリとキャッチ。)

(フリスビーには、部員からのお祝いメッセージが…。)


お二人の「結婚」が、このフリスビーのように、まん丸で、楽しく、お二人にも世界にも、幸せと平和を運ぶものとなりますように、心からお祈り申し上げます。

ご静聴、ありがとうございました。

S君、Kさん、ご結婚、本当におめでとう!!!


***







朝陽がまぶしい。
ベッドの上。

…夢か。

そう、ウェディング・パーティーを楽しみにしてたのだ。
今週末。
屋形船。

スピーチ?

…頼まれてない(笑)。


「お祝いフリスビー」は贈ったんだ。
メッセージと宛名をシールで貼り付けて、定形外郵便で送れるのだ。240円也。
ノー包装。でもお祝い風に。


そんなこんなの夢のお話。

週末が楽しみなのだ。


---


参考:「フリスビー五則」

---

追記:

行ってきました、ウェディング・パーティー。
二人、いい笑顔してた!
和やかで楽しかった!
初・屋形船!
たまたま、スピーチすることに。
もちろん、ここに書いたような長話はしなかったけど…。

おめでとう&ピース アゲイン、 to S&K !!!








人気blogランキング

フリスビー五則

2004-11-06 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
ソーシャル・フリスビー部、世話人:kuuです。

11月の空は高く澄んで、気持ちがいいな。
土曜の朝は曇っているけど、今週末も天気はまずまずみたいだし、
近くの公園へ、フリスビーをもって出かけません?
お弁当やお茶も一緒に。

---

今日は、わがフリスビー部の数少ない決まりごとについて書きます。

***

「ソーシャル・フリスビー五則」

一 自分の胸から相手の胸へ。
ニ 優しく、楽しく、のびのびと。
三 互いの名前を呼び合おう。
四 何があっても受け止めよう。
五 フリスビーは平和のためのソーシャル・ツール。

以上、部員一同、必ず実践のこと。

ピース!

***

---

フリスビーも日々の暮らしも同じことだなあ。
誰かを求め、誰かに応え、真っ直ぐに、楽しく、生きていきたいもの。

みんなのココロが、フリスビーのようにまん丸になるように…。


(Come on and join us!!! ソーシャル・フリスビー部は随時部員募集中です。)

「ソーシャル・フリスビー部」憲章(草案)

2004-10-03 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
ソーシャル・フリスビー部憲章 (草案)

第一条 (主旨・目的)
ソーシャル・フリスビー部(略称:フリスビー部、SFC:Social Flyingdisc Club)は、「フリスビーは平和の為のソーシャル・ツールである」との認識に立ち、フリスビーを楽しみ、フリスビーを通じたヒトとヒト(またはヒトとイヌなど)・ヒトと自然のコミュニケーション増進を図り、フリスビーによる生活環境向上と世界平和を実現することを目的とする団体である。

第二条 (性質・自由の原則)
ソーシャル・フリスビー部は、非営利団体であり、また部員の自由な連帯からなる団体である。
部員ひとりひとりの自発的な活動と、各人の緩やかなつながりを通じて、上記の目的を達成するものとする。
一切の強制を無効とし、自由・友愛・調和に基づく運営を行うものとする。

第三条 (活動場所・支部・本部)
ソーシャル・フリスビー部の活動場所について、部員ひとりに付き一つの支部を定めることとする。
支部の所在地は、部員の住居の最寄の公園とし、部員はその名称・住所を届け出るものとする。
部員は支部の環境整備とフリスビーを通じた平和実現に努め、シンク・グローバリー、アクト・ローカリーを、各支部において実践するものとする。
部員による合議によって、便宜的に本部を設置し、活動の拠点とする。

第四条 (活動内容)

当団体におけるソーシャル・フリスビー活動とは、「フリスビーの本質は、一瞬ごとのココロのコミュニケーションである」との認識に立った、全ての活動をさす。

具体的な活動内容は、およそ次の通り:
フリスビー。遊び方は自由とする。
フリスビーを持って公園や自然の中にでること。
フリスビーを通じて、身体を動かすこと。
フリスビーを通じて、会話を楽しむこと。
フリスビーを通じて、出会いを楽しむこと。
フリスビーの研究。
フリスビーの開発。
フリスビーの合間のコーヒーなど。
フリスビー後のビールなど。
フリスビー部員の育成。
フリスビー会場(支部など)の美化。
フリスビー会場(支部など)近隣者との親睦。
フリスビー部員と家族友人などまわりの人との関係改善。
フリスビーを持ち歩くこと。
「ソーシャル・フリスビー」活動と「ピースフルネス」の普及。

第五条 (参加・入部・退部)

参加自由。
入部自由。(メールにて: sora_wo_miru_hitoアットマークyahoo.co.jp まで)
退部自由。



---

…なんて、小難しいことは抜きにして。
可愛い円盤を、ふんわり投げて、ガッチリ取って、“のんびり”のやり取りをしながら、楽しく過ごすのだ。

C'mon and join our Social Flying-Disc Club!!!

「ソーシャル・フリスビー部」とは?

2004-08-04 | ソーシャル・フリスビー部 …部員募集中!
昔からフリスビーが好きな僕は、ついに「ソシャル・フリスビー部」なるものを立ち上げました。

フリスビーは、皆さん、知ってるよね?
そう、あのプラスティックなんかで出来た円盤。
あれを投げたりとったりして遊ぶ、アレ。

で、「ソーシャル」って?「部」って?
コレにはね、いろいろ理由があって。

---

「フリスビーは平和のためのソーシャル・ツールである。」

これは、フリースタイル・フリスビー世界選手権10連覇を成し遂げた、
フリスビー・チャンピオンの言葉。
(ユーモアあふれる彼は、環境保護企業パタゴニア社本社の受付係でもある。)

僕はこれに激しく同意しているんです。

---

以前、大好きな女の子と、公園にデートに行った。
ふたりは、これから付き合おうかどうしようか、微妙なところだった。
僕は、フリスビーを持っていった。
彼女が作ったお弁当を食べ、おしゃべりをして、昼寝をして、そしてフリスビーをした。
春先の平日。
広々として静かな砧公園。
気温はまだ低かった。
空はよく晴れていて、フリスビーが陽光にまぶしかった。
彼女はよく笑った。

僕は自分の胸元に引き寄せたフリスビーを、彼女の胸めがけて投げた。

「届け!!」ってね。

クルクル回って浮き上がりながら彼女の手にまっすぐ吸い込まれるフリスビーのように、
僕の想いが彼女に届くといいな、彼女が受け取ってくれるといいな、って。
また、彼女の投げるフリスビーをキャッチしたい、って思ったんだ。

…これはセンチな恋の話か。

---

あるところに遊びに行った。
自然な農業や、藁でセルフビルドの家作りをするワークショップ
で、主催の一人がこういった。

「いや、ワークショップの内容なんて、どうでもいいの! ここは、要するに“出会い系サイト”なの!」

まったくその通り。
なにかを通じて、ヒトとヒトが触れること。それが大事。

フリスビーもまったくソレ。
ヒトとヒトが触れあうため、コミュニケートするための、ステキな社交の道具。

---

ソーシャル・クラブやソーシャル・ダンスあるように、
「ソーシャル・フリスビー」があってもいいよね?

だから、「ソーシャル・フリスビー部」。


...Shall we?!


---

…フリスビー部では、随時、部員を募集しています。お問い合わせはお気軽に…