そのままガーデン

雑草を生かしてガーデニングしたい。
時間をかけずに庭を楽しみたい。自然そのままの庭の記録です。

9月は。

2016-09-30 21:52:09 | そのままガーデン

9月30日 季語 秋茄子(あきなす)

 

9月最後の一日、いかがお過ごしでしたか。

今月もそのままガーデンに遊びに来ていただきありがとうございました。

 

今日は近所の方にトマトをたくさんいただいたので

トマトソースを作りました。

テレビで見たとうりにやってみました。

オリーブオイルをたくさん入れることと

種も皮も一緒に作ることが大切。

最後にパルメザンチーズを入れるとコクが出る。

 

生パスタとワインも買ってきました。

出来上がりは。。。そんなでも。。。

トマトの種類によるのかもしれません。

ということで、仕上がりの写真はありません。

 

今年はドングリがあまりならないと新聞にありました。

そのままガーデンのコナラにもドングリが少ないです。

 

白いホトトギスが咲いています。

紫より白が好きです。

 

羽がゆらりゆらり、風に吹かれていました。

飛ばされそうで飛ばされない。

 

久しぶりにカエル君を見ました。

 

 

 

 

 

コメント

赤い実、黒い実

2016-09-29 18:21:10 | そのままガーデン

9月29日季語 間引菜(まびきな)

≪秋分≫次候 蟄虫戸(むしかくれてとをふさぐ)


いつの間にか金木犀が咲いていました。

庭にある金木犀はとても大きいです。


どーんと立っていて電線に届きそうです。

選定しないといけないですね。


南天の葉が白くなったと驚いたら

後ろに蛾が止まっていました。


山椒は赤と黒。

つややかな緑との対比でクリスマスの飾りのようです。


ヤブランの実は濃い緑になりました。

コメント

ピンクの夕焼け&お稲荷さん

2016-09-28 15:57:25 | そのままガーデン

9月28日季語 鳥兜(とりかぶと)

 

昨日の夕焼け。

 

空が群青色に染まる写真を撮るつもりが

電池がなくなってしまいました。

 

イモカタバミはピンク色。

 

カブトムシを採ろうと仕掛けたゼリーは空っぽに。

夏はずいぶんと前だったような気がします。

 

ニンジンの葉のような植物が勢いを増しています。

オルレアです。

春になると真っ白な花を見せてくれるでしょう。

 

 

昨日、ボーリングの後のお昼はお稲荷さんを食べました。

お友だちのご主人が煮たこだわりの味の油揚げ。

酢飯は塩と酢、ゴマだけ。お砂糖は使わないそうです。

甘味がほどよい油揚げとさっぱりの酢飯が美味でした。

お土産にいただいたので、お夕飯に。

仲良し夫婦の幸せも分けてもらいました

 

 

 

 

 

コメント

山茶花の実&赤い靴

2016-09-27 18:16:07 | そのままガーデン

9月27日季語 秋薔薇(あきばら)

 

山茶花の実が赤くなりました。

 

ニジュウヤホシテントウムシはイヌホウズキの葉を食べています。

テントウムシは茄子科の植物が好きだそうです。

 

こちらの葉はまだ食べられていません。

 

スズメウリの実の音符🎶

五線譜にすると、どんなメロディーになるでしょう。

 

初めて赤い靴を履きました。

紐を締めて足元を見ると元気が出ました。

ボーリング用の23センチの赤い靴です。

6回で1000円のリーズナブルな価格に魅かれて

ボーリング教室に行ってきました。

 

若いころ、やったけど習ったことはありません。

ボーリングの歴史、ルール、投げ方も指導してもらいました。

基礎って大切です。

構えのポーズは上手そうになりました。←自己満足かも

ガーター連発で今日のスコアは68。

コーチが6回終了時には全員100が出るように指導しますと。

どうなることやら。

 

 

コメント

絡まって

2016-09-26 15:04:16 | そのままガーデン

9月26日季語 梨(なし)

 

青空が雲の間に少しだけ見えました。

 

風に揺れるミズヒキに絡まって咲くのは、

何の花?

名前が分からない。

 

 

お茶の花が咲きました。

 

ユウゲショウがひっそりと。

花言葉は、臆病。

 

ホトトギスにすっぽりと入るミツバチ。

 

ヤマノイモの葉が黄色になりました。

零余子もなっています。

 

ノボロウギクは風に頼んで種を飛ばしてもらいます。。

どうか遠くまで飛んで新しい土地で花を咲かせてくれますように。

 

コメント

晴れた日

2016-09-25 20:36:23 | そのままガーデン

9月25日季語 木犀(もくせい)

 

久しぶりの晴れの日。

家で洗濯してお掃除して庭を歩きたかった。

でも今日は用事があり朝早く出かけました。

 

6時45分、光が見えました。

無人駅で電車に乗りました。

 

キバナコスモスを後ろから撮り出発です。

 

ユキノシタの花は小さく白い。

種になると剣のような形で黒になります。

 

 

コメント

虫は先端が好き?

2016-09-24 19:06:00 | そのままガーデン

9月24日季語 芋(いも)

 

いっとき空が明るくなり晴れると期待しましたが

今日も青空は見られませんでした。

雨が降らないときに庭で見つけた虫たちです。

 

ヤマトシジミ。

ピントが合わずに焦ってシャッターを押しました。

じっとして待ってくれました。

 

カメムシが枝の先端で揺れていました。

 

南天の先に蜂が。

動かないので指で触れると、ちょっとだけ動きました。

眠いのかな。

 

寝てるようです。

動きません。

 

ヤマボウシの赤が緑の中で際立ちます。

 

今日もご訪問ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

コメント

産まれた

2016-09-23 21:31:41 | そのままガーデン

9月23日季語 コスモス

≪秋分≫初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

 

空を目指すコスモス。

 

白いコスモスも清楚でいいですね。

 

まだ咲かない曼珠沙華、両手をあげているようです。

 

ハマトラノオには小さな蜂が止まっていました。

 

新しい命が産れました。

メダカの赤ちゃん。

上のほうに泳いでいるの分かりますか?

コメント

手作り椅子&柔軟性があって自由な生き物

2016-09-22 16:48:21 | そのままガーデン

9月22日季語 思草(おもいぐさ)

 

納品は来月9日です。

組み立て後、外して再度やすりをかけます。

 

座面は青、がご希望でした。

 

ニスを塗るとこれより濃い色に、

やすりをかけて曲線は滑らかになります。

 

 

雨の休日、作業は続きます。

 

 

「人と道路と雑草」シンポジウム 

私が毎日眺めて楽しんでいる雑草は、他の植物を追い払ってしまうものかもしれない。

山林に墓があり、草刈りに労力がかかる。

愛おしくもあり、厄介な存在でもある雑草。

専門家の話を聞くことで解決の糸口が見つかるのでは、と参加しました。

道路の利用者、地域の生活者、道路管理者の立場からのお話を聞くことができました。

生活者のために運搬を担うドライバーが雑草で困ること。

雑草の繁茂を食い止めるための調査を続けている研究者。

少なくなる予算の中で、道路を安全に保っている管理者。

普段は忘れていますが、多くの方の努力で道路が安全に保たれているのでした。

 

 

家の柿の葉、実を掃除しなくてはと反省。

近所の方に迷惑にならないよう掃除します。

去年は狸が来て柿を食べてくれました。

 

シンポジウムで私の心を一番動かしたのは

雑草は柔軟性があって自由

京都大学名誉教授の伊藤操子さんの言葉でした。

 

この植物も雑草です。

柔軟に姿を変えて自由に、

この庭に適応して咲いてくれました。

 

 

 

 

 

コメント

シャワーの後は

2016-09-21 19:24:13 | そのままガーデン

9月21日季語 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

 

ヤマノイモの雄花のシャワーの後は

むかごのつながりになりました。

小さな黒い粒も大きくなるのかな。

 

雨に濡れて震えているような若い葉。

 

スモークツリーに白いハート印は、蛾ですね。

 

昨日咲いてたツユクサが種になったのでしょうか?

 

今日は雑草の話を聞きに行きました。

雑草でガーデニングしているけれど、拡散させてはいけない種類があるのでは。。。

と不安になったからです。

明日、詳しく書きますね。

 

コメント