社会保険労務士酒井嘉孝ブログ

東京都武蔵野市で社労士事務所を開業している酒井嘉孝のブログです。
(ブログの内容は書かれた時点のものとご理解ください)

令和2年4月より雇用保険適用事業所にお勤めの65歳以上の方に雇用保険料の徴収が開始となります

2019年11月05日 11時01分36秒 | 社会保険・労働保険
特定社会保険労務士の酒井嘉孝です。

少し先の話になりますが、令和2年(2020年)4月1日より雇用保険適用事業所にお勤めの65歳以上の方に雇用保険料の徴収が開始となります。
ほとんどの会社で労働者を雇用している会社は雇用保険適用事業所なのでこれまで雇用保険料が免除だった65歳以上の方にも雇用保険がかかるようになります。
労働者側から見ると給料から雇用保険料が天引きされるようになるということです。

平成29年(2017年)1月1日より65歳以上の方にも雇用保険が適用対象となりました。
これには猶予措置があって、平成31年度(令和元年度つまり令和2年3月31日)までは保険料の徴収は免除となっていました。
この免除猶予期間が切れるため、徴収が開始となるものです。
厚生労働省「雇用保険の適用拡大等について」保険料徴収についてはQ3参照

従いまして、会社の人員構成や支払っている給与が変わっていなくても、65歳以上の方がいれば令和2年6月から7月にかけて都道府県労働局へ提出する労働保険年度更新の概算保険料が上がることとなります。
労働者の側から見れば令和2年4月から雇用保険料分手取りが減ることになります。

会社の側からいまから準備することはそう多くはないと思いますが、お勤めの方に「急に給料が減った!」といわれることのないように3月までには準備はしておきたいものです。

なお、平成29年の雇用保険適用拡大によってそれまで雇用保険の給付金の対象でなかった高年齢求職者給付金、育児休業給付金、介護休業給付金、教育訓練給付金なども給付の対象になっています。
もちろん、雇用保険は年齢にかかわらず週20時間以上働く方が対象ですので20時間未満の方はこれまで通り雇用保険の対象となりません。
コメント

企業実務11月号に記事を掲載いただきました

2019年11月04日 19時37分36秒 | 日記
特定社会保険労務士の酒井嘉孝です。

日本実業出版社様からお声掛けいただき、「企業実務」11月号に「ビジネスパーソンなら知っておきたい通勤災害のあらまし」を掲載いただきました。物事を文章にして端的にできるだけ深く伝えるためには今後文章力を磨かなくてはと思いました。

文章を書くことは好きなので執筆の仕事は楽しかったです!

コメント

通勤における労働者への安全配慮義務

2019年10月12日 20時57分24秒 | 社会保険・労働保険
特定社会保険労務士の酒井嘉孝です。

今年も多くの台風が日本を直撃し、大きな被害をもたらしました。
私の住む関東では9月に台風15号、10月に台風19号が直撃しました。鉄道は計画運休となり、特に19号の際は百貨店、大手スーパーも臨時休業となるほどでした。
これを書いているのは19号が直撃した日なのでこれから被害の全貌が明らかになると思いますが被害が少ないことを祈るばかりです。

以前は台風でも会社に行くのが当たり前と考える人も多かったように思います。
では、台風が直撃している最中に会社に来ることを強制した場合どういうことが考えられるでしょうか。

労働契約法第5条に「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」という条文があり、いわゆる安全配慮義務が使用者(=会社)にはあることが明文化されています。
この安全配慮義務は、会社の備品や設備の不備により労働者に危害が及ぶことがないかというところから、過度な労働をさせていないか、パワハラやセクハラの防止も安全配慮義務に含まれます。

そこで、通勤に対し会社がこの安全配慮義務を負うかどうかについてです。
労働契約法第5条では「労働契約に伴い、」と言っているので労働契約に当然付随する通勤も安全配慮義務を負うものではないかと考えます。
先の例の台風が直撃している最中に会社に来いと言われ、その通勤の最中に怪我を負ったという場合、通勤災害であることもさることながら、労働者に対し安全配慮がなかったと判断されるものと考えます。
当然ですが、例えば臨時休業している店も多い中、コンビニのバイトのシフトに入っているのだから来いというのと、社会インフラに携わる業務でインフラ維持のために出勤を要請するのとでは意味が異なりますので、個別ごとに判断すべきとは思いますが多くのケースでは出勤せよというのは難しいものと考えます。

なお、帰宅時についての安全配慮義務については一つ判例を見つけました(横浜地裁川崎支部)。
長時間労働の末、バイクで帰宅の途についていた労働者が居眠り状態に陥り単独事故を起こした末に不幸にも亡くなった事案です。
裁判所は「使用者は、その雇用する労働者に従事させる業務やそのための通勤の方法等の業務内容及び態様を定めてこれを指揮監督するに際し、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷等が過度に蓄積したり、極度の睡眠不足に陥るなどして、労働者の心身の健康を損ない、あるいは労働者の生命・身体を害する事故が生じることのないよう注意する義務(安全配慮義務)を負うものと解するのが相当である」と判断しました。

会社は労働者の業務の態様により心身の状態を含め、通勤の方法についても注意する義務を負うというものです。この判例では長時間労働があったことを認識しておきながら深夜にバイクで帰宅させたことについて指摘しています。

主に通勤手当の計算のため、従業員の通勤経路を申告してもらっていることも多いと思いますが、様々の理由で通勤経路が申告通りとは限りません。会社は従業員の方の通勤方法、通勤経路についても把握することが必要と考えます。
コメント

社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ認証制度)について

2019年08月29日 10時57分44秒 | 社会保険労務士について
特定社会保険労務士の酒井嘉孝です。

士業全般に言えることですが、特に我々社会保険労務士は深いところの個人情報を扱います。
社会保険や労働保険の手続きには個人の方の給与や個人情報は必須ですし、場合によってはセンシティブな情報も扱います。

雇用保険の手続きではマイナンバーをつけて手続きすることはほぼ義務化といってもいいほどの状況ですし、健康保険の被扶養者の追加ではマイナンバーを記載することにより添付する証明書類の負担がかなり軽減されるようになってきています(逆に言えばマイナンバーを書かないと添付する証明書類がかなり増えます)。

社会保険労務士に何か依頼をする際にはほぼすべてのケースで個人情報を預ける形となるわけですが、その社労士なり事務所なりをただ信用してくれというだけでは依頼する方としては心細いものです。

その心細さをすべて解消できるわけではないかもしれませんが、社会保険労務士の中でも個人情報保護について体制を整備している事務所に対しては全国社会保険労務士会連合会が認証を交付する制度があります。それが社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ認証制度)です。

申請にあたっては事務所としてどのような個人情報保護の体制をとっているか、個人情報の収集、保管、届け出、破棄について安全な体制をとっているかを問われます。
そして最後には個人情報の保護の理解についてテストがあってその成績を添付します。

私の事務所でもこの度この認証を受けることができました。

こういうものはなんでもそうですが認証をとったから終わりではなく、より一層の情報保護について体制を整えていこうと思います。

コメント

賞与支払届と大入袋

2019年07月01日 12時04分17秒 | 社会保険・労働保険
特定社会保険労務士の酒井嘉孝です。

7月は労働保険料の年度更新、健康保険・厚生年金の算定基礎届のほかに夏のボーナスの賞与支払届を作成される会社も多いと思います。
賞与支払届は賞与支払日の5日以内に提出することになっています。

賞与支払月をあらかじめ日本年金機構へ登録しておくと親切に(?!)届出用紙が送られてきます。

夏のボーナスは6月と7月に支給されていることが多いようです。従いまして労働保険料の年度更新と社会保険の算定基礎届の時期にもろかぶりなので担当されている方は繁忙を極めることとなると思います。

賞与にも社会保険料がかかってくるのは、年金部分については将来の年金額に反映されるとはいえ、支払はなかなか痛いものです。


ところで、ご依頼を受け、賞与支払届を作成していた際に『大入袋であれば保険料をかけなくてよいのではないか』と問い合わせを受けたことがあります。
確かに、日本年金機構のHPにも報酬に含まれないものとして大入袋の記載があります。
▼PDFの3ページ
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201806/20180607.files/santeiguideH30.pdf

まず大入袋とはなんぞやというところからですが広辞苑によれば「興行場などで興行成績のよかった時、従業員に慰労と祝いとを兼ねて配る金一封の袋。表に朱で「大入」と書く」とあります。
意味合い的には大繁盛して従業員にお疲れ様的な慰労金のような意味合いを感じますが社会保険上の取り扱いはどうなるでしょうか。まさか袋に朱で大入と書いて現金支給であれば社会保険料がかからなくなるものではありません。

なお日本年金機構の疑義照会にも大入袋についての言及があります。
▼PDFの10ページ
https://www.nenkin.go.jp/info/gigishokai.files/0000000132_0000025365.pdf

この疑義照会では金額が10,000円であること、賃金台帳に記載あること、業績達成や営業成績に連動していることから「大入袋」名目で支払われていても報酬とされない大入袋には当たらないという判断が示されています。

では金額が5,000円で成績等に連動しない全員一律の形あればよいのかなど言い出したらきりがありませんが、報酬としない扱いとするのはかなり限定的であるといえます。
▼PDFの1枚目
https://www.nenkin.go.jp/jigyonushi/index.files/jireisyu.pdf
コメント