80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

私の存在価値・・・。(1)

2018年03月31日 19時56分43秒 | 考える
おそらくは、多分、どこかで何かに役立っているのだろうとは思う、
しかし、それが分からなければ、自覚できなければ、何の意味も持たない。

「愛なく、運なく、縁もなく、恩ばかりが積み重なって、
他人に避けられ、怨となる。」

これは以前、どこかで書いたかも知れない。

※月※日(水) 晴れ
70代は、人生整頓の年代だと言う。
すでにやってしまったことは、今さら取り返しはつかない。
上から砂を撒いて踏み固め、その上に新しい人生を築いていくだけだ。

70代、仕事から追われ、言い換えるなら自由に生きられるようになった。

しかし、70代に何も出来ない、しない事がずっと心の重荷になっている。
他人から、付き合いから、出来るだけ逃げよう、逃げようとしている。
まぁ、結局はうまくはいかないのだが。

他人の行動を本で読み、話を聴き、どれだけ真剣に真似ようとしても、それだ
けでは何ひとつ変わる事はない。

今、現実に、ここに存在する自分自身をしっかりと見つめ直し、自らが行動し
ていく以外に方法はないのかもしれない。

人は見る角度によって、それぞれ異なる顔を見せる。
まっ、よくよく考えてみれば、何も人間ばかりではない。
周囲の総てがそうなっているのだが。

も一度、自分を知るために旅に出たい。
などと言うと、一体、何で旅に出る必要があるんだ?・・・と言われそうだ。
居心地の悪さを (誰のせいでもないのだか、と一言) 解消するためだと言い訳。

「平成孔雀伝」を書いてみたいと思った。
黄金の、あるいは緑の孔雀・・・昔、夢中になった「紅孔雀」をイメージ。
どこかにある財宝を求めて、独り旅立つ主人公になったつもりで。

思うに人生とは、ある意味、「宝探し」だとも言えるかもしれない。
もっとも、本来は、見つけ出し、掘り出した財宝をどう使うかの方に、重点と、
個人の才覚が必要とされるのだとは思うが。

私の場合、何とか長者のごとく、ただ独りこっそりと運び込んだお宝を目の前に
積み上げ、その前で、にたりにたりしている、そんな構図、映像が見えてくる。

コメント

不自由を感じる、その時

2018年03月30日 19時34分50秒 | 考える
不自由を感じる、その時

この歳になっても、未だに「愛=男女の恋心」とかに未練を感じている。
何とも、惨めったらしいことだ !!

3月**日(月) 朝、目の前が霞んで正常に見えない。
春霞というわけでもなさそうだ。
脳の機能障害なのか?

さすがの風来居士も、とうとう末期現象か・・・?
この期に及び、何をどうする?

まずは、人生の整理整頓。
行くべき所へ行き、会うべき人に会う。

この世の未練を断ち切っておく。
とは言うものの、この世の未練が何とも多すぎて、ちょっとやそっとでは
断ち切れそうにもない。

私が今やりたい事は、まず、相手との意思疎通。
思えば、我ながら自分のコミュニケーション能力には絶望している。
まぁ、書く事ならやり直しも簡単に出来るからまだいいが、直接、相手に
向かい発言するとなると、これはまるで駄目だ。

先ず、その場で相手に分かりやすく、自分の思い、考えをまとめ上げる事が
苦手だ。
さらには自分の発声、発音がどうにも思うように出ない。

訳の分からない言葉を、聞き取りにくい発音で伝えようとする。
これでは、誰もが一歩身を引いてしまう。
何とかしようとすれはするほど、ますます訳が分からなくなっていく。
どうにも困ったコミュニケーション能力だ。

3月**日(火) 晴れ
そこに相手が存在する以上、いずれ、彼、彼女とコミュニケーションを
とる事を避けるわけにはいかないだろう。

大袈裟な表現だが、それが人間対人間の宿命だとも言える。

コミュニケーションをとろうとしても、自分の思いが相手に伝わらない、
あるいは誤解されて伝わってしまったら、その行為は何の意味もない。


いや、それ以上に自分にとって、また相手にとって、害を与える事すら
もあり得る。


集団内にあって、自分が心底仲間たり得ないと感ずるとき、その孤独感、
疎外感は一層深まって感じられる。
どれほどぶ厚い布団に潜り込もうと、孤独の冷たさからは逃れられない。

周囲の総ての想いや願いが、私を避けて通り過ぎる。
「お前さんが相手では、ちょっとね~・・・」

まわりの総てが、そう言っている気がする。
そうかもしれない。

今の私に確たる目的があるはずもなく、ただ偶然の出会いを求めてひたすら
歩き、流離い続けているだけのことなのだ。

コメント

挫折人生やり直し作戦・・・というより新装再開人生

2018年03月25日 18時45分22秒 | 考える
3月25日(日) 快晴

ブログのコメントに返信文を書いていて、ふと思い出した事がある。

大昔、10代の頃だったろうか、思い切ってある女性を映画に誘った事が
あった。
私としては、生まれて初めての事だったから、相当の勇気が必要だった。
その後、当日の朝まで返事を待っていたが、断ってくるでもなく、完全に
無視された格好で、初デート作戦は終わってしまった。


はっきりと断ってくれたなら、その後の思いも変わっていたかも知れない。
そのせいだとは言わないが、あれ以来、私は、女性と言わず、大方の人間
関係に対して臆病になってしまったように思う。
自信喪失・・・今思えば、何事につけ、知らず知らずのうちに、一歩身を
引いて対応するようになっていたようだ。


閑話休題、

広場で「フリーマーケット」が開催されていた。
見ていて思った。
私に何か売れるものはないのか? 
・・・結論、何一つ無い。

他人にはもちろんの事、自身にも売り込めるものがないのなら、今後は、
何も求める事なく、「今、あるがままで」生きていこう。
そんな事を思った。

それにしても、朝から街中がざわついている。
大人も子供も、女も男も、一斉に携帯を操作している。
街中がざわついている感じだ。
不審に思い、通りすがりの男性に尋ねてみると、何やら「ポケモン」
新作
がどうとか、こうとか・・・。

一応は納得してみたが、「へぇ~・・・」という域を出ない。
が・・・、
考えてみれば、「ポケモン」には大人をも引きつける何か・・・パワーが
あるのかもしれない。


人混みを外れようと歩き出した時、偶然にも「クリーンウォーク」
顔見知りの男性に出会った。
相手はどこかに向かう途中だったが、足を止め、「やぁやぁ」となる。
急ぎらしく、ろくな話の出来る様子ではなかったのだが、
 (もっともかりに時間があったとしても、まともな会話の成立するはず
もないが、・・・あぁ、これは無論、当方、私個人の問題だ。)
 
彼の関わる「もう一つのグループ」への参加に誘われる。
その話はまたの機会にしようとして別れる。

何だか、気を削がれた感じで、また元の広場 (工事中) の喫煙コーナーに
戻って腰を下ろす。
(注) 広場の前には、たばこ屋があり、その前が 喫煙コーナーに
なっている。

ふ~む、考えてみればよく出来ている。

そこでしばらくボォーッとしていると、顔見知りの外人さんが話しかけて
きた。
「今、お酒が入っているけど、こめんなさいね。」などと言う。
日本語がかなり上手だ。

しかし、何と言っても、こちらにはまともな話題がまるで無い。
私の対人対応というか、対応処理能力にも、困ったものだ。
互いに応答があって始めて会話が成立するというのに・・・。


こんな状態では、何一つ進展しようがない。
どうにもならない。
相手もそれを感じたのか、同席の仲間との話に切り替えた。

私は本当に、今後何十年かを生き抜いていくためのコミュニケーション
能力を早急に開発する必要性がある。


そんな事を感じた一日だった。

コメント (4)

気分は私立探偵

2018年03月24日 19時29分35秒 | 考える
3月18日(日) 薄曇り
今日もまた、コーヒー飲んで、葉巻を吸って、何もしないで半日過ぎた。

ふと思う。
どんなに上手い文章でも、どんなに下手くそな文章でも、人目に触れて、
それと知る。
書いた事で満足し、そのまま仕舞い込んでしまっては、単なる自己満足に
しかならない。
もっとも文章に限らず、大方の人生なんて、そんなものでしかないのかも
知れない。

3月20日(火) 雨
起き抜けに、昨日の葉巻の吸い残しに火を付けてふかす。
外国小説の主人公になった気分で、ちょっぴり高級感を味わう。
もっとも、ちょっと油断すると、タバコ同様、煙を喉の奥まで吸い
込んで、思いっきりむせてしまう。
やはり「形」でしかないという事なんだろう。

万事、総てがこの調子、中途半端でしかない。
・・・まぁ、それはそれで・・・。
何事にも深入りしない。
言い換えると、総てがものにならないということか。

ああ、またまた朝っぱらから、気の滅入る考えに陥る。

ふと気がつけば、窓の外が明るみ始めている。

自由・・・目的のはっきりしない自由とは、どうにも虚しいものだ。

無我夢中になれるものが欲しい。

お湯を沸かし、インスタントコーヒーを飲む。

これもまた、探偵小説の主人公になった気分だ。
コメント (2)

何を求めて、何を為す (2)

2018年03月22日 16時10分31秒 | 考える
金、金が欲しい。

何のために・・・?
旅に出て、一度、この世から消え失せてしまいたい。
現在、私は、本当の自分がどこにいるのか、分からなくなっている。

やせこけた体の中に、70年の人生を、ゴタゴタに押し込んでいる。
う~ん、 ・・・これは少し詰め込みすぎかも知れない。
しかし、また思う。
それこそが人間の本質なのかも知れないと。

正直な話、良く分からない。
このままだと息がつまる。

人でなし 息を潜めて街中を行く・・・。

新しいもの、それは取り扱いに細心の注意をせねばならない。
重複もまた、やむを得ない事なのかも知れない。
無論、それをいつまでも引きずっていては、前に進む事は出来ない。
それは単に、経験の一つでしかない
人も、環境も、時々刻々と変化していくのだろう。

今は、旅に出たい。
本当の自分を知りたい。
しかし、私はどこに行くつもりなのか?
ほんの微かな手がかりを求めて、彷徨う日々・・・。

独り、歩くにつれ空しさばかりが積み重なる。
自販機の缶コーヒーを飲む。
100円でも、200円でも、いずれ、支出に変わりはない。
無為な日々が続く。

酒とマンガに明け暮れる日々。
これが、「酒と女」であれば、男として多少はカッコがつくものを。
いやはや、酒の対がマンガでは、何ともカッコがつかない。

酒とマンガで、部屋に引きこもっていたのでは、出会いも何もない。
さらに腰痛、加えて鼻風邪。
しかし、今日もまた家を出て、独り、街中をうろつき歩く。

にしても、眼鏡がないとスムーズに動けないというのも、実際面倒な話だ。

コメント